スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
樹氷と星を求めてあの山へ(3)
2010 / 03 / 12 ( Fri )

レポの長さを短くしただけで
こうも楽にアップできるとは・・・
今更ながら驚いています。(;^_^A
トップ 

前のレポ
樹氷と星を求めてあの山へ(1)
樹氷と星を求めてあの山へ(2)
からの続きです

 

 

西大巓(にしだいてん)(標高1981.8m)のピークからは
西吾妻山が一望できるはずなんですが・・・


景色
西から薄雲が流れてきて時々視界を遮ります。

実はこのブログ左上の自分の写真なんですが
3年前、この同じ場所で撮ったものなんですよね。
今回も再び撮ろうかと思って
セルフ撮影しましたけど
天候がイマイチのせいか写りが悪く途中で諦めました。。。

 樹氷群
それでも雲がとれれば御覧の通り
本来のすばらしい景色が広がるのです!

 

 

 スキー
しばらく自分一人でこのピークにいると
その内下の方から 
続々と山スキーの方たちがやってきまして

 

 

 憩う人々
いつの間にか
こんな賑わい

約2時間の登りで来れてしまう気楽さからでしょうか
思ったより人が多かったですね。

その内、下のリフト乗り場で出会った
単独の方もやってきて
その後どうするかお話ししたところ
せっかくだからということで西吾妻にも行ってみるとのこと

 

 あいにくの天候
それじゃ~お先にということで
この斜面をいっきに下ることにしました~

 

 

 下って
先回来た時はなるべく
最短ルートを辿ったんですが
今回は先行しているスキーヤーのトレースを利用させていただくことに

 

 

 お化け
奇怪な形をしたものがあちらこちらに・・・
どれも見事に成長した樹氷たちでした

 


 スキーのあと
さて、スキーのトレースはたいへんありがたいはずなんですが・・・
でも実際はスノーシュー履いていてもさらに沈みこみます。。。

スキー板との浮力の違いもありますから
ここはやはりスキーの方が断然有利ですね!
でも体重のせいもあるな~

 

 

 上を見ると
例の単独の方も下ってきました~

 

 晴れると
目まぐるしく変化するお天気
晴れてくれさえすれば最高なんですが

 

 上から続々と
絶えず押し寄せる薄雲は
太陽の光を弱らせます

 

 先行グループ
既に先を行くスキーヤーの皆さん
道を作ってくれてありがと~

 

 モンスターたち
それにしても
この辺の樹氷たちって
ホント見ごたえありますね!

 

 先行者
そんな樹氷の怪物くんたちの間にいると
なんと人間のちっぽけなこと・・・

 

 

 雪景色
我ら人間の小ささを
改めて実感できる場所でもあるんですね

 

 

きれいだ
いや~それに加えこの樹氷たちの美しいこと♪

 

 樹氷の合間を
惚れ惚れとしてしまうひと時でした♪

 

 林立
しかし、こうやって見ると
樹氷といっても立地条件によって全然違うのが分かりますね。

下に行けば行くほど着雪はなく
逆にこの付近になると樹氷が形成されているのが

 

 いるいる
登っている途中の人や下ってくる人
こうやって見るとここを訪れる人の数がお分かりですね

 

 雪像
ここは人の手が全く入っていない自然の芸術品の数々
どんな野外美術館の彫刻像よりも素晴らしいです!
言うなればここはまさに自然が造り出した雪まつり会場かな?
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

 

 振り返りつつ
振り返ってみるとスキーのトレースが
自分の付けたスノーシューの跡に変わってます(笑)

 

 怪物くん
巨大モンスターに襲われる~!!

と言いたくなるような貫禄ある樹氷

 

 一瞬
そんなのがそこいら中にあるもんだから
すっかり見慣れてしまっている自分がいます。。

 

 晴れれば
それにしても太陽の日差しを受けたこの景色に
も~うっとりです♪

 

 絶景
この絶景をしっかり目に焼き付けようと
歩きながらきょろきょろ・・・
ここでは誰もが挙動不審者になりますって!?

 

 

人間が
もしもこの樹氷たちが一斉に動き出したら
きっと助からないだろうな~

 

 

トレースに従って
思わずファンタジーものの世界に入り込みたくなる衝動を抑えつつ
樹氷原の真っただ中を突き進みます


 

追いついた
あれれ・・・特に急いだわけではないんですけど
追いついちゃったよ~

 

急がずに
少し間をあけるために
のんび~りと

 

どひゃー
あれが西吾妻山の山頂か~

 

 

化け物
わ~お恐ろしや~

 

 

ボーダー
後ろを見るとボーダーを背負って歩く人の姿も

 

 

すごい
こういうのを見ちゃうと色んなことを考えるんですよね
これが出来上がるまでに
どれほどの風雪を経たことか・・・

あるいはもしもここで行き倒れになったら
自分が文字通りの人柱となって
人間樹氷になるのかも~とか・・・

 

小屋だ
避難小屋が見えてきました!

 

ほっと
ここまで来ればもうひと安心
レンズに雪が付着してたみたい

 

 

小屋に到着
何とか今日の目的地のひとつでもある避難小屋に到着~

このあとここで休憩としました~


 

つづく 

 

 

 人気ブログランキングへ
やっと体の方も回復してきました~

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<樹氷と星を求めてあの山へ(4) | ホーム | 樹氷と星を求めてあの山へ(2) >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/304-24e30005
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。