スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
偕楽園
2008 / 03 / 12 ( Wed )

気象庁から今年2回目のサクラの開花予想が発表されましたね
それによると前回発表された時よりは数日早くなったようですよ!
今からお花見、楽しみではありますが
その前に梅の花が見頃を迎えているところもありますよね
そんな梅の花の名所として関東では古くから知られる
あの場所へ行ってきました!
ウメノハナ

大洗水族館から(前回のレポはコチラ)
次に向かったの水戸の偕楽園
実はここに来るのは初めて
カーナビに従うまま
向かったその場所からチョイと離れた無料駐車場に車を止め
少しばかり歩き
有料駐車場の横を通っていくと
神社
常盤神社の入口に出ます
その神社の階段を登っていくと梅
早速ではありますが
キレイに咲いた梅の花が迎えてくれました♪
その参道に従って真っ直ぐ進むと神社に向かいますが
その間、出店がびっしりと軒を並べておりました
しかも美味しそうな匂いが漂う中
その誘惑を断ち切って進み
神社本堂の手前を左に曲がっていくと東門
ありました~偕楽園の東門入口です!
しかも驚いたことに
ここって入園無料でした(o^-^o)

散策
しかし、この通りの人出
やはりこの時期ですから
人気あるんですね

花
この時(3/1)の梅はといいますと
まだまだこれからという感じでして
早咲きの梅が花を咲かせておりました

人の流れに従いつつ歩いていくと
何やら「好文亭」なる建物の前に出てきました説明
ここ偕楽園は水戸第九藩主徳川斉昭が創設したようですが
この「好文亭」も自ら創設に携わったとか

外観
観覧料は大人190円です
玄関からは
靴をビニール袋に入れての持ち歩き(これって何とかならないのかな~)
順路に従って歩きます

桃の間
廊下を歩きながら

ツツジの間
その当時、詩歌や慰安会などが催された部屋を
見学します

庭
すぐに見終えるかと思いきや

竹の間
意外とたくさんの部屋があって

梅の間
しかもそれぞれの部屋の襖を見ると
風流な絵が描かれいて
とてもステキでしたよ♪

廊下
ただ靴を持ちながら見るというのが
チョイと難点ではありますが・・・

桜の間
まぁ~それにしても
各部屋を彩る襖絵
この絵を見ているだけで
日本の美を味わうことができました
さらに紅梅のある庭
廊下を歩きながら庭を眺めたり

滝ノ間
板張りの部屋からは縁側を覗いたりして
今では見られなくなった
伝統的な建築物を見学できました~

庭の紅梅
見事な梅の花
とてもキレイでした!

梅ノ木
こんな景色を眺めながら
ゆっくりしたいですよね

さてココでは2階にも上がれるんです
急な階段を登っていくと\2階から
見晴広場が一望できます

2階からの眺め
こちら側は遠くに千波湖
その手前には梅林が広がってました
梅林
時間があれば向こうに見える梅林も見てみたかったのですが
時間がなかったので
今日は諦めました

好文亭を出て
見晴広場の方に戻ってきました
すると
リハーサル

NHKの何かの番組でしょうか
スタッフやその出演者の方々が
リハーサルしてました

ハイチーズ
閉園時間が近づいていたので
人も少なくなってきました

好文亭
先程、見学した好文亭

夕暮れの梅
陽が傾きかけ
黄昏色になりつつある梅の花

帰る
少し肌寒くなってきたこともあり
帰ることにします
でも、ほんの一部見ただけで終わってしまうには
とても残念でしたネ

東門に戻って
日本三大名園の一つ
ここ偕楽園
今回は、そのほんの一部だけを覗いてみましたが
是非次回、来るときには
もっとゆっくり見てみたいですね

 おしまい
 

読んで下さって
ありがとうございま~す♪
もし宜しかったらワンクリック

↓↓ ↓↓
Blog Ranking
参加中
♪サンキュッ (v^-^v)♪

スポンサーサイト
公園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あっという間の1年でした♪ | ホーム | 急遽、決まった雪山へ!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/92-5de11e9c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。