スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
開聞岳 〔九州遠征編〕
2009 / 05 / 09 ( Sat )

 週末、良いお天気なのに
GWの疲れが抜けきらない自分って・・・(;^◇^;)ゝ

今日は山道具の整理とかしていたんですが
レインウェアって洗濯機で洗うと
あら不思議
手洗いよりキレーになるんですね~
ぜんぜん落ちなかった汚れが
驚くほど取れて
見違えました~!
◇ ◇ ◇
さてGWのレポ、やっと着手できまして
1日目をやっとアップしま~す
では、どーぞー
その公園から

09/4/28

この日、仕事を早めに切り上げまして 
家に帰ってから荷物を車に積み込んで
カーナビをセットすると
な、なんと目的地まで

1450km
どんだけ走るんだ~

午後5時ごろには家を出発
ところが出発して間もなく
案の定っていうか
いつものように首都高の渋滞に引っかかり
都内を脱出するのに手間取りました~

その後は渋滞もなく
快適に高速道路を走り順調に移動

でも、さすが深夜ともなると睡魔との闘いが続くわけでして
ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだり
必死に闘っていたわけなんですが・・・

山陽自動車道のトンネルが続く中
突然、前方を走るトラックの後部タイヤ1本がバースト!
ドッカーーーン
オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
物凄い爆発音がトンネル内に響き渡りました~~

も~ビックリ!!
心臓に悪いですよ~~ 
あわててブレーキを踏みましたけど
肝心のトラックは何事もなく走り続けてましたね 

こんなこともあって
眠気はイッキに吹き飛ばされました~

その後、無事九州に入り
約1100キロの道のりを走破したところで
さすがに辛くなってきたので
運転をママさんに交代
そのついでに佐賀県・広川SAで朝食をゲット
あとは開聞岳の登山口のある
鹿児島県指宿市へGO!


09/4/29

開聞岳へ向かう途中
池田湖
池田湖に立ち寄ってみました~


池田湖といえば・・・

 いっしー君
イッシーくん

その昔、テレビのワイドショーとかで
騒がれていた事は知ってましたけど
今じゃ風前の灯

今でもこんなに形で残ってました~(^_^)

 お花
場所を変えると
こんなお花畑もありましたよ~

 

 かいもん
観光気分に浸りながら

 観光客
マッタリしたいところですが

 

 花花
今日の日程を考えると
そうもしていられませ~ん

 

 白いっしー
イッシーくんに別れを告げ

 

 近づく
開聞岳へ向かいます!

 

 駐車場
かいもん山麓ふれあい公園

2合目登山口手前の駐車場に車を停め
ここからスタートですが

ママと子供たちには
悪いけど待っててもらいました~
m(_ _;)m ゴメン!!

 道
時刻は午前10時半

 

 登山口
登山するには
遅めの時間

地図上のコースタイムでは
上り1時間25分
下り1時間20分
単純計算で約4時間

 

 木漏れ日
4時間も下で家族を待たせるわけにはいきませんから

 

 ひっそり
薄暗い登山道を
少々ハイピッチで進むものの

 

 狭い道
昨晩というか今朝方
移動する車中で1時間寝たぐらいですから
ほとんど徹夜に近い状態

 

 薄暗い
急ぎたいけど
体が重い・・・

 

 樹林帯
それにザンネンなことに
山用ズボン&サポートタイツを
家に忘れてきたこともあり
自分としては、かなりショック・・・
こんなこと初めて

 ベンチ
トレラン用短靴とジーンズで登っている姿は
一見すると
いかにも観光客風情が
そのままの勢いで来ちゃったみたいな・・・

そんなスタイルで登っている
自分の不甲斐無さもあって
テンション低っ

 

 階段
この日は南国特有の蒸し暑さはなく
樹林帯ではありますが
むしろ涼しいくらい

 

 根っこ
それにしても
さすが九州の山

植生の違いを感じます

 

 五合目
スタートが遅かったとはいえ
意外と登っている人、多かったですね

中高年ばかりでなく
20代、30代と若い方や
小学生ぐらいの子連れファミリーとか
年齢層に幅がありました~

 

 海
展望のない樹林帯の合間から
こんな景色が眺められます


 池だ
先ほどまでいた池田湖

 

 再び
ごく普通の登山道+こんな階段もあったりしますが
危険箇所はなかったですね

 

