スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
☆深夜の八ヶ岳☆
2010 / 09 / 24 ( Fri )
二日前はあれほど暑かったのに
昨日、今日と涼しくて少し肌寒いくらいですね。
でも下の写真を撮っている時に比べたら
まだ暖かいですが・・・(^_^;)
月とともに
下界は熱帯夜続きだった9月上旬
阿弥陀岳山頂は気温10℃で体感的には
もっと低かった・・・
2010/9/14-15

八ヶ岳の登山口の一つ美濃戸に着いたのは
もう午後6時を過ぎてましたね

ま~ココに来るまでには
あの悪路続きの林道を通ってきたわけですが
現在の愛車プリウス君
慎重に走ったつもりでもしっかり底を擦りました~(´_`。)


スタート 
18:50
フツーこんな時間に入山する人なんて
いませんよね~(*^_^*)





 小屋 
20:10
行者小屋に到着~


この時間まだ外で寛いでいる方や
寝る前にトイレ~みたいな方たちが行き交っておりました~




そんな自分は休憩がてら


 
天場
天場をウロウロ・・・



 
テント群 
星空を確認すると
イマイチスッキリとしない感じ・・・ 


今日の目的は山を登るというよりか
山で星景写真を撮ること!


でも肝心の星が・・・







   
 
ガスが 
それでもせっかく来たので
テント群と共に星の写真を撮りましたが

ん~さえない空です。。。((+_+))





 





 
行者小屋
そんな感じでしたから
しばらく小屋の前で休んでました~
 


そして携帯でお天気情報を確認すると
晴天は期待できそうだったので
空を眺めつつ
ここいらで出発することに!





 
分岐 
21:40

ここで、どちらに進もうか悩みました~


でも結局、歩きながら展望の得られる
文三郎道へ進むことに決定!
 




それにしてもこの道
 上へ行くほど
岩がゴロゴロしていて
とっても歩きづらかったな~



っていうか星空ばかり見ていたせいで
石につまづいたりしたせいもあるけど・・・^_^;


そうこうしているうちに




道標
分岐に到着~

ここで再び悩みます

ここから赤岳へ行ってしまおうか?!







でも待てよ

この日のターゲットは
赤岳では撮影できないあるものがお目当てなんだし
ここは潔く赤岳は諦めないと。

そこで
ここは一旦下ることに~

 




 
釘づけ
目指すはあの頂き
阿弥陀岳です!



鞍部まで下っていくと・・・

どこからともなく聞こえてきたシカの声

ライトを照らすと100メートルほど先でしょうか

光る目で確認できたのは2頭のシカさんたち

まさかこんな所まで登ってくるとは~!


シカによる高山植物の食害被害が深刻なこのエリア
その問題の深刻さを垣間見た気がしましたね~


 





中山 
下から見上げた中岳

まるでピラミッドみたい~(=^・^=)








 
木星と
後ろを振り返ると
赤岳ならぬ
まっ黒岳(^_^;)

木星が光輝いておりました~ 



それから、この時間帯にもかかわらず
赤岳の山頂にはライトの光が

ん~同じように写真撮っている方なんでしょうか?




 



阿弥陀岳 
徐々に阿弥陀岳が 近づいてきました






 
権現
あちらには権現岳と網笠山
この日、アフーさんたちはここにいたのかなぁ? 








阿弥陀岳と夜景 
阿弥陀岳の向こうにはキレーな夜景も見えました












その後、中岳のコルから急な登り道

クサリやらハシゴやら
いろいろあったけど
慎重に通過しつつ






 
山頂  0:50
無事、阿弥陀岳山頂に到着~


当然ですが誰もいませ~ん



もしいたらちょっと怖いかもかも~(^_^;)






山頂標識 
一応、証拠写真じゃないけど
こんな時間ゆえとっても殺風景な標柱でした(*^_^*)




この山頂に立ってあることに気づきます
 

それは何かというと・・・












 
宝石
夜景がステキなんです♪゜
 (@^^)/~~~



赤岳からだとここ阿弥陀岳が邪魔して
アレなんだけど
視界を妨げるものがなく諏訪湖までもが一望できるんですね! 

