スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
再訪・冬の蔵王(5)  
2012 / 03 / 21 ( Wed )
再訪・冬の蔵王(4)からの続きです


避難小屋に荷物を置いて
必要最低限の荷物だけをサブザックに詰めて出発です

時刻は12:30





まだいますね

まだこれから刈田岳へ向かう人もいたりして
時間はあるし、気分的にもゆったりのんびりムード の雪上お散歩♪ 





 目指す山
 
さて、これから向かうところは前方に見える蔵王山の最高地点
熊野岳です!





エビのしっぽ
 
ここは親切にも道に迷わないよう
目印となる柱が並んでいるのでとっても安心~(#^.^#)





振り返る

これから向かう人
下山する人
皆それぞれの方向へ歩いてました





 柱 
 お天気の関係で急遽予定変更して向かった熊野岳
 
そこへ向かう途中、ここを見逃すわけにはいきません!





まっしろ

御釜を覗き込むような位置からのショットです

できれば、もっと下の方に行ってみたい気持ちもあったけど
ここは本来の目的地へGOです!






 すごい 
 
まるで海岸の波打ち際にいるかのような雪の造形♪

ホント不思議な場所だったな~





ちかい 

前に来た時は左側に位置する熊野岳へのピーク目指して直登し
ショートカットしましたが
でも実際は傾斜がきつかった記憶があり
ここは素直に夏道ルートに従って進みました~





お釜

移動と共に御釜を含む景色は変化してゆきまして 
こちらの風景もそれなりに魅力的です♪





 青い空
 
ここの斜面、スキーだったら気持ちよく滑って来れるだろうな~




そら 

頭上に見えた空は青いけど
遠くの山並みはスッキリしないモヤがかった空。
 
遠望が利かない一日でした。






あれは

あれも避難小屋みたいです 

地図を見ると分かるんですが蔵王って避難小屋が多いですね






 避難小屋 
ここも建物全体が雪でビッシリ 

ドアの横にはスコップがあったりして
中に入れそうですよ!




 




入口 

ちなみに入り口はこんな感じでした

左手にもドアがあって室内に通じているようでしたが
あいにくスノーシュー履いている関係で
中には入らず・・・



そして、この場所からの後ろ側正面の眺めなんですが




ここからだと

こんな感じでスケール感がとってもgood!

そっか~夜はこの小屋を拠点にしてもいいのかも~(^_^;) 







そんな避難小屋を離れると


 あっちは 
 
地蔵岳へと続くルートが見えます~







向こうには 

遠くてハッキリとは見えませんが
やはりあっちの方の樹氷って立派だわ~
 






オブジェ 

蔵王の樹氷といえばあっちの方へ行けば
それはそれは見事なヤツばかりでして
出来栄えの優れたものがゴロゴロしているんですが
この日はあちらに行くのは止めました~
 
正直あっちで粘るのもアリかな~と思ったけど
夜間は特別にライトアップしてたりして
静かな夜間撮影はムリっぽいということで
計画段階で却下でした。






 なんだろ 
これって何だろうか? 
(#^.^#)







 ヘリ
 
やたら旋回していたヘリコプター

実は、この日コチラに来てから知ったニュースがありました。

前日、ここを訪れた二名の方が山で遭難され
一夜を過ごした翌日の朝、無事見つかったとのことでした。


で、このヘリ良く見たらTBSって書いてありましたね






地元の方 
あそこに見える建物近辺が
熊野岳のピークです 






 ここも
 
これって熊野神社かな?

ここも以前来た時よりかは
雪は少なめでしたね





山頂 
そしてこれが熊野岳の山頂標識
 
おそらく登山者の皆さんがガリガリ削ったのだと思います^^;






これでこのレポ終わりにしようと思ったけど
長くなったんで
もう1回続けますね(^_^;)









 
春一番が吹かなかった関東地方ですが
桜の開花は来週末かな~
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<再訪・冬の蔵王(6)   | ホーム | 再訪・冬の蔵王(4) >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/398-79c9bb19
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。