スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
光岳~聖岳 《2日目・後編》
2007 / 08 / 24 ( Fri )

簡潔な記事にまとめようと思いつつ
なぜかまとまりのない
ダラダラレポ。
今回も残念ながら長~いレポになってしまいましたが
光岳~聖岳 《2日目・後編》をどうぞ~。
奥聖側からの聖岳

聖岳の山頂からの展望を楽しんだので
そろそろ奥聖岳へ歩きましょうか!
奥聖岳へ
見た目通りの
こんな軽めの稜線歩きが楽しめます

稜線歩き
地図上のCTでは25分と書かれていますが
もっと早く行けそうです。

富士山
尾根に向かって
右側には富士山が終始キレイに見えていました

赤石岳を見ながら
そして左側には赤石岳

パトロールの方々
この登山道の左側にはお花畑が広がっていました
前にいたパトロールの一団を追い抜き
進んでいくと・・・
奥聖岳の山頂
奥聖岳のピークに到着
山頂標識はなくケルンだけがありました~
ここからの眺めは下をご覧ください。

奥聖岳からの展望
↑クリックで拡大
赤石小屋
昨年、赤石岳からの下山途中に立ち寄った赤石小屋が見えました
あの小屋から聖岳を眺めていたことを思い出しましたよ~
赤石岳ドアップ
もう一度、赤石岳をしっかり眺めます

富士山と雲海
そして富士山ですが
美しいですね♪

前聖岳
奥聖岳から見た聖岳

上河内岳
今朝登ってきた上河内岳とその先にある茶臼岳

光岳
光岳もよく見えます

東聖岳と富士山
手前に見えるのは東聖岳(2800m)

御嶽山
中央アルプスの先には
御嶽山(右)とその左側にはうっすらと白山が見えますね

中央アルプス
小兎岳(2378m)、中盛丸山(2807m)、大沢岳(2819m)
そのうしろは、中央アルプス

北アルプス
遠くには北アルプス

山頂の登山者たち
360度の大展望を十分楽しめました!
では戻ることにしましょう~

前聖岳へ戻ります
今度は緩やかな登り道

お花畑
この辺にお花畑があります

チシマギキョウ
チシマギキョウ

チングルマ
チングルマ

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ

クロユリ
クロユリ

イワカガミ
イワカガミ

白い花
ミヤマミミナグサ

タカネヤハズハハコ
タカネヤハズハハコ

山頂に戻りました
あっという間に到着

聖平小屋
ここからは聖平小屋が見えました

聖岳の山頂にて
ここで山頂標識と一緒に撮影
カメラに向かって撮った写真もあるんですけど~
家に帰ってから写真を見たら・・・
ガーン。日焼け止めクリームを塗ったせいで顔が真っ白!
これじゃ~まるで志〇けんが演じるバカ殿様状態ですよ~il||li _| ̄|○ il||l
この顔で登っていたことに
今さらながら
ショック&恥ずかし~(〒_〒)ウウウ
山頂標識
この近辺の山って山頂標識が必ず2種類あるんですよね

下山
さぁ~これから下山開始です

下山する登山者たち
みんな下山していますね

岩壁
圧倒されるぐらいに大きな岩の壁

下山路
タッタカ下りてきましたよ~

振り返る
後ろを振り返るとこんな感じです

小聖岳
小聖岳に戻ってきました~

兎岳
こちらには兎岳がドーンと見えますよ

木漏れ日
岩ばかりのところから
木が生い茂ったエリアに下りてきました

ダケカンバ
やっぱ緑のあるところはホッとしますね♪

小屋が見えます
小屋の屋根が近づいてきました

富士山の見納め
これが最後に見た富士山になりました

お花畑
下り道では、終始この花で埋め尽くされていました

薊畑分岐
薊畑分岐です

分岐で寛ぐ
登山者が増えていますね
みんな休憩していました。
しっかしとっても暑かったですよ~

ここからは樹林帯の下山路
樹林
日陰の道でしたので
幾らか助かりましたが
風がなかったのがツラカッタです~フゥ(o´Å`)=з

白い花
カニコウモリ

輝く緑
暗い樹林帯の道が延々と続くのですが
こういう光が射している所はいいですね☆

半分
やっと半分みたいです。。。

沢
一時的に視界が開けた場所

樹林帯の道
だんだん明るい樹林帯に変化しました

人工林
どうやら植林地帯のようですね

廃屋
廃屋になった造材小屋

ロープウェイ
ワイヤーロープウェイというらしいです~
渡ってから下の看板で知りましたが
どうやら荷物専用のようですね。
でも沢の水が勢いよく流れていますから
これを使った方が安全でした。
でもロープを引っ張るには、相当力が要りますよ~。
注意

