スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
初めての中央アルプスでしたが・・・
2008 / 01 / 27 ( Sun )

昨日、宝登山の蝋梅(ロウバイ)を見に出かけてみました!
ほのかに香るお花に
少し先の春を感じてきましたよ~!
◇ ◇ ◇
さぁ~て話は変わりますが
今季、雪山チャレンジ第三弾は
木曽駒ヶ岳
でした!!
でっ、その報告ですが・・・
宝剣岳かな

08/1/4
年末年始の荒れた天気も回復傾向だったので
ちょいと雪山へ出かけることにしました~
目的地は木曽駒ケ岳!
このお山
昨年の夏に無謀ともいえる計画を立てるも
結局はトライすることもなく諦めたお山でした
しかーし、その後も機会は伺っていましたが・・・
いつしか季節は
行きたい雪山候補を吟味していたところ
いろいろ検討した結果
この山に行くことを決定したのです!
***
いつものように
深夜出発のドライブ
中央自動車道路の駒ヶ根ICを降りると
そこは融けた雪が多少凍った道路
コンビニで食料を調達し
先ず向かった先は
有料駐車場のある菅の台 
案内図
はじめに前払い方式の駐車場に入りま~す
この季節ですから
場内は閑散としてました
車を止めたら
周辺を散歩
最初に確認したのは
バスの発着時間
時刻表
事前にHPで確認してましたから
見るまでもありませんが
時刻表を見ていると
近くの道路に停まっていた車から男性が近づいてこられました
「今日はどちらまで行かれますか?」
「えぇ、上まで行く予定です」
尋ねてこられた方は横浜から来られた方でしたが
少し迷っていたようですね~
助手席には若い娘さんが乗っておられ
親子でヤマノボリされているようでした
結局ワタクシが登る気でいることが分かると
少し安心されたのか
その後、駐車場に入られました
自分も一旦、車に戻って
TVのニュースや天気予報を見ながら支度を整え
バス停から見る

バスの発車時刻20分前には
バス停で待機バス停
既にバス停には
バスを待つ方(富山から来られたご夫婦)が居られました
バス停2
二つのザックが置かれた後ろにザックを降ろして
再び周辺を散策
停留場
その間、何度も空を眺めては
これから向かう山々に期待を寄せるのでした~ (^_^)
バスの到着を待っていると
チョット変わった恰好のおじ様が一人来られました
普通の雪山用のジャケットの下から見え隠れしているのは
何やら動物の毛皮
何の動物の毛皮なのか尋ねてみたところ
「たぬき」との答え
しかもコレをしていると雪の上に座った時
寒くないそうです!
ホント初めて見ました~
因みに家に帰ってからネットで調べたら
たぬき尻皮
という名前だそうです
たぬき尻皮
↑さかいやスポーツから写真を拝借
 
しかもこのおじ様
頭には兎の毛皮でできた帽子まで被っておられ
たいへん古風な井出達はホント興味をそそられました~o(*^▽^*)o~♪
その後8:12発のバスがやってきて
すぐに乗り込み
定刻を少しばかり遅れながらも出発 !
バスから
チェーンを装着したバスは低速ながら
慎重に進みますバス
急な山道のくねくねした道路
雪が積もって余計に細く見える山道をバスが進みます
途中、お猿さんを見かけたりしました!
こんな雪深い場所で元気に過ごしている姿に感銘を受けました~バスを降りて
バスは、無事にしらび平に到着
中央アルプス
駒ヶ岳ロープウェイ
の往復チケットを購入し
改札を通って
ゴンドラに乗り込むと
バスを降りた乗員すべでが乗車ロープウェイの車内から
動き出すゴンドラ
これから向かう山への期待は益々高まりますっ!

ロープウェイの車内から2
ここのロープウェイ
結構スピード速かったです!

