スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
光岳~聖岳 《1日目・後編》
2007 / 08 / 19 ( Sun )

昨日は、久しぶりに涼しい一日でしたが
今日は、またまた真夏日となって暑かったですね~。
あ~早く秋にならないかなぁと思うのは
ワタクシだけでしょうか?

では光岳~聖岳 《1日目 後編》をどうぞ!!
光岩

光岩でたった一人で、のんび~り過ごせましたが
残念ながら本日はこれで終わりではありません。(T△T)
更なる目的地へ向けて移動せねばなりません!
それではLet's go!
展望を楽しむ2
一度下った道を光岳の山頂まで登ります
その後は、小屋まで下り道。
光小屋とイザルヶ岳
あっという間に小屋に到着。
ふ~静かなものです。
水分補給をしつつ丸太の腰掛に座っていると
早速、アブの襲撃。
ザックに留まった瞬間にペットボトルで一撃(`=´)/~~~~~~~~~~ベシィッ!!!
すると見事命中。
一見すると黒と黄色のストライプで
スズメバチに見えますが明らかに"アブ"です。
家に帰ってから調べてみると
「アカウシアブ」という名前で
日本最大のアブだそうです。
ご用心。ご用心。
光小屋を出発
静かな光小屋を後にして次の目的地へGo!

さあ行きますよ
前方にイザルヶ岳
左後方に易老岳や茶臼岳が続いています。

亀甲状土
亀甲状土
草が生い茂っているせいでよく分かりませ~ん(・・*)(*・・)キョロキョロ

センジヶ原
木道を歩きます

イザルヶ岳
イザルヶ岳へ向かった登山者のザック
ホントは行きたいんですけど・・・
時間の関係もあって諦めました~。(ノ_・。)

前方に見える山へ
これから、前方にうっすらと見えると見える山へ行きますよ~!
そのために一旦下りま~す(´_`。)グスン

涸れた沢すじの道を下ると
三吉平
三吉平に到着
ココに来るまで幾人もの登山者とすれ違いました~。
その後進むと今度は、一転して登り道。
暑くて息が切れます~。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
立ち枯れの樹林帯
その途中、明るい場所に出たりしますが
樹林帯の登り
基本的には、こんな感じの樹林帯を歩きます!

易老岳標識
13:30 易老岳に戻ってきました~
時を同じくして易老渡から4人組の登山者が到着。
彼らと一緒にこの近辺に腰掛けて休憩。
少し会話を交わして情報交換しつつ
先を急ぐので、ここを去ることにします。

ところで、ここから茶臼小屋まで歩くのですが
驚いたことに
これ以後
誰とも会いませんでした~。
仁田岳
あれが仁田岳のようです。

聖岳
こちらには聖岳です。
明日登りますよー!!

この近辺の登山道も基本的には
樹林帯の中でして
シダの道
シダの生い茂る道を歩いたり
近づく聖
樹の間から見える聖岳を眺めたり~
白い虫
葉っぱを食べる
白い虫くんに会ったり
そして、たくさんのお花たちに出会うことができました。(@⌒ο⌒@)b
マルバダケブキ
マルダダケブキ

キオン
キオン

草地の道
時には、こんな歩きやすい道を通りましたが茶臼岳かな
何だか雲行きが怪しくもなったりして
少し不安にもなりましたが
雷鳴も聞こえてきませんでしたから
まぁ大丈夫でしょう~。
希望峰へ
時々こんな晴れ間が見えたりもしましたから~
仁田岳と草地
この辺りは日差しが強いんでしょうね
既に葉っぱが枯れ気味でした~

雲行きが
いろいろな樹木があって植生の変化する様子に興味津々

時々日が差す
こんなキレイな木立を眺められるのも山の醍醐味

分岐に到着
仁田岳への分岐
時間があれば行きたいんですけどね~
(往復30分)
ココからすぐの所に
希望峰
希望峰の看板(∵)
顔文字入りというのが新鮮です!!

