スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
天狗岳 《前編》
2009 / 01 / 31 ( Sat )

外はあいにくの雨
この季節としては珍しいですね
やはりこの冬は、暖冬なんでしょうか?
適度な湿り気はインフルエンザの発生を抑えるからいいのかな~
なんてのん気に考えたりしていますが
世間では世界的な不景気風邪で
そっちの方がよっぽど重症で
今たいへん気になります・・・

◆ ◆ ◆

さてお待たせしましたが
チョウド2週間前に登った山のレポです
宜しかったらどうぞご覧下さいませ~
山頂標識 

 

09/1/17

 いつものように天気予報とニラメッコ

何とかギリギリ良さそうなエリアだということで選んだ八ヶ岳

でも当日のお天気は・・・

駐車場
曇ってました (*゚.゚)ゞポリポリ

駐車場に車を止めて
支度を調えてから出発進行!

少しばかり車道を歩いて
渋の湯・温泉宿へ向かいます
駐車料金1000円(高っ)を支払ったところ

駐車証の用紙を車の中の見えるところに置いといてほしいとのこと

えっ車のところまで
また戻らないといけないの~!
ったくと思いつつ
結局、駐車場まで往復してからの再スタート

 渋の湯
温泉(硫黄)の香り漂う道を進みまして

 

 

 登山届
突き当たった所にあるこの場所で
登山届を提出

 

 橋
その横にある橋を渡ると

早速、雪道を登ります

まだ朝早いため
樹林帯は暗かったので写真はナシですが

 

 分岐
あれ、もー分岐ですか?

そうそう
このエリアって方々に道が延びてまして
地図で確認しないと間違えそう

 

 雪道
ふかふかの雪にはしっかりとした
トレースが残ってますから
全く心配はありません

 

けど気になるのは・・・
今使っている冬靴

グリップ力に欠けるせいか
歩いている滑るのでとっても疲れます

 

そこで本日、用意してきた
スノーシューの出番と相成りました~
(今シーズン初でしたね)

 

 また
天狗岳方面へは
そのまま矢印に従って前進です

 

 雪
ビギナーにも易しい
トレースばっちりの雪山

 

 雪
ホントさすが八ヶ岳です
真冬でも入山者の多いことは
これだけで実感できます

 

 積雪
山にしては
傾斜も緩く
とってもラクチンな感じでしたが・・・

 

 ふーふー
どーも体重が増えたせいか
動きにキレがありません

 

 道標
少し平らな場所を過ぎて

 

 単調
なんだか道幅が狭くなったようにも思えます

 


 明るい
やはりスノーシューだと歩きにくく感じましたが
左右のスノーシュー同士で踏みつけないよう
大股でかっ歩でした

 

 雪道を
そして天気がイマイチなこともありましたし
スノーシューの足運びも気になるので
この日は下ばかり見てたかな

 

 まだまだ
一旦下ってから
再び登り道

 

 

 これは
この木は何の木?

 

 トウヒ
トウヒだとうそで

でもトウヒっていうと
どうしても"頭皮"をイメージしちゃうのは
ワタシだけ???(;^◇^;)ゝ

 


 ツリー
ここまで登っていく間に
二人の下山者とすれ違いましたが


 雪深く
それ以外は誰とも会わず
いたって静か

 

 ふかふか
周囲の樹木には
雪がこんもり

 

 シャクナゲ
これはシャクナゲですね

 

 天気
樹林帯を抜けると

 

 ガス
今までとは違った風景が目に飛び込んできました

 

小屋
やっと黒百合ヒュッテに到着

 温度計
玄関横の温度計
これ見るだけでも凍えてきます

スノーシューを外して
中へ入ると

 受付
すっきりした室内には誰もいません

奥では洗い物をしているスタッフの方が
忙しそうにお仕事されてました

外は寒かったですが
小屋の中も寒いのは変わりません

だって暖房が利いてませんでしたから

ま~それでも幾らかはマシですよね

 室内
ザックを降ろして
一息ついてから
ホットミルクを注文

 

 ホットミルク
しばらく待ってから出てきました~

そしたらテーブルの真ん中にある
↑このストーブに火を点けてくださいまして
お陰で温まりながら
休憩できました~

 

ついでに軽く食事をとって休んでいたら
単独の男性が中に入って来られました

お話ししてみるとどうやら同じくらいの雪山経験
 
八つは久しぶりだとおっしゃるこの男性
少し親近感を持ちました ヘ(・_・ヘ)エヘヘ

自分もまだまだビギナーの域を脱してはいませんので・・・

 出発
ここからアイゼンにしようか迷いましたが
とりあえず行けるところまでスノーシューで行ってみようか
ということでそのまま前進です

 

 晴れてくれ
僅かではありますが太陽の光が見えてきました!

 

 小屋
人間、希望が見えてくると
気分も変わるものですね

 

 わー
それに見て下さい
青空です!

 

 少しだけ
俄然、テンション上がります!

 

 

 期待
この辺り
ふかふかの雪なんで
スノーシューで正解かも!

 

 雪深い
それでも、けっこう足跡が残っていたりして
そこそこ入山者いるのかな?

