スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
皇海山 《前編》
2007 / 06 / 05 ( Tue )

07/6/2(土) 皇海山へ行って来ました。
皇海山
皇海山は左側の大きく見える山ではなく
真ん中に突き出た小さな頂がそうです。
(下山後の林道途中にて撮影)

九州南部も梅雨入りしたのと発表があり
しかも週間天気予報を見ると
どうやら来週末の天気が怪しい~。
いろいろ考えた末
急遽、予定を1週繰り上げての山行としました。

午前1時に家を出発。
東京外環→関越・沼田IC→国道120号→栗原川林道
最後に走った林道は未舗装。
しかも、この林道、ハッキリ言って悪路でした~。ウワサは本当だった・・・
距離は約20km。道幅は1.5車線ほど。
「落石注意」の看板を幾つ見ただろうか?
落石で大小の岩がところどころにあり
ガードレールもかなりへこんでいます~。
でも、さほど危険は感じませんでしたね。(ワタクシの場合はですよ!)
今回走った林道を赤色で示してみました
林道1
ただ凸凹した道の上には、
ところどころに大小様々な岩がゴロゴロしていますので
それ相応のドライビング・テクニックは必要ですね。

暗闇の林道を走るのは
既に何度か経験しておりまして
怖くはないんですが・・・
ただ、あまり楽しいものではありませんね。(* ̄∇ ̄*)

ライトに照らし出されるゴツゴツした岩肌とか
土砂崩れの形跡が残っている場所なんかは
やはり慎重になります。

それから夜の場合
岩が実際より
何だか大きく見えるんですね。
だからアクセルを踏み込むわけにはいきません。

それにスピードを出しすぎると
鋭い岩のせいでタイヤがパンクする可能性もありますから~。
それで最高時速は20kmぐらい。オソッ!
林道区間だけで70分かかりました。ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
林道2
あっ、そうそう暗闇の中、野うさぎや鹿が道を横切る姿が見えましたね。
そのぐらい人気のない静かな林道って言うことでしょうか。
アレガ
その林道の途中で見えてきた皇海山。ヽ( ´¬`)ノ
最初はあの尖がっている山がそうだと思っていました。
でも違っていました(T□T)

駐車場
駐車場に到着すると
既に車が1台止まっていました。
しかもこの写真では分かりませんが
車の反対側にテントを張ってお休み中でした。

朝食&トイレを済ませて
4:45 駐車場を出発!
皇海橋
駐車場を右折するとそこに皇海橋
この橋を渡りきると
登山道入口
登山道入口の標識がありました

案内図

そして、こちらにはお約束の案内図
(ちょいとアバウト)

林道ゲート
案内図の横にあるゲート
ゲートの脇を歩きます。
しばらく林道をくねりながら進むと本当の登山道
本来の登山道入口に到着
ここからが本格的な登山のはじまり、はじまり~ヾ(@~▽~@)ノ徒渉
出ました~早くも徒渉ですよ!
川幅はありますが
要所要所に石があって渡りやすかったです。

標識

この山の良いところは
ポイントごとに標識があるところですね♪

涸れた沢
この沢は涸れていました

標識2
新緑がキレイです~
しかも歩きやすい道なので快適です

横切った沢
再び沢を横切ります

沢沿いの道
こちらは沢に平行した登山道

3分の1
もう3分の1ですか?

笹の道
この辺は笹が生い茂っていました

沢と道
沢と登山道が接したところ

標識3
歩きやすいのでラクですね~

歩きやすい道
カラマツの緑がキレイです

もう中間地点?
え~~もう半分?! !?(゚〇゚;)マ、マジ...
なんかラクなんですけど~!!!

