スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
天城山 《後編》
2007 / 05 / 26 ( Sat )

天城山 後編
多少の不安もありましたが無事に山頂について一休みしました。

 頂上についてホッとしたのと
よくよく考えてみたら
まともな休憩って
とっていなかったんですよね。

そんなこともあって
早目の昼食休憩にすることにしました。
頂上での展望は楽しめませんが
その代わり静かな山頂で
のんび~りできました。
◇◇◇
帰りのコースですが、
当初、往復して帰るつもりでいましたけど
目の前に設置されていた案内図を見ると
通行可能になった
"しゃくなげコース(新しい迂回ルート)"が
あ~るではないですか。
シャクナゲコース
でも手元にある地図には
通行止めになっていたので
どんな感じなのか興味がわいてきました。
◇◇◇
実はここに到着して間もなく
二人の登山者が来られまして
そのうちの一人の方が
山頂標識とは別の標識のたもとに置かれた
ブリキ缶から何やらノートを取り出しては
記録を付けていました。

そのブリキ缶には〇〇ハイキングクラブって書かれていまして
おそらく地元の山岳会の方だと思われます。

さらにそのお二人さん、
黄色の標識を↓案内板のところへ移動してネジ留めされていました。

きっとこの辺については詳しいのではなかろうか
そう思ったので食事を済ませてから
こちらから近づいて尋ねてみました。
一周コース
すると、やはり、いろいろな情報持っていらっしゃって
道の様子などを親切に教えていただきました。
◇◇◇
それから礼を述べてベンチに戻ると
何と今しがた道を尋ねたおじ様から
焼きたてのアジのミリン干しを一つご馳走になりました。
おいしかったです。
↓奥に座っておられたおじ様方、その節はどうもありがとうございました。
昼食

温度計
気温は約15℃
休んでいると体が冷えてきますよね。
ジャケットを羽織ります。
元気
食事が済んで元気になったなり~(^^)

富士山閉店
もう一度フジサンをと見てみると
あ~本日の富士山
もう閉店で~す(* ̄▽ ̄)ノ~~
乗せてー
この後、下山を開始するのですが
ここにきて背負子に「乗りたい」とせがまれまして~。
しかーし、ハパとしては
できればもう少し歩いてほしいので
「ガンバローねっ、もう少し歩いたら乗せてあげるかなね」などと言ってお茶を濁します。σ(^_^;)
お花
この辺は、お花のトンネル状態でしたね
きれいだね~☆
子供に気をそらせる作戦!決行

このまま花をゆっくり眺めたかったのですが
後ろから集団が来たので足を速めます
分岐点
シャクナゲコースへの分岐点

また言い出します。
「ねぇ~え~これ乗りたーい」
「うん、もうちょっとしたら乗せてあげるねぇ」
しばらくするとまた後ろから団体さんの声が
急ぎます。

と、ところが子供から
「パパ、おしっこ」
えっ!?(゚〇゚;)
でも、ここじゃーまずいっ!
なぜなら、すぐ後ろには登山者グループが。
でもその方たちが過ぎ去るのを持っているわけにはいきません。
だって子供って我慢できないのですよね~
仕方がないので
先を急いで距離を稼ぐことに。





(ー。ー)フゥ
やっと人気のないところに来たので
そろそろ

・・・・・・・・・・・。

はぁー無事終了 (* v v)。
下り道

・・・さすがに子供も疲れたようなので
ここで背負子を使うことにしました。

久しぶりです。

昨年の10月に谷川岳へ行った時、以来ですね。

実は、3歳の誕生日を機に
背負子はもう卒業と決めていたのです。

なぜ3歳か?
まぁ~特に意味はないのですよね。ぶっちゃけ。
ベビーキャリアの対応体重Max20㎏にはまだ達していませんから~
正直にいいますと・・自分が辛いだけでして・・・トホホ・・・。ε= (´∞` )

しかし、今回の場合
もしもの保険ということで持ってきていたのでした。
(でも使うことは想定内)
でも実際、この山道ですし・・・
しかも、ここまでよくがんばったことでもあるので
素直に乗せてあげることにしました。。。(ー_ーゞ
追い抜かれて
背負子を準備している間に追い抜かれる

ところで私の荷物・・・当然ですが
重くなりましたよ~
子供の体重15㎏
+
背負子の重量3㎏
+
水・お菓子・着替え+α

約20㎏

テント泊装備だと思えばこのくらい
フツー
ですよね。フツーですよ!

って、そう思えばヘッチャラサー((o("へ")o)) 
輝く緑
一人歩きですからスピードはアップ!!