景色
先ほど見えた池田湖は見えなくなりましたが

この山の登山道って
頂上に向けて
らせん状になっているんですが
そのことは
変化する景色からも分かります

 

 ひたすら
もしも山頂に真っ直ぐな登山道があったら
距離は短く済むんでしょうけど

実際は直登できない道のせいで
歩く距離はその分長くなるわけでして
加えて展望のない道ということもあり
やや単調気味でしたね

 

 岩
岩のごろごろした場所もあったりして
多少歩きにくいところもありますが
身軽な装備にものをいわせ
小走りで移動

 

 6合目
6合目

 

 注意書き
この登山道
お花が少ないのは
こんな理由からなんでしょうか?


 まだかな
ひたすら頂上に向けて移動

 

 ところどころ
時々出現する階段で
気分転換

 

 すみれ

 よく見た花

 7合目
あと1.1km

 

 良い眺め
この景色はあまり変わりませんが

 海岸線
この山って
下の方に目を向けると
すぐ海なんですよね~

地図を見ると
この開聞岳をぐるっと一周するように歩ける
自然歩道があるみたいなんですが
下に見えるラインがそれかな~

 ちなみに
上の写真っていうのが
海を見ながら
こんな登山道の途中から撮ったものなんですが
こういう場所は
ほんの一部でして

そのほとんどが樹林帯

 

 仙人洞
仙人洞

 

 これが
これがそうなんでしょうか?

 8合目
あともう少し

 

 9合目
ラスト400m

 

 うわー
うわ~
これまた絶景です!!

枕崎方面は霞んでますけど
山から見る海ってステキですね!

 

 はしご
珍しくはしごなんかもありましたけど


 

 何度となく
この辺から見た景色は抜群でした♪

多少急な道を上がっていくと

 山頂
開聞岳の山頂に到着~

 

 くつろぐ人々
山頂に着くと早速
家族に携帯でTV電話中継

今どこにいるのか
聞いたところ
公園のアスレチックで遊んでいるとのこと
そして、もそろそろ子供たちも飽きてきた頃なんで
早く帰ってきてとのことでした~

えっ、でも今やっと山頂に
たどり着いたばかりなんで
少し休んで
1時間ぐらいしたら
帰ることを告げてバイバイ

すると
そんな会話を一部始終聞いていた近くの方が
「ご家族と来れなくて残念でしたね~」 

(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ
ママと会話している時に
背後で「パパ~」と連呼している子供たちの声が聞こえたようです

 さっきまで
山頂から見た池田湖

 アップ
拡大すると
先ほどいた池のほとりの様子が
分かります


岬
長崎鼻とその先に大隈半島

 

 波
この日の海は
波も穏やか

 

 山頂標識
1000mにも満たないこのお山
以前から憧れでした~

よく海岸沿いから撮影した写真とかを見ることがあって
素晴らしなぁ~
いつか行ってみたいなぁと
思っていたんですよね
 

なによりも標高以上に
印象的な円錐形のこの山容は
人を引き付ける魅力を兼ね備えているようにも思えます

実際この山でお会いしたの中には
何べんも登っている方もいたりして
いろんな人たちに愛されていることを実感しました

 ★

さて下山と行きましょうか

 下山
帰りは更に急ぎ足です (o^∇^o)

早く帰ってきて~という
リクエストに応えねばなりませんから・・・

 

 公園
その頃
家族は駐車場に向かっていたようです

 

 ぐるっと
ゆっくりしたいのは
やまやまですが
家族が下で待っていると思うと
自然に足が速まりますっ

 

 でも
そうはいうものの
じっくり山と向き合えないほど
走り下るというのは
なんかモッタイナイですね

 

 あと半分
道は比較的歩きやすいほうでしたから
タッタカ急ぎ足で下りまして

 

 戻ってきた
気づけば1時間もかからずに
下りてきちゃいました~

 

 へ#12316;
この看板によると
片道で2時間30分

自分の場合その時間だけで
往復してきちゃいました・・・

 

 昼下がり
最後はこの道を進んでいけば
すぐ駐車場です

 地図
途中から軌跡のズレが酷いんですが・・・

 【まとめ】
■2009年4月29日(水)■天気:晴れ■
■開聞岳■かいもんだけ■924m■鹿児島県■
■コースタイム■  
2合目登山口・駐車場10:35⇒12:05 開聞岳(山頂) 12:15⇒13:10 駐車場

