スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
雪と樹氷の西吾妻山 《後編》
2008 / 02 / 16 ( Sat )

西吾妻山を知るきっかけになったのは
いつも参考にさせていただいている
しげぞうさんのブログにあったレポでした
冬のこの時期に
楽しめるこんな山があるなんて
何てステキなんだろう!
そう思ったら
是非行ってみたくなり
それで約一年計画で準備し
実行したのが
昨年のこの山でした
西

前編からの続きです!>

西大巓(にしだいてん)の山頂に立って
いろんな方角を眺めては
写真を撮りました
飯豊連峰
いつかは行ってみたい飯豊連峰

檜原湖.
別角度で下の方を見ると 
眼下に檜原湖

朝日連峰
この年の夏に登った大朝日岳

蔵王
樹氷の合間から見える蔵王

山座同定
それから月山や鳥海山も見えていたんですね
実は、これらのお山たち
勉強不足のため
家に帰ってから分かりました~(⌒_⌒; 

樹氷
これから向かう避難小屋
その手前には
樹氷がイッパイ! Σ(っ゚Д゚;)っ

山頂と避難小屋
その避難小屋の右に見えるのが
西吾妻山の山頂

安達太良山
安達太良山もよーく見えました

因みに西大巓までの登山ガイドとして
(買わずに立ち読みしましたが・・・)
最新号である「岳人」3月号の中に案内記事がありました
どうぞ参考までにご覧下さ~い ( ̄ー ̄;)

ハイクアップ
来た方角を見ると
スキーヤーの方が一人登ってこられました
しばし山頂を独占しておりましたが
こんな良い天気ですからね 
たった一人で独占なんて
許されませんよね (=^_^=)

磐梯山
この日は、なんと行っても
磐梯山がカッコヨカッタ~
さの背後には那須方面でしょうか
そちらもよーく見えました

さて、そろそろ今日の最終目的地へ
移動といきましょうか!
先ずは下り道 (^-^)
やはりラクです~
未完成形
あれっ、一緒に下る?
いやいや
未完成形のアイスモンスターくんでした~
o(*^▽^*)o~♪あはっ
も~
いろんな形に見えるから不思議です♪

モンスター群
まぁ~そんなモンスター君たちが
うじゃうじゃしてましたよ~! (^―^) 

振り返る
西大巓を振り返るとこんな感じです
自分の足跡だけがシッカリ残ってます!

樹氷
背丈は自分の身長よりは幾らか高いくらいで

怪物君
物によっては
3メートルくらいはあったでしょうか
でも先日行った蔵王の樹氷に比べると
小ぶりではありますが
間近に見ると
中々でしたよ!

いろいろ
形は千差万別
皆さんには何に見えますか?
キット自分が思い描くイメージの通りの
そんなモンスターくんが
この中にいるはずですよ~!

西大巓
西大巓からだいぶ下ってきました

形いろいろ
ウルトラマンシリーズに出てくる
怪獣に
見えるのは私だけかなぁ?
(o^^o)ふふっ♪

圧倒的です
見ていて飽きない樹氷たち

リング
中にはこんな
リング状の樹氷もありました

模様
この景色
晴天だからこそ
映えるのだと思いました

一人
これがもしも
悪天候の中だったら
そらゃ~迷うこと間違いありません!
チョウド年初めに
彷徨いながらも生還された男性は
きっと
この辺りを歩いていたことでしょう
吹雪とホワイトアウトの中
不安になりながら
たった一人で
どんなに心細かったことか
もしも自分だったら・・・
いろんなことが頭をよぎりますよね
(ー`´ー)うーん

トレース
さて話は
1年前のことですから
そんな事を考えながら
歩いていたわけではありません

回廊
実は、この日
家族も一緒にスキー場に来ておりまして
お昼ごろには下山する予定だと
告げてきました

朝日連峰と樹氷
が、しかーし!
この時点で
既に午前10時40分

もこもこ
しかも未だ
西吾妻山のピークを
踏んではおりません

にょきにょき
しかも携帯は圏外のままで
連絡のしようがありません
できるだけピッチを上げてきたつもりでしたが
のっけからプチラッセルあったりで
タイムも縮まらずでした
(´ヘ`;)とほほ・・