ここを過ぎると
ハイマツの稜線を歩きますが
残念ながらガスガス・・・
ガスル
ちょっと下っていくと整備された木道がありました
木道と池
ガスがかかって幻想的な感じです~

ガスってきた木道
さらに進むと仁田池
仁田池
水はキレイ・・・とは言えない感じですね~|* ̄ー ̄|

小さなお花

岩だらけ
大きな岩を乗越えていくと
茶臼岳の頂上
茶臼岳の山頂に到着
2604m
ガスって何も見えません・゚・(ノД`;)・゚・
暫らく岩に腰掛けて休みました。

立派な石標
近くにはこんな立派な石の標識もありました~
ガス&風で展望のない稜線ほどつまらないものはありませんが
たくさんのお花たちが咲いていて
それなりに楽しませてもらいました~
白いお花
ヤマハハコ

小さなお花

黄色のお花

茶臼小屋へ
やっとココまで来ました~
小屋まであと300m

カンチコウゾリナ
カンチコウゴリナ

コバノコゴメグサ
コバノコゴメグサ

これはなにか

白い花

何とか茶臼小屋に到着
建物は、決して大きくはありませんが
気さくなおじさまをはじめ親切なスタッフに温かく迎えられて
居心地の良い小屋でしたね。

受付を済ませ
2階の寝床に荷物を置いて中身を整理していると
もう夕食の時間とのこと。
1階の食堂ではもう用意が整っていました。
なな何~と幾つもの料理の中にお刺身があるではないですか~。
これには感激!
しかもご飯と野菜スープはおかわり自由!
テレビで高校野球を見ながらご飯を食べて
お腹イッパイ。
少し早い時間でしたが、夕食を済ませてからは
小屋の外をブラブラしてました。
ガスっていた景色も段々晴れてきました~。
富士山
富士山も見えてきました!

小屋の水場
小屋の裏には、水場。そしてその先にはトイレがあります。
水筒に水を補給し
歯を磨いていると
こんがりと日焼けした若者が一人近くにいまして
話しかけてみました。
すると何とその彼、八ヶ岳縦走を終えてから
青木鉱泉から入山し
現在、南アルプスの全山縦走をしているとのこと。
しかも明日、光岳で終わると言うのです。オオーw(*゚o゚*)w
さらに驚いたことに、それが終わったら
今度は中央アルプスにも行くとのこと。
テント泊でこの行程を歩ききるとは
スゴスギマス!!

晴れてきました
山で過ごすこの時間
ただボーとしているだけで、心地良いんですよね。
とっても贅沢な感じがします~。

その後、場所を移動してブラブラしならがら
テント場
テント場を見たりして

小屋とテント場
小屋の周辺を散策

実はこの夜
楽しみにしていたことがあります。
それは星空を眺めることでして
外には丁度良い感じのベンチがあったので
その上に寝転んではずーっと星を観ていました。

どのくらいの時間、星を眺めていたことでしょう。
天の川がキレイに見えます。
何といっても漆黒の闇を覆うかのような星の数々。
星ってよく観るといろいろな色で輝いているんですよね。
思わずウットリさせられます。
これにはどんな高価な宝石も勝てません!!

時々観える流れ星。
通常の流星っていう感じでしたから
残念ながら
この時期に出現するペルセウス座流星群ではなさそうでした。
富士山のほうを見ると
2ヶ所の登山口からの明かりがよく見えました。
真夜中でも登山者たちは忙しくしているんでしょうね。

明日は早出なので
寝ることにしました。


地図


 



 


【1日目】
■2007年8月11日(土)■天気:晴れのち曇り■
■光岳■てかりだけ■2591m■静岡県・長野県■
■コースタイム■
易老渡 5:20⇒ 6:20 面平⇒8:15 小ピーク⇒8:35 易老岳⇒9:35 三吉平⇒10:20 静高平⇒
10:35 光小屋 10:40⇒10:53 光岳(山頂)⇒11:00 光岩 11:10⇒11:30 光小屋 11:40⇒
12:15 三吉平⇒13:20 易老岳 13:30⇒12:25 希望峰⇒15:35 茶臼岳 ⇒16:10 茶臼小屋 


 


 


光岳~聖岳 《2日目・前編》へ続く

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<光岳~聖岳 《2日目・前編》 | ホーム | 光岳~聖岳 《1日目・前編》>>
コメント
----

ここあパパさん・・・おはようございます^^
光~聖・・・相変わらず健脚で、ここあパパさんならこの行程・・・2日なんですね~^^
すごい!!

