スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
年末山行・南八ヶ岳(6)
2012 / 02 / 08 ( Wed )
今年1月はいろいろなことがありまして
山へは全然行けずじまい・・・

そこで今月こそはどこかへ行きたいと考えているのですが
でもどうせ行くなら雪山に~と考えてはいるんですがね
果たしてどうなることやら・・・(^_^)



********************************

さて年末の山レポですが
あまりにも長引いてるもんですから
ここいらでケリをつけることにしましたので
ちょっと慌ただしくもあり
後半はへし折ることにしました~(*^_^*)


**************************




年末山行・南八ヶ岳(5)からの続きです 

 

パノラマにて 
↑クリックで拡大↑



下の方には 

この日、早朝の気温はマイナス19℃

下に見える行者小屋はどのくらいなんだろう?






 あれだ 
横岳の山頂はあれみたいだ~

梯子があるけど特に問題はなし


 


山頂 

横岳山頂に到着~

山頂では既に到着していた単独男性と少しだけ談笑

考えてみれば今回あまり他の登山者と会話していないような~(*^_^*)




 記念撮影 
 
下界では絶対ありえない目出し帽姿(^_^.)

寒さ対策のためしっかり着込んでいますが
冬山の場合、やっぱ厳しい場所だからこれが普通なんですよね!










それから、ここからの眺めなんですが




入笠山 
特に説明するまでもありませんね(#^.^#)






御嶽山

またいつか行ってみたい御嶽山





 白山 
 遠く白山も見えました♪ 

今年のGWは福井へ行く予定があるので
その時また行けたらいいな~

 





富士山 

振り返ればそこに富士山

ま~ここも一通過点に過ぎませんので
しばらく休んでから出発進行! 







 下る 
 
先ほど写真を撮っていただいた方の後を追いながらの下山路





慎重に 

ここだけは要注意箇所でしたね
 





横を見ると

鎖の下は崖ですから~((+_+))





 すれ違い 
 そんな場所でのすれ違い
 
足取りのおぼつかない感じがしたのは
登りだからかな~
待っている時間が長く感じました







さて、ここを下ってしまえば




ここまで来れば 
その後は至って楽ちんコース(^^)





あとは

硫黄岳に続く道をテクテク進みました ~





 振り返ると 
 
振り返ると横岳方面はこんな感じ




富士 
富士山がきれいでしたね
 




なだらかな 

この辺からは緊張感もなく
平凡なルートをただ歩くだけ




  
 


下って 
下の方に硫黄岳山荘が見えてきました~






 小屋 
 この小屋の入り口方面に回り込んでから
そこで小休止 
 

小屋の前にて 

昨年は年末年始営業していましたが・・・



案内 
この冬は営業していないようなので
このまま春までお休みで~す

 




ここからは不要なピッケルをザックに括り付けて
その後は手ぶらで行動♪


登り

季節を問わずストックを必ず手にしている自分なので
特に撮影時には邪魔なピッケルから解放されて何だかとっても新鮮な気分♪

いや~今さらながら両手が自由ってホントいいでね(=^・^=)

 



 振り返って
 
登り道を進むけど
ところどころ岩が露出しているところもあったりで
雪の上を歩くようにし進みました






歩いてきたな 

こうやって振り返ってみると
ここの縦走路って歩いてしまえばあっけない感じでしたね~





山頂

そうこうするうちに次のピークに到着~

時期が時期だけに硫黄岳山頂は
それなりの人出でした~





 爆裂火口 
 
今年(2011年)の初めは、ここを夜間に登ったのですが
それ以来の訪問です

というわけでこれで今年二度目の硫黄岳ということになりました~






北八

硫黄岳山頂からの眺めです
天狗岳や北横岳、蓼科山へと続く北八ヶ岳






 ののりくら
 
遠くには乗鞍岳、そしてその右側は白山ですね





北アルプス 
北アルプスの眺めも素晴らしかったです~

 



山頂標識 
そんな硫黄岳の山頂を後にして 
さらに進みましょうか!






