スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
北横岳 《後編》
2009 / 02 / 21 ( Sat )

 今年もスギ花粉のいや~な季節が到来
外に出るのがチョット辛く感じるので
この時期、雪山の方にしか興味ないんですが
しかーし今年は、雪が少なくて少し物足りない感じですね

◆ ◆ ◆

そんな雪の少なかった北横岳の続きのレポをどうぞ~♪
*今回は写真多くて長いです*
坪庭 

 


 北横岳・山頂からの展望には大満足!

カメラマン
初めて訪れたお山でしけど
人気が高い理由
よーく分かりました

 

 やつ
だってこんなステキな展望が
僅か1時間登るくらいで見えるんですから
とってもお徳ですよね

 


 山頂
そんな場所ですから
写真を撮りたくなるのも頷けます

 

 戻る
さ~て
戻りましょうか

 と言いつつ望遠レンズを持ってきたので
ついつい写真撮影に力が入ります

 

千丈ヶ岳
千丈ヶ岳の手前に見えるの鋸岳

今年、登りたい山の一つです
険しい山みたいなんですが
いつか行ってみたいです

 

 甲斐駒
甲斐駒や北岳もキレイに見えます

 

 ひと
北峰から離れましたけど
相変わらず人がイッパイの山頂

 

 展望
南峰からは
雄大な南八ヶ岳が一望でき
展望派のワタクシを充分に満足させてくれました

 

 

 わんさか
いや~それにしても
続々と登ってきますね~

 

 

 足跡
登山道から外れた踏み後からすると
そちらへ行くともっと展望良くなるのかな

 

 

 踏み跡
あれだけの人数が登っているわけですから
道は足跡だらけ

 

 下って
そのまま下っていくと

 

 小屋
北横岳ヒュッテに到着

ザックをデポする方も多いみたいですね

そのまま下り続けると

  どうしようか
これから向かう予定の三ツ岳が見えました
(望遠で撮ってます)

 

 進んで
そのまま下り道となりますが

 

 分岐
この分岐から左へ進みます

 

 トレース
前方に見えるアチラの岩山へレッツゴー!

 

 岩
北横岳までの道のりは
どちらかと言うと単調
でもコッチの方が
変化があって楽しかったです

 

 

 静か
踏み跡もしっかりしていて
心配ありません

 

 見えてきた
ただ岩山ですし
初めて歩く道でしたから
多少、不安もありましたが


 ててくと
ま~何とかなるもんです

 

 北横岳
北横岳もコチラか見ると
こんな感じ

 

 あれだ
三ツ岳もニョッキとして
特徴のあるピークです

 

 さいごに
あとはココを進んで行くわけですが

 

 入笠山
振り返るとアチラに
入笠山

 

 歩いてる
ロープウェイ山頂駅からは
北横岳へ向かう
登山者の姿が確認できました

 

 ここを
さてこの道を進むと

 

 記念に
ここが三ツ岳の山頂
ちなみに↑の写真は
ここに居られた単独の男性に撮っていただきました

少しばかりお話したら
昨日は北横岳ヒュッテに泊まられたとのこと

今朝、ご来光どうでしたか?
訊いてみたら

 
ダメだったようです

やはり・・・
というのも実は早朝、ココに来る時に
山頂周辺にいやな雲がかかっていたので
もしやと思っていたのですが
案の定そうでしたか

 でもその後は雲も取れて
この通りの快晴
八ヶ岳
ここら見る八ヶ岳は
チョッピリ隠れ気味

 

 南ア
南アルプスも何とか見えます


 人人
列を成して歩く登山者たち

 

 全景
こうやって見るとこの場所が
坪庭と言われる所以がよく分かります

 

  北横岳と
この地点から見た北横岳と蓼科山

先程いた北横岳からすると展望はイマイチ
コチラのほうが標高低いので
仕方ないですね

 

 

 北信
それでも北信の山々も見えたり

 

 あれは
ギザギザした山も見えますし

 

 こっちは
いろいろと見えて展望バッチリです

 

 え#12316;
あれは??

 

 三ッ岳
一通り展望を楽しんだら
三ツ岳ともお別れです

次は雨池峠へ向けて出発!

 

 進みます
ごつごつした岩山なので
雪でルートが分かりにくいのですが
幸いトレースがあるので
それに従って歩きます

 

 

振り返って
実はコチラの道なんですが
本当に静か

 

足跡に
先ほどの喧騒とは
打って変わって
好感のもてるコースでしたよ

 

 彼
三ツ岳の山頂で会った彼も同じルートでしょうか
コチラに向かって移動してきました

 

 岩岩
初めて歩く雪道って

 

 岩岩を
一抹の不安もありますが
踏み跡をたどりながら
慎重に歩を進めました

 

 下から
ところが
雪が少ないせいか
岩と岩のくぼみに隙間があって
そこに落ちないよう
トレッキングポールで
確認しながら
これまた慎重に前進

 

 浅間山
いや~ココから見える浅間山もステキです(望遠)

 

 下るんですね
さて、ここからの下りなんですが

 

 急
意外と急でして
アイゼンなしだとヤバイかも・・・

 
でも着けるメンドウだし~
ま、いっかということでポールで制動しながら
下っていったのですが・・・

ズル~ルルル~~~

ありゃりゃりゃ・・・・・

見事すべりました~

 