私も昨年、初冬に上河内~の稜線を歩きましたが、それはもう素晴しい眺めでした・・・0^^0
その時を思い出しました^^
以外と仁田岳が良かったですよ~^^

茶臼小屋はもう、営業終わってたんで冬期小屋として利用しました^^

しかし、全山縦走してる青年もすごい!ですね^^
それだけ休める環境もうらやましい・・・^^

聖岳へのレポも楽しみにしていますね^^v
by: mii * 2007/08/20 09:07 * URL [ 編集] | page top↑
--レポ拝見^^--

なんか途中で、送信してしまって・・・0--0
上のコメントは”みい”でした・・・(笑)
すいませ~ん^^
by: みい * 2007/08/20 09:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

ロングな1日目お疲れ様でした~。
光岳側から聖岳を見るとこんな風にドド~ンとそびえる重量級な山のように見えるんですねー(感動~)。自分の時は樹林帯抜けると雲がかかってしまい、最後の茶臼岳直前にちろっと視界が開けた程度でしたので...(泣)。
それにしても八ヶ岳→南ア→中央アをハシゴする猛者もいるんですねー(凄すぎる...)。
by: tripgood * 2007/08/20 22:29 * URL [ 編集] | page top↑
--興味津々・・--

南アルプス、特にこの界隈は勉強不足であまりよく分からなかったんですが、ここあパパさんの丁寧なレポで雰囲気がよく伝わってきます。ネットで色々と調べていると辛口な意見も多いようですが・・でも大きくて静かで、とてもいい山域のように思います。私も何れ行こうと思っているので、その時はここあパパさんのを参考にさせていただきますね!
写真もとても綺麗で刺激されちゃいます☆
by: みっちゃん * 2007/08/20 23:23 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

コメントありがとうございます。

この界隈へは、初冬に行かれたのですね~。
タダでさえ静かな南アですから、きっと上河内からの稜線も独占状態だったのではないでしょうか!
実は、今回の山行で南アの主要な山は、制覇したのですが、それでもこのエリアのまだ登っていない別のお山にも興味がわいてきました~。
山ってどんどん世界が広がるので興味が尽きませんね。=^-^=♪
ホントいろんな意味で余裕があれば、たくさんのお山に行きたいです~(;^_^A
by: ここあパパ * 2007/08/21 23:57 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

コルントありがとうございます。

今回の山行は、tripgoodさんのレポ通りのコース設定でしたけど、光方面からは聖、見えなかったのですね~。
確かに写真を見ると重厚感ありましたね~。
ってバテバテだったのでその時、見たときの印象って薄かったような・・・。
でも静かに山を堪能できるホントいいコースでしたね。ロングで疲れましたけど歩き甲斐のあるところでした。

山の歩き方って人それぞれ違いますが、山の世界には、すっごい人っているもんですね~。
とてもマネできませんが、机上登山では、桁外れなことを妄想はできるんですけど・・・
ヾ(;´▽`A``
by: ここあパパ * 2007/08/22 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

