スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
徹夜の燕岳 (2)
2010 / 06 / 22 ( Tue )
ジメジメ・ムシムシ陽気な梅雨特有の毎日
皆さん体調は大丈夫ですか?
そんな自分は
扇風機の風&クーラーで咽をやられました~(T△T)
めがね岩 
さて、燕岳夜間登山の話の続きをどうぞ~
☆ ☆ ☆


目標の燕山荘すると
何気に玄関横を見ると
建物の外壁前にベンチがあるではないですか~
そこで、風を防げる場所にザックを下し
すぐさま三脚を取り出して撮影の準備。

おっとその前に防寒対策もしなくっちゃっ!

というのも標高2700メートル地点で
一晩過ごす気でいましたから
軽装でいるわけにはいきません!

早速、フリースを着て
さらに
上下のアウターを着込みました。

とま~これで準備万端

あとは腹ごしらえです。。。

時刻は、午後9時半
こんな時間帯に食事をとるのもヘンなんですが
フシギと夜更かしするとお腹が減るんですよね~

そぐさまお湯を沸かしてカップめんづくり
体の内側から温めます♪



その後、後片付けしてから
さて、この日は、メインイベント
星の撮影をスタート!!



けれど気になることが一つ
それは湿った気流が吹き付けるせいで
周囲がガスっぽい。。。。 



 
そこで事前に準備したあるものが活躍するわけなんですが
それは何かといいますと


カメラ 
 レンズに装着するカイロなんですね~

当初エネループカイロも候補に挙がったのですが
バッテリーの持続時間が短い事と
発熱量が低いこともあり
結局オイル燃焼系のカイロとなりました~




さて、撮影に取り掛かろうと思いますが
相変わらず湿り気のある風が吹いてます。

でも頭上を見ると星が輝いているわけなので
時機に回復することを期待して
とりあえず燕岳の山頂を目指して歩を進めました!












天の川 
振り返ると燕山荘の明かりがアクセントとなって
その上に見える天の川がいい雰囲気ですよね 




  



 ガスで煙る燕岳
とはいえ、燕岳方面にはガスが・・・





ところで、山頂に向かいながら
とある岩を探しておりました・・・




 
いるか
ありました!
イルカに似た奇岩「イルカ岩」

ここを訪れる方でしたら必ず立ち寄るこの場所 
久しぶりではありましたが
夜のこんな時間に再会するとは・・・ (^v^)

 







 
イルカ岩と天の川 
このイルカ君のところにはすぐに見つけることができませんでした~

といのもこの時間帯、辺りは真っ暗ですから
そんな条件で見つけるには
チトたいへんでした(^^ゞ 







 
小屋方面 
徐々に燕山荘からも離れ  







 
レンズが・・・ 
燕岳の山容も変化します 





 
つばくろ 
うすうすは気づいていましたが
拭きつける湿った風のせいで
カメラ本体は夜露びっしょり。。。

レンズフィルターも結露してました、、、、




 
ガスる 
なのでレンズ周辺部のにじみがひどいです。。。 
 
それでも、カイロの効果は絶大ですね!
もしこれでカイロがなかった
結露から開放されず
撮影そのものがダメだったと思います。

なので夜間撮影する方は
特にこれからのシーズン
結露対策は必須ですよ!











さて、そうこしながらも歩を進めていくと


山頂 
 2763m
燕岳の山頂に到着です~

っといっても暗すぎて展望を楽しめませ~ん(*^_^*) 
   


 
燕岳の北側に目を向けると

醜いかな・・・ 
あれが北燕岳なんでしょうか?

以前ココに来た時は
あれを登って東沢乗越経由で中房温泉に下りました。
(それにしてもレンズの結露が激しいです。。)





 
立ち上がる
山頂から撮る星景は、やや平凡になりがち

角度を変えて撮りましたけど
凸凹した岩の配置に苦労しました~ 






特に撮りたい構図が見当たらず
すぐさま下山・・・


 
三角
山頂から少し下った場所で夏の三角を含めましたけど
星の位置が上なので撮るのに苦労・・・



  
   
  
 
メガネ岩
 そして、ここも有名スポット
メガネ岩で~す




 
めがね 
ここでもいろいろなポジションで撮影しましたけど
星を入れるとなると難しいですね~





その後は燕山荘に戻るべく移動を開始

 
立ち上がる天の川 
 丁度イイ具合に天の川も立ちあがってきました♪



あっ、急いで移動してきたら
イルカ岩を素通りしたことに気づきまして
再び戻りました~(^^ゞ 





 
さそりといるか 
 やっぱ、ここが一番絵になる場所でしたね~ (^O^)/





 
見上げてごらん 
縦アングルでも撮りました~





 
静寂 
その後、再び小屋へと向かいましたが
天場にはテントが一張りありまして
この辺で撮影していたら
テントに明かりが灯り
外を確認されていましたね。

あっいけないラジオを流しっぱなしにしていた。。。
夜間はBGM代わりにラジオを聴いているんですが
寝ていたとしたらゴメンナサイ。。。

でも、同じように星空を眺めていたから
満更悪かったわけではないですよね(*^^)v




 


 
おちついた空 
撮り始めはガスで隠れていた燕岳も
この頃になると完全にクリアーに見えてました!






その後、デポしてあったザックのところに戻りまして
レンズ交換

今度は山小屋の反対側(南)に回ってみました~

 

 
槍ヶ岳 
槍ヶ岳にズーム

やはりF4通しの望遠レンズだとキビシーかったですね。。。





その後、山小屋の裏を何気に見たら
ここって冬季小屋があるんですね。

折角ですからその中に入らせていただきまして
その中で再びレンズ交換 


 
南の空 
今度は広角レンズで撮りました~

見事な星空をキャッチ~(^◇^)
 










つづく




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<徹夜の燕岳 (3) | ホーム | 徹夜の燕岳 (1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/323-7aaecb63
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。