スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
尾瀬ヶ原 《1日目・中編》
2009 / 07 / 01 ( Wed )

先週末の東北遠征では
車の移動ばかりで
思ったほど体を動かせず
おまけに各地の名産品にありついたせいか
全然、体重が減りませ~ん(T_T)
ステキな場所

1日目・前編レポは⇒コチラ


自然研究園で、のんびりとした散策を終え
その後ビジターセンターに戻って
お借りした双眼鏡を返却

それから置かせてもらったザックを
再び背負って
いざ出発で~す!


ビジターセンター
金曜の平日ということもあり
観光客は少なく
その代わり 
学校登山の子供たちが目につきます

 

 スタート
それでも尾瀬の主要玄関口
鳩待峠からの拠点でありますから
そこそこの人出はあります 

 

 ツバメの巣
↑休憩所の軒下を見ると
ツバメの巣がたくさんあって
ツバメさんたちが飛び交っておりました

 
 尾瀬ロッジ
幾つかの小屋の前を通って

 

 

カウンタ
設置された無人カウンタの横を通過

 

 ヒウチ
ここから尾瀬ヶ原の散策
スタート!

 

 

 振り返って
少しばかり進んでから
後ろを振り返ると
至仏山の山容がイイ感じで見えて
ウットリしちゃいます♪

 

 先行して
そしてその真反対に見えるのが
燧ヶ岳

実はこの二座
結婚する前ですから
今から10年くらい前に
ママと一緒に登ってます
(゚∇^*) テヘ♪

 

 てくてくと
どちらを見ても立派な山に挟まれた尾瀬ヶ原

山好きにとってたまらない場所でもあります

 

 橋を渡って
橋を渡ってから
振り向いたところ

 どこを切り取っても絵になる風景

 

 お友達
そのまま木道を進んでいくと
幼稚園児&親御さんたち集団とすれ違いました

へ~この年齢の子たちまで歩くんだぁ~と
感心しましたけど

そういう我が家も・・・(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

 

 

 一人
こうやって見ると
人がいないように見えますよね

ま~平日ですし・・・ヘ(・_・ヘ)エヘヘ

 

 ボッカ
尾瀬名物のボッカさん

重そ~

 

 続いて
ソートー重いはずですが
そこは子供たちの歩行スピードなんで
簡単に追い抜かれました

 

 中学生
この日は体育着姿の中学生たちもいましたね

どこから来たのか訪ねたところ
高崎からとのこと

遠足で尾瀬に来るなんて
羨ましいな~
などと思ったので

今日、これからどこまで行くの?
聞いてみたら
分からないようでした・・・



考えてみたら
ガイドさんに付いて行くだけの遠足ですから
きっと彼らにとってみれば
尾瀬に行ったことは
後々思い出に残るとしても
どこをどうやって歩いたかなんて
きっと将来思い返すことってないんでしょうね

現に、これまで遠足とかで
尾瀬を歩いた(山ノボラーではない)人の話を聞くと
その大半がさほど記憶に残らず
ただ木道の上を延々と歩かされたことしか思い出せない人が殆どですからね

 


 

 小学生
再び小学生グループともすれ違いました

 

 ダウン
この日、朝早かったので
おねむなれい君

でも、横になって
ものの5分でカンバック!
早っ

 

 きらきら

 人人
さぁ~今日の目的地は
まだまだ先なので
ガンバロ~!

 

 リンドウ

 木道
池塘に映る空

 

 スイミング
うわ~イモリってこんな風に泳ぐんだ~(*^▽^*)

 

 さざ波
湿地帯でありながら
木道を歩きながら
こんな感じで眺められるなんて
道を作ってくれた方々にはホント頭が下がります


 

 ハイキング日和
おかげで幼児でも歩けるんですから
ありがたいことです

 

 花

 

 

 あち#12316;
日差しが強くてきたので
あちち・・・

 

 浮島
へ~水の上を浮いてますよ!

 


 橋を
欄干の無い橋

しかも一人分の幅しかないから
慎重に進んでね

 

 

 まだ続く
尾瀬ヶ原

ヤマノボリではないんで
ラクではあるんですが
ただ
そう簡単に縦断させてはくれませ~ん

 

 

 手をつないで
先ほどカンバックしたれい君
さすがに通常より一段高い木道だと
チョッと不安になるみたい

 

 歩けども
3歳半の男児には
多少辛い木道歩きだったかな

 

 

牛首
牛首に到着

 

 トンボ
ベンチに腰掛けて休憩していたら
近くにトンボを発見

簡単に捕まえちゃいましたが
あまり元気が無い感じ

羽化したばかりか
それとも寿命かなぁ

 

 

 

 パパと
休憩後、子供たちも再び
元気を取り戻したようで
がんばって歩きます

 

 朽ちた木道
↑ここの木道は
歩くとガタガタして揺れました~

かなり老朽化しているようですね

 

 池
いや~それにしても
こういうのを見ていると
心が癒されます~(*^.^*)エヘッ

 

 新しい木道
あれっ今度は新しい木道になってる

 

 だんだん
歩き心地が全然違いますっ!

 

 スケール
うれしくて思わずポーズ♪

 

 万歳
パパたちも
この爽快感を表現
\(^▽^)/

 

 一人で
安定した木道だと
一人で歩けるもんね

 

 まだかな
でもこういう橋にさしかかると
とたんに不安に駆られるみたい

 

 道をそれて
ここで道をそれまして

 

 撮影スポット
尾瀬の有名撮影スポットに直行

 

 

 定番スポット
よく観光パンフレット&ポスターなどで
必ずといっていいほど紹介される定番スポット

 

 チョッと遅すぎた
ザンネンながら水芭蕉も終盤なんで
チョッピリさびしい絵になっちゃいました。。。

 

ここでも
のんびりしながら過ごしまして

 

 本道
再び歩行開始

 

 お魚
たくさんのお魚が見えました~
アブラハヤというそうです
(通りがけに聞いたガイドさんの説明によると)

 

パパとしては魚より
底に沈む硬貨が気になるんだけど・・・
なんでこんな所に投げ入れるんかな~

 

 続く木道
尾瀬ヶ原

歩くことの楽しさを実感できる
そんな場所だったりします

 

 リュウキンカ
こういう場所に来ると
自然に足が止まります

 

 何をしているの
でも子供たちの視線の先は
別の方に向いてました
(6 ̄  ̄)ポリポリ

虫に興味があるみたい

 

 もう少しで
小屋が近づいてきました!

 

 老朽化
それにしてもこの辺の木道
そろそろ交換時期のようですね

 

 ココまで来れば
竜宮
四方から人が交わる十字路

 

 着いた#12316; 
休憩している人たちで溢れてました

ここで再び休憩~

 

 

 

レポの方も~なんだか長くなっちゃったんで
ココでいったん切りますね

 


続きは後編で

 

 

人気ブログランキングへ   

今週は梅雨空続きで
山も星空もあまり期待できそうにありませんね
 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<尾瀬ヶ原 《1日目・後編》 | ホーム | お花三昧な山歩き>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/241-ce742412
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。