スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
霧島山(韓国岳) 《後編》 〔九州遠征編〕
2009 / 06 / 01 ( Mon )

GWのレポが中々仕上がらないうちに
もう6月に突入しちゃいましたね~
なんだか梅雨の走りみたいなお天気ばかりで
山に行きたくても行けない日々が続いております
◆ ◆ ◆
さて韓国岳レポの続きなんですが
どうぞご覧くださいませ~
火山 


山頂まではもうすぐです!
淵にそって
ラクラクコースで
手ぶら歩き♪

 

 火口
ポッカリと開いた火口は
まるで競技場みたい

 

 広がる景色
その先に広がる景色も見えて
曇り空だけどお天気は
まあまあ

 

 もう少し
ココまでくれば
あと少しですね

 

 大浪池
水を湛えたあちらの池と
対照的なガレ場

 ココを登れば
山登りもあと少しで
ゴールだよ~

 

 けむり
あちらでは水蒸気でしょうか
モクモクしてますよ

 

 

 どうやら
どうやら山頂目前のようです

 

 がんばれ
ほーら
もうすぐ頂上だよ~

 

 よいしょ
だけど大人ほど簡単じゃないのよね
乗り越えないといけない岩の塊があるもんだから・・・
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

 

その後、山頂に着いたわけなんですけど
人が多すぎ!

しかも山頂標識の前や
真後ろで
休憩する方たちもいたりして・・・
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 ジャマなんだけど
特に
そこにいる方たちなんですが・・・

スミマセンが
その場の空気をご察しくださ~い
(=´▽`=)ノ

 ぞくぞくと
そんな感じなんで
山頂での写真をあきらめて

 山頂
周囲の景色を撮ることに・・・

 

 煙もくもく
いや~この火山
ズバリ活きてますね!

 

 あっち
あちらはガスが迫っているようですが
こちらは何とかもってます

でも本当なら
ここから続くあの縦走路
歩きたかったなぁ~

 雄大な景色
そんな中、縦走される方も多かったです

 

 山頂の下
左側が山頂なんですが
その下が火口になりまして

 

 火口下
でも下は切り立った崖

 

 

 

 がけ
この岩
よーく見ると亀裂入ってませんか~???

いずれ崩れやしないか
チョット心配になりました~

 

 

 憩う人々
山頂では
大学や高校の山岳部が順番に?
円陣組んで叫んでましたね~
「○○高校山岳部、○年○月○日、午前○時○分、韓国岳登頂、バンザーイ」
「バンザーイ」
と万歳三唱が
周囲に響き渡っておりました~

まだ、こんなことしてるですね~
山岳部って・・・

 記念に
例の方たちも
やっとどけてくれたようなので
記念撮影♪

 

 下山
さ~て下山しましょうかね

 

 覗いて見る
下を覗き込みたくなる衝動って
ありますよね~
コワいけど 

 帰ろう
手ぶらの親子

下山はさらにラクチンですね♪
(=^▽^=)

 

 一人で
足取りも軽やか

 

 皆さん
それにしても
この山って登山者
多かったですね~

 

 下から
九州って
もしや登山が盛んなんでしょうか?(*'-'*)

 

 休憩場所
五合目

休憩ポイントに到着

 来ないな
だけどママたち遅いなあ~

 

 地図
この分だと
パパ達の方が
先に下山しちゃいそう


 下りましょう
ただですね

こんな感じの道が続くので
幼児は手助けが必要

 

 りんどう
道の端に
ひっそりと咲くハルリンドウ

 こんなところに
火山地帯な場所ばかりで
全体的に
お花は少なかったです

 

 気をつけて
登山って
足だけじゃなくて
手も使わないと
いけなくて
イイ運動になります

 

 春
元々花の少ない場所(季節)だからか
登山者の皆さん
お花に気を配る方
少ないような・・・

 

 だいぶ
むしろ、こういった景色を
眺める方が多いかも~

 

 緑
火の国、九州って
高山植物は少ないのかな・・・

あ、そんなことはないですよね~
これからの季節が良いんでしょうね!

