スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
大朝日岳 《後編》
2007 / 08 / 03 ( Fri )

九州に台風が上陸
その進路もゆっくりカーブしながら
北上するものの影響は避けられません(T△T)
今週末もビミョーなお天気ですが
今年の夏山
さ~て、これからどうなることやら・・・

では大朝日岳 《後編》をどうぞ~山とマツムシソウ

大朝日岳の山頂を一人独占
360度の大パノラマを堪能
小朝日岳方面
これまで歩いてきた道を眺めたりしました

平岩山

平岩山方面

飯豊連峰
遠くには飯豊連峰が見えます
望遠レンズに交換して撮影してみました
飯豊連邦
朝日鉱泉からの登山者
そうこうするうちに朝日鉱泉の方から登山者が登ってきました
3人組も来たりして賑やかになってきたので山頂を後にします。
 
↑山頂付近からの動画

小屋に向かって
これから前方に見える中岳への銃走路を行きますよ!

ヘビ
お~~(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
ミミズかと思ったら
ヘビでした!!
小屋に戻ってきました
小屋に戻ってきましたよ
小屋の周囲にはたくさんのお花たちが迎えてくれました。
ネジバナかな
イブキトラノオ

中岳
雲が次から次へと流れて
その都度、違った景色を見せてくれます

チシマギキョウ
チシマギキョウ

中岳へ向けて
下ってから一転
登ります!

金玉水
金玉水
水場は右側を下ったところです
水場
この水場はスルー

すみれ
何スミレ??

イワカガミ
イワカガミ

とんがり
後ろを振り返ってみるとこんな感じです

草原とお花
思わず寝転びたくなるような草原(*´0)ゞファァ~~♪

チングルマ
チングルマ

雪渓と大朝日岳
これってどこかで見たことのある風景




YAMAP
ヤマケイのガイドブックの表紙にあったこの場所でしたね
中岳への登り
登り道を進みます
途中、単独の男性とすれ違いますが
その後は西朝日岳まで誰とも会わずでした。

白い花
イワイチョウ

葉っぱ

アオノツガザクラ
アオノツガザクラ

コバイケイソウ
コバイケイソウ

よく整備された道
よく整備された小道を進みます
 
↑タイミング悪く飛行機の爆音が入っちゃいました~

ウサギギク
ウサギギク

ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ

西朝日岳への道
西朝日岳の山頂はガスっていますね。

ハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ

ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコン

タニウツギ
タニウツギ

イワオトギリ
イワオトギリ

ヒメサユリ
ヒメサユリ

白い花
???

ヒナザクラ
ヒナザクラ

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

中岳と大朝日岳
後ろを振り返るとあんな所に大朝日岳が見えます
そしてこれから登る西朝日岳は

西朝日岳パノラマ
↑クリックで拡大
山頂はガスで覆われています~
西朝日岳へ
こんな感じの道を歩きまして前進すると・・・
砂地
珍しく砂地に出ました

池塘
かわいい池塘があったりします

西朝日岳の中腹から振り返る
登っては後ろを振り返り
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ

赤い花
???

ニッコウキスゲの群落
斜面にはニッコウキスゲがキレイに咲いています♪

アザミ
アザミ

お花たち
お花の競演

坂道
登山道の沿道にはお花がいっぱいでした!

残雪
雪渓もタップリ残っていますね

西朝日岳の山頂
西朝日岳の山頂

うどん
冷やしたぬきうどん
のはずが・・・
少し温かいうどんになっていました~

竜門山へ
食事が済んだらレッツゴー

爽快な道
気持ちの良い縦走路でした

スカイロード
ホントはマッタリしたい道ですよね
でも急ぎ足でした

この山域は虫君が多いと聞いてはいましたが
トンボがたくさん飛んでいましたので
助かりました~
トンボって小さな虫を食べてくれるんですよね。
お陰で悩まされずに済みました~。
トンボ君~( v^-゚)Thanks♪

明るい道
誰にも会わず
ひたすら歩きます
寒江山
寒江山

竜門山への道
前方の
あれが竜門山でしょうか?

