スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
仙丈ヶ岳 《後編》
2007 / 08 / 31 ( Fri )

8月も最後の日となりました~
 夏も終盤を迎え
夜には虫の音の心地よい響きが
どことなく寂しさを漂わせます。
山の上では、もう秋に入りつつあるようですね。

では仙丈ヶ岳 《後編》をどうぞ! 仙丈ケ岳の頂上

山頂の登山者たち 
さすが人気のお山 次から次へと登山者がやって来ます 。

デジイチのレンズを望遠に交換して
山頂から見える山を撮影しました。
すると中央アルプスのお山がよ~く見えました♪(^▽^)/
仙丈ケ岳から見た中央アルプ
↑クリックで拡大 富士山と北岳 
富士山と北岳  

間ノ岳 
間ノ岳  

鋸岳と八ヶ岳  
鋸岳とその向こうには八ヶ岳かな

塩見岳 
塩見岳

荒川三山
 荒川三山 赤石岳は雲の中~

大沢岳
 兎岳、大沢岳

撮影を楽しんでから食事休憩
その後は下山です。
でも、できればもっと留まりたかった~
山頂にて 
最後に周囲の山を眺め
藪沢カールを覗き込んだりもしましたね 山頂から見る小屋
仙丈小屋の前には登山者が休んでいます
人数が増えたようです
  山頂を出発
 さぁ~ここを発つことにしましょうか!
珍しく山頂に30分いました~(^ー^* )フフ♪

下山
では下ることにしましょうか

振り返る
少し下ってから
山頂を振り返ります

↓これから下る尾根
薮沢カールの尾根
↑クリックで拡大
  上から見た薮沢カール
 藪沢カールを上から見ています

縦走路
 多少のアップダウンがありますが 歩きやすい道でした

北岳
北岳がデ~ンと見えます
昨年はあちら側から見ていたのに
不思議ですね~(o^-^o)
 こぶ
 一部ピークを巻きますが
その手前からの眺めです

山頂を含む薮沢カール
↑クリックで拡大 小千丈へ
 さらに下ってから先に見える小仙丈ヶ岳へ向かいます

快調に下ります
 とっても歩きやすいのでタッタカ進みます~(((((((っ´Ι`)ノ

振り返る
 後ろを振り返るとこんな感じ ガスってきました~
左側を見ると 小千丈カール
 小仙丈カールがキレイでした~ (*^-^*)

前方のピーク
 幾つかアップダウンを超えると 小仙丈ケ岳のピーク
小仙丈ヶ岳のピークに到着

クルマユリ
 クルマユリ

シナノキンバイ
シナノキンバイ
 
お花畑
お花畑をチラリと見ながら
下山する道
歩きやすい斜面を快調に下ります
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘
雲
    甲斐駒の向こうは雲海ですよ ガスル甲斐駒
肝心の甲斐駒ヶ岳はガスで見えず・・・(´△`)↓

北沢峠のキャンプ指定地
北沢峠のキュンプ指定地は
たくさんのテントの花が咲いていましたよ(=^_^=)

雲に隠れる甲斐駒ヶ岳
下山時には雲で隠れた
この甲斐駒くんを眺めながら進みました。
 その後、樹林帯を下りますが
快調に飛ばし ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!! 大滝頭
大滝頭

樹林の中
木漏れ日の射す登山道をハイペースで歩き
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
四合目
四合目
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
三合目
三合目
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
見納め
尖がってそびえる甲斐駒くん

危なくないのかな
倒木の処理ってこれでいいんですか?
危なくないんでしょうか~

樹林帯を歩く
この辺からは誰とも会わず でした。
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
二合目
二合目
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
一合目
一合目
ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘
下山しました
登山口に到着
 フゥ(o´Å`)=з
下りの所要時間
えっ
1時間35分!?
特別急いだわけではないんですが・・・。(でも普通よりは早かったかなぁ)
しかも時計をよく見ると
まだ
正午前
じゃ~ついでだから甲斐駒へでも行きますかっ!
ヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ
そんなわけ
アリマセン!!って
山小屋
長衛荘
朝来た場所に戻りました~
 ↓グリーンのテントがバスの停留所  北沢峠バス停
番号の書かれたベンチにザックを置いて
近くを散策
これは