 

 

 ココまで来れば
車が見えてきました~

 

 戻ってきた
ココまで戻ってくれば
ゴールは近く

 

 のんびり
本来ですと
下に見えるあの場所から登るのが
一般的みたいです

 帰ってきた
我が家は
それよりも時間短縮できる
この駐車スペースを
起点としました~

 

さて先に到着したパパ達ですが
ママ達はというと・・・

 ポーズ
こんなところにいたようで~す
(*'ー'*)ふふっ♪

 きたきた
下りは慎重なんですよね

 

さあ、もうすぐゴールだよ~ということで

下山後は

すぐ移動となりました~

 

 

マップ

 

   【まとめ】
■2009年5月3日(日)■天気:曇り■
■霧島山(韓国岳)■きりしまやま(からくにだけ)■1700m■
■ 宮崎県・鹿児島県■
■コースタイム■  
登山口7:00⇒8:35 韓国岳(山頂) 9:05⇒10:25 登山口 

 

 

 

つづく


   ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<生駒高原&熊本城 〔九州遠征編〕 | ホーム | 霧島山(韓国岳) 《前編》 〔九州遠征編〕>>
コメント
----

こんばんは~へろへろです。
韓国岳、人が多かったですね。僕も、山頂標識を撮影するのに苦労しました。
この日の新燃岳の噴煙、凄いですね。僕が登った日はかなり穏やかでした。

もしよろしければ、僕のブログへ遊びに来て下さい。2009年山をクリックして、[1]に九州レポ霧島が入っています。阿蘇、祖母、久住は[2]に入っています。
by: へろへろ * 2009/06/01 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
--おぉ、懐かしいです。--

何年か前に与論島へ行こうとしたのですが、台風のため鹿児島で足止めに・・・。(アメオトコですから・・・)
レンタカーでこのへん通りました。丸尾の滝で丸尾君(ちびまるこちゃんのね)ポーズをして写真撮ったことを思い出しました。(山でなくてそこかい!って感じですが)
まだ山に興味がなかったので(&台風来てましたので)霧島山には登らずでしたが、この景色はすごいですねー。
登ればよかったなー。(だから台風きててムリでしたって)
九州、山のイメージあんまりなかったのですが、とってもいいところですね!!
by: HANZO * 2009/06/08 18:53 * URL [ 編集] | page top↑
--へろへろさんへ--

へろへろさん、こんばんは~!

九州の山ってこんなにも人がいるんだ~と
改めてこの地方の登山の人気の高さ
実感しました。

>新燃岳の噴煙
天候とかによってても変わるんでしょうか?
理由は分かりませんが
その時々でいろんな表情を
見せてくれるのですね。

それから早速、ブログ拝見しました~!
へろへろさんも九州遠征で
ホントがんばりましたね~。
九重では霧氷の冬景色
これはこれでスバラシイ
景色を堪能されたようで何よりです。

登った時期も
さほど違わないのに
天候次第でこんなにも
山の表情が変わるなんて
とってもフシギですね。
きっとそんな所が人を山に
引き寄せるのかもしれませんね。
(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/06/08 21:24 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、こんにちは~!

HANZOさんは、この近辺に
来られたことがあるんですね~!

>丸尾君
いや~そんな発想が出てくるところが
HANZOさんらしいですし
とってもナイスです!(^_^)

それにしても自分でも
まさか九州へ山目的で来るなんて
意外な展開で驚いています。
それまで九州の山っていうと
阿蘇山ぐらいしか知らなかったのに
実際に行ってみると変化に富んでいて
とっても良かったです!
また機会があれば
行ってみたいですね。

>与論島
にはその後、無事行けたのでしょうか?
実は今回、屋久島に行って以来
離島巡りも楽しいかも~
なんて思うようになりまして
なんだかハマりそうな予感・・・(⌒・⌒)ゞ

機会があればまたどこかの島へ
行ってみたいですね。
by: ここあパパ * 2009/06/10 13:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/226-fa6f6b3b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。