スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
再訪・冬の蔵王(2)
2012 / 02 / 29 ( Wed )
再訪・冬の蔵王(1)からの続きです
 





スキーのリフトを降りてからは 
比較的なだらかな斜面を歩きだしますが
ここのイイところは歩きだしスタートから
そこそこの樹氷に逢えること!




最初は 

パーフェクトとは言えませんが
それらしい姿で出迎えてくれるところが
ここ蔵王の素晴らしいところではないでしょうか!







 だんだんと 
 
それに雪原の中を迷わないようポールが立っているので
それを目標にして進めばいいので
とても親切なんです!







見えてきた 
最初は不完全形の樹氷たちも
少しずつ前進するごとに見事な姿を披露してくれます
 







 ここから 
 それでも、さすがに観光地化された蔵王ロープウェイのあるエリアと比べちゃうと 
 かなり小さめの樹氷たちではありますが
それでも見ごたえ十分!








貫禄 
ここから南に位置する西吾妻山ですと樹氷を見るためには
スキー場のリフトを使って上に上がり
 そこから2時間くらい歩かねばなりませんが
ここはその点、リフトからちょっとした距離を歩くだけで
アイスモンスターとご対面できてしまうのですよね!









先行者

同じくスノーシューで先行する方のトレースに沿って歩きましたが
その先には冬季通行止めとなっている道路(蔵王エコーライン)がありまして
そこを横切ってから、少しせりあがったその先に進むわけです。






 かげ 
特に急ぐ必要のないこの日ではありましたが
ここへ来た目的の一つは、このエリアで夜間
星景写真を撮ること・・・


 



後続 
刈田岳山頂を目指しつつ
ロケハンを兼ねながらの歩行でした





坂

以前来た時は、状況が全く分からず
右往左往してしまった場所ですが
今回は2度目ということで
至って冷静に進めました~(^^♪ 








 見える 
 いや~それにしても見事な樹氷原! 
ここは樹氷のパラダイスか~!
 
ただ、どちらかというとここって南側に面しているため
こんな天気の良い日が続くと
いち早く融けちゃいそうで心配になります~






広場

山スキーはしない自分ですが
この蔵王では多くのスキーヤーを見ましたね。
こんな天気でしかも緩い斜面だったら
やってもいいかな~と思いました^^;




 

足跡  
 先行者の足跡を辿って進みますが
周囲の景色を眺めるが楽しくて
急いで前に追いつこうという気はありませんでした。 







   
 







にょきにょき 

こうやって樹氷を観察して分かったことは
斜度の緩い場所だと
深雪のため樹木が埋まってしまい
低い状態のままになるっていうこと。










 じっくり 
  逆に傾斜のきつい場所にある樹木の方が背の高い樹氷が多いかなぁ~
 ま~この点については一概には言い切れないものもありますが
西からの強風で雪が飛ばされたりすることも関係あるかも~。






あれかな 
普段、晴天率の低いこのエリアで
こんな晴天の日に歩ける喜びを噛みしめながら前進前進~









 
うひょ 
この辺りのモンスターは
ちびっ子クラスのかわいいやつばかりですが





あれかな 
 自分の背丈くらいのものだとしても大して驚くことはありませんね




かいぶつ


ただ時折、背の高い奴に出くわすと
ちょっとビビります~(^_^)









 もこもこ
 
その他にも小太りタイプとかが多かったかな~









こっちにも 

それからでっかい団子状のものまで
ホントいろいろござれっていう感じです







 
いろんなの 
ヤマアラシみたいなのもいました^_^;






いろんなかたち  
 
写真撮り過ぎて整理できていませんが
まだまだ続きます(^_^;)








 
今日は関東地方も久しぶりの大雪でちょっとタイヘンではありますが
これはこれで何だか新鮮な感じがしますね~



スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<再訪・冬の蔵王(3) | ホーム | 再訪・冬の蔵王(1)>>
コメント
----

スノーシューでの片道歩行時間はどれくらいですか?
来年、機会があればチャレンジしてみたいと思います^^
by: びくこな(bigcorner) * 2012/03/05 14:06 * URL [ 編集] | page top↑
--bigcornerさんへ--

そうですか~蔵王に行くのですね!
どこをどのように歩くかで変わってくると思いますが
今回歩いたコースですとライザワールドスキー場リフトを使って
最上部へ上がり、そこを起点にしますと
刈田岳までなら1時間半くらいで辿り着けます。
さらに蔵王山の最高地点である熊野岳ですと
プラス1時間くらいでしょうか。
でも撮影しながらですと更にプラスα必要ですね。

ただ迫力ある樹氷ともなるとやはりこのコースよりも
蔵王ロープウェイ方面だと思います。
巨大なアオモリトドマツの樹氷は壮観ですし
全体的にふっくらした見応えのある個体が多いです。
その代り観光客もそれなりにいるので
静かな撮影を楽しむというわけにはいかないですね~
それでも一番の問題は天気です!
シーズン中、晴れの日はホント少ないので
良い日を選んで行くことをお勧めいたします!
by: ここあパパ * 2012/03/05 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/395-ce5f565f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。