おまけに首からぶら下げていたデジイチ
少し擦りましたよ~(T_T)

ま~たいしたことないから気にしない気にしない

 

 滑った
無事、難所?を通過すれば
ごく普通の雪道を歩きまして

 

 今度は
でも下ったと思ったら今度は
登り道だったりします

 

 

 縞枯山
だんだんと縞枯山も近づいてきましたよ

 

中央アルプス
中央アルプス

 

 池
あれが雨池みたいですね

 

 一人で
この季節、池も雪と氷で白くなってますね

 

 雪の登り道
下ったと思ったら
再び登り道

 

 きつい
アップダウンは堪えます

この日一番辛く感じた登り道

 

 まだかな
立ち枯れた
山林の中

 

 どこが
北横岳のズッシリした山容が見えます

 

 ここって
雨池山の山頂ってこの辺だと思うんですが・・・

結局よく分からず・・・

道の真ん中で
腰を下ろしてプチ休憩

結局このルート
出合った人は一人だけ
ホント静かな場所でした
 


 再び
休憩&栄養補給で
元気回復!

 

 広く
一山越えたら
あとは下るだけ

 

 イッキに
ここからの下りの早かったこと

 

 立ち枯れ
途中、立ち枯れた場所を横目に

 

 縞枯山が
イッキに下山

 

 一本道
あとはココを進むだけ

 

 着いた
あっ気なく分岐点に到着

 

 広い道
最後は
ココを真っ直ぐ進むだけ

 

あ、小屋だ
小屋が見えてきた!

 

 縞枯山荘
これが縞枯山荘か~

 

 入口
ログハウス風のステキな小屋なんですが
屋根がトタンの波板というのが・・・

あ、でも中はきっとステキなんでしょうね~(=^▽^=)

 

 つらら
ツララがこんなに

 

 旗
道の途中、スキーで下って来る方がいたりして
気持ち良さそう

 

 

 気分良く
緩やかな坂道を進むと

 

 ココまで来れば
山頂駅が見えてきました~

 

 着いたぞ
後半、急ぎ足だったんですが

それには訳がありました

 

 合流
じつは家族と合流することになってまして 
無事、合流できました
サングラスしているパパってヤッパ怪しいな~(;^◇^;)ゝ

 

 その後はスキーで下ることも考えましたが
それは次回にするとして
山頂駅・1階にある売店&休憩場で
のんびりしながら休息

 

その後は

ロープウェイ
ロープウェイに乗ったけど
空き空きの車内
当然ですよね
ほとんどがスキー客ですから~

 窓越し
景色を眺めるため
窓からキョロキョロと

 

 

 ゲレンデ
そしてゲレンデを見ると

やはり雪は少なし

このまま降らなかったらどうなることやら・・・

 

 駐車場
あっという間に山麓駅に到着

 

 乗り場
そのまま帰るのはモッタイナイので

 スキーでも・・・

 スキー場 いえ、スキーはせずに

キッズスペースでソリ遊び
ここで何往復したことか・・・

 

 雪だるま
そして雪だるまを作ったりしながら
マッタリ過ごしまして

 

 定員オーバー
最後はソリで下って

早々と家に帰るのでした~

   マップ

 【まとめ】
■2009年2月7日(土)■天気:晴れ■
■北横岳(八ヶ岳)■きたよこだけ■2480m■長野県■
■コースタイム■ 
ロープウェイ山頂駅 9:10⇒9:55 北横岳(北峰・山頂) 10:25⇒11:00 三ツ岳 11:10⇒
11:55  雨池山 12:05⇒12:30   ロープウェイ山頂駅


おしまい

 

 ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   

 ・・・(*^.^*)エヘッ 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<節分草に逢いたくて! | ホーム | 北横岳 《前編》>>
コメント
--きれいですね!--

綺麗ですね~! ヤツはもちろん、浅間もカッコイイです。
ロープウェイを利用して、手軽にこの景色が見れるのはいいですね!

実は何度も計画している所なのですが、なかなか行けず・・・(涙)

スキーを担いで山頂駅にデポ。山頂ピストンした後、スキーに履き替えてゲレンデ滑走!

・・・したいです・・・。 あの方の足が良くなれば・・・。  はぁ、来年が濃厚だなぁ・・・。
by: HANZO * 2009/02/26 18:06 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、こんばんは!

ここって初心者でも手軽に
楽しめる雪山入門の山でしたね~。
歩き終えてから感じたのは
我が家の子供たちでも行けたかも?
とそう思わせるほど楽勝でしたよん。

但し山頂での猛烈な風が
体温を奪うので寒さ対策をシッカリして
行かないと痛い目に遭います!

スキーデポしてから山頂ピストン。
実はこの方法も考えたんですが
家族を引き連れていたこともあり
諦めました。。。(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

紙ちゃんも早く良くなるとイイですね!
"山は逃げない"とよく言いますが
回復するその時まで、しばらくは
お預けではありますが
期待を裏切らない展望が待ってますので
是非その時まで楽しみをとって置いてくださいネ!
(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/02/27 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/188-dcd8a15a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。