ロープウェイの車内から3
下に見える谷も完全に凍ってましたね

ロープウェイの車内から4
車内から見える景色に感動しましたが
チョット気になるのがお天気
完全に晴れてはいませんでした
ソーコーしている内に
せんじょうじき駅に到着
車内からは乗客がゾロゾロと出て行きますが
何だか外はガスっています
温度計
外の気温は
-8℃

時刻表を確認
念のため時刻表を確認しつつ
駅の内部へ通じる途中の通路には
テーブルがあってそこで登山届を記入
それから温かい館内で登山の準備をしてから外へ出ると
吹雪いてます~! (T_T)
アチャ~
天気ワル~゚゚(´O`)°゚ ウワーン!!何も見えん
しかも外で除雪をされているココの関係者が
数人の登山者たちに
何やら注意を呼びかけていました
(この方は登山補導員ではありません)
「そんな装備じゃ登れませんよ」
そんなことを言われていたのは
登る気満々の60代後半と思われる
既にザックを背負ってWでストックを手にしていたメガネをかけた男性
どうやらピッケルは持っていないようでした

さらに話を聞くと今日の登山は難しいよ~とのこと
詳しい内容はこうでした
「これを見れば分かるけど昨晩から降った雪が50cmもあって
これから天気が回復して気温が上がると表層雪崩の危険があるの止めた方が良いですよ~」
確かに
この雪の上を歩いてみると
軽く膝まで沈むくらいのフカフカのパウダー
吹き溜まりの場所へ行けばそれ以上の深雪間違いありません!
自己流の弱層テストみたいなことをしてみると
弱い力でも簡単に崩れますっ!
しかもココのカールは雪崩の巣
天気もこの通り
ホテル
雪が降ってますし
雪
視界が利かず
幾らなんでも登るわけにはいきませ~ん
太陽

空を見上げると
おぼろげな太陽の光が見えはしますが
天候は回復しません
注意書き
条件が良ければ
この看板の下の方へ歩いて行きたかったのですが
しばらく周囲をウロウロして
あ〜あ
同じ境遇の登山者同士
館内でしゃべったりして
今後のことについての意見交換
折角ここまで来たのに
登れない
このもどかしさ
雪雪
再び外へ出ては
周囲の景色を恨めしく思いながら
眺めるのでした~ 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

と、そこへこの天候の中、果敢にも
一人歩いて行かれた方がいました
歩いているその姿は
ガスったこの天候の中でも
何とか確認できます 
入山を諦めている登山者の皆さんも
しばらくその様子を見ていましたが
するとあの狸尻のおじ様曰く
「あれは登る所、間違っているよぉ。もう少しあの上を行かなくっちゃ」
おじ様は松本から来られていまして
ココへは何度も来ているとか
なのでルートもよくご存知でした
ワタクシ、ココに来たのは初めてなもんですからイマイチ
よく分かりませ~ん(;^_^A ホワイトアウト
しかし
その登山者の方
ある地点で立ち往生していまして
結局は戻ってきました看板
正直、その男性が戻ってきて
何だかホッとしてしまいました~引き返してきた登山者
こんなお天気で
しかも雪崩の危険があると言われたら
そりゃ~心配になりますよね~

宝剣岳
あ~あ天気が良ければ
登れたのになぁ~
そう思いつつも
かすかに見える.
薄っすらとその姿を見せた
千畳敷カールを眺めるのでした (´Д`) =3 ハゥー

ところで、千畳敷カールって
この位置から見た感じですと
稜線までの距離って何だか近いですよね~
何となくではありますが
天気が良ければ
直ぐに登れる高さであることが分かりました
それから
ココのカールって
当初思っていたほど広くはなく
想像していたより
スケールは小さ目に思えたのはワタクシだけでしょうか?
◇◇◇ 
さて、どんなに待っていても
埒が明かないし
ただ時間が経つのを待つだけでもあるので
本日の計画は中止とすることにしました
さあ~そうと決まったらサッサと下山です
ロープウェイの改札前に並び
ゴンドラに乗り込みます
下山
悔いの残るヤマノボリ(←実際に歩いてはいない)
でも、こんな時もあるさー
そう自分に言い聞かせたりもしましたが・・・
晴れてきた

あれ~動き出したゴンドラから山を見ると
晴れてるぞ~~
やられた~ ; ̄ロ ̄)!!
でも今からでは遅いし・・・
ロープ
天候が回復してから
仮に登りはじめたとしても
下山するまでに要する時間を考えると
あんまり余裕がなかったしね~
ホント諦めるしかありませ~ん

あんなところに人が
前方を見ると
あんな所に人が・・・

作業
点検か整備のお仕事でしょうかね
こんな危険な場所で
本当にご苦労様ですっ!