あれが竜門山か?
竜門山に近づいてきたのかな

花壇
横を見るとこんな感じの景色

後ろを振り返ると・・・
遠くには大朝日岳
↑クリックで拡大

そして前の方はというと・・・
竜門山と竜門小屋
↑クリックで拡大

鳥海山かな

お花ロード
この登山道は常にお花だらけでした
竜門山とユーフン山
どうやらあれが竜門山みたいです

竜門山への銃走路
竜門山へと続く道

竜門山の山頂
こんもりした所が頂上みたいですが
山頂標識は、ありませんでした。

寒江山と周辺の山
寒江山へと続く尾根

分岐
寒江山への分岐
ここでおじ様が一人休んでいました。
どうやら寒江山へ行ってきたそうです。
機会があれば寒江山にも行ってみたいですね。

次の目的地は・・・
ユーフン山
ユーフン山です。
因みにユーフンとは、漢字で「熊糞」と書くそうです。
クマさんが生息するエリアのようですから注意が必要ということですね。
(下山してから知りました)

竜門小屋
竜門小屋が見ました

マツムシソウ
タカネマツムシソウ

ユーフン山かな
どうやらあの辺がユーフン山みたいです

ユーフン山の頂上
ユーフン山の山頂

清太岩山
次の目的地である清太岩山へ向かいます

パノラマ画像
↑クリックで拡大

清太岩山の山頂
清太岩山の山頂
下りの道
あとは長い下り道を歩きますが
とっても長く感じました~

おたまじゃくし
すっごい数のおたまじゃくし

最後の水場
水場がありますが見に行く元気ありません(*´ο`*)=3

駐車場が見えます
車が見えてきました~
日暮沢小屋
日暮沢小屋

車に到着すると
前に止まっていた車の方が
話しかけてきました。
「今朝は随分、早く出て行ったね~」
明け方前だったので
みんな車の中で寝ていたのかと思ったら
しっかり見られていたようです。
「これからどうするんね~」
もー帰るんですと答えると
「え~もったいないなぁ~せっかくココまで来て~」
はい確かに片道400kmを超える距離を移動して
その日のうちに帰るのは
ヒジョーにもったいないんですが・・・
「まぁ~いろいろ事情があると思うからね~」
などと言われ・・・
まぁホント言うとそういう訳なんですが・・・とは言えず
笑ってごまかしてしまいました~。(;´▽`A``
それに明日は仕事ですしね。



車道から見た月山
大朝日岳ルートマップ






【まとめ】
■2007年7月25日(水)■天気:晴れ
■大朝日岳■おおあさひだけ■1870m■山形県■
■コースタイム■
日暮小屋 4:10⇒ 4:25 林道終点⇒5:45 ハナヌキ分岐 ⇒6:30 古寺山 6:35⇒7:10 小朝日岳 7:20⇒8:25 銀玉水⇒9:05朝日小屋  ⇒9:20 大朝日岳(山頂) 9:40 ⇒9:50 朝日小屋 ⇒中岳 ⇒11:05 西朝日岳 11:20
⇒11:50 竜門山⇒12:25 ユーフン山⇒12:50 清太岩山⇒13:30 水場⇒14:25 日暮沢小屋



↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   


おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<光岳~聖岳 《1日目・前編》 | ホーム | 大朝日岳 《前編》>>
コメント
--朝日キレーですね--

朝日の山々はほんとキレーですね。それに渓谷を囲んでぐる~っとまわるこちらのコースは1日でまわれるんですねー。それもマイカー往復込みとはここあパパさん、タフですねー。さすがです。

でも、見ていると自分も行きたくなってきましたよ(でもここあパパさんでも10時間か。。。う~ん)。特に、花が垂涎ものです。。。み、見た~いっす。

ぐずぐずしていると花が散ってしまうのに、最近は週末台風到来で、予定通りに出かけられない。。。東北も行きたいけど、北アも呼んでいるし。。。(泣)
by: tripgood * 2007/08/04 11:03 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

いつもコメントありがとうございます。

当初、古寺鉱泉からの周回コースを考えていたのですが、しげぞうさんのレポを見ていたら
こちらの方もいいかなぁ~と思い決行しました!

と・こ・ろ・が、これがまたハードなコースでして明らかに1泊2日コースでした~。(T_T)
しかも展望やお花がキレイだったので思うように進まず、後半焦りましたね。
でも、ホントのところゆっくりしていきたかったです~。
あと標高が低いせいかとっても暑かったですね。。。(;^_^A

今週からやっと安定した天気が続きそうなので、夏山をオモイッキリ楽しめそうですね。
さてtripgoodさんはどちらに行かれるのでしょうか?東北or北ア
いずれにしても思い出に残るよい山行できるといいですね。レポ楽しみにしています!!
by: ここあパパ * 2007/08/06 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/36-4ce0ea9a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。