スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
屋久島登山 ≪高塚小屋~縄文杉~荒川登山口≫ 〔九州遠征編〕
2009 / 05 / 25 ( Mon )

長かった屋久島登山レポ
これで最後になります
では、続きをご覧あれ~(^▽^)/
縄文杉
これまでの記録はコチラ
↓ ↓ ↓ 
屋久島登山 ≪淀川登山口~黒味岳~宮之浦岳≫ 〔九州遠征編〕
 
屋久島登山 ≪宮之浦岳~永田岳≫ 〔九州遠征編〕
屋久島登山 ≪永田岳~高塚小屋≫ 〔九州遠征編〕

***********


パパ一人必死(?)に(⌒~⌒)歩いていた頃
家族は何をしていたかというと・・・

子供たち
ヤクスギランドで散策してました~
(o^∇^o)ノ

 散策ここヤクスギランドでは
30分コース・50分コース(木道・石張歩道等で整備され普通の履物でも行ける)
80分コース・150分コース(登山道)と歩けるようになっていて
装備と体力に応じて歩き分けができるようになっています

 

 つり橋
もちろんママ一人で子供たちを引率しているので
30分コースだったようです(;^_^A

 それにしても、この年齢で
屋久杉見学だなんて
とっても渋すぎ?
o(*^▽^*)o~♪

 

★ ★ ★

 

さて高塚小屋の中で 
休憩しているパパなんですが
地図を見ながら
これから歩く行程を確認していたら・・・
あんまり余裕がないことが判明(;´▽`A``
ココでゆっくりし過ぎるのは
まずいので
そろそろ歩き始めないと、、、

出発
高塚小屋周辺には
携帯トイレ用のテントがありました~

で、その先へ進んで行くと
「携帯トイレってどこで手に入りますか?」
と聞かれたりもしたのですが・・・
????

実は、この時初めて
その存在を知りました~

聞いてきた方(女性)が必要としているのかと思っていたら
近くにいた外国の方(女性)がお困りのようで
代わりに探しているようでした

新高塚小屋には
フツーの(汚い)トイレはあったけど
ここには無いのでしょうか?


後で知りましたけど
観光客による縄文杉への一極集中は
トイレ問題が深刻らしくて
このGW中
携帯トイレを試験導入していたようです

携帯トイレというのは
吸収シートと袋の一体型でして
事前に1個500円で購入
そして実際に使用する際には
常設の使用スペースで用を済ませてから
登山口で回収するというもの

こんな方法がとられたのも訳があるようです
というのも山のし尿処理が追いつかず
水質の悪化という問題があるとのこと

屋久島の自然を守るという観点でも
是非、協力したいものです




その後、しばらく歩いていくと・・・

 人が多くなる
なんだか急に人の数が増えてきました~

 

 大木
それと同時に
だんだん目に入ってくる木も大きくて太いっ!

 こんな近くに
あれ~
こんなところにヤクシカだ~♪

しかも全然逃げないし
なんて人馴れしたシカなんだろ(=^▽^=)

 

 

そして
待ちに待った
屋久島の最大の人気スポットが・・・

 

 縄文杉
ジャーン

縄文杉で~す

ある調査によると樹齢は推定2700年だとか
以前は7000年とか言われていたこともあったけど
正確なところは分からなみたい・・・

でも、こうして見ると
やっぱデカイ!!

この日、目にした杉の中でも
ダントツのデカサでした~!!

 見上げる
展望デッキ
お約束の撮影場所での一枚

超広角レンズで撮っているんで
自分の姿がミョーに伸びてますけど
高さ約30m
杉の大木としては低いけど
幹周りが16mもありますから
やはり巨大でありますっ!

 

 貫禄
風格漂うその姿 
他を圧倒してました~ 



人人・・・
縄文杉のためだけに作られた展望台

これだけをお目当てにした人たちで
イッパイでした~

これでもGWとしては少ないとか

 でかい
下から見上げた縄文杉

 

 

 去りがたい
できれば
もう少しジックリ見ていたかったけれど・・・

 走りながら
急がなければ・・・


だけど
急ぎたいと気持ちは焦っていたのですが 
人の往来も多くて
狭い登山道の擦れ違いが
タイヘンなのです。。。

縄文杉見物の観光客のうち
その半分くらいが
ガイド付きの団体さん 

しかもゆっくりペースで歩くもんだから
列の後尾に付くと同時に
そのペースに従わないといけませ~ん
゚゚(´O`)°゚ ウワーン!!