南アルプス
みるみる高度を下げ
雪原
下を覗いてみると
カモシカ
カモシカが1頭
この雪の中
ラッセルしてました
実はこのロープウェイで行きの時にも見ていたのですが
あんまり進んでいませんでした
あっそれから例のたぬき皮尻のおじ様ですが
お歳を聞いたら
何ともう80歳だとか
え~~60代だとばっかり思ったのに
めっちゃ若いですよ!!
さらに伺うと
60になってからヤマノボリされるようになって
いるとのこと
ホントお元気なおじ様でした
しかも見たところ重そうなザックを担いでいたので
何を持っているかと思えば
中版カメラ二台+三脚が入っているとのこと
その日ホントは宝剣山荘に1泊する予定で
写真を撮りに来たようでしたが
天候が悪いので当然ながらキャンセル
下り
遠くには南アルプスの山々がよ~く見えました

南ア
しかも、あちらは既に快晴

絶景
でもその分、風は強そう!

ゴンドラでの空中散歩は 
あっという間に終わり
しらびそ平駅に到着晴れている
上を見上げてみると
天気サイコーですね
くやしぃ~

しらび平
次にまた来るぞ~
と誓うのでした
でも、今度来るときはいつになるのか・・・
駅
すっかり晴れ渡る
この場所から
バスに乗り込みバスの窓から
この場所ともお別れ
途中、雪の中
再びニンンザルが戯れているのを見ました
駐車場のある菅の台に到着すると
朝ご一緒した親子で来られたお二人さん
これから唐松岳へ行くとのこと
あのおじ様も
松本の家へ帰られるとのこと
皆それぞれにご挨拶して別れるのでした~
帰り道の途中
木曽駒ヶ岳方面の山を写真に収めたかったので
少しだけ寄り道しました
下山後

畑の広がった場所に停車しての撮影
木曽駒
次回、来るとしたら
夏になるかな~
そうなると
おそらく昨年幻となったあの計画を実行に移そうか・・・
考えながら家路につくのでした

  
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Blog Ranking
参加中

おしまい 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<雪の浅間山 《前編》 | ホーム | 陣馬山>>
コメント
--ドキドキ・・・@@--

レポ読みながら・・・お願~い、絶対、登らないで~!!って、思いましたよ・・・0--0
中止されて、ほっ!! ヤレヤレ・・・^^

天気が悪い時は、ココは思っているほど楽ではないです・・・@@
青空でも山頂はガス・・・って事もあるし・・・><
雪崩も・・・こわ~い><

我らも冬・・・12月に1度・・・幕営で・・・でも、山頂は真っ白け~0--0 宝剣には行けず・・・m--m
残雪期にも行きましたが、これまた天気がいいようなのに、山頂は・・・×
それに、寒さが半端じゃなく・・・もう、冷た~い!!
厳冬期に行くには、やはり最高の天候と冬山慣れ・・・うん!これでないと。。。

え~っ。。。ホンマですか・・・ピッケル持ってない方がいるなんて・・・自殺行為や~!!
先日、宝剣で滑落事故があった所ですよね~@@ 

冬山・・・安全第一で行きましょ~0^^0

はぁ・・・ドキドキした・・・(笑)




by: みい * 2008/01/28 11:23 * URL [ 編集] | page top↑
--すんばらしい--

景色ですが~
冬山、、、、怖い、怖い、、、、
美しいものにはトゲが!
の言葉通りでしょうか~?

晴れた日、スノーシューでいく山。
この程度にしておこう!っと!
綺麗な雪山景色はここあパパさんに任せて~
なんちゃって(^^)

そっか、ここって夏に一度観光で宝剣岳まで行ったことあるから、
お手軽?
なんて思っていたけど、
みいさんの言うように、甘く見てはいけない山なのですね~
ここは夏にテント担いで登ろうっと!

