スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
早池峰山 《前編》
2009 / 07 / 18 ( Sat )

三連休の初日
あいにくお天気が・・・
でも計画当初からこの混雑期はスルーなんで
気にはしていないんですけどね
ただ最終日は、どこかの山へ行こうかな~(=^▽^=)
はやちね 

09/6/26

前日の夜(木曜日)には家を出発


高速道の土日一律1000円は適用されないので
深夜半額になる時間帯に東北道を移動

さすがに夜通しともなると
自分ひとりでは厳しいので
途中、ママに交代してもらうところを
一度パーキングで仮眠しただけで
結局パパ一人での運転で済んじゃいました~

早池峰山の登山口である河原坊には
6時チョイ過ぎくらいには到着

その後、さらに車で進んでいくと
小田越に着きました~
(土日は河原坊~小田越間はマイカー規制で通れません)

車道に車をとめて
急いで身支度を整えて
登山口 6:35     こちらの登山口から出発です

登山届を書いたら
家族とは暫しの別れ
ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~



 変わった木道
歩き始めは
こんな感じの木道歩き

凹凸のある木道ってはじめてかな
ちょっと歩きづらいですが
雨とか残雪期とか条件によっては
これがいいんでしょうね

 

 2.6キロ
山頂まで2.6km

意外と距離ないんですよね

 

 花

 山道
金曜日の平日ということもあり
とっても静か

 

 花2

 ギンリョウソウ

 道
花の名山として知られる山なんで
もっと賑わっているのかと思ったら
意外と少ないんですね(←だから平日なんだってば)

 

 森
静かすぎるので
念のためクマ除けの鈴を鳴らしながら歩行

 

 花3

 木漏れ日
木漏れ日の差す登山道を
登っていきます

 

 だんだん
樹林帯から
少しばかり空の広がる場所に出まして

 

 薬師
振り返ると反対側にそびえる
薬師岳が見えました~

 

 

 ごろごろ
ゴツゴツした岩をひょひょいのひょいと
テンポよく進んでいくと

 

 おじさん
一人のおじさんとお会いしました
でもよく見ると腕に腕章していたので
すぐにパトロールの方だと分かりました

あれが山頂ですか?
お尋ねしたところ
ここからは見えないとのことでした


 イイ眺め
ここって森林限界とでもいうんでしょうか

意外と簡単に来れたので
なんだか呆気ない感じですが
岩好きな自分にとっては
うれしくなる景色でした

 

 

 ななかまど
この季節の早池峰山は
お花が見事だということは
事前に調査済みでして

 きれー
前々から
どうせ行くならベストシーズンに行ってみた~い
と狙っていたんですよね

そう考えるのは
山ノボラーの皆さんでしたら誰しも考えること

 

 行きましょう
そこでここ最近
毎日、天気予報と睨めっこ状態でして
最適な日を吟味していたところ
この週末に照準を置きまして
見事、晴れの日をゲット!!

 

 岩がゴロゴロ
こんなド・快晴な日に来れたのは久しぶりです♪

 

 花4
登りはじめからよく見ることになる
このお花

可憐なその姿に
も~ウットリ♪

 


 コース
しかーし、ここで肝心なものを忘れてきたことに気がつきました~
それは何かといいますと
ズバリ
です!

ヤマノボリにおいて水を忘れるなんて
言語道断!!

あってはならぬこと

でも、この日の天候なんですが
風が強くて
お陰で全然暑くないんです~
むしろ涼しいくらい!

なのでゆっくり歩けば汗かかないし
何よりも行程が短いので
何とかなるかも~ということで
焦らずゆっくり歩くことにしたんですよね

 

 ミヤマオダマキ
実際、お花ばかり撮っていたので
自然に鈍足になりますし

汗なんか殆どでないから 
のどの渇きもなくて
たいへん助かりました!