そこで
今回こんなことを想定して持参したのが
熊除けの鈴
これをチリンチリンと鳴らしながら
後ろから迫って行けば
その音に気付いた方が退いてくれるはずだ~と
考えたわけです 

と、ところが
これが全く通用しないんです~

フツーの登山者なら
気を遣ってくれるはずなのに
一般観光客相手では
そんな気の回し方ってないんですよね~
(〒_〒)ウウウ

最初は、鈴の音を聞いて
え、何?
と反応してくれたけれど
その後は至ってマイペース

簡単に追い抜かせてはもらえません

そこで半ば強引ながら
スキあらば
脇の岩場をピョンピョンと下って
ゴボウ抜き

そんなことに神経をすり減らしたばかりに
折角の巨木地帯では
写真すら撮れず。。。

 巨木だらけ
ホントなら
この辺の杉の木とか
緑豊かな森の中を撮りたかったけれど
人が多くて諦めました~

 

そして気がつけば 
 切り株
ウィルソン株前に到着
これまた巨大な切り株でしたね
切られる前ってどんな姿をしていたのか
想像したりもしました~

ここで、それまで着込んでいた上下の雨具を脱いで
少しばかりリフレッシュ

そして内部に入って ハート
これまたお決まりのポジションから見た
ウィルソン株頭上の景色をパチリ

 

 木の中
写真の順番待ちでゆっくりもできないので
さっさと退散

 

 

 人だらけ
ここも観光スポットなんで
周囲には人がいっぱい

 

 観光客
縄文杉からのコースは
観光として歩かれている方がほとんどなんで
ペースもゆったり・・・

 

 だらだら
急いで歩こうとする者からすると
フラストレーション溜まり放題なわけでしてσ(^_^;)

トレランとかには絶対不向きなコースですね

イライラしながら下るというのは
健全な山歩きには
精神衛生上よろしくありませんから
人の少ない時期に歩くか
時間帯をずらした方が
良さそうです

 

 やっとのことで
とまぁ~精神的に疲れましたけど
体力的には疲れず
歩くことができました~(*^.^*)エヘッ

 

さ~てその後は
それまでの渋滞ノロノロコースとは打って変わり
どちらかというと平坦&単調な線路コース

 レール
枕木の上に敷かれた板のお陰で
何とか歩きやすかったです

時間が無かったので
ここからノンストップ歩行
場所によっては走りました~
 



今回の登山装備なんですが
お手入れとかが面倒なこともあり
ハイドレーションは持って来ませんでした

ですから
水分を補給するのも
ザックから取り出さないといけないわけですが
でもザックを降ろす時間もなかったので
歩きながらザックから水を補給したり
行動食も
文字通り歩きながら食べるなんてことをしまして
かなり余裕の無い
山歩きとなりました~(´~`ヾ) ポリポリ・・・

 ポイント切り替え
景色の変わらない
線路歩き

どうやら
靴ずれも発生したらしくて
走ると足の裏が痛いし、、、

 

 仁王杉
仁王杉

 橋
帰りに歩いたこの区間
橋を渡るときだけ
気分転換できたかな

 

 切り株の横を
でも後半はアップダウンのない線路道なんで
助かりました~

 

 線路
時間短縮のために
再び走ったりもしましたけど

 

 まだまだ 余計に靴ずれを悪化させたようですε-(´・`) フー

 

 分岐
楠川別れ

 

 岩がゴロゴロ
トロッコ線路の橋の上から見た景色

 

 どこまでも
線路の間の板がなくなり
枕木の上を歩くのですが
歩幅が合わず
苦労しました

 

 続く
欄干のない場所だと
チト怖いかも・・・

 

 危なくないかな
こんな橋が
いくつかあって
そそくさと通過

 

 景色
でも橋から見える景色は
気分がイイものです♪

 

 がけ
でも線路が登山道だなんて
フシギな感じしますよね~

 

 水
水しぶきが飛ぶ
岩の横を前進

 

 

 車庫
トロッコ列車の車庫です

左側には
朽ち果てた機関車がありましたね

 

 ここを前進
最後に渡った橋

 見えてきた
そして、この先に見える場所が

 

 ここって ココだったりします


そして
やっと到着しました~
荒川登山口

 再会
そして家族とのご対面~♪

約束の時間
守れなくて
ゴメンネ~

 も~パパ、お疲れです~

今回歩いたコースはこちら
↓ ↓ ↓  地図
不覚にもGPSのバッテリーが途中で切れてしまいました~
*途中からの白線はかなりアバウトです
小まめにチェックしないとダメですね 

 

