スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
乗鞍岳 《前編》
2009 / 09 / 30 ( Wed )

既に山での紅葉が
はじまっているようですね
晴れればどこかの山へ行ってみたいけど
この先、秋雨のせいでちょっとムリっぽいですね
△ △ △
さて乗鞍岳のレポなんですが
宜しければ、どうぞご覧くださいませ~~
トップ 

09/9/11

乗鞍岳へ行ったのは
もう11年ぶりぐらいかな~

この日、ママさんは用事があったので
子供二人を引き連れて前夜、家を出発~

途中、高速のPAで仮眠のつもりが・・・
あれれ・・・2時間も寝ちゃいました~ w(*゚o゚*)w

始発のシャトルバスに乗るつもりでいたので
慌てて高速を飛ばしたけど
時はすでに遅し・・・

まぁお気楽ファミリー登山なんで
次の便にしよう~!

松本ICを降りてから
いつものコンビニで食料を調達

しばらく一般道を進みま~す
先週も黒部五郎へ行くとき
この道路走ったな~(^▽^)

そうこうしているうちに何とか
乗鞍観光センター前の駐車場に到着
すぐに車内で朝食を済ませました~

そうそう乗鞍岳といえば
2003年以降マイカーの乗り入れが禁止された関係で
この駐車場に車を止めてバスに乗り換えないといけないんですよね
昔、来た時は車で畳平まで行けたんだけど・・・

 

その後、朝二便目バスが来て
すぐさま乗り込みました~

しばらくバスに揺られながら移動

揺られること約1時間
バスだとのんびりペースなんですよね

自家用車なら半分くらいの時間で行けるんだけど・・・


駐車場
畳平に到着~

外に出ると空気がヒンヤリ~

子供たちが寒いというので
いきなり手袋&防寒着

 

 寒い
慣れない朝の冷え込みに
戸惑う子供たち

ついこの間まで
気温30℃を超す真夏日を経験していたわけですから
体が順応できずにいるのも当然かな~

 

 下って 車道を歩くコースもあるんだけど
それだと迂回しないといけないので
ここは一旦下ってから
車道に合流するルートで行きましょうか

 

 階段
よく整備されたコンクリート道


 遊歩道
観光チックな遊歩道をのんびり歩きます

 

 うしろ
建物の外観もどこかスイス風・・・

 

 

 楽しい
景観の良い場所ですし
周辺にはお花畑もあるので 
散策だけでも楽しめます

 

 笑い
ここに来る前に「パパ、おヤマにつれてって!」と連呼し
繰り返しおねだりしてきたれい君

念願叶って
とっても嬉しいようです♪

 

 てくてく
が、しかし今日のお姉ちゃん
様子が変・・・

というのも最近つむじを曲げてまして
山歩きを嫌がるんです・・(´~`ヾ) ・・・・

 

 チングルマ
チングルマ

 

 見晴らし
バスターミナルから一旦下り
今度は登りに差し掛かります


 短い登り道
と言っても大した距離じゃないんで
丁度良いウォーミングアップです

 

 ドーム
コロナ観測所のドーム

 

 沈んだ感じ
既にこの時点で泣きごとを言いだすここあ

 

 車道
何でこんなにしょげているかというと
ママがいなくてさびしいからだって・・・(;^◇^;)ゝ

そんなことは行く前から分かっているはずなのに
駄々こねている娘に対して
一喝

余計いじけました。。。

 

 車道歩き
そんな娘の気まぐれとは裏腹に
気持ちの良い空♪

 

 池
薄雲があるとはいえ
気になるほどではありません

 

 

 日差し
澄み切った青空のように
気分も晴れてくれないものか・・・

 

 つまんない
実に対照的な二人(=´▽`=)

 

 コマクサ
お~こんなところにコマクサが!
も~終わりかけでしたけど
それでも9月のこの時期にまだ咲いているとは
驚きでした!!

 

 ぬかされて 
今日は子供のペース
当然ながら追い抜かれま~す

 

 見えた
あっ、剣ヶ峰が見えてきた~

 

 一人
そのことを教えてあげても
興味なし・・・

むしろ「あんな高い所に行くの~」
と、つれないお返事

 

 砂利道
実は、今回の山へ行く前に
どんな山なのか
説明したわけなんですが

 

 カール
娘:「高いお山は行きたくな~い」
(疲れるから・・・)

じゃ~標高差の小さい山なら
良いだろうということで
乗鞍岳を選びました~

 

 広がる
実際、標高3026mの山頂ではありますが
スタート地点が2702m
その差324メートル

これだったら幾らなんでも楽勝でしょう!

ダイジョウブ、ダイジョウブ
疲れないから平気、平気と
安心させたはずなのに
山の姿を見たら
げんなりしたようでした~(*´∇`*)

 

 案内
それにしても久しぶりに来たけれど
この道とかを含め
全然記憶ないんですけど~(*^▽^*)ゞ

 

 道路
人間の記憶力ってこんなもんなんでしょうか?

 

 道
確かに、こんな道を歩いた記憶はあるんですが
当時の印象が薄いせいか
まるっきし覚えていませ~ん

 

 バス
上から見下ろしたバス停

 

 

 くねくね
この景色を見たら
以前来た時のことを少しだけ思い出しました~!

その頃、まだ銀塩カメラでしたけど
幾重にも重なる山並みを
撮影した写真が
アルバムの中にあることを

 

 そびえる
あれから月日は流れ
こうして子供を連れて再び訪れているなんて
なんだかとっても不思議でしたね

 

 晴れ
この日は金曜日の平日
人も少なくて
とっても静かでした

 

 ぬけるような
考えてみれば
来年、小学生になる娘とも
こうやって平日に連れ出して山へ行くのも
もうないでしょうしね

 

 てくてくと
学校へ行くようになれば
学校を休んでまでして山は行きませんから
 未就学の今だけですからね~

 

 がんば
寒い寒いと言っていた子供たちも
この頃になると
太陽の日差しで
ぽかぽかしてきました

 

 見えてきたよ
肩の小屋が見えてきましたよ~

 

 施設
そしてコチラには
コロナ観測所

先日テレビで見たある番組の内容によると
どうやら今年で観測は終わるそうですね

 

 流れる雲
山頂付近には変わった雲が流れてました

 

 だんだん
歩くごとに小屋も近くなります

 

 がんばって
ここまではどちらかというと
平坦な車道でしたから
とっても快適でした~

 

 自転車
乗鞍岳へは自転車で来られる方もいたりして
その世界では有名なコースなんですよね

自転車で来られてたついでに山頂まで
足を延ばす方も少なくないようです

 

 剣ヶ峰口
さあ剣ヶ峰口に到着

ここから本来の登山道に突入で~す

 

 つづく



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<乗鞍岳 《中編》 | ホーム | 生き物いろいろ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/273-e6bbfb53
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。