 避難小屋  
とその前に 
 昨年1月に夜間登山した時に休憩場所として利用した小屋です

ん~とても懐かしかった~(#^.^#)


 






下りましょうか 
だだっ広い山頂を後にしての下山です





パノラマ

本来ですとピッケル
ないしストックでバランスを取りたいところですが

ここは大したことのない場所であることは知っていたので
両手フリーですたすたと下りました~ 
*初心者の方はマネしないでね(^_^)




 あんなところに 
へ~あんなところにも小屋があるんだ~


 


この角度

先ほど歩いた硫黄岳山荘からの稜線だ~ 
歩いている人の姿がよく見える~





 ごつごつ
 
ここは眺めの良い場所なんでつい景色に見とれてしまいます
 






この先 
考えてみると自分の場合八ヶ岳って
夏よりも圧倒的に冬に訪れている回数が多いです!






あんなに 
雪山入門の山で比較的お手軽なところが理由でしょうか






 下りてきた 
 ここの下りはあっという間でして
 





ここから 
そのまま下り続けます




下り道 

幾人かの登山者を追い抜かせてもらいながら
あとはそのまま樹林帯に突入し





 だいぶ 
 

よく踏み込まれた雪の登山道を快調に飛ばして歩きつづけ




下から

着ぶくれたジャケット内が汗で蒸せるのは
いやでたまりませんが 
ここは下の小屋に着くまでのガマンガマン・・・



 


赤岳鉱泉
 
 そうこうしているうちに
あっという間に赤岳鉱泉に到着~




気になるテント 
着替えもしたかったのでこの小屋の中で休息~

それから前にも書きましたけど
気になっていたこのテント
おそらくエスパースのソロウィンターだと思います?

実はこの後、家に帰ってからいろいろ検討を重ねた結果
エスパースのテントを購入しました!

雪山でも使えるオールシーズン用なんですが
でも実際のところ本当に使う機会ってあるんだろうか?
(*^_^*)





アイスキャンディー 
この小屋の名物アイスキャンディーを見物しつつ




 アイス

赤岳鉱泉を去るのでした~ 



その後はいつものルートをひたすら歩き
年末年始を山で迎えようとする大勢の登山者とすれ違いました~




山荘

八ヶ岳山荘前にて再び小休止

ここでストーブで温められたホットミルクを一本購入♪






 くるま 

雪も少なかった年末でしたから
一日1000円の駐車料金をケチらずに
ここまで来れば良かったと今さらながら後悔しましたが・・・

その後、更に後悔する羽目になろうとは思いもしませんでした。。。。


ここから長い林道歩きを強いられるわけですが
凍ってツルツルの林道を慎重に歩いていたものの
その途中二度もスッテンコロリン
転んだのでした~((+_+))


幸いその時は何ともなかったので








 帰ってきた 
無事、美濃戸口の駐車場に到着してから
いつもの温泉で汗を流し
そのまま家に帰ったわけではありましたが・・・







それから一週間後の1月7日
首から肩にかけて激痛が走り
結局三日の間、容易に体を動かすことができないほどの状態が続き
ずっと家で寝込んでおりました。。。(>_<)
悪いことにその間、どうやら風邪をひいたらしく
見事ダブルパンチ(@_@;)

休日休みの病院は当てにはならず
休み明けの1月10日(火)になってやっと整形外科へ受診したところ
診断の結果
病名はムチ打ちだとか・・・



交通事故に遭ったわけでもないのに
こんなことってあるんですね~
 
痛み自体は家で寝込んでいた3連休だけで済んだので
その後は比較的落ち着いた状態ではありましたが
その後は再びカゼが長引いたりで
ボロボロの年初め一月だったような・・・^_^;


それにしてもムチ打ちの原因が
まさかあの林道で転んだことだなんて
そんなことってあるのだろうか????






皆さん山へ行く際は、くれぐれも家に着くまで
気を緩めませんよに!! 





 


 
明日は横浜へCP+に行ってきま~す
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<新たな登山道具 | ホーム | 年末山行・南八ヶ岳(5)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/391-cbf7e40e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。