トンネル
一本の木がトンネルのようになっています。
でも、こういのが曲者でして
ベビーキャリアに引っかけちゃうのですよね~

うっとりする
この緑の若葉に癒されます~

ホテル
遠くに見えるのはゴルフ場の施設でしょうか?

しゃくなげ
☆シャクナゲがキレイに咲いていました☆

木々
時々こうして仰ぎ見る空と若葉がタマリマセン(^▽^)/

一方、背中で担がれているお嬢さんは
かな~り
ラクチンらしく陽気に歌まで歌いだす始末。
しかもオリジナル曲&大声。
人が聞いていたらハズカシイから
トーン下げてってお願いしても
聞く耳もたず
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

標識

背負子
背負子orベビーキャリア
すれ違った方に撮っていただきました。

まだありますね

密度の濃い緑
うしろさん
静かになりました。
というのも、どうやら寝てしまったようです。
そうすると、どうなるのかと言いますと
子供の頭がどちらかに偏るのでして・・・
それと共に背中の重心が少しずれるんですね。
ですから肩にかかる荷重が片側に偏って辛くなるんです~。
もう少しだからガマン・ガマン p(´∇`)q ファイトォ~♪
植林
植林と自然林との境界線を歩きます

涸沢分岐点
やっとここまで来ました。えっあと60分か・・・

逞しい木
斜めになりながらも逞しいですね

注意
通行止めの原因はこれだったのか?

境
距離はありましたけど
でも全般的に歩きやすいコースでしたね

つつじ
トウゴクミツバツツジがキレイでした

地図
案内図を発見 (ズームアップ)

道崩壊
登山道の侵食によって木が倒れていますよ!
ちょっと考えさせられます。

ここである動物を発見!
これ何に見えます?







コアラ
アングルを変えて
緑のコアラ
そうコアラに見えるんですけど
皆さんもそう思いませんか?
これって行きにも見ていたのですが、
なぜか帰りに通ったらミョーにピンッときちゃったんですよね♪
(‐^▽^‐)

戻ってきました
やっと登山口に戻ってきました~
「おつかれさまでした」の標識が
うれしかったりするわけでして・・・。

その後、駐車場についてから
背負子の子供を降ろして
すぐさま車で移動。



行きに通った伊豆スカイラインを走ります。
その途中、休憩所に立ち寄ったり
展望スポットで景色を眺めたりしました。
熱海
熱海の市街地が見えますね

初島
角度を変えて遠方には初島が見えますよ~

滝知山
実はここ
"滝知山"っていうところでした。

その後は途中で箱根にいる友人に会いに行って
それから帰宅しました。





おしまい




 


 【まとめ】
■2007年5月12日(土)■天気:晴れ■
■天城山■あまぎさん■1406m(万三郎岳)■静岡県■
■コースタイム■
天城高原(駐車場) 7:25⇒8:50 万二郎岳⇒10:10 万三郎岳 10:40⇒
11:15 涸沢分岐点⇒12:20 天城高原(駐車場)

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<ヤマケイJOY | ホーム | 天城山 《前編》>>
コメント
--これだったのですね~--

なるほどー。緑のコアラって、これの事だったのですね~。行きと帰りに確実に見てましたが、全然気がつかなかったですよ(修行がたりませんねー(ToT))。
う~ん、ここあパパさんの写真をじ~と見ているともうコアラ以外には見えない。。。です(雨が降ると泣いてしまうのでしょうかねー(笑))。
それから、20kgを背負って天城の後半戦はちょっと大変そう。。。でも子供の成長と共に歩ける距離も増えてくるのを見ていくのも今後が楽しみですね(お父さんも何Kgまで背負えるかもちょっと気になりますが...(笑))。
by: tripgood * 2007/05/27 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgood さんへ--

緑のコアラ・・・実はそう言うことでした=^-^=♪

昨晩、山の本を眺めていると、また山に行きたい!って言うんですよね。子供が。
それで今度は家族みんなで行くけど全部一人で歩くんだよ!!と念を押しておきました(^^)
さすがにこの間の下りでは、膝にきました~(T△T)

これまで最高25kgぐらいまでは背負った記憶はあるんですが・・・。
最近は機動性重視の方向に進んでいる関係で、テン泊していないんですよね。
ですから、ある意味いいトレーニングにはなりました~。
(;~〓~)
by: ここあパパ * 2007/05/28 12:37 * URL [ 編集] | page top↑
--最高のトレーニング--

ここあパパさ~ん^^
ホント、お疲れ様でした・・・!