 

 中山峠中山峠です

ここから展望が期待できるようですが・・・
ガスってました。。。
ザンネン

 峠
それにしても
見るだけでサムソーな標識ですよね

 トレース
ふかふかのパウダーの上を滑るじゃなく
歩きます

 天候
ここいらで何とか見えた展望♪

 

 マッチロ
凍てつく木々を見ながら進みます

 

 僅かに
時おり覗かせる青空

もっと晴れないかな~

 

 前方
でもそれもつかの間でして
直ぐに雲で覆われる
そんな繰り返しでした

前方の岩場を目にした自分

このままスノーシューだと
岩場を越えるのは難しいだろと判断し

 バトンタッチ
そこでアイゼンにチェンジ!

実はこのアイゼン
先月登った恵那山以来なんですが
ところがこのアイゼンについている
アンチスノープレートにヒビが入ってまして
交換用のプレートを買いに行けなくてそのままでした

◆ ◆
 

アイゼンを取り付けている間に
先程、小屋で出会った例の彼に追い抜かれました~

こんなところで追いつかれるとは
少しだけ焦りつつも
どうせ雪山ですから
変に焦っても仕方がないんですがね

 

その後、アイゼンを装着したら
ガシガシと岩場を越えたら・・・

あれれフツーにスノーシューでも行けたじゃん

ガックシ

ま~いずれ履くことになるかもしれないし
ま、いっか

 

 多少
お~多少、視界も良くなってきた感じ

 

 ロープ
それでも目指す
天狗岳方面はガスガス

 

 下山者
あっ上から下りてくる人の姿が

 

 すれ違い
どうやら山頂のお天気は
ダメだったみたいですね

 

 十字架
まるで十字架のような道標と遭遇

 

 頭上
雲の上には青空が望めるのに
雲が取れませ~ん

 

 樹林
再び樹林コースへ進むと

 

 見えた
その途中、振り返ると
稲子岳とかにゅうなど
北八ヶ岳の山々が一望できました

 

 人の姿
あ、あんなところにも人の姿が

このまま霧氷の木々の下を
歩いていくと

 追いついた
さっき追い抜いていった彼に
やっと追いつきました~

 

 こんな感じで
その彼に撮っていただいた自分の姿
とっても怪しいんですが・・・(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

あっこのゴーグルなんですが
先日購入したばかりでして初めて使ってみました

先程アイゼンを装着した時に
着けてみたんですが・・・
何かうっとうしかったので
首にかけて歩いていたら
見事、吐息のせいでゴーグルの内側が
全部、凍ってました
これじゃ何も見えないジャーン(T_T)

その後しばらくは
下山してくる方たちを待ちながら
小休止

それからは雪の天狗岳
最後の難関?へのアタック開始です!




振り返る
この日、最大の斜度でしたけど
雪山初心者には
適度な緊張感が味わえるかも

でも自分の場合
チョット物足りなかったかな~
片手にピッケル
もう片方にはトレッキングポール

ピッケルだと短くてバランスとるのに
頼りないので
両手使いで登るとたいへんラクです(←自分の場合はです)

 視界が
だんだん陽が射してきた感じです!

 

 あれかな
あれが山頂かな?

 

 どうやら
そんな想像をしながら進んでいくと・・・

 

 まだでした
ありゃ~
山頂はその先でした~

 

 

 こんどこそ
気を取り直して
登っていくと

 

 やっと山頂だ#12316;
今度こそ
山頂で~す!

↑の写真はガスが晴れた一瞬を撮影したものですが
いや~それにしても風が強いです

温度計を見ると
-13℃
山小屋で見た気温と変わりませんね
でも明らかにこの強風のせいで
体感温度はかなり低いです


 記念撮影
誰もいない山頂で
オモチャみたいな軽量三脚でのセルフ撮影

さーてこのあとどうしようかな

 



後編へ続く

 

 

 ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪ 

 

 

 


スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<天狗岳 《後編》 | ホーム | 台東区立下町風俗資料館>>
コメント
--ナイス冬山~!!!--

iya~いや~楽しそうな冬山です。ナイスなコメントも最高です。また、伺います。
by: Shige * 2009/01/31 08:32 * URL [ 編集] | page top↑
--寒そう--

ここあパパさん、こんにちは~

3月辺りの信州遠征では天狗岳を第一候補に考えているので、
興味津々です。

怪しい姿を見ると、相当寒そうですね・・・

続きも楽しみにしています(^^)
by: しょもも * 2009/01/31 13:10 * URL [ 編集] | page top↑
--なつかし~--

こんにちは、
いいですね、八ヶ岳大好きです。
雪が降ると森がきれいに衣替えですよね。
すてきだなあ。
去年、渋の湯から高見石で遊びました。
スノーシューでそのあと、黒百合ヒュッテまで散歩して帰ったのを思い出します。
北アがきれいに見えていて、感動しました。
天狗岳はアイゼンも持っていなかったので行かなかったのですが、いつか行きたいですね。
しかし、寒そう~。風が強くないですか?
では後半レポも楽しみ。
by: choco * 2009/02/01 01:22 * URL [ 編集] | page top↑
--Shigeさんへ--

Shigeさん、こんばんは~!
コメントありがとうございます。

雪山ってそう何度も行ける状況ではないんですが
久しぶりに行けて楽しかったです。

でもホントは、もっといろんなところにも
出かけてみたいんですが
お天気とか自分の技量とかを考えると
行ける山ってどうしても絞られてしまいますね。

それで更に雪山研究を重ねないと
幅やなんかは広がらないですよね。
そんなんですから今のところ次の候補が
中々浮かんできません。(ノ_・。)

やはりこの時季ですと
スキーがあるといいんでしょうかね。
スキーだと選択肢が増えるのかな?

