スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
雨の阿蘇山 〔九州遠征編〕
2009 / 06 / 04 ( Thu )

基本的に
天気の悪い日は、山には行かないんですが
でも九州に次いつ来るか分かんないし
できれば登っておきたい
そんな気持ちから
ムリして登った山レポ・・・
あまりお薦めできない内容なんで
さらっとご覧くださいネ
もくもく

09/5/4

昨夜は、道の駅「阿蘇」で車中泊

朝から雨がしとしとと降ってました。。。
晴れたら家族一緒にまた山歩きしようかと
思っていたのですが
この雨ではねぇ・・・


で、とりあえず
有名観光地でもある
阿蘇山の麓にある草千里ヶ浜へ向かってみました~

駐車場には
管理人さんがいなかったので
実質、無料♪

雨
目の前に広がる草千里ヶ浜 
 
よく観光写真とかで目にしていた
とっても有名な場所なんで
期待してきたのに
生憎の雨・・・

空の様子を見ながら
時間つぶしに
午前9時から営業開始の観光チックな
阿蘇火山博物館
なる施設に入ってみました~

一般840円です

施設の中は撮影禁止ということで
中をお伝えできないんですが

これがまた時代を感じる展示物の数々でして
内容的にはどこの博物館へ行っても
大差のないレベルのものですが
なんかすべてが古っ!
あくまでもワタクシの主観ですが・・・


それに今時、撮影がNGだなんて
実にセコイなぁ~ 
 

 

 まだ雨
建物の2階から見た景色

多少雨が上がってきたかな~

 

 ジャンプ
ここには地震計がありまして
ジャンプするとその振動で
波形が変るもんだから

 

 震度計
それが楽しくて何度もジャンプ
(@~▽~@)

 

そしてこの博物館の極めつけは
高さ4m幅30mのぶつ切りスクリーンで見せる
阿蘇のパノラマ映像なんですが・・・

確かに大きな画面でそれなりに迫力あるんだけど
いい加減、映像と音楽が古すぎ・・・

も~かれこれ20年以上は絶つのではないかといった映像は
何とも時代を感じさせるものでした~
∬´ー`∬♪

 

 

その後、建物から外へ出て

雨も少し小降りになったので
お馬さんのところへ
行ってみることに

すると気軽に乗馬ができるとのことで
確か子供一人1800円で
近くのコースを一周 

 これから
初めての乗馬

 

 一周
意外とお客さんいましたね

 

でも、たったこれっぽっちのコースを
一周するだけだなんて・・・

 

 ゆみちゃん
このお馬さん
名前が「ゆみちゃん」だって
o(*^▽^*)o~♪ 

 

ところで乗馬なんですが
ものの5分で終わり!!
え、もう終わりですか???
¥1800×2ですから
これってイイボッタクリ商売ですねぇ~

でも5分とはいえ
子供にとっては楽しかったみたいです・・・

 

その後も雨は降り続いていたので
今後どうしようか悩みましたが
とりあえず
阿蘇山の火口が見える場所まで行ってみることに

阿蘇山公園道路(有料)を進んで
駐車場に車を入れたけど
やはり雨が降っているので
皆、車から出たがらず・・・

そこでパパ一人偵察に行ってみることに 
雨が
火口から立ち上る煙がモクモク
でも何とか見学できるみたい
 

もしやこの位の雨なら・・・ 
  そこでママにひとつ提案
「パパ一人でチョット行ってきてもイイ?」
もちろんです!

とまぁ~なんとかお許しをいただきまして
急いでカッパを着込んで
支度に取り掛かりました~

 駐車場
駐車場から登山道へ向けて歩きますが

 

 下って
途中、歩道が通行止めになっていたりするもんだから
道が分からず
行ったり来たり・・・

 

 ココを
登山口がよく分からず
うろうろしながら

 砂千里ケ浜
何とか道をたどって行くと
砂千里ヶ浜に到着

そのまま前進すると

 ガス
だんだんガスが濃くなってきました~

 

 こっち
お天気悪いし
視界も利かず・・・

 

 矢印
ひたすら歩くだけの
修行のようなヤマノボリ

 何も見えず
いったい
こんなお天気に登ってみて
何が楽しいのか・・・

 

 ぼんやり
途中、ビニールガッパの男性がいるかと思えば
外国人の方が登っていたりと
この天候でよく歩くよな~
なんて思いつつ
そんな自分も人のことは言えないわけで・・・o(- -;*)ゞ

