スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
蔵王山 《後編》
2008 / 02 / 25 ( Mon )

週末のお天気
期待できないことは
予報を見て分かっていましたが
まさかこんな大荒れになるとは思いもよりませんでした
さすがに山行きは、
やめておきましたが
都内某所へお出かけした先で
途中
電車が止まったのには
正直、参りました~

さて随分と長~くなってしまった蔵王のレポですが
宜しければどうぞご覧下さ~い
雪の熊野岳

***************

熊野岳での撮影タイム後は
今回の最終行程
ロープウェイ蔵王山頂駅までの道を歩くことに!
北蔵王
実はこの日
家族と一緒に蔵王まで
来ておりまして
ワタクシ一人だけが
ライザワールドスキー場で車から降り
その後は残された家族で
車ごと蔵王温泉の方へ回ってもらい
そこでロープウェイに乗ってもらって
蔵王山頂駅の前で合流することになってました (*^-^*)

そしてワタクシが山歩きをしている時も
時々携帯で連絡をとったりしたのですが
最近、携帯を変えたせいなのか
それとも何処かにアンテナが設置されていたせいかは分かりませんが
刈田岳から馬の背を歩いている時でも
携帯が通じるんですよね!
携帯の感度も良くて
お陰で予定より30分ほど遅れるっていうことを
ママさんに伝えることができました (^―^)

地蔵山へ
熊野岳から
前方に見える地蔵山までは
すぐですから
楽勝です!

樹氷と朝日
次の目的地もヒジョーに近いので
全くの余裕でしたよ~
しかも歩きながら眺められる景色は
格別でした!

雁戸山
北蔵王の山々と
その手前に見える樹氷群
このエリアで見られる樹氷の規模には
正直オドロキでした!(◎ー◎;)

たんさんの登山者
コチラに登ってこられる方が6~7人見えます
見ての通りポールを目印にして歩けば良いので
とっても安全です
そして
宜しければ動画もご覧くださ~い
↓ ↓ ↓
 

熊野岳からの移動ですが
この日、北側はまあまあ晴れでしたが
山頂
熊野岳の方に目を向けると
薄曇りとなり
おまけに
少しばかり風も吹いてきた感じ二人の登山者
その風が出てきた関係で
雪が舞います

ここまで来る間
着ている物といえば
いつものように上着は
アウターなしの
ベースレイヤー+ミッドレイヤーの計2枚
汗をかくほどの運動量がないため
今回の雪山歩きでは
チョット涼しかったかな?

地吹雪 こういった中途半端な感じですと
着る物の判断って難しいんですよね
残りの行程もあと少しですから
多少の寒さはガマンです!
気温の方も
温度計を小まめにチェックしていましたが
陽射しがあったせいか
低くても-5℃
風のない場所にいると5℃くらい
いたって過ごしやすかったです

熊野岳
熊野岳の上空は
雲が被りつつありましたが
大きな崩れはなさそうでした

あれがピークみたい
地蔵山の頂上付近が見えてきました
でもそこまでの道って
殆んど水平に近いですよね 
安心しきっていたら
ここって雪が深い場所があったりもして
チョット歩きづらかったかな

矢印
進路を示すかのようなエビの尻尾

舞う雪
時々吹く風が表面の雪をまき散らします

あそこから下ってきたのね
熊野岳を見ると
多少明るくなった感じでした

人人
視線を下の方に移すと
人がイッパイ・・・
ここってやはり観光地ですね(=´▽`)ゞ

これから登る人
熊野岳へ向かう登山者

鳥海山
薄っすらその頂を覗かせているのは
鳥海山

樹氷群
コチラの樹氷
ニョキニョキとイッパイでした~

ポール
ポールの樹氷
も~たくさんっていう感じで
チョット見飽きたかな~d(^^*)

どこまでも続く山並み
北蔵王の知らない山+以北の山々 
この先の一帯については全くの無知なワタクシ
知らない雪山がずっと続いていました!

晴れてきた
先程、雲のせいで薄暗くなっていた熊野岳
幾分明るくなってきました

地蔵山の山頂
地蔵山(1736m)に到着
熊野岳からココまでって
ホントすぐでしたね
◇ 
この山頂から
すぐ下を見ますと山頂駅
ロープウェイの蔵王山頂駅
しっかし
この人の多さには
もービックリ!

