スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
草津白根山 《後編》
2007 / 07 / 10 ( Tue )

お待たせしました。
レポ作成の時間がとれなくて
この1週間バタバタしておりました。
では続きの草津白根山 《後編》をどうぞ~。
湯釜

遊歩道最高地点を通過した先の登山道を進むと
ベンチのあるエリア。
コース最高地点には幾人かいましたが、ここまで来る方は少ないようです。
ここで背負子から開放されて
しばし景色を眺めながら写真を撮ります。
眺望

万座温泉
万座温泉方面

しかし何か釈然としないものが・・・
あまりにも楽な山道
真の頂上に立っていないこともあるのかも・・・





一人で散策へ?!
ってどこに
三角点
あっ気づいたらこんな所へ来ちゃったりしました(; ̄ー ̄A
(あまり突っ込まないでね)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

再び休憩場所に戻ってからは
案内図を確認
案内板を確認してから下山開始!

ホントはここでランチタイムにしようかと思ったのですが
ナンセまだ時刻は午前10時。
昼食には早すぎますし
しかも、この場所、
風が吹くと少し肌寒いですよね。
下山
しばらくは、こんな感じの道を歩きまして
遊歩道最高地点
再び遊歩道の最高地点に戻ってきました~

尾根道
一時の縦走を味わいながら進みつつ

浅間山
ここでも再び浅間山を眺め
八ヶ岳
遠方には八ヶ岳か南アルプスが・・・

スカイロード
空中散歩

ハイマツ
ハイマツ帯を通ってコマクサゾーンを通過して

展望台方面
展望台方面へ向かうと
展望台の階段
木製の階段を登ります

階段
向こう側には
先程いた最高地点

円形劇場
本白根山展望所
名前の通り展望に適した場所でした
ここから見る旧火口は
さながら円形劇場の様相を呈していました。

抜群の展望
浅間山方面

そこから少し離れた場所では
登山者たちが寛いでいました。
ママさん曰く風が冷たいというので
ここでのランチタイムはナシに・・・(T_T)
尾根道
ということで更なる前進と相成りました~

樹林帯
噂通りの樹林帯

鏡池
やっと開けた場所に出ました
鏡池が見えます

がんばれー
何とか歩いてきた
ここあも
だんだん泣きが入ってきました~
飴をあげたりしながら気分転換しつつ進みます。
鏡池近く
もう少しで鏡池のほとりですから
そこまでは、がんばってね!
って励ましながら歩きます。
説明
池の手前で休憩
お菓子を食べたりして
休憩しました。
湯釜
その後も樹林帯の歩き道

木道
途中こんな感じの木道を歩いたりもしました(振り返って撮影)
標識
あと1.4km
大人の足なら
何てこともないのですが
ぐずりだした子供にとっては
長~く感じるようです。ε-(ーдー)ハァ

遠くに道路が
退屈な樹林帯の途中
ズーム
沢のような場所が現われ
そこからの風景を眺めます。
志賀草津道路かよく見えました。

明るい樹林帯
さらに樹林帯を歩くと

ハシゴ
え~~
ハシゴですか~
聞いてませんよ~
仕方がないので
私が子供を抱えて登りました。

気持ちの良い道
その後は楽々コースを歩くだけ

ここって日本
何だかスイスの牧場にでもいるかのようです

逢ノ峰のゲレンデ
でも、ここってスキー場なんですよね

タンポポロード
ここを通過すると・・・
リフト稼動中
登山口に戻ってきました
しかもリフトが稼動中です。
料金表
しかも幼児無料
これを知った家族がブーイング(`×´) プンプン!!
「これ乗りたかった!」
そう言われたって
知らなかったもん~。

さて、ここからは別行動です
タンポポ山
パパとれいは、
一緒に逢ノ峰を登ります。
タンポポをバックに
その一方
ママとここあは、
行きに歩いた舗装道を歩きます。

タンポポの斜面
この場所は、冬の時期はスキー場。
今はタンポポの花が見頃でした。
スキー場
登り途中からの景色

湯釜が
湯釜方面が見えてきましたよ~
山頂に着くと
そこに展望台を兼ねた東屋がありまして
ここから景色を眺めます。
志賀高原方面
写真を数枚ばかり撮ると
すぐに下山開始
駐車場が
駐車場はすぐそこです。
快調に飛ばして下ります。
逢ノ峰を見る
下ってか後ろを振り返りつつ
さらに下へ行くと・・・
おんぶ
あれ~(゚0゚)
おんぶされている~
どうやら最後の車道歩きでギブアップしたらしいです。
まぁ~それでもよく、がんばりましたね。
お疲れ様!