きれーだー
でも、そー言いつつ
ついついこんなモンスターと出逢うと
写真を撮ったりしていますから
中々進まないのですよね(*^▽^*)

リング状
再びリングモンスターと
ご対面した日には
またまた
足を止めちゃうわけでして・・・(*^~^*)ゝ

飛行機雲
飛行機雲がいい感じです~
なーんて、のん気に眺めたりしておりました
あっ、そうそう
この辺で
この日、初めて登山者というか
単独の山スキーヤーにお会いしました~
どうやら天元台の方から来たようでしたね
どうりで早いわけです

避難小屋
10:50  何とか避難小屋前に到着
ホントはココで休憩する予定でいましたが
予定時間を過ぎていたので
休憩はパス
直ぐに
西吾妻山の山頂へGO!です頂へ
再び登りです!
でも、ゆったりとした山容でラクでした!

足跡
新雪のフッカフカの雪原を
気持ちよく歩けました

飯豊アップ
ズームで撮った避難小屋とバックの飯豊連峰

スキー
西大巓の東オープンバーンを
滑り降りるスキーヤーが見えました

あと少し
山頂に近づくにつれ
自分と同じ背丈くらいの
小ぶりなモンスターが
行く手を遮るがのごとく
立ちはだかります

造形美
おまけに窪みがあったりして
歩きづらかったですよ

景観
そんな障害物を避けながらの歩行

山頂
これ以上、高い所がないので
一応この辺が山頂かなという所で
一休み
 モコモコ
西吾妻山の山頂は
夏場は展望がないという話でしたが
この通りの積雪ですから
まあまあの展望が楽しめましたよ♪

蔵王
今、思えば
蔵王の山々もあんな近くに見えたのですね (*^ワ^*)

山頂からの景色を堪能したら
下山です
歩きながら遠くの山を見ながら
周囲の景色を楽しめました

避難小屋
歩く上で障害物ともなる
樹氷群を
何とか避けながら
進み

トレース
広場に出ると
遠くに見える自分の足跡や
スキーの跡
動物の足跡がクッキリ残ってました

滑っている
西大巓から滑り降りるスキーヤー3名
その上にもその他数名見えました

すれ違う
圧倒的にBCフィールドのようで
自分のような
スノーハイクは少数派のようですね

山スキー
あの自然の斜面は
BCの世界では有名なポイントなんでしょうね
見ていても気持ち良さそうでした

帰り道
先程すれ違った方たちのトレースに従って
歩きました

振り返る
しばらくしてから後ろを振り返ると
こんな感じでして
樹氷群ともお別れでした

斜面
来た道を帰る
そんなセオリーを無視しての雪道歩き
西大巓の山頂を
トラバースして
スキーヤーの方たちが滑っていたあの斜面を
横切ります!

トラバース
っていうか
既に横切っているスキーの跡も残ってました

ころがる
歩くたびに転がっていく
雪の粒が
何だか可愛いんですよね♪
でも新雪が
雪崩やしないか
ビクビクしながら横切った跡
無事に通過し
その後はトレースの無い
樹林帯の
重い雪の斜面を
必死に歩いて進み
行きに歩いたトレースを
目指して
ひたすらガンバルのでした(;≧皿≦)。

足跡
やっとのことで
辿り着いたトレース
おそらく自分が歩いたであろう
足跡が
このような道に変わってました
その後は
トレースをたどって下りスキー場
無事に第4クワッド
降り口前に到着
何だかホッとする瞬間でもありました
その後は
リフト一区画分の距離を歩いて下りゲレンデ
スキーとブーツをデポした地点で
靴を履き替えて
約7年ぶりのスキーを滑り降りたのですが
これまた
スキー板がショートサイズということと
背中のザックの重みもあって
上手くバランスが保てず
へっぴり腰スタイルの
危なっかしいスキーをしながら滑る
何とか元の場所に辿り着いたのでした~ o´д`o)=3