人イッパイ
さらにコチラの地蔵山に登ってくる
一般スキーヤー&ボーダーの皆さん
この中から雪山へとは言いませんが
多少なりにヤマノボリに関心をもつ若者が
いてくれたら・・・

三郎岳と五郎岳
すぐ目の前にそびえる
三郎岳と五郎岳
この山、とっても気になりましたよー
そして、この一帯
スキー場のコースが幾つもあって
滑りの方も楽しめますね

飯豊連峰
そして見る方角は全然違いますが
遥か遠くに見える飯豊山
ゼッタイこの夏には登るぞーっと

さらば
遠くに見える熊野岳ともお別れです
さーてと地蔵山を去ることにしましょう

その前に動画でもどうぞー
↓ ↓ ↓


地蔵山からの下り道

こちらにもイッパイ
ロープウェイ側の斜面を見ると
こちらの方にも
樹氷がたっくさんありますね~

がんばれー
お手軽に登れちゃう地蔵山ですが
一般の方にとってはやはりキツイかも・・・

憩う人々
この日、天気はマスマズでしたから
好条件の下、ここに来れたことはホント、感謝でしたね♪

それぞれに
しかも
一般の雪山経験のない人でさえ
こんなステキな景色が簡単に眺められるんですから
ホントにラッキーですよね!

モンスター
アイスモンスターの群れが潜むこの山域で
これだけ見事な景観を楽しむことができるなんて樹氷と共に
訪れる観光客の皆さんにとっても
キット、スバラシイ思い出に残ることでしょう

山頂駅 フゥー
やっと蔵王山頂駅前に着きました~

あれ~、家族はどこかな?
見つからないのでウロウロしていましが
唯一、人だかりの場所があったので
そちらへ移動
するとそこには
地蔵
お地蔵さんが雪に埋まってました~
しかもこの場所って
多くの皆さんにとっての
記念撮影スポットになっておりました

ところで待ち合わせの時間になっても
家族が見当たらないまで
携帯で連絡すると・・・ 
何とたった今、こちらに着いたとかで
歩きながら移動していると
いた、いた、いた
いました!
離れ離れになって
4時間も経っていないのに
何だか久しぶりに再開するような
変な感じでしたよ~
まぁ~やっと合流できて安心!
鐘
鐘を鳴らしてから
その前で撮った記念写真

観光
思い思いに樹氷と戯れる皆さんを見ながら
キレイな樹氷が見える場所へ移動し
しばし家族と共に休憩

家族
そして樹氷をバックにカシャッ
やっぱり視線を合わせない
れいくん

休息
実は、ここに来るまで
食べたものはおにぎり一個だけ
それ以外
水も飲まずに
歩いてきましたから
やっとここでゆっくり一休むことができました~
しかもスノーシューからも開放されましたしね (*^□^*)♪

ここって陽射しがあって、しかも風もなく穏やか
何て気持ちの良い場所なんでしょ~
それに樹氷を含む雪景色を見ながらの
イップク
ホント幸せでした~☆ (*´ー`*)

さて休憩後ですが
皆で昼食を食べる予定でいましたが
とりあえず
ロープウェイで下りる事にしました

帰る
スノーシューをくくりつけたザックを担ぐ
ワタクシって
チョット浮きまくり?! (*´ェ`*)

下りのロープウェイのゴンドラには
なぜか8人だけの乗車でして 
そんな空いてる車内からは
写真撮りホーダイロープウェイから
この見事なアイスモンスターを見ちゃったからには
もービックリ!

上からの眺め
正直、こっちの方が凄いジャーン!!!
ロープウェイをココに造った理由は
コレだったのですね!

樹氷群
こんな見事なモンスターくんたちを拝めるなんぞ
ロープウェイに乗って見るだけの価値は十分にありますっ!

柱
でもってできるなら
この樹氷原コース
スキーなんかで滑り降りたかった!!

ゴンドラから
ママさんに聞くところによると
行きにロープウェイに乗っていた乗客の皆さんも
この景色を見てタイソー 
大喜びだったらしく
感嘆の声が上がっていたそうです

スキーコース

このロケーションの中
滑ったらサイコーでしょうね

月山
遠くに見える月山も雪でマッシロ

見上げると
右上に見えるのは三宝荒神山(1703m)
そこから続くザンゲ坂・樹氷原コース
次に来るとしたら
この樹氷の間を滑りたいです!