道路
無事に岸まで着いたら
こんな感じの道をトボトボと進みます。
砂利道
この道の歩行時間ですが
地図には聖光小屋まで50分
結構長いです~
トンネル
最後にこのトンネルをくぐってから、しばらく進んでいくと
登山口
やっと便ヶ島の登山口に到着

聖光小屋
聖光小屋
この前には整備されたアスファルトの駐車場がありました。
ホントはここに車を停めて歩く予定でした~
この小屋の反対側にも駐車場がありますが
そこは未舗装でして
テントサイトや自炊のための施設
休憩できる大きな東屋がありました。
そこには自販機が設置されていて
ジュースやビールが購入できます。
暑いのでビール
っと言いたいところですが
ここはグッとガマンしてジュースを購入。1本200円でした。
よく冷えていたのでイッキに飲んじゃいました~。
でも1本では足りずもう1本購入。
一息ついたら
歩きますか~

車がある易老渡まで歩かなければなりません。
地図を見ると30分
林道歩き
途中こんな景色を見ながらトボトボト歩き続け・・・
駐車場
やっとのことで駐車場に到着~
2日目の地図


【2日目】
■2007年8月12日(日)■天気:晴れ■
■聖岳(前聖岳)■ひじりだけ■3013m■静岡県・長野県■
■コースタイム■
茶臼小屋 3:30⇒ 4:15 竹内門⇒4:40 上河内岳 5:00⇒5:30 南岳⇒6:10 方向指示盤6:30⇒6:45 薊畑分岐 6:55⇒
7:30 小聖岳⇒8:25 聖岳(山頂) 8:40⇒8:50 奥聖岳 9:05⇒9:20 聖岳 9:30⇒
9:55小聖岳⇒10:30 薊畑分岐 10:45⇒12:40 西沢渡⇒13:15 聖光小屋(便ヶ島) 13:25⇒13:50 易老渡(駐車場) 


 


おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
<<光岳~聖岳からの下山後 | ホーム | 光岳~聖岳 《2日目・前編》>>
コメント
--展望最高ですねー--

聖からの展望も最高ですねー(自分は看板だけしか見れなかったので...(泣))。南アルプスの山々から見る雲に浮かぶ富士山は何度みても絵になりますよねー(自分の好きな風景の1つです)。
それにしても、こちらのアップダウンのロング行程ホントに御苦労様でした。聖から下ってきてから便ヶ島までの長~い下りは、ほんと足に来ますよね~。自分は川渡りの所でケーブルロープウェイを見つけられず、石伝いに渡ろうとして片足ずっぽり水につけてしまってました(泣)。
いずれにしても、ここあパパさんの足はまた筋肉増強されましたねー。
by: tripgood * 2007/08/26 12:11 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

ホントいつもコメントありがとうございます。

これまでの夏山登山の中で、これほどの晴天を味わった経験は、なかったように思います。
大抵ガスってたり仮に晴れたとしてもどこかに必ず雲がかかっているというケースばかりでした~。
それですから、今回はとってもビックリするほどの良いお天気で、まさにスペシャルですよね!お陰で写真が多くて、まとまりのないイマイチなレポでたいへん恐縮です~。

実はこの日の下りは意外と快調でして、むしろ1日目より楽に感じました~。
きっと天気が良くて展望を楽しみながらの歩きだったので前半はさほど苦になりませんでした。
でも、それ以降は、消化するための行程ですから退屈な感じは否めませんよね。
特に最後の長~い林道歩きはまさに修行でもしているかのようでした(T_T)
こういう時、単独はツマラナイですね。
話し相手がいると気が紛れるんですが・・・。

>ケーブルロープウェイ
古いやつもありましたが、そこに至る道が黄色のテープで封鎖されていたので間違えずに新しい方に向かうことができました。
沢の流れに勢いがありましたから落ちたら怖そうでしたね。

>筋肉増強されましたねー。
実はこの日の翌日にも山へ行ったんですが、それを身をもって感じることになっちゃいました。
詳細は後日upしますね。
.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
by: ここあパパ * 2007/08/26 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