まだまだ勉強が足りないようなので
その辺からもっと強化しなければ・・・(;^_^A
by: ここあパパ * 2009/02/03 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
--しょももさんへ--

しょももさん、こんにちは!

3月でしたら天候も安定している頃だと思いますから
寒さもほどほどの良い時期だと思いますよ!

今年は暖冬のせいで、これでもラクな感じがするのは
気のせいでしょうか?
ただお天気次第で気温も変化しますので
準備万端で突撃しないと痛い目にあいます。
(自分みたいに・・・)

ところで天狗岳クラスでしたら
奥さまも許してくれるのかな?
ワタクシのレポ見てビビらなければイイのですが
以前に吹雪いている中登った
赤岳の時よりは楽勝でした~。

石川県から八ヶ岳へは遠征になると思いますが
どうぞ十分気をつけてお出かけくださ~い(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/02/03 12:56 * URL [ 編集] | page top↑
--chocoさんへ--

chocoさん、こんばんは!

chocoさんは、昨年行かれたのですね。
しかも高見石から黒百合ヒュッテ経由でしたか~。
スノーシューで雪山ハイク、楽しいですよね!
しかも北アが見えたんですか~!イイな~
今回はザンネンながら全然見えませんでした。。

>八ヶ岳
実はヤマノボリ歴、そこそこあるのに
全然興味わかないエリアだったんですよね~。
というのもヤツを通り越して北ア
バッカリ出かけていたせいで
これまで八ヶ岳はシカト状態。
ホント雪山を登るようになってからですね。
八ヶ岳を見直すようになったのは。
それ以来、中央道を走っている時なんか
存在感バツグンのあの山塊を
ついつい運転中にも拘らずチラチラと
見ちゃうんですよね。危ない危ない・・・(;^_^A

>天狗岳
chocoさんが行ける時まで
少なくともあと1、2年は先でしょうか。
それまで体力を温存しつつ
子育てという名のヤマノボリがんばってくださいね!
by: ここあパパ * 2009/02/03 20:45 * URL [ 編集] | page top↑
--山の引き出し--

山の経験・・場数を踏む・・一番大事な事なのですが、皆さん忙しいから数は行けないよね、山岳会に入るのも色々な障害があります。まあ、良い出会いが有ればラッキーですが、最悪のケースもあります。受け入れる会の方としても同様です。だから最近は講習山行・ガイドツアーが盛んなのでしょう。そんな事、言ってますがShigeも講習山行出身です。単独行に限界を感じて、受講しましたが今は良かったと思っています。おかげでよい仲間達と出会い現在に至ります。山経験はまだまだですね・・よくドジを踏みます。その結果がアキレス君断裂でしたね・・最悪です。ではでは、また伺います。
by: Shige * 2009/02/03 23:24 * URL [ 編集] | page top↑
--Shigeさんへ--

Shigeさん、こんばんは!
お返事遅くなってしまってスミマセン。

確かに無雪期の登山でしたら場数を踏むことで
ある程度のことはそれで済んじゃいますよね。
でもさらに高度な技術を要するレベルとなると
さすがに独学では限界があります~。

それをカバーする一つの方法として
山の会に所属するというのも
手っ取り早い方法であることは、承知しているんですが
しかし、そこまでのめり込めるほどの余力が今ないんですよね。

仕事のない休日は、可能な限り
家族と過ごす時間に充てたいと思うので
趣味としてのヤマノボリの世界に
さらに深くかかわることはデキナイ状況であります。
これが若くて独身の時だったら話は別なんですが・・・

>講習会
これって興味はあるんですが
実際に受けてみるようかというところまでは
行っていないんですよね~。
団体(大勢で行動する)が苦手というのもあるかもです。
あ、中には受講料無料の所とかもあるみたいですから
そんな敷居の低いところなら・・・(;^◇^;)ゝ

話は変わりますが実は、今日も
雪のある山へ行ってきたんですが
今年って雪が少ないですね。
うすうすは感じていましたが
その現実を目の当たりにしました~。

それにまだ二月だというのに
今日は一日暖かな日でしたから
雪山の厳しさをほんのりと味わいたいと出かけたはずなのに
何だか肩透かしくらったような、そんな感じでした。

そして雪が少ないことをいいことに
アイゼンを全く使わずに下山してたら
もろ滑って転びました~
自分も調子に乗ってドジ踏まないよう注意しないとです(;^_^A
by: ここあパパ * 2009/02/07 23:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/181-f1b9fa6f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。