そろそろ
標高が下がると同時に
樹氷も消えます

下りてきたな
でも後ろを見ると樹氷だらけ

コース
樹氷の元になるアオモリトドマツから
植生が変わりましたね

もうすぐ到着
距離にして1872mに及ぶ
蔵王ロープウェイ山頂線も終わり
直に樹氷高原駅に到着

通路
この駅からもう一つ別のロープウェイに乗り継いで下ります

待つ
ここからは蔵王ロープウェイ山麓線

向こうに見えるリフト
あのピークは鳥兜山かな
あちらに見えるのは
蔵王中央ロープウェイですね

あちらにも
下りの途中
先程乗ったロープウェイが見えました

山麓駅
蔵王山麓駅に到着
近くのレストランで遅い昼食をとってからゲレンデ遊び
ゲレンデで
ソリ遊びを楽しみました
でも蔵王のスキー場って
子供向けの施設があまりなく
ファミリー向けではないようですね

ソリ
一人ソリで楽しむここあ
昨年は2回ぐらい滑ったら
「もうやらな~い」
なーんて言っていたのに
今回、夢中になって楽しんでいたその姿に
子供の成長を垣間見たのでした~ 

地図
 【まとめ】
■2008年2月9日(土)■天気:晴れ後くもり■
■蔵王山(熊野岳)■ざおうさん(くまのだけ)■1840m■山形県■
■コースタイム■     
蔵王ライザワールドスキー場リフト上 8:45⇒10:10 刈田岳 10:20⇒11:10 熊野岳 11:25⇒
11:50 地蔵山⇒12:05 ロープウェイ蔵王山頂駅  


時間的には短かかったのに
何だか長~いレポになってしまいました
最後まで読んでくださって
ありがとうございま~す♪
宜しかったら↓ワンクリック 

↓↓ ↓↓
Blog Ranking
参加中
♪サンキュッ (v^-^v)♪



おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<日本科学未来館 | ホーム | 蔵王山 《中編》>>
コメント
--綺麗~!!--

しっかし綺麗ですね~^^
やはり、山は天気が良い!のに限りますね~0^^0
我らが蔵王に行った時はガスガスで~
暴風雨でした・・・0--0

でも・・・雰囲気は完全雪山なのに~
この人の多さには驚きでした~@@
まさに観光地ですね~!

次は、天気のいい日に山スキーで行きたいでっす^^V

ここあパパさんも是非、バックカントリーにチャレンジあれ~^^
冬の行動範囲が広がりますよ~^^
大抵の所はスキーで登れるし・・・^^V
何せ帰りが早い! 我らは下手なんで転ぶと遅い・・・(笑)
こんなに楽しいとは~って思いますよ~^^
by: みい * 2008/02/25 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんばんはっ!いや~それにしても
やっぱり晴れ男さんです。ここあちゃんと
レイ君はすでにモンスターとご対面だったの
ですね~!

蔵王&刈田岳は去年登ったのですが
(雪はもちろんなしのラクチンルートです)
その場所がこんなにきれいな景色に変わるのですねっ!周辺の山々も今回もバッチリ
クッキリです!

で、話は変わって、今回のここあちゃんポーズに釘付けです!今回はサングラスここあちゃんポーズでしたね♪毎回ポーズが楽しみになっています=*^-^*=♪

合流した時のとっても嬉しかったのではっ!
いつも本当に素敵なレポありがとうございます!う~遥かなるモンスター来年には会いたいです!

ここあパパさん、雪がマゼンダ被りしないのは
なにか秘訣がありますか?もしあったら教えてくださいm(_ _"m)
by: アフー * 2008/02/25 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/02/25 22:03 * [ 編集] | page top↑
----

念願の蔵王モンスターおめでとうございます!!ナイスな天気に恵まれてホント良かったですね。さらに、最後は最愛の家族のお出迎え付きとは羨ましぃ(T-T)。
(ここあちゃんのスマイルにはいつもやられっぱなしでーす)。

さてさて、自分も去年の夏に熊野岳までのコース歩きましたが、冬だとこんなになっちゃうんですねー。もうホント別世界。お釜の中まで真っ白になってしまうとは。。。自分も来年には行ってみたいところですね。
それにしても、登山と家族サービスを両立してしまうところ、ここあパパさんさすがです!東北までの運転も含め御疲れ様でしたー♪
by: tripgood * 2008/02/26 08:32 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

