スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
夏の立山キャンプ(4)
2011 / 09 / 14 ( Wed )

夏の立山キャンプ(3)からの続きです



夕食を済ませればあとは食器等の後片付け。

日没前の僅かな時間だけど。
そんな間にも関わらず、あたかも近所の公園で遊ぶかのようにはしゃいでいる我が子たち。
(*^_^*)

さすがに暗くなれば何もすることのできないテント泊ですから
寝る前にすべきこと・・・そう子供たちのトイレと歯磨きだけは済ませねばなりません(^_^メ)

 

夕時 
日も傾いて太陽の光が遠ざかる頃には
暑かった日中とは打って変わり
気温がぐんぐん下がってきます。

依然うろうろと近くの残雪で遊ぶ子供たちを呼び寄せて
テント内で寝る支度を整えます 





 日が沈み
普段家にいればテレビを見たり
宿題をしたり何かしろ家で寛いでいる時間帯だけど
日が暮れてしまえば特段することのない山でのテント。

夜はもう寝るだけ・・・






久しぶりのテント内。
どういうわけか慣れない寝袋のせいか落ち着かな子供たち。。。

それに外が冷えてきたせいで徐々に寝袋に包まれてゆく感じ。
ところが娘がやけに寒がります。。。

それに加え繰り返しくしゃみを連発するもんだから
ちょっと心配になりました~。
 
念のためファーストエイド内の薬を確認してみたら・・・
ありゃ~風邪薬ないじゃ~ん(>_<)
あまり使うことのない常備薬の確認を忘れていました~

 
ないものは仕方がありません。
これ以上の悪化は避けたかったので
とりあえずもう一枚、服を着させて、更に自分のシュラフで覆ったりもしたけど
中々寝付けないご様子。

困ったなぁ~
などと思いつつしばらく一緒に添寝。

 
 

実は、この日の晩。
夜間撮影するため剣御前小舎まで登ってみようかと考えていたのですが
子供の体調が良くないので
テントから遠く離れるわけにゆきません。


しばらくすると
外から何やら人の声が・・

「月が出ているよ~」



えっ、さっきまでガスっていた周囲でしたが

テントの外をのぞいてみると

お~晴れてるではないか~! 

 


慌ててカメラと三脚をもって外に出てみました~
  









 
テント場
が、子供のことが心配で遠くには行けず
近場をうろうろしながら
周辺での撮影で我慢することに。。。





 月が

ハッキリ言って満月の夜じゃ
星は期待できませ~ん(T_T)




 

明るすぎて
レンズを交換して再度挑みましたが・・・

いつものようにライブビューで星にピントを合わせるんですが
明るい空のせいで中々ピントが合わなくて・・・

も~途中で嫌になって撮影は中止(*^_^*) 




 

月夜 

気づかなかったけど隣の黄色のテント
入口が開いてましたね。
 
どうやらOくん、この時トイレに行ってたみたい(*^_^*)















さて、翌朝は特に予定はありませんで下山だけの日程。

それでも朝一の室堂発のバスに乗るべく
一応それに間に合うように起床。
 



その後、テントの後片付けを手早くすませ 



 撤収

最後に記念撮影♪ 
(*^_^*)




 

天場

明け方前から人の動きがあったけど
皆さん剣岳、大日岳、立山など・・・
早立ちされている方がほとんどでしたね。

 



 

さよなら

こんな晴天なんで
下山するなんてもったいない気持ちもあったけど 
翌日はOくん仕事だというし





 戻りましょう 
また今度、時間に余裕のある時に来ようと
思いながら戻ることにしたのでした~ 







 

荷物

折角持ってきた食材も
いろいろと残ってしまいまして
結局お持ち帰り~
あんまり荷物減らなかったな~(*_*) 





 

よいしょ 

雷鳥沢から室堂までは
ここを登らねばならないのですよね





 ふたり 

いきなりの登り道、チトキツイ・・・




 
天気よし

息子のレイくん
朝、いきなりの登り道だと呼吸しながらゼイゼイしているご様子。
息が苦しいみたい。。。

実は、息子には喘息の気がありまして
昨日の立山登山も途中で断念した理由の一つが
そんな彼の体調のことがありました。  







 急に感じた 
ちょっと先に行ってもらいつつ
息子をサポートしながらのスタートでした。




 

離れた 
天場に咲いたテントのお花たち(^_^メ)





 
調子が 

それでも急がずにゆっくり歩けば何とかなりそうなので 
ちょっと安心^_^;
 






あっち 
さすがは観光地!
この周辺って意外と山小屋が多いですね 











 てくてく 
  そんな小屋の名前を地図で確認しながら前進




小屋 
近づいた小屋の横を通過して行くと



 

こんな感じの道 

これまたよくぞ整備された遊歩道!

