スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ガスガス白馬岳・日帰りでも良かったなり~(T_T)
2011 / 08 / 23 ( Tue )


ガスガス期待外れな白馬岳(^_^;) 
からの続きで~す♪


夏 



山のレストランで寛いでいると
多少なりではあるけれどガスが流れて視界が広がってきました!
 
 更なる好天を期待しつつ外へ出てみることに~

晴れたので 
完全な晴れではないけれど
先ほどに比べればマシです(#^.^#)





 山頂に向けて 

山頂までの道のりは大したことはないので
周辺のお花に目を配りながら
のんびりお散歩♪









 
無情にも

 ところがそこそこの風が吹いているせいで
 すぐにガスで真っ白。。。
 
こんな状況下では
まじめに写真を撮る気になれませ~ん



それにお花も心なしか最盛期を過ぎて
花弁も痛んでるし・・・







 
下界は
それでもフツーに直登だと
あっ気なく山頂に着いちゃうので
回り道したりして進みますが





 

記念碑
風とガスとで
正直楽しめないような・・・






 
もうすぐ
白馬岳の山頂に着くまでに視界が回復しないかと
牛歩のごとく進みますが





 

あれだ 

どうやらその願いはかなわず 





 
山頂
真っ白なガスの世界に包まれた山頂で終わりました~



これでも20分くらいは粘ったんですがね~


 

ひたすら 
晴れてくれることを願いながら待ち続けたけど
これ以上の変化は望めないと判断し
残念だけど下山することに~






 
下山 
山では、ガスガスの世界に慣れっこなんで
その辺は潔く切り替えることに・・・ (^_^.)













 

風が強くて 
風、強いので
真剣に花と向き合う気になれなかったなぁ~
 
あと、どうせ来るんなら時期的には
もうチョイ早めの訪問が良かったみたい。。。







 
ときおり

時折、一瞬ではあるんですが
晴れ渡る瞬間に歓喜♪






 

小屋が 
でもそんなのは一時でして 
ガスの流れに
一喜一憂・・・








 
戻ってきた 
そんな貴重な晴れ間を捉えるべく

カメラを向けると

すぐさまガスに包まれる

そんな繰り返しだった気がします

岩山 
でも、この日の本命はあくまでも「夜」でしたから
日中ガスガスでもま、いっか~
などと思ってはいたのですが・・・



 
お花畑
山の天気ほど
予測の難しいものはなく
この先、とってもがっかりな時間を過ごすことを
この時知る由もなかったわけです。。。



 

本当なら 

今回の撮影スポットとして
たいへん有名な場所ですが
この場所から白馬二山を撮影したいとな~と思っていたのですが
残念ながらガスは取れずじまい・・・


その後は、再びレストランでコーヒーを飲んだりしてのんびり過ごしたり
山小屋の割り当てられた部屋に戻って
のんびりラジオを聴きながら寝転んで夜を待つのでした~



 

午後5時の夕食後、テレビで見た天気予報では
今夜から翌日にかけて期待できぬとのこ。
しかも週末にかけて
むしろ下り坂に向うとのことでした。。。

実際、スマホでいつもの気象サイトを確認すると
やはり晴れは期待できなさそうな~(>_<)
*微かな期待は持ち続けはしましたが・・・




さて、その日の晩。
割り当てられた部屋がちょうど端っこの場所だったせいもあるんでしょうが
外は風が強いらしくビュービュー風切音が聞こえたりして
しかも窓から外を覗くとガスで真っ白け・・・



そんな中真夜中に一度外へ出て
確認しに行ったら薄雲りながらもおぼろげな月と星が見えました~!
けれど、どう考えても撮影できるような状況ではなく
結局その日の晩は何も撮れずに終わりました。。。 (T_T)


















翌朝、5時からの朝食を済ませ
もうここに留まる理由は無いので

支度を整えたら即下山開始!
