ここあパパさんの感性・・・好きやわ~緑のコアラね~^^ 
私も、よく山並や木なんかを何かの顔にたとえたりしますよん^^

しかし、子供さんを背負うのが、ここあパパの最高のトレーニングだったりして・・・(笑)

以前、一度だけうちの主人が、お友達の子供を背負って山歩きしたことがありますが、ザックと違い、それは、もう、重いと言っていましたm--m

ここあパパの強さはここにあり~!!

しかし、新緑の天城山・・・素敵ですね^^



by: みい * 2007/05/28 17:27 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

いつもコメントありがとうございます。

子供と過ごす時間が増え、自然に子供と同じ感性になっちゃったみたいですね~。すっかり!(笑)

この間も夜、月を見ては「今日のお月さんオレンジみたい」とか。先日はバナナと言ったりして・・・。子供の発想は本当に面白いですね。
大人が考えもしないことを口にするものだから
私の方が感化されたのかも・・・。σ(^_^;)

それから、既にご主人は経験済みでしたか~。子供背負い!!
確かに、同じ重さでも子供と山の荷物では、なぜか違いがあるんですよね。
なぜ子供の場合、重く感じるのかがいつも不思議なんです!?

でも、これって良いトレーニングになりますよー。ホントに~。
荷物と違ってぞんざいに扱えませんし、しかも慎重且つ子供に配慮した姿勢の維持が求められます。これ続けるだけで相当筋力アップまちがいないですって!

宜しかったらお貸ししましょうか?ウチの子供(^^)
by: ここあパパ * 2007/05/29 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
--パチパチ--

本当にモデルさんみたいで可愛いですね~
よく歩かせました(笑)
娘の山デビューは5歳半からですよ。

私はスキーで背負いながら滑るのが夢でしてけど、ターンの度に太ももに掛かる娘の重さにヘロヘロでしたね。3歳14㌔ぐらいだったかなぁ。 寝た子は重い!

日向山、夜叉神峠は子連れに最適だと思いますよ。私のレポを参考にしてくれたら嬉しいな。
by: 小春号 * 2007/05/30 16:15 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

コメントありがとうございます。

本人はどうしても山に行きたいらしく一緒に行くことになったんですが、いざ歩く段になると一人じゃいやいやで、しかもこちらとしては常に手をつないで歩かされました。
(;´Д`A ```

それにしても子供を背負ってスキーですか!
それはそれは高度なテクニックを要しますよね。バランスとるのに四苦八苦しそうです。
来シーズンには子供にスキー体験をなんて考えているのですが、どうなるやら・・・。

今後は、子供の成長と共に是非、小春号さんの山レポを参考にさせていただきますね!
いつも本当にありがとうございます。
by: ここあパパ * 2007/05/30 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした~--

ここあちゃん可愛いですね~
ベンチにちょこんと座っている姿やポーズをとったりお歌を歌ったり目に浮かぶようです。
ウチも背負子のお世話になって、少し前までおじいちゃんのトシちゃんが孫を背負ってました。
今はさすがに重くて無理ですが(笑)
その背負子、今は知り合いの家に回ってます。
大変ですよね。荷物とは違いますからとても気を遣いますよね。
盛りだくさんのお出かけになってさすがタフなお父さんとお嬢さんです(^^ゞ
by: sanae * 2007/06/01 12:09 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

コメントありがとうございます。

天真爛漫で全くの恐れ知らず、かと思えば「急がないと後ろから人(登山者)が来ちゃうから歩こー」と急かすと、何か怖いものがやってくるのかと勘違いして、花の写真を撮るのに子供から少し遠ざかるだけで泣き出したりして、私から離れるのを極度に嫌がったりと、トホホな感じでした~。(´△`)

それでも、また山には行きたいらしく、実は今日、パパ一人で山に行ってきたのですが、行く前日は寂しそうな顔して訴えてくるのですよね(; ̄ー ̄A

ごめんね。次は一緒に行こうね~。と約束するパパでした。

トシちゃん(こんな言い方でいいんでしょうか)も背負子を使われたのですね。これって経験した人しか分からないものですよね。
背負ってから「楽勝!楽勝!」って思っても長時間だとヤッパリ・・・ですよね。(^^)
お孫さんにとっても良い思い出になったのではないでしょうか。

話は山に戻りますが
今日は日光方面へ行ってきたのですが
ツーリングしている方、多いですね~。
トシちゃんたちもこんな感じで走ったのかなぁ~なんて思いながら見ちゃいました。
新緑に中、みんなで楽しいのでしょうね。

いつも本当にありがとうございます!!
by: ここあパパ * 2007/06/02 19:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/19-c18b0365
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。