スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
昨日、登った雪山ですが・・・
2008 / 01 / 20 ( Sun )

冬のこの時期
関東ではめったに雪、降りませんが
どうやら今晩から明日にかけて
降るようですね。
あ~明日の朝が大変だ~。
◇◇◇
さて昨日、ワタクシ
雪山に登ってきました!
お天気はマズマズでしたが
山頂付近の強風と寒さで
チョッピリ
ダメージが・・・
◇◇◇

どこへ行ったのか?
と言いますと
コチラの
お山で~す!
↓  ↓ ↓ 山頂
計画当初
権現岳(八ヶ岳)にするか
それとも黒斑山にすべきか
たいへん悩みましたが
結局は
未だ登ったことのない百名山になっちゃいました~(*^.^*)
◇◇◇
でっ今回の雪山では
いろいろと反省点がありまして
考えさせられることが多かったです~。
どんなことかと申しますと
雪山装備が
不十分だったということです。
 まず
今回、使用したグローブのことなのですが
ちなみに使ったのはコレ 

グローブ
モンベルのシステム3グローブ
正直いって
山頂付近の気温-15℃+風速10m以上の風=体感温度-25℃以下の気象条件だと
このグローブではキビ℃(スィ)かったです ; ̄ロ ̄)!!
この度の雪山では
あまりの寒さで指先が凍えて
マジで危なかったすっ!
それで、どう対処したのかといいますと
グローブを装着しながら
その内部で
丁度じゃんけんをする時の
グーの状態にして指先を温めました~
しばらくすると指先の調子が回復するので
そうしたら再び通常の状態に戻す
な~んて事を何度か繰り返す方法で乗り切りました~ (;^_^A
斜面
それから
頭部の寒さ対策ですが
今回いつものように帽子とネックウォーマーを使用しました

でもハッキリいって、これじゃ~この雪山では不十分でしたね (; ̄ー ̄A
やはり目出し帽が必要であるってことを
正に身をもって実感しました~!(←遅)
山腹までは
帽子とネックウォーマーで事は足りていたのですが
山頂に近づくにつれ
冷たい風がビュービューに吹き(身体ごと吹き飛ばされる感じ)
帽子で隠れていた耳がいつの間にか露出し(←耳がしもやけになりました~(´_`。))
口、鼻は寒さで感覚が鈍くなり
ホント、目出し帽を装備する意味がよ~く分かりました
前掛山へ向けて
さらに
寒さに弱いのは人間だけではありません
この寒さでデジカメも使用不能の事態に 
原因は
極度の寒さによるバッテリーの電圧低下ですね
話には聞いていましたが
これまで登った雪山は
-10℃を下回ったことありませんでしたから
今回のような経験は初めて
そのため山頂でのお決まりセルフ撮影はできず(←っていうか風が強くて三脚使用できず)
この予期せぬ事態にかなりショック! ( ̄□ ̄;)!!
でっ、どうしたかと言いますと
急遽、使い捨てカイロで温めましたが・・・
一度冷えきったカメラ
そー簡単に温めることはできず
デジイチは完全にダメでした~
コンデジの方は
しばらくソフトケースに入れて温めて
撮りたい時にさっと取り出し
起動後3秒以内にシャッターを押す(それ以上経過すると使用不能)
そんな事をしながら撮影を続けました~
まぁそれでも
下山して
気温が上がってきたら
コンデジは完全に復活しました!
浅間山
そんなこんなんで
経験を通して学び楽しんだ雪山・登山でした!!
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪
でも、そこは一歩間違えるとヒジョーに厳しい場所ですから
十分注意が必要でがね~
◇◇◇
あっ、今回の山レポですが
まだまだ書かないといけないレポが溜まってますんで
も~少し待っててくださいねヽ(=´▽`=)ノ

 

ここは一つポチッとね♪
↓ ↓ ↓ ↓
Blog Ranking
参加中

 

おしまい 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<陣馬山 | ホーム | 雲取山 《後編》>>
コメント
--なるほど~!--

なんて偉そうに言えない、
雪山初心者のひろですが(^^)

北ヤツから浅間山、しっかり見えてましたぁ!
でも山頂はガスってて良く見えてなかった!
あの時、パパさんは、
強風と闘っていたのですね?!!
こちらは、風もなくてポッカポカでした(^^)

雪山装備、
そうですよね~
入って見ないと何が起こってるのか、
起こるのか?
わからないですもんね?
もし持っていなかったら命にかかわる、、、
その恐さがあるのが雪山なのですね?

