スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
家族登山・白馬岳 (5)
2010 / 09 / 16 ( Thu )

雨模様のお天気とはいえ
待ちに待ったこの涼しさは、何ともうれしいです♪
これで季節は秋へと移行するのかなぁ~ 

がんばれ

ステキな山歩きをしたはずなのに・・・
残念なほど楽しめなかった(若干一名)
家族登山レポ
こんな内容ではあるんですが読みます~?
(^_^;)
【一日目】
家族登山・白馬岳 (1)
家族登山・白馬岳 (2)
家族登山・白馬岳 (3)
白馬大池・星空散歩(#^.^#)
【二日目】
家族登山・白馬岳 (4)
からの続きです

*****************

本来、楽しいはずの山歩き

なぜか
楽しめないでいる方が
約一名・・・


こういうときは
お花を見て
気持ちを入れ替えましょう!(#^.^#)



お花 
こんな岩地で生育できるなんて
高山植物って逞しいです!  


子供たちも
このくらいバイタリティーが欲しいところです(=^・^=)




 
三人 
珍しく先頭行くくママさん

こうすると否応なしに
ついてくる子供たち・・・(^^ゞ








 
ガレ
こんなダイナミックな自然を前にしているんですから
ココにいること自体
大いに楽しんでもらいたいのだけけれど・・・
 
娘の目には眼中に入ってないようです。。。
これほどのステキな眺めを
楽しめないとは・・・


そんな気持ちが上向かない
テンション低めの娘ではありますが






 
きれいだ 
いつかきっと
その良さに気づいてくれる日が来る
そう信じてやまないパパであります~(^O^)






 
夏の花
考えてみるとほんの数年前までは
あれほど行きたがった山なのに
最近は、疲れるとかツマンナイとか・・・


これほど心変わりするとは
思ってもいませんでした~

ん~実際、子供って成長と共にいろんな情報を吸収するわけなんですが
そうすると、もっともっと刺激的なことやら
楽しいことに目覚めるんですね~ 

なので専ら関心が他のことに向いています(*^_^*)

  





 
頂へ 
ま~山なんてごく普通の小学生が
気軽に遊びに来るような所ではないことぐらい
パパも重々承知はしていますが
 いつかはきっとその良さに気づいてくれると
信じています!










 
湧き上がる雲 
そんな時が来るのか来ないのか・・・
気長に待ちたいと思います。。。  
果たして山の素晴らしさに気づくまで
どのくらいの年月を要する事か・・・ 







 
遅れ気味 
さて相変わらずメソメソしている娘

泣きの入った娘の気持ちを
理解してあげることが
優しさなのか・・・





 
歩いてきた~ 
でもね。二歳年下の弟君の頑張りを考えたら
小学生になったお姉ちゃんなら
既にそれなりの体力があるわけだし~

実際、全然楽勝なんだけどね^_^;







 
登山者 
結局、問題はメンタルな部分なわけでして・・・

この辺はソートー意識改革せねば~






 
山頂ゲット 
さて、一足先にこちらは
小蓮華山に到着~



その後、みんな揃ったらところで
山頂で休憩~♪

ここで子供たちへの
ご褒美ゼリー飲料をふるまって
ちょっとは気分転換♪

けれど風が吹くと肌寒く感じるため
早々立ち去ることに・・・






 
山頂から 
 この時間、雲がモクモクと湧いていましたが






 
海だ 
日本海側はスッキリと晴れてました






 
下って
 娘の気分も晴れ晴れとしたかな~







 
靴ひも
ん~暗雲垂れ込めてきたのか・・・
 
いえ、靴紐がほどけただけでした(^^ゞ 





 
気持ちの良い縦走 
目指す白馬岳は
まだ先なんで
さ~がんばりましょう!! 





 
パパサングラス
あれ?
よく見るとパパのサングラスしてる。。。
 




 
歩けども
少しは進んだかな~

いや~それにしても気持ちの良い縦走路です






 
徐々に 
既に先ほどからすれ違う人も多く
この山の人気の高さがよく分かりました





 
遅れて 
そんな中、やはり遅れ気味な娘たち






 
風強し 
多少離れても迷うことのない登山道が続いてます 






 
ケルン 
幾らかアップダウンはありますが
いたって快適です! 





 
やっと 
とっても明るい夏の北アルプス






 
二人 
サングラスないと眩しいっす 




  
 



 
気にしつつ
 それにしても
ゆっくりモードの娘一人

未だエンジンのかかりが悪いようです(@_@;)





 
三国峠 
やっとのことで到着した三国峠

ここでしばしの休憩タイム ~

そして、今後のことで
家族会議・・・

ママ曰く、自分と娘二人はここで待っているから
パパたちだけで山頂へ行ってきて!

