スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
恵那山 《前編》
2009 / 01 / 07 ( Wed )

都内を走る車の台数が少ないのは
やはり景気を反映しているからなんでしょうか?
だとしたら
少しぐらい渋滞していた方が良いのかな~
◆ ◆ ◆
年末におNewのカメラを持参して
山へ向かったのはいいのだけれど
風が強くて寒いし雪が舞うしで
せっかく登って行ったのに
あんまり撮れませんでした~(ノ_・、)シクシク
それにグローブしたままだとシャッターが押しにくいし~
広がる展望


 

08/12/31

風邪でダウンしていた年末
何とか回復してきたこともあり
一年の最後に山へ出かけることにしました~ 


毎年、迷惑千万なあの初日の出暴走
渋滞に巻き込まれるのも嫌なので
少しだけ早めに家を出るつもりが
結局はいつものように深夜の出発

中央道・飯田山本ICを降りてから
一般道の途中にあるコンビニで食料を調達
その後は登山口前の駐車場へ向けてGo!

林道へ進むと心配していた雪もほとんどなくて
なんか拍子抜け
念のため冬用タイヤに交換してきたのにね
ま~それでも何があるか分からないので
この季節は必要です!

駐車場に着くとそこは真っ暗な場所
誰かいるかと思ったら
自分の車だけでした~

こんな時期に登ろうとする人はあまりいませんよね~

車の窓から外を見上げると星空がキレー♪
冬の空は空気が澄んでいて
星の観測には適してます

さて夜明けまでには
1時間以上あるので少しばかり仮眠しましょうか

でもさすがに車のエンジンを切ると夜は寒いので
アイドリングストップはせず
ぬくぬくと休息

その後、星が見えにくくなった夜明け前に
身支度を整えたら
6:25 いざ出発!!

登山口
駐車場前には林道のゲートがありまして
その横からのスタートなんですが
その前に登山届を書こうと思ったら
用紙はあるのにペンがなくて
結局は書かずにそのまま出発
スミマセンネ書かなくて

 夜明け
薄暗い林道をてくてくと一人歩き
まだ明るくないので
カメラでの撮影は厳しいけど
こんな時デジカメは便利ですね
感度を上げると何とか撮影できちゃいますから

 

 落石注意
崩落注意の看板
道の上に散乱する小さな岩が気になりますが
用心しながら通過

 

 トンネル
途中、こんなトンネルをくぐりまして

 

 抜けると
その先に見える尾根に思いを馳せながら
快適に歩くものの

 

 林道
道は凍っていて
気をつけないと滑ります

 

 左へ
ここが広河原のようですね

 

 ここから
本来の登山道はここからがスタート
一旦沢の方に下りまして

 

 橋
滑り落ちないように慎重に橋の上へ

 

 

 沢
そんな橋の上から山の方に目を向けると
こんな感じでした

 

 上り始め
その後はフツーの登山道

 

 笹
雪道の上を歩きまして

 

 明るく
踏み跡から数日前にも歩いた方がいたことが伺えました

 

 日差し
東の方角から差し込む朝日

 

 ひたすら 
雪は大した量じゃないけど
やはり滑りやすく
こういった道は苦手でございます


 あれは
恵那山ってあっちの方かな?

 

 空
この日は、やや風が強く吹いていまして
雲の流れが早いです

 

 木立
アイゼンを出すまでもない雪の量なんですが
グリップ力の弱い靴のせいか
歩きづらいです

 

 植生の違い
事前にネットで拾い読みした恵那山レポ
それによると退屈そうな樹林歩きがあるようでして
ある程度は覚悟していましたが

 

 直立
落葉した今の時期だからかもしれませんが

 

 霧氷
メッチャ明るい山林でした~

 

 キレー
しかもこの美しい霧氷♪
考えてみたら
こんなキレーな霧氷を見たのは
初めてです!