白根レストハウスに着くと
お約束のソフトクリームを購入し、みんなでいただきました~。
この時ばかりは子供たちも満面の笑み。

ところでレストハウスと駐車場周辺は、人・人・人・・・。
明らかにここは観光地でしたね。
でっ、もしかして私達って浮きまくり?!
登山スタイルな自分たちには別世界のようです。ここは。
その後は、休憩できる適当な場所がなかったので
車に戻って車内で昼食を摂りました。

食事が済んだら
ここで湯釜を見に行くことにします。
ところが、私以外「行かない~」との返事。
もう疲れたようです~。
折角来たんだからと
パパは一人で見に行きました。
湯釜への道
さすがに観光地です。
人が次から次へと上り下りしていました。

湯釜の水面
じゃ~ん。観光写真で何度となく見た景色です。

湯釜と雲
場所を移動しての1枚
何だか宇宙のどこかの惑星に来たみたいですね。(o ̄ー ̄o)

下り道
草津の名所を見物したので
すぐさま駐車場に戻ります。

その後、向かったのは


軽井沢・プリンスショッピングプラザ
軽井沢
ここからは浅間山の頂上だけがわずかに見えました~

ママ曰く
「次に来る時は、山はいいから、ここでゆっくりショッピングしたい~」
とのこと

Σ( ̄ε ̄;|||・・・それはアリエナイかも




のラインが歩いた道です。は立入禁止
コースマップ

【まとめ】
■2007年6月23日(土)■天気:晴れ
■草津白根山■くさつしらねさん■2171m■群馬県■
■コースタイム■
レストハウス駐車場 7:55⇒8:20 登山口⇒9:10 分岐点 9:15⇒9:35  コース最高地点⇒9:50 ベンチ 10:10⇒
10:15 コース最高地点⇒10:35 分岐⇒10:45 本白根展望所⇒11:10  鏡池 11:20 ⇒12:20 登山口⇒
12:35 逢ノ峰⇒12:45 レストハウス駐車場 13:25⇒13:30 湯釜 13:35⇒13:40 レストハウス駐車場




 


 


 


おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<日本名峰コレクション~北アルプス南部編~ | ホーム | 草津白根山 《前編》>>
コメント
--ほんとに綺麗!--

こんにちは~^^
しっかし、綺麗ですね~!!
湯釜のコバルトブルー・・・なんとも言えないカラー・・・^^ 最高!!

私達はGWに行ったんですが~雪とのコントラストも素晴しかったです0^^0

今週末の連休はどこに行かれるのかな・・・??
でも~なんだか天気が・・・梅雨本番でしょうか。。。(涙)
by: みい * 2007/07/10 10:30 * URL [ 編集] | page top↑
--娘と初めての百名山--

はじめまして 初コメです。南アルプスの縦走記録などひそかに拝見しておりました。
 草津白根は5歳だった娘と2人きりでいった娘にとって初めての百名山です。コースどりも全く一緒でなつかしく拝見しました。僕も最高標高にいきたくて試みましたが娘が怒ったので断念しました。確かブッシュでしたよね・・三角点まで
秋だったので娘はいろいろなきのこ見つけに夢中でした。翌日は赤城山にも行ってきました。その娘も昨年は2人で宝剣岳越えをしてくれるようになりました。娘と2人で行く山は格別ですよ・・・・将来楽しみですね!
by: ゴン * 2007/07/10 19:01 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして!--

綺麗な写真ですね~♪

草津白根は僕も昨年行ってきました。
確か同じコースを逆周りで歩いたような…

小さい子供さんと一緒に山登り、
ここはハイキングかな?
するのを見て、僕にもそういう時があったな~
って懐かしく思い出させてもらいました(^▽^)

これからも、ちょくちょく遊びに来ますので、
宜しく御願いします。
by: ひろ * 2007/07/10 21:05 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

コメントありがとうございます。

いゃ~天気良すぎでした~(^_^)
丁度その1週間前も天気が良くて、その時は別の用事があったので山へは行けず、ヒジョーに悔しい思いをしていたのです。
それで、今度晴れの日がきたら絶対に行ってやるって決意していたんですよね。

>今週末の連休はどこに行かれるのかな・・・??
実は、先週末に行ってきたばかりなので今週末は、近場をウロウロしているかなぁ??まだ未定であります~(^ー^)

みいさんたちは、どちらへ行かれるのかなぁ~。天気次第でしょうかね。レポ楽しみにしています!!
by: ここあパパ * 2007/07/11 06:44 * URL [ 編集] | page top↑
--拍手--

