スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
祖母山 〔九州遠征編〕
2009 / 06 / 06 ( Sat )

毎週末
天気が悪いのはナゼ?
も~せっかく計画していた山が・・・
キャンセルですよ~!!
プン、プン ゛(`ヘ´#)
トップ 

09/5/5

前日は道の駅「阿蘇」で車中泊
夜明け前の4時ぐらいには
そこを出て
祖母山の登山口に向けて出発

当初順調に進むものの
途中から未舗装の林道へ突入

車中では寝ている家族を気遣って
ゆっくり走りました~

何とか登山口に到着すると
既に駐車スペースは車でイッパイ

何とか空きスペースに車を止めて
早速、出発進行!

スタート
この日も家族を残して
パパ一人登山
ごめんちゃいm( __ __ )m

できれば早めに帰ってくることを
目標に
急いで帰ってくるつもりです

 

 説明
北谷登山口
 
この度は最短コースで山頂に行けると
いうことでこのコースを選択しました~

 

 

 林道
そして行きに選んだコースは

 

 ここを
風穴コース

 

 

 山林
そのまま植林地帯を進むと
一旦下って

 

 沢
小さな沢を渡ります

 

 

 こんな感じの道を
その後も沢伝いの道を歩きながら前進

 

 道
昨日、降った雨のせいか道はジメジメ

 

 新緑
けれど若葉の緑がステキ♪

 

 

 道2
でも春の花粉シーズンは
ご遠慮したいエリアです(*´∇`*)

 

 

 道3
だんだんと森というよりか

 

 

 笹
笹薮地帯へ突入

 

その後
ぬかるみの道を慎重に
歩を進めると

今回、最も苦労した場所に出くわします



そこは緩い傾斜した地面で 
ぬかるみで滑りやすく
しかも
立ちはだかる高さ1.5m強の岩がありまして
そこを越えないと進めないんです!!

がしかし 
岩をよじ登るのにも
足がかりもなく
手を掴む場所も見当たらないので
上方の刈り込まれたヤブを掴んで登ろうとしたら
ヤブが根元からスコーンと抜けて
そのままズル~ルル・・・ゴロン
ありゃ~ドロドロの地面で転んじゃったよ~
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

気を取り直してもう一度トライ
すると再びズルズル・・・コテンとまたドロまみれ・・・

も~何やってるのか~
自分を責めました
ε= (´∞` ) ハァー



全く同じコトを二度も繰り返すなんて
どうかしている

そこで再チャレンジ
すると
えっ
またズルル・・・ゴロン
掴んだ藪が抜け
今度は半回転しても~お尻ドロドロ

トホホホ・・・・

も~ホント何をしているんだか~

呆れて笑うしかありませんよね

同じ場所で三回も転ぶなんて・・・(;^◇^;)ゝ

 

 問題の箇所
とまぁ何とか
問題の箇所をよじ登ったわけなんですが
手も足もドロドロ・・・


 あと1.5キロ そういえば
登山口に設置された説明書きに
「健脚の方や経験者以外の方は、ご遠慮ください」とあったけど
こういうことだったのか・・・?

 

 

 荒れてる
それにこのコース
道もなんだか
すごいんですけど・・・

 

 少しだけ
やっと視界の開けた場所に出てきました~

 

 

 山並み
それまでほとんど展望がなかったので
少しホッとしたかなぁ

 

 

 あれかな
前方に見える
あの場所が祖母山でしょうか

 

 

 ヤブ
その後も自分の背丈を越える高さの
藪の道を進みました

 

 だんだんと
崖になった場所から見た山頂

 この北谷登山コースでは
残念ながら祖母山の山容を
伺うことができませんでした

 

 見晴らし
祖母山が
百名山に選ばれた理由が
何なのか
イマイチ分からず・・・

 

 

 はしご
はしごを登って

 

 

 笹薮
こんな感じの場所を進みますが

 

 

 こんな
あまり手入れが成されていないのか
笹の生い茂った道

 

 

 あれかな
山頂も近づいている感じです

 

 空
わー青空も見てきました!