健脚パパさんは日帰り縦走でね!(笑)
楽しみにしてま~す♪
by: ひろ * 2008/01/28 15:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

美しい写真の数々。
雪の木曽駒、私もと密かに狙っています。
先日雪山デビューしたと思ったら、現在いろんなことが起こってお山は断念中です。
雪山は天候次第で、様相が変わりますからね。好天の時、またですね!
ラッセルのカモシカもいたようですが、私はラッセル苦手です(笑
by: カモシカ * 2008/01/29 21:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

真っ白な宝剣岳、とても綺麗です~☆

私も残雪期に狙っているひとりです(←木曽駒の方ですよ)
このカールの規模、私も先日見たときには「あれっ?」って思いましたよ
(というか最初それと気づきませんでした・笑)
でも雪が積もるとさすがに迫力ありますね
この急斜面を登っていけるか・・私にはそれがちょっと心配です(汗

ここあパパさんも今回は残念でしたけれど
「あの計画」ぜひぜひ実行してくださいね
私もその縦走路は興味ありますので・・
・・ってそんなこと考えてたら早く夏山歩きたくなっちゃいました(笑
by: みっちゃん * 2008/01/29 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

ハラハラさせる様な内容でスミマセン~。(;^_^A
雪山って慎重に行動しないと
あとで痛い目に遭うことは目に見えてますからね。
今後も注意を怠らぬよう気をつけま~す!!

それにしても雪崩はコワイですよね~。(ノ゚ο゚)ノ
そんな危険と隣り合わせな山域をスキーされている
みいさん達って・・・恐れ入りますっ!
(そんな危険のある所へは行っていないかな?)
ヤッパ経験者同伴じゃないと怖くていけませんよね~。

以前から山スキーに興味はあるものの、
未だ踏み出せずにいます・・・
その前に道具を揃える資金が必要かなぁ~。(・・*)ゞ

話は前後しますが、今回の目的地は駒ケ岳だけでして
宝剣岳は全く登るつもりはなかったです~。
この時期の宝剣は危ないってよく聞きますからね。
それに家に残してきた家族を思うと無謀なことはできませ~ん。
それにしてもピッケルない人もいたりして・・・危ない、アブナイ!!

みいさんたちも安全だけには十分に注意しつつ
雪山、enjoyしましょうネ!
by: ここあパパ * 2008/01/29 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
--ひろさんへ--

美しいものには・・・・トゲのない山もありますから
どうぞ安心して出かけちゃってくださ~い。(^_^)
でも過信は禁物ですけどネ!

それにしても、ひろさんもすっかり雪山に
ハマッたようですね。
スノーシューで歩くスノーハイク、本当に楽しいですからね。
今後もあっこさんとお二人でドンドン楽しんでくださ~い。

あっそれから、ひろさんはココへ来たことがあるんですね。
夏に幕営ですか~。気持ちいいんでしょうね。
特に夜中、山上で見る星空なんかサイコーでしょうね♪
実は今年、久しぶりにテン泊縦走したいなぁって
思っているんですがどうなることやら・・・。

そんなこと考えていたらあっという間に雪山シーズン
終わっちゃいますから、その前にいろんな雪山にもっと登りたいですっ!

ひろさんたちもこの冬、ステキな雪山ができますよ~に♪
by: ここあパパ * 2008/01/30 00:13 * URL [ 編集] | page top↑
--カモシカさんへ--

お久しぶりで~す。
そして雪山デビューおめでとうございます~。
ヽ(〃^-^)/★*☆
実は密かにレポの方、読んでました~。(←読み逃げでスミマセン)
それにしても、いきなり3連チャンとはすごいですね!
しかも最後の三ッ岳、もー緊迫感がひしひしと伝わってきましたっ!

雪山は、その美しさに惹かれて
ついつい脇が甘くなりがちですから、お互いに十分に注意しつつ
雪のヤマノボリを楽しみたいものですね♪

それから木曽駒、行けるといいですね。
でも、あまりムリしない程度にがんばって
チャレンジしてみてくださいネ(←自分にも言い聞かせています・笑)
by: ここあパパ * 2008/01/30 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

以前にみっちゃんさんの木曽駒レポの中で
下見を兼ねてみたいな事が書いてあったと思いましたが
残雪期を狙っているんですか~。

木曽駒の残雪期ってあの急斜面がつるっつるの
アイスバーンになるようですから、どうぞ注意してくださいね!