ここを歩くのって本当に久しぶりだ~
 





水平道 
 何ら問題のない観光チックなルートですから
 
娘は先頭でリード(^_^メ)
 






硫黄 
 
不気味なほど真っ白なこのエリア




ゆっくりと
 
あちこちに蒸気が噴き出していて
硫黄の臭いがプンプン(^^ゞ
 


呼吸器系に不安を感じている息子も
ここを歩かせて大丈夫か?
ちょっと心配になりましたが
足早に通過。






もくもく

普通に歩く分には何ら問題ない場所だけど
息子に感情移入していると
心なしか自分も気分が悪くなるような・・・
(^_^;)








蒸気 

勢いある噴気地帯



 
離されてゆく

ちょっと匂いがキツイケド、ガンバレ~!

 



ぐつぐつと 
ぐつぐつ煮えたっている池が異様でしたね(*^_^*)

 






 
池 
そんな熱々な池を利用しての温泉卵づくりがされていました




地獄谷 
死を連想させるこの谷の景色は
草木も生えない場所なんで 「地獄谷」とは正にぴったりな名前をつけたものだと 
  改めて感心させられる場所でしたね~


 






朝食後 

さ~ここから登っていけばみくりが池だから♪

おっとその前に腹ごしらえ

朝食抜きでココまで来たので
小腹が空いたようで
行動食でお腹を満たしましょうか~!





 坂

 さて再び行動開始!
 





 

お花

こんなところにお花畑♪
イワカガミがイッパイだ!





 ゆっくり 
 でもお花は二の次のお子ちゃまたち(*^_^*)

 




 



よいしょっと 
何だかこの坂、キツイなぁ~





 ピース 
 
と申すのは娘でした
(^_^メ)






休憩 
急坂を登り切るとそこはみくりが池~♪

ここでゆっくりと行きたいところですが
バスの時刻が迫っていたので




急がないと 
急がねば!






 見えてきた 
 
室堂が見えてきたぞ~






人少ない

ココまで来ればもう大丈夫!



 

余裕

あとは余裕じゃ~




 戻った
 
トコトコと歩いていくと




戻ったぞ 
人がイッパイ~!


その後は、バスに乗ってケーブルカーで下りて





 
帰ってきた

無事、立山駅に戻ってきました~

その後は車で移動

娘の希望で海に行きたいというので
ドライブしながら海岸巡り(*^_^*)
 
何か所も回ったよ~



途中、渋滞にハマりつつ
何とか帰宅したのは夕刻でしたかね。

といわけで 
夏休み直前ではありましたが家族登山はこれにて終了~






ここにきて残暑が厳しいですが
山の季節は、もう確実に秋へと向かっております。
できれば家族で行ける山でも~と考えているんですよね。

はたしてどうなることやら(^_^;)









おしまい


  


 


人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
| トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<最近、お出かけたした所~ | ホーム | 夏の立山キャンプ(3)>>
コメント
----

ここあパパさんから、前回このblogで返信コメント戴いたのを受け、自分でも行けるかなぁと思いはじめ、9月に開催されていた「立山黒部フェス」のタイミングに初めての山行/テント泊に行ってきました

カメラ関係含め、27Kgもの荷物を担いでというのは、本当に大変でしたけど、なんとか無事デビュー出来ました

一方、軽量化しない限り、これ以上のテント泊撮影行は無理だなぁと悟り、山小屋(燕山荘)デビューとなったわけでぇす

まぁ中年オヤジの山行きですので、無理のない範囲で徐々にやって行けたらなぁと思ってます

デビューできたのはここあパパさんのおかげです
これからもいろいろ参考にさせていただきます
ありがとうございます
by: bigcorner * 2011/10/05 10:49 * URL [ 編集] | page top↑
--bigcornerさんへ--

立山での初山泊お疲れ様でした~(^^)/
27kgだなんて初めてにしてはかなりきつかったのではないでしょうか~
自分もその昔、あまり考えずにパッキングしたら
30Kgに達した時には正直ビビりました。。。
案の定、その時は膝を痛めましたね(T_T)
それでも立山だったらこそ許せる重さだったかもしれませんね(^_^;)

それから燕岳での山小屋デビューですが
これを経験しちゃうと中々テントには戻りづらくなるんですよね~。
そういう自分も今のところ臨機応変に活用させていただいております。

今や自分もすっかり中年オヤジなんで今後は体に優しい
荷物の軽量化に取り組みたいところです。
ただbigcornerさんもそうだと思いますが
機材が増えてきて何を減らしたらよいのか・・・
そこが一番の悩みどころだったりしています。

これからはbigcornerさん自身の撮影エリアは益々広がるでしょうから
そんな自然の世界で切り取られた風景写真の数々
今後とも楽しみにしております!
by: ここあパパ * 2011/10/11 20:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/376-299b4b09
喘息(ぜんそく)の根本的克服法
自宅で1日5分、10日間とても簡単なことをするだけでお子さんの小児喘息を改善することができます。このまま副作用の強い喘息治療薬をお子さんに与え続けるより一日も早く、お子さんを喘息から解放してあげませんか。 喘息のお子様を改善する実践プログラム【2011/09/20 20:46】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。