 

 山頂
そして山頂に到着~


 天狗
山頂付近から見た天狗岳
どことなく天狗に見えるかな~

 

 天狗岳方面
山はやっぱり
晴れてくれないとね~

 

 雲海九州は初めてですから
知らない山ばかり

 

 青空
山頂には既に5人組の皆さんがいらっしゃいました
皆さんすっかりこの
雲海に魅せられてましたね~

 

そこで、どちらから登られたのか
伺ってみました
最初、自分と同じ北谷からかと思ったら
宮原からだとか

宮原コースってどんな感じの道なのか聞いてみたら
やはりドロドロだったとか
きっと昨日降った雨のせいなんでしょうね

それから
「どのくらいかかりました?1時間40分ぐらいかしら」
と聞かれたので時計を見ながら
「1時間20分ですね~」と答えたら
驚かれちゃいました
*後で確認したら1時間15分でした

そういえば休憩なしで来ちゃいましたから
意外と早かったわけですね
でもフラフラでしたけど・・・

 天狗と雲海
いや~それにしても
山頂からの景色を見たら
疲れも吹っ飛びました~!

 

 山と空
その後、別の場所からの景色を
カメラに収めようと
移動してみると

ちょうど岩の斜面で
スッテンコロリ
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

またまた滑っちゃいました~

あ~これで今日4度目ですよ~!
あ~あ、お陰で手に持っていた
デジイチの底
擦っちゃったし・・・・

 

 下山
転んだせいか
足の所々がヒリヒリするけど
こんなかすり傷程度で
めげるほどではありません
この時は、その程度にしか思ってませんでした

 さよなら
さ~てと下で待つ家族のこともあり
そろそろ下山と行きましょうか

 

 

 こっち
下山ルートなんですが
単なるピストンじゃつまらないで
周回ルートで下山することに

 

 笹ばかり
なんかこの道も
昨夜の雨でスベル
スベル

 

 9合目
もうこれ以上滑って転びたくないので
慎重に歩きまして

 

 上は
いや駆け下りたと言った方が
正しいかな

下で待つ家族に悪いので
急ぎました~

 

 原っぱ
ここが遭難救助用の臨時ヘリポートでしょか



そうそうここで
朝、駐車した辺りで
挨拶がてらに話しかけた男性と
バッタリ

「もう行ってこられたのですか?」

出発したのが
その方よりも後でしたから
驚かれちゃいました~

 

 そのまま
その後
すれ違う登山者の数も増えてきましたね

やっぱ
コチラのコースを登った方が
正解なんでしょうね

 7合目
中央のぬかるみを避けるためか
両サイドに踏み後がある
そんな道が続きました

 

 6合目
山頂での晴天は
どこへやら~な
お天気

 

 三県境
ここって3つの県境が交わる場所なんですね

 

 

 たったか
急ぎ足で進んでいるので
地図もろくに見ずじゃ
さすがにマズイですから
歩きながらGPSで位置確認

 

 5合目
まだ5合目か~

 

 ふーふー
千間平

 

 快調に
この辺も
多くの登山者とすれ違いましたね

 

 

 このまま
走りやすい道を
タッタカ進み

 

 4合目
4合目を通過

 

 花
時間を気にしながらでは
ゆっくり花を観賞できませ~ん

 

 整備された道
風穴コースより
たいへん歩きやすい道でした

 

 風景
下の方に見えるのが
神原牧場かな

 

 3合目
登山口まであと1.59km


 水場
水場でのどを潤す前に
ドロドロの手を洗いました~

 

 2合目
あと約1km


 きれー
ここも小走りで下山

 

 1合目
ラスト500m

 

 見えてきた
やっと駐車場が見えてきた~

 

 戻った
やっと到着~!

車に戻って
無事帰ってきたよ~と
家族に報告

「パパ何それ~どうしたの?」
どうやらドロドロになったズボンを見ていたので
事情を説明したら

そのことじゃなかったみたい

えっなあに?

 破けたー
あちゃ~破れてる~~ 。
゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン

わすが6日前に買ったばかりの
ノースのズボンが・・・(T_T)

 トイレ
トイレ横の水場で
ズボンとスパッツを洗いましたけど
完全にキレイになるわけでもなく
ズボンのスペアもないので
そのまま着替えるわけにもゆかず・・・ 

車を汚さないように
シートの上にタオルを敷いて
更なる目的地へ向けて
車を走らせるのでした~

 

 地図

 

   【まとめ】
■2009年5月5日(火)■天気:晴れ後曇り■
■祖母山■そぼさん■1756m■
■ 大分県・宮崎県■
■コースタイム■  
北谷登山口6:00⇒7:15 祖母山(山頂) 7:30⇒8:35 北谷登山口 

 

 

 

つづく


  
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  
GWの山レポも残すところ
あと1座
がんばるぞ~!