ここあちゃん、よく歩きましたね。
私も子育て期にはこうして歩かされ(当時はもうそんな感じでした^_^;)、山よりショッピングの方でのんびりしたいと思ったものです。
育児は疲れますもんね、ママさんもよくがんばりましたよ。
景色もお釜も写真がとってもきれい、素晴らしいです。
お釜はまるで絵の具のようですよね。
ここあパパさん、ボッカお疲れ様でした(^^ゞ
いつか男同士、男の語らいなどしながら歩くのでしょうね、近い将来!高尾山でもよく見かけましたよ~そんな親子を(^o^)
お一人で行かれましたか、もちろんツッコミませんとも^_^;
by: sanae * 2007/07/11 14:11 * URL [ 編集] | page top↑
--湯釜キレーですね--

表紙の湯釜の写真は、ほんとどっかの惑星の風景みたいで、すっごいキレイですよねー。世界一の酸性の水を貯めた湯釜。。。自分も見たかったな~(泣)。

そ、そう言えば、一人で行ってしまったのですねー(ぼそっ(笑))。
by: tripgood * 2007/07/11 22:40 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは☆--

5月にガスのため敗退したところデス
その時は何にも見えなかったんですけど・・
こんなにステキな景色が広がっていたんですねぇー
湯釜もとてもとてもキレイです 絵葉書にでもなりそうな写真ですよ~(なったら下さい・笑)
当分行く機会ないかな~なんて思っていたんですけど、思いなおしました
これを見るためだけに行ってみようと思います(決してどこかの付録じゃなく・・)


二人のお子さん、可愛すぎますよ~(特にれいちゃんファンです♪)
by: みっちゃん * 2007/07/11 23:34 * URL [ 編集] | page top↑
--ゴンさんへ--

どうも、はじめまして~。
そしてコメントありがとうございます。

娘さんと行かれた思い出の山だったんですね。自分たちが行った時も5歳ぐらいの娘さんを連れた親子がいましたが、やっぱり体力面ではウチの3歳半の子より上でした。同じ方向を歩いていた時、やっと追いつけたかなぁと思ったら、すぐさま先へ進んで行っちゃいましたから~。(^_^)

>確かブッシュでしたよね・・
それがちゃんとした道がありまして・・・途中登山道をふさぐかのようにハイマツの生い茂ったブッシュありましたが、ガス(有毒なヤツ)の心配さえなければ・・・でしたσ(^_^;)

将来的には、北アを家族で行きたいなぁと企んでいるんですが、どうなることやら・・・。

今後ともヨロシクお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2007/07/12 06:31 * URL [ 編集] | page top↑
--ひろさんへ--

はじめまして&コメントありがとうございます。

観光地のイメージが強い草津ではありましたが、ここはハイキングに打って付けの場所でした~。

自分の小さい頃というと、夏は海水浴が定番でしたので、山っていうと筑波山に登ったことぐらいしか記憶にないんですよね。

子供の頃の思い出はきっと将来、貴重な財産になると思いますので、今後も「物より思い出」(どこかのキャッチコピーですが)を残してあげられたらいいな~と山へ行ったりもしています。(*´∇`*)

これからもヨロシクお願いします!
by: ここあパパ * 2007/07/12 06:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちはっ!綺麗っ! 綺麗過ぎるっ!
写真がとっても綺麗ですっ!ってシツコイデスネ_(^^;)ゞ 

でもそのくらいシツコク言いたくなっちゃう程、
写真が美しいです♪家族でこんな素敵なヤマノボリが出来るのが羨ましいです♪

続編の一枚目の湯釜?に写る雲。こんな素敵な写真見たことないです。レポもとっても楽しいです♪まだ、未踏の地なので行く時はこちらで、テンション高めさせてから♪行く事にします(^_-)ネッ

次回はママさんのショッピング付きにも一票っ!
by: アフー * 2007/07/12 07:07 * URL [ 編集] | page top↑
--素敵ですね--

「ママにおんぶしてもらったもんねぇ、べ~だ」
おんぶの写真、いい感じ出てますね。

これだけ天気が良いと、健脚パパさんが歩き足りない気持ちも分かりますよ。

南アもジックリ読みましたよ。
すごいなぁ~
行ってみたいなぁ~
by: 小春号 * 2007/07/12 14:08 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

コメントありがとうございます。

この日は、夜明け前に寝ている子供たちを車に乗せて家を出ましたが、移動中は終始夢の中・・・。
目ざめる頃には、お山へのドライブ中。
子供たちにとっては、何だかよく分からないまま到着~っていう感じでしょうかね。
全くパパの趣味に付き合わされる子供(+ママ)の気持ちは何処に~。
それでも何だかんだいいながらも付き合ってくれている家族には、ひたすら感謝していま~す。<(_ _*)>

>お釜はまるで絵の具のようですよね。
昔、水彩画を描いていたとき筆洗いをしていくと、こんな色の水ができあがったりしましたね。思い出してしまいました~。あー懐かしい!