みいさんからコメント頂いてからすぐに
みいさんチームが行かれた昨年の蔵王レポ
拝見させていただきました~。

ガスと強風の中、さすがは、みいさんチームでしたね~。
あの風の中を行ってしまうお二人さんって、スゴスギです!
それでも山ってヤッパリ、お天気のイイ日に行きたいですよね。(* ̄ー ̄*)

>この人の多さには驚きでした~@@
これにはホント、ビックリでした!
静かや雪山の中を歩いていくと
忽然と現われる人・人・人・・・
この人の多さに唖然とさせられると同時に
逆にこのギャップがおかしくなって笑いがこみ上げてきました。*(^ω^@)

山スキーをされているみいさんチームには
是非このエリアへ行ってもらいたいなぁ
そう思えるステキな山でした!

>バックカントリーにチャレンジあれ~^^
今かなり心が揺れています。
なぜかと言いますと、来季は縦走登山に向けて装備を揃えるか
それともBCへ向かうべきか
今のところその方向性が定まっていないのです。
とっても悩んでおりま~す。(‐”‐;)
元々景色を眺め楽しむ山歩きが主体の登山でしたから
どちらが自分に合っているのか
まぁ~どちらにもメリット・デメリットがあるんですけどね
ホントその判断はムズカシイです!

いずれ結論を出そうかとも思いますが、
とりあえず残された今季の雪山を楽しみたいと思っております。

>こんなに楽しいとは~って思いますよ~^^
くぅ~そんなこと言われちゃうと、そっちに傾きそー(*´∀`*)ゞ
by: ここあパパ * 2008/02/26 23:15 * URL [ 編集] | page top↑
--アフーさんへ--

こんばんは~晴れ・狙い・男で~す(^m^ )

>蔵王&刈田岳は去年登ったのですが
そうそうアフーさんたちの昨年のレポ
(消えてしまって記憶だけが頼りなんですが)読みましたよ~。
崖っぷちの岩の上で立っている写真が印象に残っています!
でも、あの写真って、どの辺で撮ったのかな?

>毎回ポーズが楽しみになっています=*^-^*=♪
いつもの事なのであまり気にしてはいないんですが、
そー言われると、いろんなポーズしてますね。
でも特に指導とかしているわけでないんですよね。
キット彼女なりにその時々の気分を表現しているんだと思います。

アフーさんたちも是非、来年はモンスターくんに会いに行けるといいですね!
そして西吾妻のモンスターよりは、ゼッタイに蔵王の方が
チョーラクラクで行けますよっ!
ですからコチラの方がお薦めです!

>マゼンダ被り
以前に使っていたEOS20Dの時は少し気になりましたが
今のところあまり気にしないようにしています。
最近はブログを意識した写真になっていますから
RAWではなくJPEGオンリーです。
もー現像にかけている時間がないので画質は落ちますが
今のところその場の雰囲気が伝わる画像を重視です。
しかし、雪の撮影ってムズカシイですね~!
特に露出が上手くいきません。
サングラスをしているので、その時の記憶色なんか思い出せませんし
まじめに作品造りしている方が見たら露出オーバー気味の写真ばかりで
適正なものではないんですが・・・
まぁ~あくまでも、その場で撮ったその時の印象を
優先した写真に仕上げております(レタッチしてです)

ネットで調べてみると赤外線カットフィルターを使用する方法もあるようですが・・・
こればかりは????です。
お役に立てずスミマセン
SΟЯЯΥ_φ(´c_`。ヾ)。゚。*.°
by: ここあパパ * 2008/02/27 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
--す・すごい・・・--

はじめまして!
すごく綺麗な写真! 思わずうなってしまいました。
蔵王はボクにとって縁深いところです。
父の実家が山形にあり、そこから蔵王が見えます。 ~高校生までは毎夏、大学生~は毎冬に行ってました。
大学生の時は蔵王やライザでスキー三昧!それでも晴れた日は4年間で1日だけだった気がします。青空の下で見るモンスターに感動したことが記憶に残ってます。
ここあぱぱさんは晴れオトコですねっ! 
実はここあぱぱさんが蔵王を登っていたその日、ボクは麓(山形市内)から蔵王を見上げていたんです! 
冬は麓から顔を見たことが無い蔵王が今日ははっきり見える! あのツブツブはモンスターだっ!! すげ~!!・・・と。
まさか、その時の蔵王の様子がここあぱぱさんのレポで分かるとは!!
も~すごく、うれしくて、うれしくて思わずコメントしちゃいました!
初めてなのに長々と失礼しました。
これからも素敵な写真&レポ よろしくお願いします!
by: HANZO * 2008/02/27 12:42 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

tripgoodさ~ん、コメントありがとうございます!
ヽ(*´∀`)ノ
先程、改めて昨年のtripgoodさんが
蔵王へ行かれた時のレポ
拝見させていただきました~。