沢と笹
繰り返し現われる沢

開けた場所
ちょっと開けた場所に出てきました。
休憩に良い場所ですね♪
っていっても休みませ~んけどね。

標識4
少し大き目の岩がゴロゴロ

沢道
今度は沢の部分を歩きます
流水はワズカでした

沢道2
でもこの辺りは、水が流れている所を歩きます

後ろを振り返る
後ろを振り返ると
文字通りですね

新しい道
雰囲気的には右側の沢方面に行きたくなりますよね
でも違うんですココは。
上の写真には写っていませんが
手前の右側が新しい道です↓
こっちが新道
この木の左側を登るわけです・・・
この道を進むと急な坂道で
しかもロープなんかもありましたね。
ロープ部分は少しだけですから
あとは普通に登ります
すると・・・
不動沢のコル
不動沢のコルに到着 V(○⌒∇⌒○) イエーイ

鋸山
えいじさんのレポによると
鋸山までは、さほど遠くではなさそうなので
どうしようか迷います。
でっ、とりあえず皇海山に着いてから
考えることにしました。

皇海山へ
熊笹の生い茂るところを歩きます
笹道
でも歩きやすい道でした
あれが頂上??
前方に見えるのが山頂かな?

立ち枯れ
この辺の木は立ち枯れていました (´_`。)グスン
日光白根山でも同じものを見ましたが
原因は諸説あって特定されてはいないようですが
酸性雨説とも言われていたのを思い出しました。

この辺から見た景色を動画を撮ってみました。
↓どうやらレンズに埃が付着していたようです



山
赤城山が見えました

あと少し
山頂まであと400m

青銅の剣
青銅の剣  デカッ
この先を行くと・・・
山頂
6:20 山頂に到着です!! ヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/
しかも、ここまで誰~ともお会いしていません~。
百名山の山で、こんな経験も
アリですよね。
おかげで
とっても静かなヤマノボリでした。

でも何かが違う・・・
そうスタートしてから約1時間半で山頂って・・・
早くないですか!!走ってもいないのに!!
(自分でもビックリ!!栗饅頭)



皇海山 《後編》に続く

↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<皇海山 《後編》 | ホーム | ヤマケイJOY>>
コメント
----

こんにちは!
皇海山。行きたいのですが、
やはり、林道走りがネックで・・・
でもって、やっぱり大変そう・・・ですね。
70分か・・・耐えられそうにないです。
山頂からの動画、
登った気分になりましたV(^0^)続き
楽しみにしております♪
by: アフー * 2007/06/05 10:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

おー、ここあパパさん、SKY山に行かれましたかー。わたし、ここ山深くて大好きです。足尾の方からまた行ってみたいなーと思ってます。
栗原川林道に入る道、わかりずらいですよね(^^;
鋸山にも行かれたご様子ですね。
鋸山から・・・、おっと後編見てからにしましょうね(笑。

ところで、最近登られてる山のラインナップ・・・、ここあパパさんも百名山完登を目指されているのですかー?
by: まゆ太 * 2007/06/05 21:09 * URL [ 編集] | page top↑
--やはり悪路でしたか~--

アプローチ林道の悪名高き皇海山行ったんですねー。いろいろな方のブログ見ていても山に登る前に疲れてしまいそうとの事で、車の運転苦手な自分としては奥の手を使っていくしかないかな~と思ってます。そこをさらに夜走るのは道幅が分からないのでさらに怖い。。。対向車なんか来ようものならパニック間違いなし!(笑)
その代わりに皇海山までのアプローチは比較的楽みたいですね(1時間半だと気楽に歩けそうですね)。さらに鋸山の景観はカッコイイ~。後半も楽しみにしてますね。
by: tripgood * 2007/06/06 00:22 * URL [ 編集] | page top↑
--楽勝--

ここあパパさんならもう楽々ですね~
鋸、もちろん行かれましたよね(^^♪
展望こちらの方がいいですもん(^o^)
それにしても林道はいやでしたね・・
助手席でも緊張場面ありました^_^;
by: sanae * 2007/06/06 09:36 * URL [ 編集] | page top↑
--アフーさんへ--

コメントありがとうございます。

ホントこの林道が曲者でして~
でも、この林道を制覇すれば後はラクラクでしたよ~。

まぁ~とりあえず林道の運転は、親分さんにお任せして
その後ゆっくり登ったとしても平標山に比べたら、もーすぐに着いちゃいますから。(^^)
だいじょうぶ!!だいじょうぶ!!