 








そして、この日一番のお目当ては
ここからの☆空なんですが

実はこれが撮りたかったのです!!



月の出 
ズバリ、それはこのオリオンです!!



けれどこの日は
同時刻に月の出があることは
事前に知ってはいたので



 
オリオン
とりあえずオリオン座だけを写真に収めて~



 





銀河
それにしても気になるのはこっちの夜景でした^_^;
  
だって天の川と夜景のコラボっていうのも中々撮れませんからね~ 










 
月とオリオン
案の定、月明かりが眩しくて
オリオン、そして冬の大三角も
何だか台無し・・・ 







 

冬のダイヤモンド 
でもね、こうして「冬のダイヤモンド」を見ると
これはこれでアリなのかも~と
後で思いました~

まるでダイヤに光が反射して輝いている
そんな光景だと思えたら
とってもステキな構図に見えてきました~(*^_^*)







 
最後に
さて、山頂で長時間過ごしていると
やはり肌寒く感じるわけで
持参した温度計を見ると気温10℃

じっとしていると堪えます。。。





 

さらば 
3:10

もっといたかったけど
撮影を切り上げて下山することに






 
↓
中岳のコルまでゆっくり慎重に下り

その後は樹林帯に突入~

途中、何かの動物たちの気配を感じつつ
足早に下山

ここで困ったのは
ライトに吸い寄せられるかのようにたかってくる虫たち
立ち止まることは許されませ~ん (*_*;








 

小屋に 
3:50
行者小屋に到着

この時間ともなるとこれから赤岳へ向かう人とかもいて
意外と賑わっておりました



その後は下山のため
いっきにかけ下りて




 
美濃戸

  5:00 美濃戸山荘前を通過

まさか阿弥陀岳から2時間で下りられるとは~



その後は駐車場に戻り
悪路の林道をこれまた慎重に下るものの
対向車があったりで
路肩に寄せたりしたら
またまた車体の底をガリガリ・・・(@_@;)




そんなこんなんで
午前9時前には家に着いてました~





その後は、速攻で~パタンキューだったことは
言うまでもありませ~ん
(#^.^#)














おしまい





にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ
にほんブログ村
そろそろ秋山に行きたいなぁ~♪
人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<0泊2日で天狗池 《前編》 | ホーム | 家族登山・白馬岳 (5)>>
コメント
----

こんにちは♪
そして、居ましたよ♪
青年小屋で眠っていました。でも夜間登山で
正解かもです。暑過ぎて前日も後日も
本当に暑くて。。。それに渋滞も凄かったんです。(泣)

それよりも本当に素敵な夜空です。
健脚って本当に羨ましいです。

そして白馬レポも本当に食い入るように拝見させて頂きました。
私が行く時は雪渓でもたつくからここあちゃん達コースを予定
しているのですが今年行けるかどうか。。。も危うくなってしまいました。

いつもとっても素敵なレポ楽しみにしております!
by: アフー * 2010/09/25 20:15 * URL [ 編集] | page top↑
--アフーさんへ--

アフーさ~ん、おはようございますっ!

以前にどこかの記事を読んでいたら
見覚えのあるテン場写真がアップされていたので
もしかしたら~と思っていました。

>夜間登山
山岳星景写真の撮影を考えると
どうしても装備を軽くして
機動性重視になるんですよね。
皆がすやすやと眠っている真夜中に
行動している自分って・・・(;^_^A

そうそうメリットは暑さは感じないこと!
それに暗すぎて景色が楽しめないため
歩きに集中するので
必然的に早く行動できます!
そして何より星のある景色を
一人で満喫できる事ですね♪
ただ、ライトの光に集まる
虫くたちの襲撃を受けねばなりませんが・・・

>白馬レポ
現時点でレポの方が全然進んでいないので
どうなる事やら・・・
でもこのコース、とってもステキな場所なんで
ホントお勧めです!!
チャンス到来の日には
きっと楽しめると思いますよ~(^▽^)/
by: ここあパパ * 2010/09/29 06:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/341-d3809dc7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。