 1576
道標には1576Mとあるけど
地図にある1716M地点はまだ先なんですね

 

 雪に
この辺からチョットだけ雪が増えてきたせいか
歩きにくかったです~

 

 雪道
でもアイゼンを使うほどでもないし・・・
念のためスノーシューを持ってきたけど
樹林帯で使うのもどうかな~とか思ったりして
そのまま前進

 空を見ながら
あ~何だか視界が広がってきましたよ~

 

 山並み
山での展望はこうでなくっちゃ♪

 

 雪の道
それにしてもこの日の体調なんですが
病み上がりということもあり
動きにキレがありません(=´▽`=)

 

 続く道
防寒対策としての体脂肪が付き過ぎたせいでしょうか(*´∇`*)

 

 霧氷が
いや~それにしても
こんなキレーな景色が見られるなんて
この季節に来るのも悪くないかも

 

 南アルプス
ここからは南アルプスがよ~く見えるんですね~

 

 急な坂
傾斜がきつくなってきたせいか
この雪で登りづらくなってきました

 

 美しいうひゃ~これまたキレイだ~♪

 

 美
大晦日に登ってきた甲斐がありました~!
正にこれって今年最後の山からのプレゼントだったりしてo(*^▽^*)oエヘヘ!

 

 見とれちゃう
霧氷があまりにも美しかったせいで
足が進みませ~ん

 

 清らか
でも、もそれだけではありません
ペースダウンの原因は・・・
やはり体が重くなったせいもありますし
履いている冬靴が
重いんですよ~
来季は軽量タイプの冬靴に買い替えたいな~ 

 振り返ると
樹林帯から解放された反動で
展望に目が奪われまくり(*^-^)ニコ

 

 進まない
足早に歩いてしまうのが
モッタイナイです

 

 1列
空の青と木や葉っぱの緑
そして霧氷の白
自然の配色の素晴しさに感動しきりでした~

  

 展望
南アルプスが1列に見えるこの展望
 
当初、地味な印象をもっていた恵那山でしたが
こんなに景色が良かったんですね!

 

 きれー
いったい
この場所だけで何枚の写真を撮っただろうか (o^-^o)

 霧氷群
山へは写真撮影がメインではないのですが

 ホント進まない
景色が良いと自然と
シャッターを押す回数が増えますね

 

 すてき
言い忘れましたが
視界が良いと同時にこの日は
風もそこそこ吹いてまして
とにかく寒いっ!
携帯していた温度計は-5℃
さほど下がっていないのに
なぜか気温以上に寒く感じます

やはり風が強い分
体感温度は低めなんでしょうね

★ ★ ★

でもですね
今回初めて着用したこのフリース
↓ ↓ ↓
R3ジャケット
パタゴニア R3ジャケット

正直、ガッカリでした~
っていうか所詮フリースなんで
風を通すのはある程度覚悟はしていたんですけど
昨シーズンまで着ていた
10年近く前に買ったノースのフリースの方が
断然暖かいってどういうことだ~!!


ま~この上からアウター着ればいいわけなんですが
汗で蒸れるのがいやなので
耐えられる気温までは
フリースで頑張っているんですよね

あ~あR4ジャケット(パタゴニア製品の中で最も保温性に優れたフリース)
にすれば良かったのかな~ 

 ★ ★ ★

 ふかふか
多少の積雪が増してきたせいか
トレースも消えかかっていますが
この程度の雪ですから全然問題ないです

 この道
あ~このまま今日は自分一人かな~

 

 霧氷だらけ
実は展望が良かったのはここまでで
この後は再び樹林帯へ突入・・・

 

ということで続きは
後編へ

 

 ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   

  明後日は雨それとも雪かな~
・・・(*^.^*)エヘッ  

スポンサーサイト
| トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
<<恵那山 《後編》 | ホーム | Newカメラ&レンズ♪>>
コメント
--もう一度見直したい山--