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<九重山 〔九州遠征編〕 | ホーム | 雨の阿蘇山 〔九州遠征編〕>>
コメント
--同じ日に--

はじめまして、ここあパパさん
いろいろブログをあら捜ししてたら、見つけたので返事しました。
ここあパパさんの1時間30後に【祖母山】到着でした。【ほしこがinn尾平】側より登りましたよ。
この日午前中は天気よかったですが、午後は悪かったですよね。私は午後、予定していた【阿蘇山】を強引に行ってきました。そちらの予定してた山は【久住山】でしょうか。
今後もブログ覗かせていただきます。
by: ZENIH * 2009/06/08 09:35 * URL [ 編集] | page top↑
--ZENIHさんへ--

ZENIHさん、はじめまして!

計画当初、実は祖母山へのアプローチに
【ほしこがinn尾平】側を検討していたのですよね。
祖母山の良さを味わうならゼッタイ
このコースがお薦めだということは
知ってはいましたが・・・
家族が同行している関係で
最短コースになりました~。

それにしてもZENIHさんとは
韓国岳で、すれ違ってますね~。
レポにあった写真には
ワタクシの車も小さいながら写ってますし
きっとどこかでアイサツ交わしているかもです。

それに5/1の宮之浦岳も
その日、夜明け前に着いた
淀川登山口の駐車場には
ZENIHさん、車中泊されていたのですね。

このGW期間中は、いろんな所で
ニアミスでしたね。

それから阿蘇山でも雹が降ったのですね~!
天候の急変は本当にビビります。。。

では、今後ともそヨロシクお願いしま~す!
(o^∇^o)ノ
by: ここあパパ * 2009/06/09 12:31 * URL [ 編集] | page top↑
--そぼさん--

ここあぱぱさん、こんばんは
祖母山、大変でしたね、でも、僕が見れなかった山頂からの景色が見れてとてもよかったです。
風穴コースは登りに使ったほうが正解です。
下りはかなり厳しかったですよ(凍っていたからかも知れませんが)
ラスト、久住山、楽しみにしてます。
by: へろへろ * 2009/06/09 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--そうでしたかぁ・・・--

ここあパパさん、こんばんは
ブログ見ていただきありがとうございます!
【祖母山】だけでなく、【韓国岳】、【宮之浦岳】もでしたか(驚)。いやぁ、さすがにG・W皆まとめて行かれているんですね。
【韓国岳】でもやはり、「【宮之浦岳】でお会いしましたよね」ってな感じでした。

それとNAME間違えてました。
ZENIH→ZENITHです。
宜しくお願いしまーす。
by: ZENITH * 2009/06/09 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

おお~、私とは反対側からのアプローチだったんですね。
それにしてもキビシイ道・・・スゴイ!
おニューのズボンは残念でしたが、ここあパパさんに怪我はなくて何よりでした。(^^)

山頂からの雲海の眺め、すばらしいですね。
上空は晴れてて、雲海に浮かぶ山々を眺めるってのは最高ですよね~。
by: まきchin * 2009/06/11 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

おー、風穴コースから登りましたか。
私は下山に使いましたが、頂上直下の笹薮がすごくて参りました。
まるさんが岩場でコロリンコと滑落して手をすりむいたのですが、
トラロープがあったので、ここあパパさんが登れなかった場所と同じかも??

パンツがビリビリ八つ裂きとは・・・からだが無事で何よりでした。
by: のんすけ * 2009/06/11 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
--へろへろさんへ--

へろへろさん、こんばんは~!
続けてのコメントありがとうございます。

へろへろさんはワタクシの歩いたコースの
逆周りだったんですね!
それにしても同じコースを歩いたはずなのに
全然違って見えるのが不思議です(⌒-⌒)

>風穴コース
きっと雨が降った翌日だったのが
悪かったのかなぁ~と思いましたけど
一つハッキリ言えるのは
整備の整った千間平コースの方が
歩きやすい、ということですね。

知らずに歩いていくと
いろんなことを経験するものです(*^.^*)

>山頂
この日の後半は下り坂だったことを考えると
タイミングよく山頂で晴れてくれたのは何よりでした!

それでもへろへろさんが登ったときの
霧氷、とてもステキでしたね!
これはこれで美しいですから
山の景色って行かないと分からないところが
これまた魅力的なんですよねo(^-^)o
by: ここあパパ * 2009/06/14 22:14 * URL [ 編集] | page top↑
--ZENITHさんへ--

ZENITHさん、こんばんは~!

