スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
写真映像関連イベント「CP+ 2010」
2010 / 03 / 17 ( Wed )

先週末は、パシフィコ横浜で開幕されていた写真映像関連イベント「CP+ 2010」へ行ってきました~人ごみ

写真映像関連のイベントっていうと
よくカメラ雑誌なんかではよくレポート記事とかを見てましたけど
実際に出かけてみたのは初めて。

何かな
ただただ圧倒されまくりの会場内でした。。。

この異様な熱気は何??

CANONにしろNikonにしろ
気になるような新製品の発表はなく
そのへんは寂しかったかな~


 疲れた
特別興味のないこの二人には退屈な場所だったみたい・・・

 

 

 フィルター
個人的に興味を惹いたのがコチラのPLフィルター
超薄型で尚且つ光の透過率が良いらしく
発売が楽しみです♪

 

それから事前に気になっていた展示がコチラ
↓ ↓ ↓

展示
「国際フィルターフォトコンテスト」
ケンコー主催のコンテストで各種フィルター使用が条件みたいです。

今回は、最近カメラ関連雑誌や天文誌のコンテストに数多く入選され
以前から気になっていたUtiiさんがこれに入選されているとの話を
ブログで読みまして見てきました!

 

 写真
どれも素晴らしい作品の数々でたいへん良い刺激となりました~

 

あと気になったのはこれぐらいだったかな~ 645D.gif
PENTAX 645D

とても買えるお値段ではありませんが
興味津津

 


 人の列
実際に手にとって触れるコーナーでは
この時で30分待ち

一度は並んではみたものの
一緒にいる子どもたちのことを考えて
途中で並ぶのをやめました。。。

 

日ごろ一堂に会して 見ることのできない製品の数々

写真好きにとっては、たまらない会場でありました~(=^▽^=)

 

 

 看板前で
それなりに大人も楽しめますが
子どもたちにとっても、その場で撮影した写真を目の前でプリントしてもらったり
神奈川県の観光コーナーでは箱根登山列車のボールペンをもらったり
キレイなお姉さんに風船をもらったり・・・
それなりに楽しんでもらえたみたい(;^_^A

 

 

 お散歩
でも何より楽しかったのは
外へ出て走り回ってのびのびしていた時でしょうか?!
(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ 

 

 

人気ブログランキングへ 

 

スポンサーサイト
その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<樹氷と星を求めてあの山へ(5) | ホーム | 樹氷と星を求めてあの山へ(4) >>
コメント
----

こちらでははじめまして。
先日はご丁寧にコメントをいただき、ありがとうございました。
そして、CP+のお写真。札幌からでは物理的に見に行けませんので、ここで拝見して
「行った気分」になりました。笑

ここあパパさんの撮られる作品、そして週末カメラマンであるということ、また「パパ」であること。
全てが自分にも通じます。
また、ボクはなんちゃってアルピニストですが、そういうフィールドまで相通じる部分があり、
勝手に親近感を持たせていただきました。

今後とも、良縁な関係でよろしくお願いいたします。
by: utti * 2010/03/18 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
--uttiさんへ--

uttiさん、ようこそ!

CP+での展示された作品の様子。
多少なりにではありますが雰囲気お届けできたようですね。何よりです。
ただこんな殺風景な場所(通りに面した端っこ)に飾られていたのは
ちょっと不満でしたが・・・(6 ̄  ̄)ポリポリ

自分は元々絵画が好きで美術館へ行くことが多いんですが
最近は写真展にも足を運ぶようになりました。
残念なことに絵画と比べ写真の評価の低い事・・・
自分で作品撮りを意識するようになってからは
尚更強く感じてしまいます。。。
撮る人は多いのに鑑賞する人は少ないのですね。。。

>親近感
そう感じていただいてたいへん光栄です。
写真の腕に関しては、到底及びませんが・・・

こちらこそ今後ともヨロシクお願いいたします。
by: ここあパパ * 2010/03/19 06:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/306-a1d63ae8
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。