  【まとめ】
■2009年5月1日(金)■天気:雨のち曇り■
■黒味岳・宮之浦岳・永田岳■くろみだけ・みやのうらだけ・ながただけ■1831m・1936m・1886m■
■ 鹿児島県■
■コースタイム■  
淀川登山口3:25⇒5:10 黒味岳別れ⇒5:30黒味岳(山頂) ⇒5:50 黒味岳別れ
⇒7:25 宮之浦岳(山頂) 7:40⇒焼野三又路⇒8:40 永田岳(山頂) 9:05⇒焼野三又路⇒11:00 新高塚小屋⇒11:45 縄文杉⇒12:55 大株歩道入口⇒13:35 楠川別れ⇒14:20 荒川登山口

 ************

 家族と合流した後
次にどこへ向かったかというと
昨日に続き
尾之間温泉で~す

とその前にお腹が空いてたので
近くのAコープへ

 Aコープ
ここでお弁当でも買おうと思ったけど
何もなくて
結局、焼きそばを買って食べました~ 

 それから温泉で汗を流してから
次に向かったのは


千尋滝
千尋の滝

ここって滝から離れた場所にある展望台からの
眺めなんですけど

 ズーム
この滝も豪快でしたね~

間近で見れたら
もっと迫力あるんでしょうね



その後、向かったのは
ポン・タン館という名の
地元特産品を販売している場所

ここでタンカンジュースなんかを飲んだりしたんですが
ココから歩いて行くと

 トローキの滝
トローキの滝
展望スポットへ行けます

 

 そんな滝巡りをしたあとは
これまた昨日、立ち寄った
レストラン「かもがわ」へ

食後は今晩の寝場所を求めて移動となるわけですが
さてさて
どこに行こうか~

 

 


つづく

 


   ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<★ふれあいパーク屋久島★ | ホーム | 屋久島登山 ≪永田岳~高塚小屋≫ 〔九州遠征編〕>>
コメント
--縄文杉--

屋久島縦走お疲れ様でした。
屋久島定番の縄文杉、ウイルソン株、とても凄い木ですね、そして凄い人にビックリです。屋久島のいいところたくさん見させていただきありがとうございます。ますます行きたくなりました。
by: へろへろ * 2009/05/28 20:51 * URL [ 編集] | page top↑
--へろへろさんへ--

へろへろさん、連続コメントどうも恐れ入ります!

このGWのとある一日だけで
縄文杉を見るためだけに千人も
上がってこられたそうです!

実際にこの木々を目の当たりにした人たちは
感嘆の声を上げたと思いますが
縄文杉をはじめとする森全体としても
たいへん驚いていることでしょうね~。
(;^◇^;)ゝ

レポだけ見るとかなり堪能したかのような
印象を受けるかもしれませんが
でも実際には、ほんの一部しか
見てこれませんでした。

見所はまだまだイッパイあるので
是非また行ってみたいですね!
d(*⌒▽⌒*)b
by: ここあパパ * 2009/05/29 19:25 * URL [ 編集] | page top↑
--屋久島!!--

同じ日本でも雰囲気が全然違いますね!!
とっても興味深かったです。
実はボクも屋久島に行ってみたいと思っているのですが・・・、うちのかみさんは「コケ」が苦手なのです。(ボクはむしろ大好き)
でも山の上のほうはラピュタのような世界が広がっているんだな~。

ロングコース日帰り!すごいです! 容認してくれる奥様も立派だと思います。
奥様の協力あってこそですよ!!
これからも単独行&家族レポ楽しみにしてます。
by: HANZO * 2009/05/30 10:21 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、こんにちは~!

いろんな地方の山へ行くようになってから
山の雰囲気の違いに敏感になりましたね~。
九州の山は初めてでしたけど
特に屋久島の場合
独特の植生にたいへん驚きました!

>コケが苦手
こればかりは生理的な問題もあるので
なんとも言えませんが
コケがもつ働きとかを考えると
興味深いのですが・・・
などと言って男性的な思考を
押し付けるのはダメですよね~。
(*^▽^*)ゞ

>ラピュタ
に出てくるロボット兵
出てきてもおかしくない場所でしたよ~。

でも、こんなステキな場所を
日帰りで駆け抜けるのは
ヒジョーにもったいないので
数日かけて歩いた方が
もっともっと味わい深く
屋久島の良さに浸れると思います!

これも全てママさんの協力があってのこと
ホント感謝しています!

HANZOさんも是非機会がありましたら
どうです?
ハワイほどではないにしても
星がキレーでしたよ!(*^^*)ノ
by: ここあパパ * 2009/06/02 18:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/222-a3294bf7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。