これは。。 
実は下山の時ピッチ上げて
下りてきましたが
幾人もの登山者をごぼう抜きしました。
でも追いつき追い抜けなかったおじ様が一人いました~。
こっちは所々で写真撮ったりしていましたから
先に行かれちゃったのですが・・・

下山し小屋の方へ歩いて行くと
何と
そのおじ様がベンチに座ってビール飲みながら
休んでいるではないですか~
思わず近づいて
おじ様の健脚ぶりに敬意を表すると
その足元にビックリ ∑o(*'o'*)o
あの健脚のヒミツが明らかになりました!!




特製の足袋
  これですよ これ!! (写真撮らせてもらいました)
スパイク付きの地下足袋
私の登山靴はカッコはいいんですが
よく滑ります~。(T△T)
でもこれならガッチリ斜面を捉えますから
滑って転んだりしないですよね~
これってどこで売っているのか
訊いてみました。
すると、
何と釣具屋さんなんかにあるそうです~。
千葉から来たという
このおじ様の話によると
これで雪道なんかもOK!だそうで
益々オドロキでしたよ! !臨時便
その後、臨時便のバスが出ることになって
予定より早く帰れることになりました。
しかも行きと同じく帰りのバスでも
運転手さんのガイド付き。
でも今回のガイドは秀逸でした~
花や樹木、動物に至るまで幅広く説明してくれましたから
全く飽きがきませんでしたね。
移動中の道路わきには、サルやキツネ、カモシカまでも出てきて
さながらここは動物園?って思うほど感激しました!
それに帰りの道中
色とりどりに咲くお花があれば減速停車して解説してくれますから
もうサービス満点!
それに独特の静かな語り口調でありながら
笑いのツボをしっかりと押さえた絶妙の間合いは
終始、車内から笑いが消えませんでした~。
ホント運転手さん
楽しいガイドありがと~!

そうこうする内に
バスは仙流荘前に到着
温泉
仙流荘には温泉があります
ここで汗を流してから
本館の方にある休憩所でそばを食べてから
帰りました。

でも案の定
中央道の小仏トンネルから渋滞にはまり
さらに睡魔君との闘いもありましたが
途中、軽く仮眠をとりつつ
無事に8時ごろには帰宅。


仙丈ヶ岳の地図 


■2007年8月13日(月)■天気:晴れ■
■仙丈ヶ岳■せんじょうがたけ■3033m■長野県■
■コースタイム■
北沢峠 6:30⇒6:40 太平山荘⇒8:15 馬ノ背ヒュッテ 8:20⇒8:55 仙丈小屋 9:10⇒
9:25 仙丈ヶ岳10:00⇒ 10:30 小仙丈ヶ岳⇒10:55 大滝頭⇒11:35 北沢峠


 


 Blog Ranking


 おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<ジブリの絵職人 男鹿和雄展-トトロの森を描いた人。 | ホーム | 仙丈ヶ岳 《前編》>>
コメント
--あぁここに登りたかった…--

ここあパパさん、ご無沙汰しております。
随分前に私のブログにご訪問いただきましてありがとうございました。(今頃、あいさつ…)

この間、遅い夏休み(もちろん平日)をとってこの山に始めての山小屋泊登山をしようと計画をたてていたんですよ~。
残念なことに最近休暇に限って山地方は雨…とうとう行けずに8月が終ってしまいます…
だから何気にうらめしい(じゃなくて羨ましい)気持ちで拝見しています(^_^;)

人がたくさん写ってますね。ひえー(人ごみ苦手)
やっぱり週末なんでしょうか。
**********
BGMの鳥の声がすごく気持ちよくてつい聞き入ってしまったんですけど、ここあパパさんが録音したものですか?それとも音響CDか何かですか?
私も以前山の中に音声マイク持ってって録音を楽しんだことがあります。久し振りにまたやってみようかなー
by: プカプカ * 2007/08/31 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
--連日、お疲れ様でした~^^--