 
下山日
湿っぽいガスで濡れそうだったので
上着だけ雨具を着て出発~





お天気が良ければ白馬鑓温泉経由で下山と思いましたが
このお天気ですから
行きに歩いた大雪渓を下ることにしました~



案の定、ガスガスで何も見えず

道中、チラチラと視界に入るお花畑も
朝早いのと曇り空のせいで幾分暗いし風強いし
ガスってるし~ということで
カメラを向ける気になれず・・・












 
小屋
 
緊急避難小屋まで

スタコラサッサと下ってきちゃいました~(*_*)
 









ひたすら 

それでも日が昇ると同時に明るくなったこともあり
やっとカメラを出す気にもなったけど 






 斜面に 

ガスった天候+種類も少なくなったお花地帯だと
撮影自体チョッピリ気の入らない感じが伝わるような
そんな写真ばかり・・・






 
花畑 
ガスっているだけでなく
おまけに風もあるのであくまで記録的な写真ばっかで
振り返っても
その時のつまらなさがよく分かります(*^_^*) 





 
きれいだ
好きで山を歩いているのに
気分が乗らない時って誰にでもありますよね(*^_^*)






 

残雪
この日はそんな感じの下山路だったかも





 
雪渓と
昨日から今日にかけて
それなりに調査した上での入山で
少しでも晴れのお天気を狙ったつもでいましたが
ホント上手くいかないもんですね^_^;






 

花の斜面

正直、宿泊せずに日帰りでも良かったくらいでしたもん





 
花


 

雪渓を 
こうしてみると右側から流れ崩れてきた落石群に
雪渓が飲まれそうになってますね!
 


恐るべし落石地帯



これが一般の登山道というのが信じられない所以です。。。







 なでしこ 

 
とりかぶと 

 
シャワー
神秘的な光が差しこむ大雪渓 

今回でトータル6度目の白馬岳ですが
大雪渓歩きは5回目です。 



 

花2

できれば次回来るときには 
まだ歩いていない別ルートからの入山を考えたいところです



 
崩れゆく雪渓 
雪渓歩きは決して嫌いじゃないけど
できれば雪崩の心配のない時期で
しかもキレイな雪の斜面を歩きたいなぁ(^^ゞ






 
雪渓に
ほとんど立ち止まることなく下山して来たので
ここまであっという間でした




 

ごろごろ
アイゼンを着けてからの
雪渓歩き






 
光のシャワー 

軽アイゼンってその昔、初めて購入したのが4本爪でしたが
昨年、壊れて使えなくなってしまったので
今は6本爪だけです。

この時期だとこれで十分ですね



しかも、雪はよく締まっているので
アイゼン無くても歩ける感じでした。

ただちょっと滑るので上級者だけ限定かもしれませんが
トレランしている方なんか何も着けずに登ってましたね~。










 

光さす
お天気は下り坂なんでお空は厚い雲で覆われていますが
でも、かえってこんな気象条件にこそドラマチックな光景に出くわすものですね 









 
下り道 
帰りの雪渓歩き
日差しが強いとシャリシャリの滑りやすい斜面と化しますが
丁度よい硬さの雪でたいへん快適でした!











 

眺め 
下界は晴れてるのに

山には雲がかかっている

よくあるパターンだ~ 







 
別の 
正規のルートじゃないけど
この雪渓の先ってどうなっているのかな?

ちょっと興味があるな~
でもコチラも落石多そう





 

ガスガス 
不穏な雲が垂れこめた上方

これから登っていく方も多く

チョット心配になりましたが・・・











 
突入
下山組の自分も

この後

ガスの中に突入~








 

アイゼン外して 
そして無事、雪渓歩きは終了~



そのまま下っていくと 







  
 

小屋前 

すぐさま白馬尻小屋に到着







下りてきた

小屋前広場から望む雪渓(沢)と山並み 






 
さよなら 
暑くなったのでシャツを一枚脱いでさらに下ります



その後は登山道、そして林道を歩いて行くと




 

本来だと 
お天気次第では下ってくるはずだった
このポイントを通り過ぎ






 
戻った 
猿倉荘に到着~




 

駐車場  
8:20 いつもの駐車場に舞い戻ってまいりました~
白馬山荘を5:40に出たので2時間40分で下りたことになりますね。
因みにこれって特別急いだわけでもないので
トレラン並に走ればもっとタイムは縮まるんでしょうね(#^.^#)






その後、温泉へ向かうことになるんですが
調べると大抵の場所が午前10時からということで
どこもやっておらず
車を走らせながらきっと道の途中にあるかもしれないと思い
移動したけど営業中の温泉はどこにも見当たらず

途中、長野市内の産地直売の桃を買ってから

そのまま帰宅の途に向かうのでした~

そして家に着いたのは午後1時過ぎ
しかも気温35℃超えてるし・・・
下界の暑いことといったらなんなんの~
(^_^メ)


つい6時間半には白馬岳にいたのに
この違いってな~に~?








