スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
0泊2日で天狗池 《中編》
2010 / 09 / 30 ( Thu )
秋の紅葉が楽しめる、そんな山を物色中なんですが
夏の猛暑でどこも遅れているとか。
ん~この週末は雨でムリっぽいし
翌週が狙い目なんでしょうか?!
でも混むんだろうなぁ~((+_+))
ババ平
0泊2日で天狗池 《前編》からの続きです

************************************


槍沢ロッヂ前のベンチに腰かけて
しばしの休憩~♪
 


ここで水分補給&おにぎりをほおばりなが休んでいると
あちらに何やら三脚が置かれてまして
とっても気になる・・・


望遠鏡 
ここから槍の穂先が見えるよ♪とのことで
覗いてみると
見えました見えました!

望遠鏡だと近くに見えますね(#^.^#)




 やり
カメラでもこのくらい寄れました。
でも下界からだと 
この場所がギリギリ展望ラインなんでしょうね

 

 


ヘリポート
そんな槍沢ロッヂを離れ
9:40 更なる高みを目指します







 


道
「槍沢」っていうから
沢だけのような場所をイメージしていたけれど
意外と緑もあって
山らしい道が続いておりました




 


 


明るい
と思ったらガレ場に出まして
急に明るくなりました


 


 


気持ちの良い場所 
この一帯、岩岩な雰囲気なんですが
そんな中から樹木が成長したのか
それとも樹林帯の中に岩が崩れ流れてきたのか
分かりませんが








 


林
お天気が良いせいか明る木立の中を歩けるんで
とっても気に入った場所でしたね 


  


 


あちい
だんだんと両サイドに迫り出した
山壁が見えてきました

 


 


ババ平 
10:00 そしてババ平に到着~

 


 


テン場
既にテントが二張り
 
この時点ではゆったりとしたテントスペースでしたけど
この日、夜中にここを通ったら物凄い数のテントが張られてまして
最初、道を間違えたかと思えたほどビッシリでした(';')




 


 


ガレ
青い空の下
こんな道を歩くのって
とってもウキウキしますよね


 


沢沿い 
物凄い水量だった沢も
ココまで来ると静かなもんです


 


休憩ポイント 
10:30 大曲に到着

ちょっと暑くなってきたのでここで一休み


この日、日帰り(?)装備で軽いとはいえ
少し多めの食料と夜に備えての防寒着、それと撮影機材とかで
思ったよりも重たくて・・・ 

そこで少しでも荷を軽くするため
冷凍してきたフルーツゼリーを食べて
生き返りました~ (^^ゞ





 


長い道 

この道の辛いところは
ヤリに近づけば近づくほど
傾斜が増し
思ったほど距離が縮まないこと・・・


 


雲が 
その分、高度は上昇するので景色の変化は楽しめます 

 


振り返って 
つい後ろを振り返っては
眺めたりして・・・



 


前方 
上高地からの平坦なコースを歩くのとは違い
一般的な登山道は長距離を歩いた後には
チトたいへんであります
 


 


お花畑 
徐々に変化していく景色を眺めつつ
上へ上へと体を持ち上げます 


 


夏も終わり 
最盛期の頃だと
いろんな花が咲き誇るこの場所も
この時咲いていたのはアザミぐらいでしたね





 


分岐 
11:20 天狗原分岐に到着~

ここで休憩なんですが
この後どうかか?
地図を広げながらいろいろと検討~


ん~時間はまだタップリあるから
そのまま槍ヶ岳へ行ってもいいんだけど
でも、このお天気じゃ~槍の穂先はガスの中だろうから~
それにここから山頂を目指しても
体力を消耗するのは目に見えるわけだし・・・・・・・・
 


11:55 ここは撮影目的地である天狗池へ
真っ直ぐ向かうことに決定!





では行きますか 
これから向かう天狗池なんですが
休憩していた間にも
意外とそちらを目指す方もいたりして
決してマイナーコースではないことが分かりました。 

*ま~そのまま南岳を目指すようですが~




 先行者 
ここからは初めてのエリアなんで
どんな風に進むのか
興味津津(#^.^#)






 ハッキリしない道 
道があるようでないような~





 しるし 
でも良く見るとペンキ〇印が先まで見えて
迷うことはないようですね






 旗 
夏の初め頃まで残る雪渓のためでしょうか
赤旗も立ってました






 うしろがわ 
振り返るとこんな感じ
ここはカールを横切るんですよね





 あちら側 
槍へ向かわないことに決めたのに
ちょっと未練を感じつつ・・・ 







 イワイワ 
これから目にする天狗池へ向けて前進(^O^)/







 どこにいくのか 
まあまあ整った道でしたけど
時々浮石もあったりで
気は抜けなかったかな






 そのまま
このままこんな道を進んでいくと



 えっ 
木が生い茂った所に突入か?





 カール
本来ですと
槍の穂先が見えても良いんだけど・・・ 
 

 ゴロゴロした岩
その後、巨石がゴロゴロしたこんな場所を行くのですが
その途中、岩の下から水の流れる音だけはするんだけど
水は見えず・・・
不思議な場所でしたね


 矢印
 矢印に沿って進んでいくと


 池だ
12:25 見えました!

これが天狗池か~
チッチャイ!


 天狗池 
思っていたよりも小さいです~
それが第一印象でした。
しかも残念なことは槍ヶ岳が見えませ~ん!
(T_T)

稜線を隠すように重く垂れこめた雲が
山頂周辺を覆ってました。。。




仕方がないので
この辺でしばらく待ってみることに~







 池と
天狗池のすぐ裏には
こんな別の池もありまして
風が吹くと肌寒く感じたので
岩陰に腰かけてポーとしてました。。。。
 
 
とま~池が見えるそんな場所に陣取りまして
岩の上に寝転んだり
ラジオを聞いたりして
このまま日が沈む時間まで
のんびり過ごすのでした~
 
それにしても、さほど良くないお天気の山で
時間を潰すって
以外タイヘンですね(#^.^#)





スタンバイ 

さすがにこの時間ともなると
当然ながら誰もいません

17:00 時々ガスが消えたりもしたので
急いで三脚&カメラをスタンバイしたけれど
結局ダメで・・・


もうしばらく待つことに(*_*;









つづく

  


人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<☆0泊2日で天狗池☆ (後編) | ホーム | 0泊2日で天狗池 《前編》>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/343-fad00e98
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。