パパさんのレポはとっても勉強になります!
本格的な雪山は、
行くかどうか?わかりませんが、、、、、
でも、スノーシューのお山でも、
天候次第では、装備が大切になるんでしょうね?!

バラクラバでしたっけ?
つけるのなんか恥ずかしい、、、、
なんて言ってられないか~(笑)
by: ひろ * 2008/01/20 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
--雪山対策・・--

同じです(笑
私も先日の天狗岳では「寒さ対策」をもっとしっかりしないといけないなぁと思いました。手袋と顔まわり、私もこの二つが今最も充実させたい装備です。

そしてカメラ。雪山においてどのようにして持ち歩くか・・これも問題ですね~。ここあパパさんは何か対策をお考えなのですか?
体感温度マイナス20度くらいの中、何も覆うことなくいつもどおり首から提げて歩いてました(汗 動かなくなることはなかったんですけど、真っ白に凍てついた本体には一時はどうなることかと思いましたよ。でも・・
その後の荒島岳での写真にはうっすらと丸いシミのようなものが多数・・(画像処理で消去しましたけれど)・・早くもやってしまいました(涙 

浅間山、私も行ってみたいです。レポ楽しみにしてますね♪
by: みっちゃん * 2008/01/20 22:38 * URL [ 編集] | page top↑
----

これはもうガッツリと本格雪山登山じゃないですかー。それもこの時期強風で有名な浅間山とはホント恐れ入りますです。しかし、ここあパパさんをもってしても手強かったとは相当な風だったんでしょうね(ホントお疲れ様です。しかし冬の景色は最高ですからねー)。

装備に関しても実際に経験しながら改善していくいいキッカケにもなって良かったですね。ツライ思いが大きい程、次からは絶対忘れませんよね(自分はそんなのばっかですが...(泣))。

あ、それから自分は炭に着火するタイプ携帯カイロ使ってますが、これはもう使い捨てカイロには戻れないパワーでしたねー。ジッポのオイル式のカイロもパワーはすごいらしいので今度冷えた機器(カメラなど)に効くか試してみようかと思ってます。
by: tripgood * 2008/01/21 00:11 * URL [ 編集] | page top↑
--ひろさんへ--

ひろさ~ん、スノーシュー・デビュー
オメデト(^_^)∠※PAN!

北ヤツから見えていましたか~(*^.^*)
コチラは、風と寒さとの悪戦苦闘で
遠くを眺める余裕が全然ありませんでした~。(T_T)

この日のお天気は、晴れの予報でしたから、
ある程度の雪山装備でダイジョウブだろう~
と思っていたんですよね。
でもホントのところ何が起こるか分からないのが
雪山のコワイところでして今回、完全にやられた~
っていう感じでしたよ~。

>バラクラバでしたっけ?
>つけるのなんか恥ずかしい、、、、
そうそう自分もそう思っていたんですよね。
あれをもし下界で着けていたら"変質者"扱いされそうですよね~。
しかし雪山であれが無いとマジで"愚か者"と呼ばれるかもしれません~
(;^◇^;)ゝ

あっそうそう今回登った浅間山ですが、
実はスノーシューオンリーで登っちゃいました!
それもこれもライトニングアッセント
だからこそ可能なのかもしれませんが、
これを上手く使いこなすと急斜面の登行も意外とラクですよ~。

ひろさんも少しずつステップアップするごとに
キットいろんな世界が見えてもっと
もっと楽しくなると思いますよ!
by: ここあパパ * 2008/01/21 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

日ごろ暖房の利く部屋で寒さと無縁の生活をしていると
「寒さ対策」ついて考えることってないですよね~。(〃⌒ー⌒〃)ゞ

>カメラ・・・何か対策をお考えなのですか?
コンデジにしても一眼カメラにしても必ずソフトケースを
持参しているんですが、それ以外にできることというと・・・
ソフトケースの中に使い捨てカイロを入れておくことぐらいしか
思いつかないのですが、いかがなものでしょうか?
何か良い方法があったら教えてくださ~い。(*^^*)

あとEOS40Dは、防塵防滴仕様ではありませんから
やはりカバーなりソフトケースで保護することをお勧めいたします。

>丸いシミのようなものが多数・・
これって何だか気になりますね~。
センサーに付着したホコリや油だったらクリーニングすれば
どうにかなると思いますよ~。
ただ気になるのは氷点下から常温になった時に内部で
結露したりしていないと良いんですが・・・
結露しているとカビの発生源になったりしますので
十分乾燥させておくといいですよ。
それからカメラって結構デリケートなメカですから
どうぞ取り扱いには十分ご注意くださ~い!