是非アフーさんたちにも登ってほしいですね。

くれぐれも林道走りには、ご用心!ご用心!
。o@(^-^)@o。♪ナンチテ
by: ここあパパ * 2007/06/06 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

コメントありがとうございます。

SKY山へ行ってきましたよ!!
本当は行く前に、まゆ太さんのレポ見たかったなぁ~(笑)
鋸山はですね・・・後編で明らかになります。はい~。

あっ百名山の話ですね。百名山は目指してはいないって言ったら語弊はあるんですけど、百名山を参考にしつつ登っているというのが正しいかもしれませんね。
今まで山のキレイな写真とかを見ながら景色のいいところや個人的に気になる山専門に登ってきたので、他の山についてはあまり知らなかったのですね。今思えば。
それから山ブロガーの皆さんのレポを読んでいくうちに、いろんな発見をしまして、いかに自分が山(100名山を含め)を知らないかを実感しました。なので、今、体力のあるうちに(だいぶ落ちてきましたが・・・)登っちゃえーってな感じで突き進んでいます。ツキイチという制限付きなんですがね~。

でっ現在の状況ですが、今回のSKY山ともう一つ行った山とで丁度50座目となりました。
たぶん今後の計画次第ではありますが、80ぐらいまでは登れるんじゃ~ないかと思っています。それ以降は分かりませんが、気長に続けられたらなぁ~っていう感じでしょうか。

まゆ太さんたちは着々と100に進んでいるようですから、今後とも応援していますよ!

それと同時にレポの方も参考にさせていただきまーす。

*本日の日経☆デビューおめでとうございます♪
by: ここあパパ * 2007/06/06 22:41 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

コメントありがとうございます。

一言で言うと"悪路"。でも林道の全てがそうかというと実はそうでもないんですよね。
基本的にこの道路、車が通るためのものですから舗装道路を走るのとは全然違うんですが、普通車が走るのに問題はないんですよね。

ただ走り方が問題でして、注意するのは岩や凸凹した路面のハンドルさばきとスピードの加減でしょうかね。(=´Д`=)ゞ

>奥の手
といいますと・・・あのコースのことですか?tripgoodさんが行くとしたら、あのルートを行くのかなぁ??

実はそのコースとっても興味があるんですがtripgoodさんが行かれたら是非レポ読んでみたいですね。(o^-^o)
期待して待っていまーす。
by: ここあパパ * 2007/06/06 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

コメントありがとうございます。

>ここあパパさんならもう楽々ですね~

はい、今回はラクラクでした!
あっ、でも鋸には行かなかったんですよね。
皇海山の頂上では展望がイマイチでしたから
展望の良い鋸に行けなかったことだけが
本当に悔やまれます~(T△T)

それから助手席って怖くありませんか?
特に対向車とすれ違ったりするとき
路肩ぎりぎりの時なんかは、
崖から落っこちやしないかビクビクしますよね。
でも目をつぶって寝ていれば気にならないかもしれませんよ~。
その時だけは(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
by: ここあパパ * 2007/06/07 12:42 * URL [ 編集] | page top↑
--ち、ちがいますよ~(汗)--

いえいえいえ、そちらの奥の手ではないですよ~。
ここあパパさんがイメージしているのは、おそらく最強山のぼらーのしげぞうさんが去年の今頃行かれたコースの事を言っているのでしょうか。。。
無謀にも一瞬考えてしまいましたが、距離が長いだけならともかく、険しい&笹畑を泳いでいかないといけなさそうなあのコースは早々に却下となってました(笑)。
。。。なのでここあパパさんと同じコースをたどらせて頂く予定ですよ。
by: tripgood * 2007/06/07 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

ありゃ~違うんですか~?
奥の手ってあったので、すっかりあの難コースに挑むのかと思っちゃいました(笑)

でも考えてみたら、あのコースに比べたら悪路の林道なんて、な~んてことないですからね。
(;^_^A

ところでtripgoodさんが皇海山に行く時は、どこの山とセットなのか?とっても気になります。
by: ここあパパ * 2007/06/07 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/22-c8400c6f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。