 

その途中、単独の中年女性に追いつきまして
話を伺うと
既に同行の二人の男性が先行しているとか

どうやらこの近辺はよく歩かれている方のようで
この辺の様子などをお聞きすることができました~

ガスっている雨の日だし
ましてや初めての場所だと
不安になりますが
山に詳しい方の話を聞くと
なぜかホッとしますよね~

 中岳へ
中岳まであと1キロぐらいのようです

 

 ここは
視界はますます悪くなる一方

それでも
道はしっかりしているし
なだらかな場所もあるので
可能な場合は
小走り~

 

 もうチョイ
この時の装備なんですが
ザックは持たず
ストックだけを手にしていまして
あとは雨具のポケットに水やおにぎり、カメラなんかを
詰め込んで歩いてました~

 時々地図を見たり
GPSで位置を確認しながら
歩いて行くと

 中岳
じゃ~ん 中岳に到着~
わりと楽勝でしたね

そして
ココからは最高地点である
高岳へGO!

 

この先も
弱い雨が降っていたりしましたけど
歩く上ではなんら問題はありませんでしたね

 

高岳へ
幸い登山靴も新しいのでしたから
濡れた岩の上も滑らず
岩の上をトコトコと進めました~

 

 高岳
そして歩き始めてから
1時間かからずして到着♪

も~単なるピークハントの
たいへん虚しいヤマアルキ・・・(; ̄ー ̄A

天候も悪いし
展望もないので
長居は無用ということで

下山はダッシュで
駆け下りました~

 

 視界
これまで
こんな忙しい下山もないくらいのスピードで
下りましたけど

 

 

 トレラン向き
特にこんな感じの道ですと
たいへん走りやすかったですね

 


 何が楽しくて
ココまで来れば

 ガレ場
あとはイッキに下るだけ

 

 できれば
岩だらけな道をグングン進み

 

 はーはー
途中、道を見失う場面もありましたけど

 

 説明
何とか進んで・・・

 

 登って
おっと、ここで
シャリバテになりそうだったので
ポケットに入れておいた
おにぎりで空腹を満たしましたね

 

 

 砂地
ここが砂千里かな
天気の良い時に歩きたかった・・・

 

 砂千里
ガスっていて
よく分からず・・・

 

 別世界
荒涼とした景色も
少しだけ見えました

 

 戻って
道路が見えてきました

あとは駐車場に戻るだけ
も~汗と雨とで
雨具の中はビッショリ

その後は
家族と合流し

昼食を食べるために車で移動


米塚
その途中、米塚(登山禁止)のこんもりした山を横目に
山を下るのでした~


 

 阿蘇山地図

 

   【まとめ】
■2009年5月4日(月)■天気:雨■
■阿蘇山■あそざん■1592m■
■ 熊本県■
■コースタイム■  
登山口10:50⇒11:45 高岳(山頂) ⇒12:35 登山口 

 

 

 

つづく


   ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  
レポの方も残すところ
あと1日分だ~

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<祖母山 〔九州遠征編〕 | ホーム | 生駒高原&熊本城 〔九州遠征編〕>>
コメント
--阿蘇山--

こんばんは
阿蘇山、天気が悪くて残念でしたね。
僕のブログで、景色を確認してください(笑
僕も登る前日草千里へ行きましたが、ガスガス&雨で何も見えず、宿へ直行しました。
とても広い草原が広がっているのですね。
それと米塚も見れませんでした。見せていただきありがとうございます。
by: へろへろ * 2009/06/09 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
--へろへろさんへ--

へろへろさん、こんばんは~!
スッカリお返事遅くなっちゃいましてスミマセ~ン。

へろへろさんのレポ、拝見しましたよ~♪
いや~お天気がイイと全然違いますね~。
周囲に広がる火山特有の荒涼とした風景。
地球というより、どこかの惑星みたいな場所ですね。

そんな景色が見られて羨ましいと共に
こうやってへろへろさんの記事を見ることで
ザンネンだった思いが幾分、補われた感じです!

草千里や米塚も晴れた日に
眺められたらサイコーなんですが
いろんな意味で再訪してみたい場所となりました。

こちらこそスバラシイ山レポ
本当にありがとうございました。(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/06/14 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/228-0aca9bc9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。