スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
夏の立山キャンプ(1)
2011 / 09 / 01 ( Thu )
2011/7/16-17


例年に比べ早く明けた今年の梅雨

それに伴ってか週間天気予報は晴れのマークが並んでいるではないですか~

ということで特に予定していなかった夏山計画を急遽、練ることになったのはいいけれど

肝心の我が家の統率はイマイチで

昨年の白馬岳登山でしばらく山はコリゴリといった空気が・・・(T_T)



そこでこのネガティブな流れを打破すべく

猛暑続きの世界から解放される夏山の素晴らしさをパパ一人奮闘し
家族への啓蒙活動に励むのでした~(^_^)
 


がその奮闘ぶりも空しく一向に変化の兆しがな~い(T_T) 
 






そこで極めつけに、パパと一緒に山へ行ったら何かご褒美が待っているよ~
などとアメでつる作戦に戦術変更(*^_^*)

すると子供たちも現金なもので
それじゃ~行ってもいいよ~ということになり
どうにか夏山計画が始動する運びになりました~



っと思っていたら・・・



脚の調子が悪く、体調も良くないと言い出すママ。。。 

 



それじゃ~パパ一人で子供たちを連れて行こうじゃないか~!
ということになり
そんなバタバタした中で山の準備にただ一人忙しくするのでした~(^_^.)







今回、行き先として選んだのは立山

どうして立山なのか?
それは交通機関を利用すれば楽して簡単にアルプスに行ける
これが今回選定した最大の理由でした。

つまり、疲れずに山へ行けるってことだね~(*^_^*)



で、立山・室堂といえば長野の扇沢経由も考えたけど

行くまでの料金が高いのと時間がかかということで

今回は立山方面から向かうことにしました~





ケーブルカーの立山駅前の駐車場に着いたのは午前3時過ぎだったかな~

でも駅に一番近い駐車場は既に満車で

そこから一段下がった手前の場所にある駐車場へ行くと
そちらは空が有り端っこの場所に駐車してからすぐさま仮眠(=_=)

締め切った状態だと暑いので窓を少しだけ開けて寝ていたら
そこへ招かれざる客人(蚊)の侵入~
 
おかげで熟睡できず・・・
(>_<)




その後、夜明けとともに朝一のケーブルカーに乗車するべく

駅に移動したらも~既にチケットを購入するための列が並んでいて

結局、乗車できる順番は2番目でした。







水場 
ケーブルカーの乗車までの間

朝食をとったり、水場で遊んだりして時間をつぶし



その後ケーブルカーに乗り込みますが
下車すると今度はバスに乗って移動~
 

観光チックな車内放送は
早出のためか眠そうな乗客の耳には殆ど入らずじまい・・・

それでもバスの中から見える外の景色は、もうこれ以上ないくらいの夏の日差しと澄みきった青空で
それはそれは素晴らしい風景が広がってました!
 
*子供たちはバスに揺られ熟睡モード(*^。^*)











 ピース 
人でにぎわう室堂は一点の曇りのないド快晴!



陽光も眩しく久々のアルプスに感激♪ 
(たぶん子供たちも・・・)







 天気も良く 
富山側からだと早めに到着できるメリットの高さを実感しつつ

整備された道をテクテク歩きだす










 分岐 
本当は、ゴールデンウィークに四国の石鎚山に登るはずだったけど
前のレポでも触れたように
結局その計画もお流れになり、その後もいろいろと予定が合わなかったため
子供たちにとっては約1年ぶりの山になってしまいました~






 
こっち 
ヤマノボリしているというか

ただのお散歩コースですね~(^_^メ) 




 
素敵な道 
この時、扇沢方面より早い時刻に室堂入りできたせいか
人も少なく快適快適♪










 てくてく 
あ、言い忘れましたが
今回ママの代わりに同行してもらったO君
久しぶりではあったけど点泊装備のボッカ役としてご一緒してもらいました~





 
撮影

あ、それからいつもただ歩くだけじゃつまらないだろうということで
今回初めてデジカメを持たせてみました~





 
友 
2年前にご一緒した白馬岳ではガスガスの展望でチョッピリ残念な初アルプスでしたが
快晴且つこの絶景にはO君もご満悦なご様子♪





 ばなな 
バナナを頬張りながら味わう山の風景♪
どちらも美味しいでしょ(*^。^*)






 
みくりが池 
みくりが池の完全なる雪解けまでは、もうチョイといった感じでしたね






 
すぐに

さて、この日の第一目標地点
ライチョウ沢のキャンプ場まではそう遠くはないけど少しは急ぎましょうか 




 振り返って 
そういえば少し離れたところにライチョウがいたらしいですが
草陰に隠れてちょっと分からなかったなぁ~








 
ちょいと休憩 
ここでまたまたお座り♪

のんびりするにはまだ早いので


 
始動
 
行きましょう~(^^)/







剣岳

おや、向こう側にちらっと見えるは剣岳

我が家の子供たちの実力からすると
当分、ムリだな~(^_^;)





 ベンチ 
  こんなベンチでのんびり眺めるぐらいが関の山かも~?!
(#^.^#)





下り道

そうそう今回はテント場が近いということで
ザックに入りきらないものは手荷物でした~









 
学生たち 
あの行列は中学生だったかな~







一人先行
出だしから下り道なんで泣きが入ることもなく一人でスタスタと歩きだす我が娘







 
気をつけてね

それを追いかけるように続く弟君

階段だからって油断しないでおくれ~



 



快適な山 
 山歩きはホント久しぶりな息子も
公園で遊ぶ感覚みたいで上機嫌♪



  

見えてきた  
雷鳥沢キャンプ場が見えてきた!

まだ午前中なんでテントの数も少ないよね






下って

この歩道って歩きやすいように整備されているけど
微妙に歩きづらいというか
どうせならもう少し目地を浅くしてもらうともっと歩きやすくなると思うんだけど・・・




 
快調
実際この後、息子はつまづいて半べそかいてました(^_^メ)

 


 

地獄 
極楽な風景とは対照的なコチラは
正にイメージ通りな地獄~
(^_^メ)



 
おすわり 
海の日を含む連休ということもあり
やはり登山者は多めでしたね




階段

これまた子供たちにとっては手こずる石階段

この後、転んで一回転。
チョッピリ涙ぐんでおりました~(^_^;)






 
雪の感触 

そんな階段もココまで来ればもう大丈夫!
あとは自由に歩いてごらん~

その後、テント張るのに良い場所はないかと
うろうろと歩きまわるものの
雪解け水のせいで湿った場所が多くて・・・


 

パパ 

中々イイ場所が見つからな~い(=^・^=)




 
テント

結局、こんな場所に張りました~

O君にとっては初めての山キャンプ。 
何だかんだいいながら実際にテントを設営できるのは自分だけなため
一度に二つのテント張りは疲れました。。。

 

休憩
 
しばしパタンキュ~(#^.^#)

そのまま寝てようかな~

ってまだ午前10時前ですから休むには早すぎますよね~





ということで

これ以降は、ヤマノボリになるわけでして



そのつづきは次回にて
 










つづく








人気ブログランキングへ 
週末は台風でダメっぽい・・・






スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夏の立山キャンプ(2) | ホーム | 今更ながら・・・>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/373-96aed044
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。