百名山を意識しだすと、どういうわけか
連休の過ごし方っていうのが
このパターン多いようですね。(o^-^o)

ちなみにZENITHさんの残りの山リストを見ますと
未登の山でバッタリの可能性があるのは
早池峰と黒部五郎くらいでしょうか。
もしお会いできたらイイですね!
σ(゚ー^*)
by: ここあパパ * 2009/06/14 22:39 * URL [ 編集] | page top↑
--まきchinさんへ--

まきchinさん、こんにちは~!

果たして最短ルートが正解だったのか・・・
時間的に制約もあるし同行している家族のこともあり
このコースしか考えられませんでした。。(*´ー`)

>ズボン
自分では大したことはないと思ってましたけど
実は後でよくよく見たら足には擦り傷が幾つもありました。
でも、それよりショックだったのはやはりズボンでしたね。
{*≧∀≦}

雲海の眺めは悠久の時っていうか
ゆったりした中で見てこそ真に価値のある光景なのに
もう時間がなくて・・・
さっさと下山だなんて、なんて悲しんでしょう。。。。

まきchinさんチームみたいな
ゼイタクな山旅がしたいっす(*^_^*)
by: ここあパパ * 2009/06/15 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした--

盛りだくさんのGWで、ただただオドロキです!! しっかり家族サービスしながらの山登り! スゴイなぁ! ボクでは体力的に厳しいです。
・・・うちなら屋久島onlyでもバテバテかも?
与論島へは結局行けなかったのです・涙。

れいくんの侍姿? 決まってますなぁ。
雨の阿蘇山、ぬかるみの祖母山と後半はちょっと大変でしたね!
ここあパパさんほどの人が3度も転ぶなんて・・・。 乾いていれば簡単なのかもしれませんが、雨で滑るとなると難易度倍増するのでしょう。 雨はやはり厳しいですね。

by: HANZO * 2009/06/15 12:29 * URL [ 編集] | page top↑
--のんすけさんへ--

のんすけさん、こんばんは~!

のんすけさんの過去レポ拝見しましたよ~!
なるほど~全くの逆コースだったんですね~。
あんまり深く考えもせず単純に地図を見て
最短ルートを選択しました~。

ところがどっこい笹薮が凄くて
ちょっとうざい感じではありましたけど
最短と言われるだけあって
あっという間に山頂に到着。
その代償があのズボンなんで
ちょっとがっくりきちゃいました~。
(* ̄∇ ̄*)

まるさんが転んだところって
トラロープがあったんですか?
というのも実はこの場所の下の方には
ロープが垂れてなくて
上の方にはあったみたいですね。
「二度あることは三度ある」本当のことみたいです。。。

>パンツ
これにはホント参りました~。
だって替えのパンツありませんし
この後もう1座登る予定でいましたからね。
ホント、ケガなく歩けて何よりでした~。
by: ここあパパ * 2009/06/16 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、おはようございます!

目まぐるしい移動ばかりで
こうやってレポにまとめてみると
随分と動き回ったな~と
改めて自分でも驚いてます。

>家族サービス
っていうとカッコがつくんですが
実際はパパの趣味に無理やり
つき合わせてしまったといったところでしょうか。。。(;^_^A

>与論島
そうでしたか~。それはザンネンでしたね。
振り返れば自分も屋久島onlyでもよかったかな~なんて思いました~。
それくらい気に入ったからなんですが
機会がありましたらHANZOさんも是非どうぞ~!

>侍姿
毎週、家族で見ている大河ドラマの影響でしょうかね?
子供ってすぐマネっこしたくなるみたいです。

GW後半はあいにくの雨で
当初家族で歩く予定だった阿蘇山は
お流れになってしまいました~。
晴れた日に歩きたかったですね。

それにしても山で転ぶことって
フツーにあることなんですが、まさか3度も続けてだなんて
も~笑うしかないですよね。(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ
自分でもおかしくなりましたもん。

梅雨に入りましたけど
雨降りなこの季節、山を楽しむには
それなりに覚悟がいるものですね~。
雨の山もステキだと感じられる
そんな心のゆとりがもてたら・・・
などと思いはしますが、実際は、やはり晴れた時に
出かけたいものですね!(*^.^*)
by: ここあパパ * 2009/06/17 05:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/229-edefc071
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。