スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
夕暮れの車山へ
2009 / 12 / 04 ( Fri )

 来年、小学生になる娘のために
ランドセルを探しているんですが
値段を見てビックリ!
これが意外と高いんですね~
山用の高級なザックが買えちゃうくらいだぁ~
などと言ったらママに怒られました・・・σ(^_^;)
☆ ★ ☆ ★

さて、遅くなっちゃいましたけど
湯の丸山の続きをどうぞ~トップ 

湯の丸山を登った同じ日

なぜかその日のうちに
霧ヶ峰の最高地点
車山の登山口に移動してました

時間的にちょっと小腹も空いたこともあり
目の前にある食堂?で温かいそばをいただきました~
 

なぜか
体も温まった事ですし
早速、あの山に向かいましょうか

 

ところでこの山
以前に来たのは
今から3年ほど前です



3年前
あれは8月のお盆の頃でありまして
本来だと自分でも歩けるはずの娘を
わざわざ背負って登りました~

 れいくん
あの時のレイ君(生後8ヶ月)
ママと一緒に車で待っててもらいました

 

スタート
アレから月日が流れ

 寒いので 今じゃ
本人自ら登ることになるとは・・・
 
まさか当人もそんな3年前の事なんて覚えているわけないしね(o^-^o)

 

 

 あの場所へ
しかもこの日は、既に一座
制覇しているわけでして
何ももう一座歩くなんて・・・


さて、この時間帯になぜココに来たのか???

その目的はズバリ
の撮影でした

なので子供には車で待っててもらおうかと思っていたのですが
本人が行きたいというもんだから
一緒に歩くことになりました~

 

 

 草原
山頂までは30分もあれば行けちゃうい距離ですから
ほとんどお散歩感覚

 

 こっち見てよ
カメラを向けると
なぜかうしろを向くレイ君

 何を恥ずかしがっているの?

 

 月
先ほどから見えているお月さん
 
今夜は月明かりで星のジャマになるかも

 

 がんば 周囲を見渡しても
さすがにこの時間
歩いている人はいませんね

 

 かお
あら、こんなところに顔が・・・

 

 夕日
夕暮れ時ですから
できれば山頂でサンセットを
などと考えていたのに
下で蕎麦なんぞ食べていたせいで
すっかり遅くなってしまいました~

 

 山並み
あ~もう少し早めに行動するんだったなぁ・・・・

 

 ベンチ
ベンチで寛ぐレイ君

 

 歩きづらい
もう少しベンチで休みたかったようだけど
夕日が沈む前に
頂上に着きたかったので
少し急かしてしまいました~

 

 八ヶ岳
あ~キレイだなぁ~

 

 蓼科山
赤く染まる事を期待していたけど

 

 夕暮れ
残念ながら染まりませんでした~

 

 どうした
あれれれ・・・
どうしたのかな?

どうやらお疲れのようです

無理もないよね~
一日歩いてばかりじゃ~(;^_^A

 

 


で、その後どうしたか・・・・



そう、いつものように抱っこしてあげましたよ~

考えてみたらお姉ちゃんなんか
あなたと同じ3歳の頃
パパが背負って登ったくらいなのに
今日一日がんばったもんね!


ということでしばらく抱っこして歩くことに・・・


いや~そんなことするもんだから
防寒対策で着込んだダウンの暑いこと
すっかり汗だくですや~ん

 

ハーハーハー
決して抱っこも楽じゃありませ~ん
ヾ(;´▽`A``


 再び
そこで再び本人に歩いてもらいました

 

 

 もう少し
さあ頂上はもう目の前

 

 もうちょい
最後は自分の足でがんばろう!

 

 山頂
なんとか山頂に到着

 

 記念撮影
つかさずコチラでも記念に一枚

 

 ひっそり
夕時のこの時間
ホント静かな山頂でした~

 

 太陽
キレイな夕日を撮ろうと思ったけど
ちょっとザンネンな感じ、、、

 

 だんだんと
太陽が隠れると
徐々に暗くなる山並み

 

 この時点では
あちらの空は晴れるけど
雲が広がってきたような・・・

 

 ココに来た一番の目的が
星を撮る事だけに
できれば晴れていてほしい~!

 

 テレビを見ながら
太陽が隠れると山は冷え込みますから
子供にはパパのフリースとかを着させて
防寒対策

それから暇つぶしに
携帯のワンセグで
子供番組を視聴させたりして
待っててもらいました~

 

 

 月夜
その間、周囲の景色を撮影しながら
星が出るのを待ちました

 

 

 星空
西側の空にも
ちらほらと星が見えはじめ
期待は膨らむけど

 

 ドーム
無情にも薄雲のベールが・・・

 

 夜景
あれ~
星を期待してやってきたのに
雲が広がる一方!

これじゃ~何のためにやって来たのか・・・

 

 

テレビ
そのうち辺りも暗くなり
暗闇の中一人残されているもんだから
怖くなったレイ君

極めつけは
シカの鳴き声にビックリw(゚o゚*)w

これには驚いたようで
ピーピー泣き出す始末

 

星も見えないし
子供は泣くわで
さっさとと撤退~

 

 戻って
帰りは暗闇の中をてくてく歩いて

駐車場についたのは
午後7時

な~んだ
まだこんな時間なんだ~

この期に及んで諦めきれず
子供には車の中でドラえもんを見てもらっている間
パパ一人周囲をウロウロ

 

 輪
これだけ雲が広がっていると
望みは薄いと判断

結局、この日は
まっすぐ家に帰るのでした~

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<★流星群★ | ホーム | 湯の丸山 《後編》>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/289-4e92e281
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。