スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
秋田駒ヶ岳 《中編》
2009 / 07 / 29 ( Wed )

夏山計画がことごとく覆されていく今年の夏
こうなったら優先順位を決めてから
新た計画を練らねば・・・
◇ ◇ ◇
さて秋田駒ヶ岳レポの続きをどうぞ~
山頂

阿弥陀池のほとりに建つ
阿弥陀池避難小屋

阿弥陀池 そこは男女(おなめ)岳への登り口でもあり

 

 これから向かう山
目指すピークは目の前です!

で早速、歩き出します

 

 だいこんそう
斜面に咲くお花たち
ここにもミヤマダイコンソウの黄色が目立ってました

 


 登り
石が敷き詰められた登山道
歩きやすいかどうかは???ですが

 

 風強し
何しろ風が強くて・・・

 

 果穂
写真を撮るのもタイヘン!

 

 

 チングルマ
風で被写体ブレしまくりで
上手く撮れませ~ん

 

 小屋
いや~このロケーション
ステキですね♪

 

 池
池とこんもりとした山の景色
この時間帯は人が少なくて
とっても静か

 
 

 石道
石畳をテクテク
強風に逆らって登っていきます!

 

 階段
よく整備された木製階段

 

 植生保護
これも全ては
植生保護が目的なんでしょうね

 

 パパと
一歩一歩
階段を上がり

 

 よいしょ
先行するママたちに続きます

 

 一段一段
道の脇にはお花も咲いているんだけど

 

 お花の
あいかわらず風が強くて
アップでは撮れませ~ん

 

 展望を眺める
何を見ているのかな?

 

 黄色
辛うじて風の弱い場所に来たので
撮れました

 

 ばんざい
その時の写真がコレですね

 

 競演

 もう少し
撮影している間に
先行する三人

 

 登山者
池のほとりを歩く人たち

だんだん人が増えてきました

 

 もうすぐゴール
もうすぐ山頂の予感

 

 山頂で
やっと山頂に着きました~

 

 山頂から
山頂のその先に歩ける場所が続いているんだけど
向こうに行くと眺めがイイのかな~

でもロープを越えないといけないし・・・
やめときました~

 

 男岳
男岳(おだけ)

 

 あの場所
その向こうに見えるのは女岳(めだけ)

男とか女とか
命名の仕方が変わってますよね

 

 休憩
風が強いので岩陰で休息

 

 田沢湖
もやっとしてましたけど
田沢湖が見えました~

 

山頂で休んでいると
登山者がやってきたので

 家族
撮っていただきました~


 下山
さ~あとは下山するだけ

 

 階段道
強風の中
とことこと下っていきます

 

 すれ違い
途中、すれ違った人たち

どうやら始発のバスでやってこられたみたいです

でも、どうしてこんな早い時間に登れたのか
不思議に思ったようでしたね

どうやら規制時間前に
八合目駐車場へ行けることを知らなかったらしく
前日は麓で一夜を明かしたとのこと

 

 見晴らしの良い場所
それにしても
さっさと下山してしまうのには
惜しい眺望です!

 

 下から
ぞくぞくと登ってこられる登山者の皆さん

 

 展望
遠くには岩手山も見えました~

 

 もうすぐ
下ってしまえば早いものです

 

 最後は
あとは石畳を進むだけ

 

 小屋だよ いつも思うことですが
山って下りてしまうと
何だかあっ気ないですね~

 
とま~
その後は避難小屋の中で休憩


ところが小屋に入ってからしばらくすると
雨が降り出してきました~

なんというタイミングの良さっ!

 

突然の雨で皆さん
文字通り避難するために
小屋の中に入り込んできました


窓の外を見ると
一向に止む気配が感じられず
これはもしかすると
雨具を着ないと下山できないかな~
そこでザックの中を確認すると・・・

あれれ・・
雨具がないっ!

 
 
なんとパパ用の雨具しかないことが判明!!
 

元々、天気予報で
雨が降るなんて言ってなかったし~
ないものはないので
素直に諦めるしかないです。。。

仕方がないので窓を眺めながら
長いこと小屋の中で
天候の回復を待ちました


そんな中、雨具を着込む人もいたりして
その様子を何気に見ていたのですが
な、なんと
靴を履いたまま
レインウエアのズボンを履いている女性がいまして
しかもその方法がすばらしいのです!

履いている靴をそのままレジ袋に入れて
その状態でズボンの足を通しているではないですか~!

これは正に眼からウロコ
この方法ですとズボンを汚すこともなく
スピーディーに履くことができ
たいへん良いことを教わりました~

こんな裏技があったことに今更ながらビックリでした!

 


さて窓から外を眺めていると
どうやら雨が上がったようです

念のためパパだけは雨具を着込みましたけど
とりあえず今のうちに小屋を脱出しましょう!



出発
雨上がりの避難小屋

結局この小屋の中で
1時間以上もカンヅメでした(=´Д`=)ゞ

  

今のうちに
晴れているうちに急ぎましょう!

 

 そそくさと
雨が降った後は
風が涼しくなってました

 

 急ぎ足
ホントは反対側を歩いて戻りたかったけど
またいつ雨が降るか分かりませんから
そのまま来た道を戻ります

 

 もやっと
男女岳も雨でシットリ

 


 人人
しっかし手ぶらで歩く親子って
我が家くらいなもんですね(*^▽^*)ゞ

 

 バイバイ
ここでバイバ~イ

 

実は家族とは、ここでお別れ

ここからはパパ一人で
この周辺を歩くことにしました~

 

 気をつけてね
ピークを過ぎたお花畑

 

 登って
男岳を目指して登ります

 

 かわいい
ヒナザクラ

 

 一列
列をなして咲くお花たち

 

 

かわいい子達
密生して咲いてました

 

 雨後の池
先ほどまでいた避難小屋

 

 

 男岳へ
このまま進んでは
振り返りつつ

 

 いい眺め
この景色を眺めたりしました~

 

 

長くなったので
続きは、また今度

 

 

 

後編へつづく

 

人気ブログランキングへ     
来週ぐらいには
梅雨が明けてほすぃ~

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秋田駒ヶ岳 《後編》 | ホーム | 秋田駒ヶ岳 《前編》>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/257-d1f04e2d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。