今回の敗退(?)、はっきり言って天候判断が甘すぎました~。
当日の予報では、駒ヶ根方面のお天気は晴れでしたけど
その反対側の木曽町側方面はあまり良くなかったんですよね。
フツーに考えれば行かなかったはずなのに
なぜかこの時は気が焦っていたんでしょうね。
折角の正月休み、この機会にどうしても行ってみたい!
その気持ちの方を優先してしまいました~。
(昨年の赤岳の時と全く同じで何も学習できていないここあパパでした(T_T))

しかも数日後、ネットでブログ検索してみると・・・
何と敗退した翌日に木曽駒へ行かれた方がいて、
しっかり登っているではないですか!!
ホント1日遅らせば良かったって、
あとから後悔してもしょうがないんですが
それを知ったら余計にガックリきました。ε-(´・`) フー

みっちゃんさんも、ワタクシみたいに
悔いの残らないヤマノボリを楽しんでくださ~い。

それから「あの計画」ってヤッパやるしかないんですかね~。
今回の木曽駒、もし登ることができていたら
例の計画は白紙にするつもりでいたんですけど・・・
まさかこんな形で復活させることになるとは・・・トホホ・・(´~`ヾ)
by: ここあパパ * 2008/01/30 23:09 * URL [ 編集] | page top↑
--おしかっですね。--

3日が最高だったと思いますよ。

私が塩見から降りて高速走行中は南ア、中アと両側ピカピカに輝いて、それはそれは綺麗でふるえましたもん!

私はカールデビュー&本格山遊び?がココでしたから大感動でしたよ~
木曽駒、仙丈、涸沢とピーカン天気ばかりですけどそれぞれ素敵ですね。

あのロング計画、実行ですか? ひゃー!
お気を付けて。
by: 小春号 * 2008/02/04 19:09 * URL [ 編集] | page top↑
--天気--

はなかなか思い通りにならないですよねー。でも、今回はそういうタイミングじゃなかったという事で諦めて正解でしたねー。
や、やはり、ここあパパさんにはあの計画で行って下さいという天のお告げなのでしょうか。。。(笑)
今年の夏はお互いロング行程で頑張りましょうねー(笑)。
(自分は今年長ーいのばっかりです)。
by: tripgood * 2008/02/04 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

1月3日ですか~。
確かその日は、子供と一緒に凧揚げをしましたが
風がほとんど吹かずガッカリした記憶が残っています。
まぁそのぐらい穏やかな一日でしたね~。(^-^)
ということでその日は、完全に
家族サービスdayだったので計画外でした~。

でも自分の予定とお天気がマッチした時って
ホント、サイコーなんですけどね。
も~諦めるしかありませんでした。

木曽駒、今のところ相性が良くないのかなぁ~。
今度、来る時は必ず登りますっ!
夏ですけどね!(o^∇^o)ノ
by: ここあパパ * 2008/02/05 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

お天気ってホント難しいですね~(*´∇`*)
ビミョーな予報の時なんか
キット良くなるって勝手に信じ込んで行くと
必ず失敗します・・・(;´▽`A``

>あの計画
何だかその方向に話が進む感じで再度プランを練り直さねば・・・

でも、あの計画を実行する上で最大のネックは
やはりお天気でしょうかね。
距離的には何とか行ける感じはするんですが
ただ岩山の稜線は、歩くのに時間がかかるので先が読めないのと
あと夏の午後はお天気が崩れやすいので
その辺を上手くクリアすれば、何とか行けるかなぁ~って思っています。
まぁ~そうは言っても未だ机上登山の域は越えていませんがね~(*^.^*)

ロングは消耗戦ですから、お互い持久力を向上させつつ
夏山に向けて頑張りましょうね!!
by: ここあパパ * 2008/02/05 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/78-677e62f2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。