スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
湯の丸山 《前編》
2009 / 11 / 16 ( Mon )

秋から初冬へと移り変わるこの季節
12月号の『山と渓谷』を見ると
特集記事は、もう雪山でしたね 

だからというわけではありませんが
先日、某神田の山ショップで
雪山用のロング・ゲーター(スパッツ)とアイゼンに取り付けるスノープレート
買ってきました~
この冬はどこに行こうかなぁ~
夜明け前 

09/10/30

 真っ暗闇の草津白根山・湯釜展望台で
星の撮影を続けているうちに
徐々に夜が明けてきました~

 

夜明
このまま日の出の時刻まで居続けたい気持ちもありましたけど
車の中で寝ている息子のことも気になるので戻ることに

 

 


車に戻ると
ぐっすりと寝てました~

 

さすがに朝方の冷え込みは体に堪えます
2時間近く
外にいたせいですっかり冷え切ってしまいました~

その後、車を移動させて
向かった先は

最高地点
日本国道最高地点である渋峠


この峠から見える草津白根山って

 

 渋峠
どこかでみたことがありませんか?

 

というのもこの日、手にしていた山ガイド本の表紙って



 
 この場所からの景色でしたね

 

 

さて、これからどこに行こうか

 

実は何も考えていませんでして


この本をペラペラめくっていたら

 
横手山が近くだということで
とりあえず車で移動

 

 横手山
横手山へは
車ですぐの距離

でもリフトが稼動している時間じゃないし
待っているだけの時間がもったいないので

さらにガイドブックを見ていたら
軽く登れるイイ山を発見!



そこで決めたのが今回のお山が

 
湯の丸山でした~

ということで目的地が決まれば
あとはカーナビで案内してもらうだけ

 

その案内に導かれるように
進んでいくと
しっかり有料道路を通過し

 
何やら開けた見晴らしの良い場所

 鐘
途中立ち寄った嬬恋ですが
ココは工事中でした~

 

 

その後も車を走らせ

黄金色に輝くカラマツの紅葉を楽しみながらドライブ

 

 

 その後、湯の丸山登山口である
地蔵峠・駐車場に到着

 
身支度を整えたら
さあ出発進行!

 

そうそうこの日は、地図がなかったので


地図
先ほどのガイドブックを
コンデジで撮影して歩きました~(⌒~⌒)
(GPSもあるんで・・・)


スタート地点
これから向かう湯の丸山への登山口

 
さう歩こうかというその時
後ろから声が

 

おじさん曰く
湯の丸へ行くなら
こっちからじゃなくて
あっちの道を行った方が楽だよ~と
教えてくださいました

きっと子連れてであったので
親切に教えてくださったのだと思います

でも烏帽子山へは行かないし
ただのピストンなんで
このまま行かせてもらいました

 ポーズ
登る期満々のレイ君

移動中の車内や
パパが星を撮っている時も
ぐっすり寝ていたもんだから
とっても元気!

この日も先日の飯綱山に続いて
パパと息子の親子登山でした~

 

 スキー場
最初はどこをどう歩いていいやらよく分からず・・・

でも先行して歩いている方が
この斜面を直登されていたので
そのまま同じように歩く事にしました

 

 

 振り返る
すると子供がしきりにリフトに乗りたいと言い出します

 

 なんだか
そんな事を言われても・・・

 

 逆光
スキー場のゲレンデは自由に歩けるようですが
ところどころに家畜の糞らしきものが・・・

まぁ乾燥した状態なんで
踏んでも問題はありませ~ん

でも、ここって放牧地になんでしょうか?

 

 ありゃ
登っていくうちに暑くなったらしく
フリースを脱ぎまして
その後もこの服装で歩きました~

そうそう先日、飯綱山で落としてしまった帽子なんですが
あれから同じものを購入しちゃいました~

 


 気になる山 販売元のモンベルショップへ行ってみると
季節柄、キッズ用のサファリキャップが置いてなくて
結局、取り寄せてもらいました

 

 てくてくと
この子が自分で山歩きするようになってから
ずっと使い続けていた帽子だったんで
とても愛着があり
できれば同じものをということで
探しました

この帽子
日焼けを防げるだけでなく
夏場は意外と涼しいんですよね


 リフト終点
リフト終点箇所の横を通過

 

 走らなくても
そのままつつじ平へ進みます

 

 そら
そこはカラマツの林間コースで
とっても歩きやすい道が続いていました

 

 

 モデル
ゲレンデの急斜面から一転
平坦な道が続いてまして
しばらくこんな感じの道でした

 

 楽々
目的の山が見え出してくると
これから登る山への期待感が増してきます

 

 見えてきた
ラクチンな道を小走りで進む
我が子

 

 秋
それくらい歩きやすい道でしたね

 

 一人
この日はお天気も良く
ハイキング日和

 

 マツムシソウ
こんな所にマツムシソウが咲いてました~♪

それにしてもこの季節の中
よくぞ残ってました~!

 

 

 休憩所
東屋の先を見ると
右の山の斜面には
ツツジの群落があるようでして
6月の開花した頃に来ると
それはそれは見事らしいですね

 

 気になるお山
振り返ると西篭ノ登山がこんもりとした姿を見せていました

 

 本来ですと
是非、次回はツツジが咲く頃に
訪れてみたいですね

 

 

 そのまま
さあ目的の湯の丸山は前方です!

 

 なんだろう
あれれ
また走ってるし・・・

 

 ピース
牧柵入口前に到着


 それでは
ここで休憩を入れるほど
まだたいして歩いてませんから
そのまま直進

 

 

 道
金色に輝くカラマツの葉もだいぶ落ちちゃいましたね

 

 

 のぼり
この道って
普段から登山者が多いんでしょうか
たいへん歩きやすかったです

 


 よいしょっと
でもこの日も平日だったんで
とっても静か

 

 

 休憩
流石のレイ君も登りだと 
適度な休憩が必要でした

 

 黄葉
空気の澄んだ秋は
ヤマノボリに最適です!

 

 

 休み
再び休憩

 

 二つの山
機会があればあっちに見える
あの山にも行ってみたいなぁ~

 

 スピードダウン
傾斜が増してきたせいもあり
所々で手助けしながら
上に進みまして

 

 斜面
徐々に展望がよくなってきました

 

 このまま
森林限界を過ぎると
山頂まではもうすぐです

 

 あの山って
笹原の斜面の先に見える
あの山ってもしや四阿山?

 

 

 さいごに
ここを登っていくと

 

 どうやら
そこは広い山頂でした~

 

 山頂
無事、湯の丸山の山頂に到着~♪

 あと一月もすれば4歳の誕生日を迎える我が子ですが
歩きなれた子供でしたら(親のサポートは必要)
決して難しい山ではありませんね

ファミリー向けのお薦めの山でした~

 

 

 

後編に続く

 

 

 

人気ブログランキングへ 
今週はインフルエンザの予防接種
子供に受けさせないと・・・
 

 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<昨日は山三昧な一日でした~ | ホーム | 戸隠森林植物園+★鏡池★>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/286-7d91437d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。