スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
尾瀬ヶ原 《2日目・前編》
2009 / 07 / 06 ( Mon )

この夏は久しぶりに北アルプスへでも
行こうかと思ってるんですけど
問題はどの山を登るかなんですよね
テント泊にするか小屋泊にするか
あるいは交通機関は何を使うかでも
大きく変わってくるし・・・
しばらく妄想が続きます~
親子 

1日目・前編⇒コチラ
1日目・中編⇒コチラ
1日目・後編⇒コチラ

09/6/13

夜明け前から
鳥の鳴き声が賑やかで
スッカリ目を覚ましてしまいました(*^-^)


それに久しぶりのテント泊
やっぱ熟睡とはいきませんね

 
 
すやすやと寝ている子供たちを
起こさぬよう
静かにテントを抜け出して
空を見上げると
スッキリ快晴とはいきませんが
高曇りのまぁまぁなお天気

この季節、雨が降らないだけでも
ありがたく思わないとね

 


朝の至仏山
一人静かに 
早朝の尾瀬をお散歩


でも考えることは皆同じみたいですね
 
宿泊された皆さん
朝のお散歩を楽しんでおられました~

 

 静かな朝
自分はというと三脚とカメラ持参なんで
お散歩というには少し仰々しい感じ

 

 カッコー
この日の朝は、野鳥の中でも
とりわけカッコーの鳴き声が冴え渡っておりまして
至近距離でカッコウの姿が確認できました
じっくり見たのは初めてでしたね

カメラに収めようとしましたが
なんせ望遠の焦点距離が短くて
一応撮ったけど全然ダメでした~

その代わりカッコウの生態を垣間見ることができました
というのも「カッコー」と鳴くときに
尾っぽを左右に振りながら鳴くんですね
それが見れただけでも楽しかったです!

 

 やま
尾瀬ヶ原って
周囲が山に囲まれているせいか
意外と音が反響するんですよね

前日、子供たちが「ヤッホー」と叫んだら
しっかり
こだましてました~
その後も大きな声でヤッホーを繰り返してました・・・
(;^_^A


そんな感じなんで
野鳥の声も
多少エコーがかった響きがありました

 


 水芭蕉
ちょっとした散歩のつもりでいたのに
写真を撮りながら歩いていたら
けっこうな距離を進んでしまって
戻るの時間かかっちゃいました~

 



テントに戻ってからは
朝食作り

とはいっても
フリーズドライのご飯やらスープの素に
お湯を注ぐだけですから。。。


その後、テントの撤収に取り掛かりましたが
これまた久しぶりの作業
意外と手間がかかるんですよね


さあそれが終わったら
急ぎましょうか

 

 


原の小屋
見晴には6件の山小屋があるそうなんですが

 桧枝岐小屋
それぞれ立派な建物で

 

 尾瀬小屋
まるで旅館みたいな造りですよね

 

 水場
水場で水分補給してから

 

 地図
今日の目的地
といっても昨日のコースを
ただ戻るだけなんですが
さ~帰りましょうか

 

 さあ
ず~と続く木道

 

 

 歩き始め
他の皆さんも出発が早く
それぞれ次の目的地へ向かってましたね

 

 スタート
我々も出発進行~!

 

 

 歩いて
昨日よりかは
多少荷物も減ったかな

 

オウレン

 木道
まだこの時間だと
人は少なめ

 

 快調
昨日と同様のコースなんで 
何も考えず
ただひたすら真っ直ぐ進むだけ

 

 すみれ

 日差し
木道の場合
右側通行が基本のようです

 

 足跡
シカの足跡を発見

 

 すたすたと
朝から快調に飛ばすここあ

 

 りんどう

 ピンク

 ひょっこり

 わたすげ
すれ違う皆さん
 子供たちを見ると
自然と頬が緩むみたい

 

 林
元気よく進んでいくと

 

 川
もうそこは

 

 竜宮
竜宮小屋

 

 人人
だんだんと人数が増えてきました~

 

 

 あの山は
あれが与作岳それとも景鶴山かな?

 タテヤマリンドウ

 てくてく
湿原歩きって
ヤマノボリするより
断然ラクですね!

 

 花
ヒメシャクナゲとタテヤマリンドウ

 

 逆さ至仏
池に映る至仏山

 

 

 休憩
ここで休憩としましょうか

 

 リュウキンカ
軽く休んでから再出発

 


 白い花
ミツガシワ

 黄色

 手をつないで
いや~それにしても
気持ちのいい場所です~

 

 リュウキンカと至仏
尾瀬でハイキングだなんて

以前はあんまり考えもしなかったんですが
子供と一緒だと
そんな選択肢もアリですね

 

 湿地帯
木道を歩きながら
湿地帯を眺めていたら

なにやら視線を感じました・・・

 

 うふ
あらら・・・
あなたでしたか~σ(^_^;)

 

 木道でした
「ワタクシ、尾瀬を訪れる皆さんを足元から見守っておりま~す」

そんな声が聞こえてきたりして・・・(*^▽^*)ゞ

 

 

 小さな池
枯れ草から伸びる緑

今頃だと
この辺も全部青々とした草に覆われているんでしょうね

 

 まったり
湿原の風景って
慌ただしい日々の喧騒とは打って変わって
安らぎを感じさせてくれます

 

 水面に
至る所に池塘があるんで
こんな景色を何度見たことか

 

 一人で
遅れがちなパパ
そして先行するレイ君

幼児一人で
歩いているって
なんか変ですよね(;^◇^;)ゝ

 

 だけかんば
写真ばっか撮っているもんだから
みんなとの距離が縮まらず・・・

 

 単独
一人モクモクと歩くレイ君

 

 

 分岐
この分岐を右に進むと

 

 

 定番写真
定番撮影スポット

また来ちゃいました~

 

 

 水面
パパ一人
写真に夢中で・・・

 

 ワタスゲと至仏山
そんなことばかりしているもんだから

 

一人
一人で歩いてるし

 

 追いかけないと
そんな感じで
撮影で寄り道していたら
見事、先に行かれちゃいました~


早く追いつかないと・・・

 

 

また長くなってしまったので
ここで切りますね

 

つづきは
後編にて

 

 

 

 

 

 

  人気ブログランキングへ  
雨の日が続きますね
週末、晴れないかなぁ~

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<尾瀬ヶ原 《2日目・後編》 | ホーム | ★尾瀬ヶ原・見晴★>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/244-21465d6b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。