それでも構わないけど・・・だけど今日のお昼は
この先の白馬山荘レストランと決めていたので
手持ちの食料はもう残り僅か・・・

休憩時に食べた菓子パンやお菓子も
底を尽きそうだし~

ここでママたちに待ってもらったら
昼食抜きになるよ!

えっ \(◎o◎)/!なに~それ~!!!!



そんなこんなんで
選択肢は限られているわけでして
結局、ママと娘のここあも
昼食にあずかるため
ここは頑張って登るしかありません!


そうと決まったら
早いこと歩かねばっ














 
いい眺め
ゆったりとした山容が魅力的なこのエリア

私一人なら蓮華温泉からの周遊コースも
楽勝なんだけどな~ 




  景色
そうそうパトロールの方が教えてくれた
お花スポットがここでした





群落
コマクサの群落があるんですが
登山道から遠くて
ズームしないと見えませ~ん

 






  



 
リード
これまた珍しく先頭を行くママさん

 




 
ついてくる
最後尾は、この方
いつもの指定席というか・・・

 



 
がんば
でもやはり一緒がイイみたい・・・

 




 
あれ一人
そんな二人を気にかけながら歩くものの
遅いことに変わりはなく・・・


 



 
あるっぷそう
あ、ウルップソウ
まだ残ってました~ 




 
ここで休憩
再び休憩タイム~♪

 



 
下の方
まだあそこから大した距離
進んでないんだけど~
 



 
休んでから 
一応、僕らも休憩~




 
まだあんなところ 
とはいってもだいぶ離れちゃいました~



も~あまりに待ち時間が長いもんだから 




 
くたくた 
このあと先に行かせてもらいました~

けれど、さすがのれい君も
お疲れのご様子~(^O^)




 
ここを行けば 
でも、もうすぐ頂上だから
がんばろうね~!





 
ふたたび
旭岳さん 再びこんにちは~♪
この景色、6日前にも見ているんですが
また来ちゃいました~ 

   


 
振り返っても
この頃になると
うしろのお二人さん
もう見えませんね~

大丈夫かな~?

 



 
山頂にて 
ということで
一足先に白馬岳の山頂に到着♪

よく頑張りました~

四歳児にしては上出来です!!

白馬岳は、標高こそ富士山には全然叶わないけど
歩く距離でいったら
富士山以上ですから
それだけでもよ~く頑張りました!!








ところで、娘たちはどうしたのか・・・





つづく







人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<☆深夜の八ヶ岳☆ | ホーム | 家族登山・白馬岳 (4)>>
コメント
--可愛いふたり☆--

ここは昨年の同じころに歩いた道です~(*^_^*)

危険なところはなかったと思いますが結構アップダウンがあったような・・?
そこをこんな小さなお子さんたちが登るんですから
みんなビックリしてたのでは!?二人ともすごい!!
最後の写真なんて未来の登山家を彷彿とさせますね(拍手☆)

さてさてこのあとここあちゃんは?(笑
もう山なんてぇ~!・・と言われることがないようお祈りしておりますm(__)m
by: みっちゃん * 2010/09/26 20:21 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

何だかお返事の方
たいへん遅くなってしまい
本当にすみませんm(__)m

確か、みっちゃんファミリーは
蓮華温泉からのピストンでしたよね!
しかも日帰りだなんて・・・
現在の我が家チビッ子ファミリーには
到底無理な話ですっ(^^ゞ

どこの山でもそうですが
中高年パワー炸裂っていう感じで
かなり浮いた存在の我が子たちでしたが
すれ違うたびに声をかけられるのは
全然嫌いじゃないみたいで
いつもニヤニヤしてました(=^・^=)

けれどそれ以外の場所では
娘だけは、かなりのザンネンぶりで
とても誉められた状態ではなかったかも~
(*_*)です。。。

結局、終始登る気満々だったのはパパとれいだけで
それ以外は何となくただの付き添い状態でして・・・(^_^;)

えっと肝心の娘なんですが・・・
もう山には行かない「宣言」しているんですが
でも、そう言いつつも先週末
山へ行く予定だったんですよね。
ただ風邪をひいて体調が良くなかったので
お流れになってしまったんですが
またいずれどこかの山に登っていることでしょう!

子供たちにしてみれば「山」はそれほど
大きな位置を占めてはいませんが、
それでも徐々にその良さに気づいてほしい
そう願い続けていきたいですね(*^^)v
by: ここあパパ * 2010/10/18 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/340-ec6189ab
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。