因みに、今回も放射線測定器を車内に置いて
移動中その推移の変化を確認しながらドライブしていましたが
最終目的地、白馬岳登山口の猿倉駐車場での測定数値は0.04μ㏜。
問題ない値だったので安心しました~
荷物も多かったので測定機は車内に残しましたが・・・


ただちょっと気になったのは上信越道を走っていた時
碓氷軽井沢周辺が0.3μ㏜超だったのがちょっと引っかかりましたね~
行き帰り共に同じような数値だったので間違いないと思います。
















おしまい





人気ブログランキングへ 
週末、晴れないかなぁ~
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<今更ながら・・・ | ホーム | ガスガス期待外れな白馬岳(^_^;) >>
コメント
----

こんばんは~^^
白馬行ってきたんですね~。。
残念ながら天候が芳しくなかったようで・・・。
私も8月12日~13日にかけて白馬に行く予定でした。
しかし、出発する日にヨメさんが体調不良・・・病院へ。
子供の世話のため、行くことができなくなってしまいました。残念(T-T)
白馬は学生の頃に2回登って以来、登っていない山です。
でも、写真を見ていると結構思い出すもんですね~。。
写真をみたら、なんとなく風景とかが思い出してきます。
でも、改めて写真を拝見させていただくと雪渓って怖いですね。
巨大なクレバスが顔を覗かせているし、万一に崩れ落ちたり、滑り落ちたり
したら、、、想像するだけで怖いですね。
お花はもうおしまいですか~。
とりあえず私は白馬はまた来年に繰り越しかな。
天候と相談して9月は何処に登るか・・・。。
by: こるぷら * 2011/08/23 23:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。
私も、8月21日に大雪渓を登りましたが、カメラをだせない場面もあるような天気でした。
ここはやはり青空の似合う登山路ですね。

次回は晴れた山頂でプシュッと飲めるといいですねー。

ザックの応急処置、さすがです。
勉強になりました。
by: 山めし礼讃 * 2011/08/28 15:57 * URL [ 編集] | page top↑
--こるぷらさんへ--

折角の白馬行き、ザンネンでしたね~
自分も計画実行直前で断念したことが
何度もありましたのでお気持ちお察しいたします(^_^;)

忘れかけていた山のことも写真を眺めことで
記憶って甦ってくるもんですね。
月日が流れても山の景色は変わらないので
「山は逃げない」なんて言わ方するんですよね~(*^_^*)

>雪渓
この時の雪渓の状況なんですが
途中20センチくらいの亀裂が10メートル以上
走っていたりしてチョッピリ、ビビりましたけど
さすが5度目の大雪渓だとこれも普通に感じたりして
ちょっと感覚がマヒしてきたのかなぁ(^^ゞ

それにしても今年、夏の天候は総じて芳しくないですね~。
結局、振り返ると梅雨明け後の晴天がサイコーの山日和で
それ以外は午前晴れるけど午後から不安定というパターンばかりです。
も~あとは秋の晴れ間に期待するしかなさそうですね。。。
今後に期待しましょう~(^^)/
by: ここあパパ * 2011/08/29 10:37 * URL [ 編集] | page top↑
--山めし礼讃さんへ--

こちらこそ、はじめまして!
(^_^)

この夏は山のお天気、恵まれてない感じですね~。

晴れ渡った夏空を期待されて行ったのに
真っ白なガスの世界じゃ~とってもガッカリしちゃいますよね!

お天気の良い山でプシュッてするの、も~サイコーなんですが・・・
そんな日に山へ行けることを願いつつ
いつも天気予報とニラメッコです(*^_^*)

>ザックの応急処置
今回は、いろんな意味でゆとりがあったので
いたって冷静に対処できました。
その後、山小屋で聞いたら針と糸は借りられるとのことで
更に安心できました(=^・^=)

ザックのその後についてなんですが
購入したショップに修理の依頼をしたら
三週間ほどかかるとのことでした。
軽量タイプのザックってこんな盲点があったのだと
改めて考えさせられました~

山めし礼讃さんのブログにある山料理レシピの数々・・・
自分も大いに参考にさせていただきますね(^^)/
by: ここあパパ * 2011/08/29 18:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/372-d02a93f8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。