ハヤチネといえば

 ナンブトラノオ
この山の固有種
ナンブトラノオにも会えたし 


 花5
可憐なミヤマオダマキには
完全にやられました~
魅力的だな~

 


 ダイコンソウ
この花もよく咲いてましたね

 

 花6
 ミヤマハンショウズル


 ミヤマアズマギク
ミヤマアズマギク

 

 景色
登るごとに振り返ると必ず見えるあのお山

ますます気になりました~

 

 

 登山道
この辺なんか
まるで北アルプスの感じに似ていて
ここが東北であることを忘れるような光景が広がってました

 

 

 登山者
この時間にしては
早くも下山者の姿


 岩稜
岩の端っことか
どこを見てもお花だらけな登山道

 

 下から
そして初めて見るこの景色

とても感激しました~

 

 そこかしこに
もうお腹イッパイと感じさせたこのお花たち
も~たくさん見ましたね

 お花たち
そこら中に咲いてるもんだから
だんだんそれが普通になってくるし
(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

 

 済んだ空
初めての山だと
自分がどこをどう歩いているのか
イメージしにくいんですが
とりあえず進むだけですね
(*^.^*)エヘッ

 

 ミヤマシオガマ
ミヤマシオガマ

 

 岩岩
徐々に傾斜が増してきました~

先ほど写真に夢中になっていた時に
追い抜いていった3人組の皆さん

 

 こんな感じで
適度な距離を保ちつつ
花を撮りながら歩きます

 

 エーデルワイス
ハヤチネウスユキソウ


 花7
ミヤマシオガマ

 

 キク
ミヤマアズマギク

さっきから同じ花の連続なんだけど・・・(;^_^A

 

 

 気になる山
薬師岳

小田越から1時間半で登れるようですね
あちらもお手軽な山みたいです

 

 岩地帯
岩がゴロゴロしている場所なんですが
こういう道って嫌いじゃありません

だってイッキに高度が稼げるし~(;^◇^;)

 

 小屋だ
あっ小屋が見えた~
下には駐車場も

家族は、あそこにいるんだよな~

 

 ツーショット
この花
最初はうれしくって
何十枚も撮ったけど
そこら中にあるもんだから
だんだん見慣れてきました~
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

 深い森
おそらく自然林だと思うんですが
イイ森です!

 

 

 チングルマ
チングルマは
もう終盤でしょうか?

日当たりが良くて
果穂になっているものもあったりして

 

 花だらけ
ここでは
いろんなお花に目が釘付け

 

 快晴
ぱっと見
こんな岩山なのに

 

 この標高で
どうしてこれほどのお花が咲くのだろうかと
フシギに思いました~

というのも蛇紋岩という本来ですと
植物の生育に適さない場所らしいですね

そんな場所で逞しく咲くお花たち
この環境に適応してきたんですね

 

 快適
お花を見ながら
イチイチ立ち止まっていると
全然進みませ~ん(*^▽^*)ゞ

 

 ふさふさ

 ここって
あれ?
だんだん距離が縮まっているし・・・

 

 花8

 どこが
いや~今どこにいて
どこを目指しているのか・・・

 

 標識
標識とロープが頼りです

 

 岩の道
この日は
たいへん気持ちの良い風が吹いてまして
歩いていても汗をかかない温度は
たいへんありがたかったです

 

 ひっそり
花目的だとあるジレンマが・・・

そうイイ固体を探しながら写真を撮るわけなんですが
たいてい良さそうな被写体って
ロープの先にあるんですよね~

だけど登山道から外れるわけに行かず・・・

 

 競うように
だから遠くから撮るしかないんですよね~

望遠レンズもザックに入れてあるんだけど
風があるとセンサーに埃が入るから
交換したくないし・・・

 

 程よい距離
そろそろ山頂が見えてきてもいいんだけどな~

 

 お花の競演
念願のハヤチネウスユキソウに会えた安堵感からか
少し場からテンション下がりましたが
次に目指すは、山頂ですっ!

 

 

 夢想
いつもながらではありますが
未だ慣れないマクロレンズ

試行錯誤の繰り返しで
コツを掴むまで
また゜まだ修行が必要のようです

 

 

 

まだかな
カメラを上に向けても
さほど変化しない山容


 

ぐんぐん
ひたすら下に咲く花を見ては
上を向く繰り返し

 

 美しい
それでも
お花三昧な山旅って
ホント幸せな気分にさせてくれます!