*********************

  田んぼ
下山後どこに向かったかというと

 温泉
こちらの温泉施設
ヘルシーランド

こちらの温泉ってリーズナブルなお値段で
たいへん助かりましたが
石けんやシャンプーって持参しないといけないんですね

 

ここでゆっくり汗を流してから


その後、向かった先は・・・

山ズボンを買うため鹿児島市内の
登山専門店・シェルパ

まさかこんな所でズボンを買う羽目になるなんて・・・(;^_^A
幸い10%OFFセールをしていたので助かりました~



その後はカーナビで探した回転寿司店で夕食
地元で捕れたネタもあって
たいへん美味しかったです♪



夕食後は翌朝
乗船するフェリーの発着する埠頭を確認すべく移動

 しばし
鹿児島港内にあるショッピング施設
ドルフィンポート前の広場にて遊ぶ子供たち



この後、今晩の宿泊場所を探すために
ウロウロするものの
結局は鹿児島本港南埠頭の駐車場で
一晩過ごすことに・・・


つづく

 



   ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<★鹿児島港★ | ホーム | なんとか目的達成~(^_^;)>>
コメント
--展望が綺麗ですね--

こんなに綺麗だったんですね。
地図で見るとそうだとは思っていましたが、私が登った時は雨だったので何も見えなかったので、眺望の素晴らしさを知ることができました。ありがとうございます。
by: えいじ * 2009/05/10 10:24 * URL [ 編集] | page top↑
--緑が濃いですね。--

海の青と木々の緑の対比がとてもきれいです。
山からこんな間近に海が見えるのは新鮮ですね! 
それにしても恐るべし体力&精神力。
ここあパパさんはもちろん、ファミリー全員すごいです!!
我家では絶対計画できないです~~。
by: HANZO * 2009/05/12 17:55 * URL [ 編集] | page top↑
--えいじさんへ--

えいじさん、こんにちは~!

えいじさんのレポを改めて拝見しました~。
お天気が悪いと山の印象って変わりますよね。
開聞岳は場所柄、海に面していますから
海上からもすくに識別できて
日中は往来する船の
目印代わりの役目を担っていたことは
よ~く分かりました。

幸いにもGW前半は晴天でしたらか
気持ちの良い山歩きができたのですが
その代わり後半はダメダメのお天気でして
えいじさんが味わった雨の山歩き
しっかりと体験しちゃいました~(´~`ヾ)
by: ここあパパ * 2009/05/14 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、こんにちは~!

緑の濃さ、確かに自分もそう感じました~。
ただ、まだ5月なので
盛夏の頃だとさらに濃くなるのかな~
などと思ったりもしましたね。

角田山もそうでしたけど
海が見える山って気分が違いますね~。
山で雲海はよく見るにしても
文字どおりの海の輝きは
眺めていて全然飽きがきませんよね。

今回の九州遠征は
家族の協力なしでは実現できなかったので
これにはただただ感謝です。(*^.^*)

レポはまだ続きますので
気長にお待ちくださ~い。(^_^)
by: ここあパパ * 2009/05/14 12:32 * URL [ 編集] | page top↑
--開門岳--

はじめまして、
GW九州を廻っていらしたのですね。
僕も、九州を廻っていました。
開門岳、天候がよく、最高の山登りのようでしたね。
僕は屋久島へは行っていませんが、続きのレポも順に楽しませていただきます。
by: へろへろ * 2009/05/16 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
--へろへろさんへ--

へろへろさん、はじめまして
こんにちは~!('-'*)ヨロシク♪

へろへろさんも九州を回ったのですね。
この時期、九州へ行かれる方は
やはり考えることが一緒のようです~(;^◇^;)ゝ
それにこれは何も山ブロガーに限らないみたいで
同じように歩かれた方も少なくないみたいですね。

>屋久島
実は当初の計画では、屋久島は含まれていませんでした~。
でもセッカク遠征するんだし
次回来るとしたらいつになるのか分からないから~
ならば行っちゃえ~ということになりまして・・・
その結果、たいへんな強行軍になっちゃいました~。(笑)

続きのレポなんですが
まだ全然進んでなくて、、、、
ガンバリマ~ス(〃⌒ー⌒〃)ゞ
by: ここあパパ * 2009/05/20 16:19 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/215-3b4d0cc9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。