いやー、本当にお天気に恵まれてよかったですね。わたしがこのあたりを歩いたときもお天気は悪くなかったのですが、風強かったり、高雲がついちゃってたりで、ここまでよくなかったです。白山までみえましたかー。御嶽は見えたのですけど、白山はわかりませんでした。
上河内岳からの御来光もいいですね。上河内岳、いい山ですよねー。山容を眺めるもよし、登ってからの眺めもよし。
あと、茶臼のお弁当!手書き?のメッセージ、うれしいですね。ますます茶臼小屋のファンになっちゃいそうです。また行きたいなぁ。
by: まゆ太 * 2007/08/30 07:09 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

コメントありがとうございます。

これほどの大展望を楽しめるなんて思ってもいなかったのでホント感激しました!!
過去を振り返っても、これほどのお天気に恵まれた夏山って、あまりなかったように思います。そういう意味でも今回は本当にサイコーの登山日和でしたね。
きっとこの夏は、山関連雑誌のカメラマンさんも、さほど苦労せずに撮影できたのではないでしょうか。=*^-^*=

茶臼のお弁当に付いていたあのお手紙、うれしかったです!こんなの初めての経験で、これまた感激しました~。
また今度来る時にも是非、立ち寄りたい小屋ですよね。(@^▽^@)
ワタクシ、茶臼小屋ファンの一人となりました!
by: ここあパパ * 2007/08/31 22:59 * URL [ 編集] | page top↑
--あまりの健脚ぶりにビックシ!!--

先日歩いたコースを、ここあパパさんの鮮明な写真で見ることができて嬉しいです。
それにしても一泊ですか!?
すごい健脚ですね~普通考えられません!しかも光岳をピストンされる方のほとんどは易老岳にザックをデポしてますよね。なのに光小屋まで持っていかれたのですか?
この余裕にもビックリ!!
三日共(翌日の仙丈も)お天気最高で、素晴らしいパノラマ拡大写真を楽しませていただいています^^
いや~すごい!
by: たんべぇ * 2007/09/03 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
--たんべぇさんへ--

コメントありがとうございます。

はーい、最初から1泊の予定で出かけました~。
でも下山するときにある単独の男性の方とお会いしました。その方も当初同じプランだったらしいのですが、光岳まで行って力尽きちゃったようで、2泊3日のコースになったとのことでした。
ホント普通の方でしたら、2泊ですよね~。(*^^*)途中、行きたかった所を幾つかパスしたので、それがとっても心残りです。

それからザックのデポの件ですが、実は全く考えもしていませんで、そのまま行っちゃいました。(;^_^A
でも、あとからそうしておけば良かったのに~って思いましたよ~。
あまりの暑さとアブとの格闘で思考力が低下していたかも・・・。

お天気に恵まれた3日間、今後はこのようなことは滅多に無いと思いますので、トキドキ写真を見ては思い出にふけりたいと思いま~す。
(⌒~⌒)
by: ここあパパ * 2007/09/04 12:36 * URL [ 編集] | page top↑
--いつもながら--

健脚ですね~
歩くのがとっても早くてビックリです。
ここあパパさんの南もお天気に恵まれてよかったですね。
山はお天気が一番です(^^♪
懐かしく楽しませていただきました。
by: sanae * 2007/09/05 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

こんばんは! sanaeさん~

健脚・・・でも結構ムリしてます~。(^^)
時々足も攣るし・・・。気持ちだけは若いつもりですが身体は正直ですネ。(〃⌒ー⌒〃)ゞ

sanaeさんチームの北ア大縦走もお天気に恵まれてホント良かったですよね!
レポ拝見させていただきましたよ~。
内容盛りだくさんでしたね。
いつしかこんな縦走してみたいです~。
でも、できればあのデカザック星人に、ならない方法で行きたいなぁ~(;^_^A
by: ここあパパ * 2007/09/05 23:42 * URL [ 編集] | page top↑
--masaさんへ--

ようこそmasaさ~ん
コメントありがとうございます。

山レポの方では、いつも参考にさせていただいておりま~す。(^▽^)/
そしてM&Mによる100名山、着々とゴールに向けて突き進んでいますよね~。応援していますよ!!

南アは、晴れのお天気に恵まれたらこうなりますよ~というお手本のような日に行けてとってもハッピーでした~。(^^)
同じ頃、masaさんチームは北アでしたよね。
北アもお天気サイコーでとっても良かったですよね~。
山の印象を大きく左右するのは、やはり天候でしょうか。あと冷たいビールもかなぁ(笑)
お仕事の方も忙しいようですが、今後もヤマノボリ楽しんでいきたいですね。

これからもヨロシクお願いします。
by: ここあパパ * 2007/09/09 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/40-8962c4c1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。