 

 幅広
ところでここの登山道
若干幅が広めでしたね

それだけ人が多いということでしょうか

 

 近づけないので
さりげなく咲く花たち

 

 風が強くて
相変わらず風が強くて
写真撮るのに苦労しました

 

 赤
朝日を受ける花たち

 

 ウスユキソウ
光線の具合もあって立体感が出てきます

 

 菊を中心に
こちらは、ふんわり感を出してみました

 

 ココを登って
この岩場を登ると

 

 変化
少しだけ風景が変わりました~

 

 上に来た
そろそろ山頂へまでの終盤かな~

 

 ハイマツの手前
ここでもさりげなく咲くお花が

 

 

 五合目
あれれ・・・まだ五合目ですか!

 

 後半分
でも確実に山頂に近づいているようなので
気を取り直して
がんばります

 

 監視員
また別のパトロールの方とお会いしました

長靴で歩くところなんか
地元ならではですね

 

 幹が
まるで押しつぶされたかのように
横に伸びたハイマツ

 

 あれを行くのか
いつもながら長くなってしまったので
ココで一旦切りますね

 

 


つづく

 

 

 

 人気ブログランキングへ   
今度どこの山に行こうかな~ 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<★美ヶ原★ | ホーム | 平標山・仙ノ倉山 《後編》>>
コメント
----

こんにちはー!
待ってました早池峰レポ。。。
早池峰って風が強い日が多いらしくて
私が訪れた時も強風で踏ん張りながら歩くほどでした。
結果、ほとんどの花の写真がピンボケ!!
ここあパパさんも風に苦労されたと思いますが
どのお写真もすっごく綺麗ですね~
なんだかお花と会話されているような感じです。
後半レポも楽しみにしています。
by: mikko * 2009/07/18 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
--最高の天気とウスユキ草--

絶景ですね。
天気がよくって良かったですね。
この時期の早池峰にも行ってみたいです。
昨年の秋に行きましたが、小田越~河原坊から戻るとき林道を歩いているときこの景色に感動したことを思い出しました。
by: えいじ * 2009/07/18 20:24 * URL [ 編集] | page top↑
--mikkoさんへ--

mikkoさん、ようこそ!
そしてコメントありがとうございま~す。

いや~早池峰レポ、待っててくださったのですね。
たいへん遅くなってしまってスミマセンです。
でも肝心の秋田駒のレポが・・・

最近、続けてお出かけしている関係で
レポの進み具合が全然でして
もう少しがんばらないといけませんね。

>風が強い
へ~そうなんですか!
実は、この日の前日も風が強かったとパトロールの方が
おっしゃっておりました。
でもこの時は、たまたまなのかな~と
思ったりもしていたのですが
風が強いと正直なところ辛いですよね。

>花の写真
風が弱まる一瞬を待ってシャッター切りましたけど
それでも失敗写真を量産しちゃいました~。(⌒・⌒)ゞ

>お花と会話
いいですね~。そう出来たらサイコーです!
でも、そのくらい感情移入しないと
良い写真撮れないかもです。。。

続きのレポは、もう少ししたらアップしますので
もう、しばらくお待ちくださ~い。(*^^*)ノ
by: ここあパパ * 2009/07/21 22:38 * URL [ 編集] | page top↑
--えいじさんへ--

えいじさん、こんばんは~!

改めて、えいじさんが行かれた昨年の秋のレポ拝見しました~。
紅葉の時期もステキでしたね~。
それにお天気もサイコーだったみたいで何よりです!

山は何といっても最初にお天気ありき・・・だと
常々実感しておりまして
正に理想的なヤマノボリ日和でした~。

>小田越~河原坊
自分のときは家族が下で待っててくれたので
この区間は行きに車で通っただけでしたけど
さほど距離もなく気持ちの良さそうな車道でしたね。

次回来られる際は、是非ドライフラワーではない
生のウスユキソウに出会えるとイイですね!(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/07/22 23:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/251-e3953946
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。