そして、やっと家族と合流してから
昼食をとって
しばし家族サービスに徹したのでした

グランデコ
楽しかった
初めてのスノーシューハイク
すばらしい景色に出逢えて
心から感動を覚えました~
一人プチラッセルは
正直言ってタイヘンでしたけど
でも、それ以上に辛かったのは
最後のスキーかなぁ?
意外と苦戦しました~
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

子供たち
帰り際になっても
雪遊びに熱中するここあ
歩くのもおぼつかない1歳3ヶ月のれい
二人にとっては
初めて雪と戯れた1日でした

地図
↑ 注意:夏道ではありませんので、かな~りアバウトな地図です ↑

  【まとめ】
■2007年2月17日(土)■天気:晴れ■
■西吾妻山■にしあずまやま■2035m■山形県・福島県■
■コースタイム■     
パノラマゴンドラ山頂駅7:40⇒10:00 西大巓山頂 11:20⇒10:50 避難小屋⇒11:05 西吾妻山(山頂) 11:15⇒
12:15 第4リフト上取付⇒12:55 パノラマゴンドラ山麓駅前 


宜しかったらクリック、クリック 
↓↓ ↓↓
Blog Ranking
参加中
♪サンキュッ (v^-^v)♪

おしまい

 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<蔵王山 《前編》 | ホーム | 雪と樹氷の西吾妻山 《前編》>>
コメント
--\(^O^)/ヤッター--

おはようございますっ!
後編かなり楽しみに
しておりました! 本当に素敵ですね!
モンスター。一度は見てみたいナァ~。
でも今年は無理かもです。

それにしても
ここあパパさんの写真は本当に綺麗です!
そして、一言言わせてくださいっ!
ここあパパさんは晴れ男さんですね。
あ~少しお裾分けしてください。

ここあちゃんとレイ君も青空の下で
沢山の雪景色を!堪能したのですね!
7年ぶりのスキーヘッピリだとしても下まで
滑ってこれるからモーマンタイで羨ましいです!私だったら間違いなく、皆さんをなぎ倒してしまいそうです。

綺麗なレポと広大な自然、たっぷり堪能させて頂きました!ありがとうございますm(._.)m
by: アフー * 2008/02/17 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
--アフーさんへ--

楽しみにしていただいてありがとうございます。

モンスターでしたら先日行った蔵王なら
ロープウェイを利用すると気軽に行けますので
機会があったら是非ご覧くださいませ~!
これは、ホント必見ですっ!
感動することマチガイありません~!

>晴れ男さんですね
その通り!晴れ男なので~す!
というのは真っ赤な嘘でして・・・
実は天気予報を見て確実に晴れの日を狙って
出かけているだけなのです。(*´ー`*)

しかもイマイチなお天気には
山へは出かけないと言う
たいへんワガママなヤマノボラーだったりもします~。

でも冬のこの時期は、
特に天気が重要なカギを握っていますから
お天気だけはゼッタイ妥協できない
部分だったりするんですよね!

子供たちも雪遊びが気に入ったらしく
たまーに降る雪を見ては、かなり喜んでおります。
そして次の日には必ず数体のスノーマンが
家の前に鎮座していますので~。(*^-^*)

スキーは以前によく滑っていたので
ブランクはあってもある程度の自信はあったのですが・・・
やはりイキナリではムリがあったようでして
ヤッパ、ダメでしたね。_| ̄|○

先日の蔵王にも一応板とブーツは持っていったのに
一度も使わずに終わってしまいました。
次に滑るのはいつになることやら・・・。

あっそうそうこの後、蔵王のレポをアップする予定でいますが
写真多すぎて上手く整理できませ~ん。
さらにダラダラレポになりそうで今から覚悟が要りそうです。
ではスノーモンスター・シリーズ、楽しみにしていてくださ~い!
by: ここあパパ * 2008/02/19 00:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/84-6f7776d7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。