スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
平標山・仙ノ倉山 《中編》
2009 / 07 / 14 ( Tue )

関東甲信地方が梅雨明けだそうですね
これで本格的な夏山が楽しめそう~!
でも三連休は混雑しそうなので
時期をずらそうかな~
ゆったりとした山容 

《前編》レポは⇒コチラ





平標山の山頂から
仙ノ倉山方面へ移動開始
 
鞍部へ下る途中から
今回の見どころでもある
ステキなお花畑がはじまります♪

ハクサンイチゲ
よくよく考えてみたら
今年、初めて見るお花畑でした~ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

 

 群生
しかし、これほどまでに見事だとは
知りませんでした~

も~感激しまくり♪

 

 配色
我を忘れるほど
写真撮りまくってしまいました~ d(⌒o⌒)b♪~♪

 

 びっしり
誰だって
こんなの見せられたら
自然に足が止まりますよね!

 

 道沿い
次のピークへ向かわねばなりませんが
進むのが嫌になるほどです!

 

 
お花
それにしても
この一帯だけに広がるお花達

 

 

花畑
きっと諸々の条件が
重なってのことなんでしょうね

 

 コザクラ
それにしてもオトコである自分が
こんな風に「お花」に魅了されているなんて・・・

 

 たくさん
でも山で熱心に花の写真を撮っている方って
男性の方が多いかな(^ー^* )

 

  

 道
こんな場所なんで
ロープがないと
どんどん道が広がっちゃいますよね

 

 凛として
こんなに夢中になって
写真を撮ったのは
久しぶりかな

 

平
平標山からほんの少しだけ
下っただけなのに

 

 彩り
こんな場所があるとは
ホント驚きです!

 

 全部
それに、ゆったりとした山容なんで
優しい気持ちになれます

 

 

 いろいろ
珍しく今日は、急ぐ必要もないので
まったり、のんびりしちゃいました~

 

 

 なかなか進めない
そうはいっても
もう一つのピーク
仙ノ倉山へ向かって進まねば~~

 

 ブーケ
まるでブーケみたいなハクサンイチゲ

 

 オウレン
他の花に押されて
存在感の薄いお花たち

 

 

 

 たおやか
この日は、どこを見ても
ハクサンイチゲの群落に
圧倒されちゃいました~

 

 ゆったり
今回のこのルート

 平標 往復する関係で
またどうせ戻ってきますから
その時にまたジックリ楽しむことにして
この場をあとにしました~

 

 階段
一度下ってから
再び登り道

 

 振り返り
後ろを振り返ると
それまでとは違った景色が広がっていました

 

 しゃくなげ
シャクナゲ地帯を通過し

 

 天候が
笹原をそのまま進むと

 

 木道
ここにも木道がありました~

 

 東芝ランプ
東芝ランプって・・・

 

 あれかな
右に見える
あれが仙ノ倉かな

 

 そのまま
意外と楽な道のりなんで

 

 ガス
平標山に来たら
ここを歩くことを
お勧めしたいですね

 

 前進
あら、こんなところにもお花が

 

 笹原地帯
どうやらあれが仙ノ倉山のピークみたいです

 

 もう少し
笹に覆われた一帯

 

 だんだんと
でも笹のない場所は
お花畑

 

 花花
この場所だけは
お花が広がってましたね

 

 たっくさん
ワタクシ思うに
不謹慎ではありますが
仮にこの笹原を刈り取るか
焼き払ったら
もっといろんな花が咲くんじゃなかろうか
(;^◇^;)ゝ


階段の横
こんな階段の脇に咲いてるもんだから
よそ見したりして
ちっょぴり危険
 

 まったり
すれ違った女性は
撮影中に追い抜いていった方でしたね

今日は、先に行かれても
全然気にしませ~ん

 

 山頂
8:20    山頂に到着~

平日なんで
とっても静か~

 

 方位盤
ここからは、いろんな山が見えるようなんですが

 


まったりしながら
いくらか雲が出てきたりして
あいにく 
イマイチな展望となりました

 

ひろがり
仙ノ倉山から見た平標山

 

あらためて
この場所でしばらく休憩していると
4人パーティの方たちがやってきて
なぜか
山頂を通り越して

 行ってみようか
その先の方へ進んで行かれました~

 

その先が気になったもんだから
自分もそっちの方へ行ってみることに

そしたら皆さん方、展望の良さそうな場所で
昼食休憩してました~

ジャマにならないように
さらにその先まで足を進めてみると

 いい眺め
ほ~イイ眺め♪

 

 静かに
ここにもイチゲちゃんが咲いてました


 

 

 行ってみたいな
このまま進むと
谷川岳まで続くようですが
いつか歩いてみたいですね

 

 谷川
気持ちの良い稜線歩き
やったみたいな~

 ゆったりとした
エビス大黒ノ頭

 

 小屋
下の方にはエビス避難小屋が見えました

 

 シャクナゲ
シャクナゲが見えたけど
登山道から外れた場所なんで
これが精一杯

 

 再び
再び山頂に戻ると
人が増えてました

さあ、そろそろ戻りましょうかね

 

 

つづく

 

人気ブログランキングへ   

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<平標山・仙ノ倉山 《後編》 | ホーム | 十年ぶりの白馬大雪渓>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/249-21e93a31
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。