そういう自分も以前に、カメラを首から提げていて
一台ダメにしたりしています~(T△T)
by: ここあパパ * 2008/01/22 07:37 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

浅間山って強風で有名なんですか~
そんなことも知らずにアタックしてしまいました~(;^_^A

事前にネットで調べてはみたんですが、
この時期の登山についての情報って、あんまりないんですよね。
それでも決して登れないわけではないという事が分かったので、
それじゃー行ける所まででもいいから行ってみよ~!
という感じで出かけてみました。

お陰で数少ない雪山経験では、
ゼッタイ知り得なかった体験ができ
これでまた一つ勉強になっちゃいました~。(・・*)ゞ

そして、今回ありがたいことに、登山道の中間点に
「火山館」という山小屋があるんですが、
行きと帰りにその暖かな部屋の中で休憩できたのは何よりでした。
しかもそこで常駐している館長さんと
ゆっくりお話しができ、たいへん有意義なひと時を過ごすことができました。

>携帯カイロ
あ~コレは良さそうですね!今とっても興味があります~。
あと最近発売になったエネループの充電式カイロ
というのもあるんですが、どうなんでしょうかね。
今後もいろいろと検討してみたいと思います。
貴重な情報ありがとうございます!
by: ここあパパ * 2008/01/22 23:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

私の登っていた霧ヶ峰からも浅間山が見えていましたが、風が強そうでしたね。
独立峰の森林限界を越えると風が強くても逃げ場がないので覚悟が必要ですね。
しかし、この手袋でもダメでしたか。
私も雪山で手が凍えそうな時は同じようなことをしています。
冷たくてピッケルを持つのも嫌になったりします。
この状態での金属にふれるのは大変です。

デジカメの電池はいつも予備を持って行き、ポケットで温めたものと交互に差し替え撮影しています。
フイルムカメラ時代は、いつも使い捨てカメラを予備に持って行ってました。

昨年の大佐飛山では、帰りが暗くなってきたのですが、やはり低温でヘッドランプが付かず大変でした。

エネループの充電式カイロってあるんですね。
今度探してみます。
by: へっぽこ山ちゃん * 2008/01/23 08:58 * URL [ 編集] | page top↑
--へっぽこ山ちゃんさんへ--

こんばんは~山ちゃんさ~ん。
何と霧ヶ峰から見えていましたか~。(^_^)

強風については、一応、覚悟はしていたのですが
実際にその場で経験するのとでは大違いでした。
ホントこんな体験をすると、いろいろと見えてきますよね。
自分に足りないものが・・・。(;^_^A

ところで、手を温める方法ですが、
山ちゃんさんも同じことをされていたんですね。
実はとっさに思いついたことだったんですが、
意外と効果があって助かりました。
ただその間ストックを持つことができず苦肉の策でしたが
ストックのストラップだけでブラブラさせながら
まるでゾンビのように両手を前に突き出した姿は、
とても人には見せられませんでしたよ~。
一人っきりでよかった~(〃'∇'〃)ゝ

デジカメですが、予備のバッテリーを
持っていけばいいんでしたね。(今更ながら・・・)
最近はバッテリーの性能がアップしたこともあって
予備を持っていくことがなくなったんですが、
次回は是非持参したいと思いますっ!

>充電式カイロ
よくよく考えてみたら、これって
電池で動くものなので寒冷地での使用に
耐えられるのか心配になってきました。
もし試す機会がありましたら、是非教えてくださ~い。

経験豊富な山ちゃんさ~ん、これからも
いろいろと教えてくださいませ~!!
by: ここあパパ * 2008/01/24 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/77-42ae1c6a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。