ここあパパさん、お疲れ様でした~^^

仙丈は南アの女王様・・・・私も3回行きました~0^^0
やはり、雪の頃が最高!!です^^
戸台から歩かなあかんけど~^^
すごく綺麗!!です^^

昨年の夏、行った時、鹿の食害でお花は以前より減ったような気が・・・><

機会があれば、是非、雪の仙丈へ・・・^^
ステキな写真も撮れることと・・・^^

しかし相変わらず、健脚パパさん健在!!
すごいですね~~~^^
コースタイムもびびるわ~0^^0

あっ!先日の木曽駒~空木縦走日帰り・・・驚異ですね~0--0
でも、土曜日、木曽殿小屋の前で山岳トレイルの方とお会いしましたが、木曽駒から来て今から空木~池山を下りる・・・と言ってました~^^
ものすごい軽装でしたが・・・当たり前か・・・トレイルだもの・・・^^
でも、見た所、走っているわけではなかったので・・・(上・下りとも・・・)
ここあパパさんも荷物を軽くしたら可能かと・・・^^

私のブログのリンクで「山の休日」さんが、先日、木曽駒はパスしてますが、極楽平~木曽殿小屋~空木~池山尾根下山を日帰りで歩かれてます・・・^^v
それに木曽駒~宝剣~極楽平を加えるわけですね^^ 2時間半は+ですね!
朝、一番のロープウエィに乗ったら、ここあパパさんなら行けそうですが・・・(最後はヘッデンいるかもしれないけど・・・)

でも、駒峰ヒュッテも素晴しいですし・・・できたら、のんびり山を楽しむのも・・・^^v
なんて。。。 いつものんびりな軟弱なみいで~す・・・^^

さぁ~、次はどこへ出没ですか~?!


by: みい * 2007/08/31 08:54 * URL [ 編集] | page top↑
--プカプカさんへ--

プカプカさ~ん
ご訪問&コメントありがとうございます。

プカプカさんのところへは、その後もちょくちょく訪問させてもらっています~(コメントなしでスミマセン)

せっかくの休日、お天気とかみ合わず残念でしたね~。いっそうのこと東北地方へ遠征っていうのはどうでしょうか?
確かドライブがお好きとのことでしたよね。天気予報見て雨マークのないエリアを目指すっていうのも一つの手なんですよ~。
ワタクシはその方法で鳥海山と大朝日岳へ行っちゃいました。でも遠すぎっ!!

>人がたくさん写ってますね。
お盆のシーズンでしたから人多かったですね。でも夏のアルプスのメジャーな山は、いつもこんなもんですかね~。
ある程度は覚悟いります~。

>BGMの鳥の声
これはですね、野山に分け入って人のいない山の奥地へ行って集音マイク使って録音したのですヨ!
って言いたいところですが・・・実はたいへん言いづらいのですが・・・CDで~す。あっいっちゃった~。(;^_^A
でも、いずれ変えると思います~。
フリーの音源ファイルをさがして使ってたこともありますが、お気に入りを見つけるのに苦労します。
因みに、このブログって上の部分は元々あった別のサイトと合体させているだけでして、本来は別々のものなんですよね。
これもプカプカさんのブログで刺激を受けて自分なりに悪戦苦闘しながらカスタマイズした結果なんですが、そろそろ分離しようかなぁとも考えています。
ブログとHPの両立は、子持ちのパパにとってはキビスィーです~。
これからもヨロシクお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2007/09/01 00:33 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

コメントありがとうございます。

みいさんたちは、今ごろ上高地or宴会ヶ岳ですかね~。(^_^)

>雪の頃が最高!!です^^
やはりそうですか~。仙丈は夏山もすばらしかったですが、雪山もいいなぁ~と以前から思っていました。
それで本当はその時まで保留にしたかったんですよね~。是非再び行ってみたいです~。ヾ(=^▽^=)ノ

それから木曽駒~空木縦走日帰り情報ありがとうございます。山の休日さんですね。あとでお邪魔してみま~す。
こんな無謀な計画を実行に移せるか今シーズンはもうムリなんですが、来年再度検討してみたいで~す!