コメントありがとうございます。

>大きくて静かで、とてもいい山域のように思います。
歩いたから言えるのですが、ホントそう思いました!
確かに、光岳って山頂からの展望がないとか否定的な意見が多い山ですよね~。
"百名山"っていう看板を降ろしてあげたほうが、この山にとっては、いいのかなぁと思っちゃいました。(〃⌒∇⌒)ゞ
百だから登るけど、そうじゃなければ登らなかった山だと口々におっしゃる気持ちも分からなくはないんですが、折角登ったお山ですから、良い所、楽しめる所を探しながら歩くのも良いのではと感じました~。(^^)
>雰囲気がよく伝わってきます。
そのように言ってくださるととてもうれしいです。
でも正直なところ今回はハードなコース設定でしたから、本来ガイドブック通りの2泊3日がお薦めですよ!
あっそれから私の写真ですが、爽快に見える景色も、実はひどく疲れきった本人の喘ぐ息遣い付きだったりするんですがね。聞こえてこないでしょうか?
えっ聞こえてこない。ココが不思議なとこだったりしするんですよね(笑)
by: ここあパパ * 2007/08/22 04:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

ここあパパさん、コメントおそくなりましたー
お天気よくてよかったですねー
わたしは逆ルートで同じ道を歩いてますけど、ここあパパさんはやっぱり健脚ですねー(^^;
茶臼小屋、とってもいいですよね。きれいだし、水はおいしいし、スタッフの人も明るくて楽しいし。晩飯におさしみが出るのですか?!知っていれば、1泊分夕食減らしたのになぁ(笑)小屋から富士山見えたのですねー。うらやましいっ。
by: まゆ太 * 2007/08/30 06:55 * URL [ 編集] | page top↑
--ごめんなさい--

こうネットで情報が飛び交っていると、悪いことは掛け算で増えていくのでしょうか。
「展望が無くてつまんない山」私も目にしましたから、ここあぱぱさんも好き者やなぁって思いましたけど、光岩の存在を始めて知りましたから百名山ハンターの方の情報ばかりだったと思います。

>良い所、楽しめる所を探しながら歩く
ぜひ真似したいですね。
私のアホブログと違って親切な内容ですね。でも早すぎますよ。

一度自宅に戻られたと思ったら、仙丈ですか。 ここあぱぱさんは気持ちのリセットボタンを持ってられる方なんでしょうね。
私は降りちゃうと回想にふけってモチベーションが上がりませんよ。 これって余裕が無いってことですかねぇ?・・・危ないのかなぁ。
by: 小春号 * 2007/08/30 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

コメントありがとうございます。

まゆ太さんこそ南ア大縦走では連日良いお天気に恵まれて何よりでしたね~。

>健脚ですねー(^^;
でも、まゆ太さんたちも最終日は、逆コースを同じように歩かれていましたよね。
しかも、天泊装備ですからワタクシ以上に十分健脚ですよ!!

>茶臼小屋、とってもいいですよね。
ホントそう思いました♪スタッフの皆さんの温かいもてなしに居心地の良さを感じることができました。また泊ってみたい小屋の一つですね。

まゆ太さんの大縦走レポ今から楽しみにしていま~す。
by: ここあパパ * 2007/08/31 12:48 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

コメントありがとうございます。

はじめタイトル見た時、ビックリしました~。(^_^)

ネットで調べるとホント様々な情報で溢れていますので、何をどう正しく評価するかって難しいですよね~。
確かに感じ方一つとっても実に様々ですし、その時々の天候や自分自身の体調、お会いした人とのふれあい等そうしたものによって、その山の印象って大きく変わってきちゃいますからね。
レポによっては参考程度に受け止めることもあれば、全面的に信頼する時もあって、受け手側の判断もたいへん迷う時があります~。σ(^_^;)

>リセットボタン
元々3日の予定でいましたので、続けちゃいました~。でも2日目の下山時に家族に連絡しました。その時、もう帰ろうかなぁとも考えて、「今日中に帰ったら明日どこかに行かない?」って振ったんですよ~。
そしたら「別に~」なんてつれない返事。
それだったら予定通り山へ行っちゃえーってな感じでした~。
ワタクシのモチベーションもこんなもんですから~。小春号さんも全然ダイジョウブですよっ!!(^▽^)/
by: ここあパパ * 2007/08/31 23:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/38-2e99c503
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。