いや~雪景色からは全く想像できない風景が
広がっているんですね~。
刈田神社の本来の姿とか「グリーンだよー」な御釜とか・・・
これだから山って季節を変えて行ってみるもんだなぁ~と
思いました~♪(^―^) 

今回、家族で行ったといえば・・・
tripgoodさんも蔵王へはお母様とご一緒でしたよね。
親孝行されていて、たいへんスバラシイです!

それにしても蔵王でのスノーハイクって
とってもお手軽で、通常の登山でいうところの
半分ぐらいの時間しか歩いていませんから
とってもラクでしたよ~。

ですので行きの運転+帰りの運転も
殆んど疲れて眠くなることなく至って快調でした!
お陰で体脂肪を燃焼することなく終わってしまって
とっても残念ではありましたが┌┤´д`├┐
またどこかの山にでも行ってメタボなボディを引締めたいです!!

もう少しぜい肉を落とさねば・・・(*^^*)
by: ここあパパ * 2008/02/27 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

こちらこそ、はじめまして!
そしてコメントありがとうございます。

蔵王には、いろんなスキーコースがあって
本当にスバラシイところですよね♪
そんな蔵王でスキー三昧だったとは
実に羨ましいです!

蔵王のお天気についてですが
やはりそうでしたか~
実は今回の蔵王行きに際し
も~昨年の12月ぐらいから天気予報をチェックしていたのですが
全然晴れないんですよね~。(⌒_⌒;

ここ1ヶ月間を振り返っても晴れの日って
この時を含めて2度ぐらいでしょうか。
あとそれ以外は、ライブカメラでチェックしていたんですが
午後からとか、夕方になってやっと晴れ間が見える時とかはありましたね。
それですから、急遽、突撃した今回の山行は
ホント大正解でした!

でっ、そんな蔵王の山を歩いていた頃(」゜ロ゜)」ナント
HANZOさんは山形市内に居られたのですね!
事情については、ブログで拝見させていただきました。
その時、見えた蔵王の山にHANZOさんは
キット慰められたのではないでしょうか。
そして山好きな政おじさんのことを
思い出しつつ、いろんなことを考える
良い機会になったのかもしれませんね。

HANZOさん、今後ともヨロシクお願いいたします!
by: ここあパパ * 2008/02/27 23:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

ここあパパさん、おはようございます!
記事は拝見してたのですけど(イケナイところから)、コメント遅くなってしまいました(汗)
ものすごいいいお天気に恵まれてよかったですね!しかも、ライザからロープウェイの方へ縦走できるなんて、シアワセものです!(笑)
いやいや、いつもちゃーんとパパさんが家族サービスしてるからですね。きっと(^^)
雪多いですね。おととしも多かったですけど、それよりこんもりしてる感じがします。
ほんと、よかったですねー
by: まゆ太 * 2008/03/04 07:53 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

コメントありがとうございます!
(イケナイところって・・・?)

今回の蔵王行きの火付け役ことまゆ太さんの
あのレポか無かったらキット実現しなかった山行でした~。
☆⌒(*^-゜)v Thanks!!
しかもお天気に合わせて出かけた関係で大当たり!
この時に行けてホント良かったです~。o(*⌒―⌒*)o♪

>縦走
コースを決める際、どうしようか迷いましたが
同行する家族のことも考えてのプランとなりました。
でも一人で行ったらフツーは歩けないコースですよね。
もー十分、堪能しちゃいました~。

>雪多いですね。
リフトで働いていた地元の方が言うには、今年はこれでも
少ないですよとのことでしたが、こんもりしているのは
もしかすると降雪後だったからかもしれませんね。

ネットが普及してから、特にブログからの情報は
自分にとっても大いに刺激となっております。
こんな形を通して山の情報を共有できる環境に感謝したいですし
まゆ太さんが書かれる分かりやすい記事はとってもありがたく感じております。
今後もいろんな山にまつわる記事、楽しみにしていま~す!
by: ここあパパ * 2008/03/04 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/87-6d8bd593
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。