スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
戸隠森林植物園+★鏡池★
2009 / 11 / 11 ( Wed )

約一週間後に控えた毎年恒例の天文イベント
そう"しし座流星群"
気になるのは当日のお天気と場所ですね
今からどこに行こうかと考えているんですが
問題は当日の晩が平日だということです
いかに翌日の仕事に支障をきたさずに
条件の良い場所へ出かけられるか
それが一番の課題だったりするわけなんですよね~
あ~どこに行こうかなぁ~ 
*今朝の週間予報を見るとダメっぽい・・・
夕暮れ

 

さて飯綱山から下山後、温泉に浸かってから
現地の名物「戸隠そば」を食べてたりしましたが
時間もそこそこあったので
以前から気になっていた
あの場所へ向かってみました~


入口
場所は戸隠森林植物園


 広場
広い園内を散策する前に

先ずは

こちらを見学

 

これから
森林学習館

 

入口でスリッパに履き替えて入館(無料)

 ドングリ
するとこんなお願いが・・・

 

 展示物
館内には、この戸隠の森の成り立ちとか
歴史などを説明したパネルとか

 

 山の恵み
この地域の自然の恵みとか

 

 おそるおそる
生態系をリアルに再現したものなど

 

 森を再現
コンパクトながら分かりやすく紹介されていました

 

 ジオラマ
飯綱山での展望って
お天気がイマイチだったので
戸隠エリアを俯瞰できる立体模型はありがたかったですね

 

 



館内の見学後は
園内を散策しようかと思いましたけど
肌寒いので
車に戻ってジャケットを着こみました

 散策
小さな池のほとりをゆっくり進みましたが

 

 

 道
さすがにこの時間 
人に出会うこともなく

 

 

 光
とっても静か

 

 

 一人
聞こえてくるのは
野鳥のさえずりだけでした

 

 森の中
ベンチのある場所でボーっと眺めていると
中年のご夫婦がいらっしゃいまして
そのご婦人から息子は
ちゃっかりお菓子を頂戴したらしく
それだけでご機嫌♪

 

 静か
その後も人のいない遊歩道


 見上げて
たいへん気持ちの良い場所でした

 

 

 つたうるし
きっと日中は観光客で賑わっているんでしょうね

 

 

 歩いて
そういう意味では
この時間帯は穴場かもしれません

 

 黄色
実際、この時間歩かれている方って
静かに野鳥を観察されているバードウォッチャーの皆さんだけでしたね

 

 

 日が暮れて
鳥の観察には
人のいない早朝がベストですが
静かな夕暮れ時もいいもんです

 

 


 回廊
しっかし登山した後に
園内の散策っていってもそこそこ歩きましたから
この日はよく歩きました~

 

 

 戻ってきた
園内を軽く一回りしてから
そのまま駐車場に戻りまして

 


その後、向かった場所は・・・

 

 

 移動して
なぜか鏡池(*^.^*)エヘッ

 

 夕暮れ
自分でも好きだな~と思いつつ
再びやってきました~!

 

 池
たくさんのカメラマンで賑わっていたこの場所も
さすがにこの時間ですと
誰もいませ~ん
 


 

 鏡池 朝方ですと
この景色を撮影するのに
三脚を立てたカメラの列が並んでいますが 
それが今じゃ誰も居らず
好きなポジションを選べます!

 

 水面
さて、なぜ再びここへ来たかと言いますと

 

 

 

 そればズバリ

 

 日没後
星を撮影するためでした~!
(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

 

 まだまだ
日没後
一緒に行動していた我が子も
一日歩き疲れたせいか
車の中でぐっすり寝ちゃいまして

  その後はパパ一人の世界
真っ暗闇の鏡池の前で
いろいろと試行錯誤しながら
星の撮影に没頭

 

 



今回は、前回の失敗を教訓に
(その時の失敗談⇒コチラ )
二度目のチャレンジではありましたが・・・

 

 

 鏡
この写真の設定はf7.1  ISO1600 37秒露光でした
この設定にした理由は
 
ISOを上げることで生じる粒子の荒らさとノイズを抑えるためだったんですよね 
 しかし、これが
かえって暗くハッキリしない画像になった大きな理由だと思います
ということで今回も失敗でした。。。(T_T)

 

で敗因は、やはり露出と露光時間が足りなかったことですかね~

因みにネットで調べてみたら
同じようなことを考えた方の写真がありまして
これを見る限りかなり大胆な設定方法で撮影されてました
詳しくは⇒コチラ

 

 
それを見ると使用しているカメラは違いますが
使っているレンズが一緒なんですよね
ただ撮影データを見るとf2.8 ISO3200 90秒露光とありまして
これだと仕上がりを見ると分かるんですが
かなりノイジーな画像なんです

 まあ~星なんて拡大しなければ
これはこれでアリなんでしょうね~


ですんで、星を水面に映しこもうと考えた場合
逆にこのくらい思いきった設定にしないと
ムリっていうことなんですね!


 

 

ということで

またこの地に来る理由ができちゃいました
(;^_^A アセアセ・・・

 

 限界
その内、冷え込んできたせいもありますし
池から沸き起こるモヤのために
レンズは曇ってくるし
車の中で寝ている子供のことも心配なんで・・・


それに空に雲がかかってきたので
途中でやめることにしました~

 


結局、消化不良気味な星の撮影でしたが

あ~いつになった満足のいく写真が撮れるのだろうか・・・・

修行は続きます。。。。
(;´Д`A ```

 

 

 

 

 

 人気ブログランキングへ  
 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<湯の丸山 《前編》 | ホーム | 飯綱山 《後編》>>
コメント
--星の写真--

難しいけど、楽しいですね。
鏡池に星の写真の映り込みは
考えた事なかったです!

楽しそうですね~
今度、ぼくもためしてみます(^^)
by: じもらー * 2009/11/11 20:48 * URL [ 編集] | page top↑
--じもらーさんへ--

じもらーさん、こんばんは~!

星の写真って奥が深くて
中々満足のいくものが撮れませんね~(´_`。)
それだけにヤリガイは感じております。

ただ、こうも失敗続きだと
毎回、凹みますね。。。(;^_^A

じもらーさんでしたら
この辺もお近くでしょうから
是非是非チャレンジしてみてくださ~い!
by: ここあパパ * 2009/11/14 22:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/285-43958787
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。