将来、成長した子供たちとのヤマノボリ・・・ですか。どうなんでしょうね。今の時点では、そこまでの姿は想像できないんですが、そんな時がくればいいなぁとは思います。
(⌒-⌒)

>ツッコミませんとも^_^;
いゃ~最後にきましたか~
どーもスミマセン(*^.^*)
by: ここあパパ * 2007/07/13 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

コメントありがとうございます。

その節はtripgoodさんのレポありがとうございました。事前に現地の近況を知ることができたいへん助かりました~。
そういえばtripgoodさんが行かれたときは、ガスっていたんでしたね。天気次第で山の表情って、かな~り変わってしまうもので、自分の時はヒジョーに恵まれていました~。日頃の行いが・・・nonnon天気の良い日を選んで行きましたので(〃⌒ー⌒〃)ゞ

>一人で行ってしまったのですねー
エヘッ。ネットで調べてみると意外にも皆さん行かれていることに気づきまして・・・。
でも警告通り硫黄臭+何か違った空気が漂っていたようにも感じたので急いで帰ってきました(気のせいかもしれませんが)。σ(^_^;)
by: ここあパパ * 2007/07/13 01:54 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

コメントありがとうございます。

「そんな山シラネー」「おまけ」「ついでに」とかで行く山として定着した感のあったこの山。
今まであった数々の草津白根山レポの中でも魅力的に思えたものは少なかったように感じます。( ̄ヘ ̄;)

でも、やはり何といっても山は、お天気でしょうかね~。この日は、抜群の快晴でしたからどこへ行っても良かったはずだと思います。

ですので、みっちゃんさんも是非行かれるときは、天気の良い日を目安にして計画されると良いですよ!(o^-^o)

>(特にれいちゃんファンです♪)
本人も喜ぶ(?)と思いま~す=*^-^*=
by: ここあパパ * 2007/07/13 02:09 * URL [ 編集] | page top↑
--アフーさんへ--

コメントありがとうございます。

>綺麗過ぎるっ!
これは写真がというよりは、被写体である草津白根山が魅力的な場所だということで、すべての賛辞はお山に寄せてあげたいと思いま~す。ヾ(=^▽^=)ノ

確か、この山に登ったその前の週にアフーさんたち、仙丈ケ岳へ行かれましたよね。その日は用事があって、どこにも行けず悶々としていたんです。そうしたらその1週間後も晴れの予報。これは行かなくてはと思い、前々日ぐらいに家族を説得し出かけたんでした。
なので、ウチのママさんなんかは産後体型が変化したらしくて、以前はいていたズボンがユルユルで合わないっていうので、じゃあジーパンでいいよ。どうせ楽なコースだからってなぁ感じでした。
子供たちも有り合わせの服装で、下の子のズボンなんかは日焼けを考えて丈の長いズボン欲しかったのに・・・今の季節、店に行っても、もう売っていないんですね。ハーフパンツぐらいしか。(T_T)
そんな感じで準備不足アリアリの山行きでしたけど、すべてお天気のお陰で楽しい思い出の山行となりました~。

アフーさんたちも、行かれるときは、お天気の良い日に是非どうぞ~!!
ショッピング付きもいいかも~♪ナンチテ
by: ここあパパ * 2007/07/13 02:42 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

コメントありがとうございます。

>おんぶの写真、いい感じ出てますね。
こんな展開予想していなかったといえば、うそになりますが、まぁしょうがないですよね。(^_^)
7kmを超える道のりを歩いたのですから~。
今の小春ちゃんでしたら楽勝ですよね。
小春号さんも宜しかったらご家族でいかがですか?草津の温泉付きでしたら文句ナシだと思いますが!

南ア、静かで良いですよ~。どうぞジックリご検討くださいなぁ。あっでも一番の難関は、ご家族の了解を取ることでしょうかね。
(;´▽`A``
これが最大の山場(難所)だったりして・・・。
by: ここあパパ * 2007/07/13 02:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/30-a1cc24dc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。