でも、たまにはのんびりもしたいなぁ~(*´∇`*)
by: ここあパパ * 2007/09/01 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

初めてお邪魔いたします!
朝日ではニアミスだったようですね^^日帰りで遠征とは恐れ入ります。

私の仙丈は5年前でして、その時のことが懐かしくなりました。次回は残雪を狙っているんですが、どうかなぁ。

アクティブな山歩きが多いですね。そして私も中央道の渋滞によくはまります^^;
by: たけさん * 2007/09/03 23:47 * URL [ 編集] | page top↑
--たけさんへ--

わ~早速のコメントで本当にありがとうございま~す。

たけさんのレポ見ちゃうと朝日岳はやっぱ縦走がいいですよね~。日帰りなんかじゃもったいないなぁ~と改めて思いました。

それから南アですが、よく歩かれていますよね~。しかもキレイに繋がっていてスゴイです!
自分の場合、これまで歩いた縦走路はブツブツ切れた感じで残っています~。(T_T)
まぁ~そんなに気にしてもしょうがないって思っていたのに、気になりだすと行きたくなるもんですね。今、気になっているのは、たけさんがこの夏、行かれた種池山荘~烏帽子岳までの区間。いつか行ってみたいですね~。
でも行きたい所がありすぎて、ホントいつになるやら・・・です。(^^)

あっ雪の仙丈、ワタクシも狙っています。でもこれまたいつ行けことか・・・(;^_^A

今後ともヨロシクお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2007/09/04 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。よろしくお願いします。
BGMにビックリしています。
美しい写真と共に山の中に居る雰囲気です!
仙丈は好きな山です!カールもいいし、仙塩尾根が実にいい感じです。
いろいろ歩かれているようですね。またお邪魔します。
by: カモシカ * 2007/09/05 02:11 * URL [ 編集] | page top↑
--カモシカさんへ--

カモシカさ~ん!
ご訪問&コメントありがとうございます。

山へ行かれる方は、必ずや聞くであろう鳥の声。すぐに反応しちゃいますよね!
BGMは、そんなヤマノボラーの皆さんと山に行ったことのない方々にも楽しんでもらえたらという思いで選んでみました。
ホントは現地で鳥のさえずりを聞いただけで鳥の名前が分かるといいんですけど、家に帰ってから調べたりしています。が、すぐに忘れちゃうんですよね。こんな声だったかなぁ~って・・・。(ノ△・。)

仙丈いい山ですよね~。人を惹きつけるいろんな魅力が詰まったお山だと思いました~。
また行ってみたいです!

今後ともヨロシクお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2007/09/05 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

こういう周回のコースどりも出来るんですね、全く考えませんでした。今度行ってみたいです。このコースで積雪期(残雪期)はどうなんでしょう?
by: sanae * 2007/09/05 23:21 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

このルートは、ガイドブックで紹介されていた中の一つでして、おそらくsanaeさんたちは小千丈尾根ルートを歩かれたのではないでしょうか。そのルートの方が一般的なようですね。

でも確か6月半ばの時点では、薮沢ルートは雪渓で埋まっていて「通行は控えてください」って注意書きが書かれていたようです。
ですので、残雪期は、ムリっぽいようですネ。

ですので夏の時期からが、お奨めっていうことになるでしょうか。水場もしっかりあってとっても助かるコースです~☆
by: ここあパパ * 2007/09/06 00:00 * URL [ 編集] | page top↑
--masaさんへ--

コメントありがとうございます。

仙丈は再訪したくなる山ですから、また行ける日が来ると良いですね☆

確かに仙丈へはバス利用がネックですよね~。
でも仮に車でのアクセスが可能だったら、きっと今よりさらに大賑わいでしょうから、静かな山を願う登山者たちにとっては、今のままでも十分なのかもしれませんね。
ムズカシイトコロデス・・・。(´-`) ンー
by: ここあパパ * 2007/09/09 00:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/43-80bb82b3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。