昨年ラストのお山は・・・
さく~っと恵那山でしたか~^^
実は、この山~以前、登って
少しガッカリで・・・><
インパクトがない!
雪があるとまた、趣が違うのかな~?
ウェストンが登った長いコースで
もう一度、登ってみようとは思っていますが。。。

ここあパパさん、山スキー始めるんだ~^^
やった~~♪
山スキーの世界は狭いんで、きっと
どこかでバッタリ!しますよ~^^v

ぜいぜい~はぁ~はぁ~(--:)
こけまくっている変なカップルが
いたら我らでっす(笑)
by: みい * 2009/01/08 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

綺麗な霧氷ですね。
私が行った時はガスガスだったので何も見えなかったので良い印象はありませんでしたが展望も綺麗ですね。
by: えいじ * 2009/01/10 21:01 * URL [ 編集] | page top↑
--おめでとうございます--

パパさんこんにちは。
今年もどうぞよろしくです。
恵那山行かれたのですね。
実は私、家から近いのにもかかわらず、「地味」という噂に惑わされ、まだ登っていません。
だって、長くてつらそうなんだもん・・・。
ただ、雪の恵那山はきれいですねえ。
ちょっと、人がいないのが怖いのですけど。
後半も楽しみです。どんな人に会えたのかしら??まさかゼロ??
by: choco * 2009/01/10 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

みいさん、こんばんは~!

恵那山って皆さんのレポを読んでも
何か魅力に欠けるような山だったので
ず~と先延ばしになっていたんですよね。
なので行くなら秋~冬の展望の良い時期が
いいかなと前々から考えていたんですが
予想は的中でした!

この季節ですと北の方よりは
どちらかといえば南側に位置する山域は雪が少なくて
ラクですから、そういう意味では
良い時に行けたと満足しております。

>山スキー
それがですね、スキー用具を購入する資金が
底をつきまして今季はダメになっちゃいました~。(T_T)
でも今日はショップの方へ足を運びまして
スタッフの方からいろいろと教えていただきました~。
話している内に分かったことは
自分の志向からするとテレマークが
いいのかな~なんて思いましたね。
まだ決定ではないんですが
おぼろげだったBCスキーのイメージが
何となくシッカリとしたものになりつつあります。
後は、もう少し自分が何をしたいのか
よく煮詰めてから方向性を定めたいと思っておりますっ!

みいさんたちのバッタリ
本当にどこかで実現できたらイイですね!
o(*^▽^*)oエヘヘ!
by: ここあパパ * 2009/01/12 18:02 * URL [ 編集] | page top↑
--えいじさんへ--

えいじさん、こんばんは~!

行く前までは恵那山には、たいへん失礼ながら
あんまり期待していませんでして
こんなに展望がいいなんて知らなかったので
とっても驚きました~!
それに霧氷がこんなにキレイなものだとは
正直、知りませんでした~。
これまで中々めぐり合うことのなかった
このシチュエーションはホント感激でした~!

えいじさんの山レポは、これまで欠かさず
拝見させていただきましたが
確かガスガスの中のヤマノボリも
ソコソコありましたようね~。
でも、そんな中でも登り通す
えいじさんの意気込み
たいへん恐れ入りました~。(@~▽~@)

えいじさん、この際どうですか?
ガスガスだった山への再訪を
なんていう新たな企画を実行に移すのは・・・(=^▽^=)

以前にもどこかで書きましたが
展望派の自分にとって山への唯一の拘り。
それは、晴天で思う存分景色を堪能することでして
故に何よりも山行を決定する最大要素は
お天気なんですよね~。

えいじさんも今後とも
年末の赤岳や先日の入笠山みたいに
山からの景色を充分に堪能できるとイイですね!
by: ここあパパ * 2009/01/13 22:35 * URL [ 編集] | page top↑
--chocoさんへ--

chocoさん、こんばんは~!
そして本年もヨロシクお願いしま~す!

恵那山って、やはり「地味」な山なんですかね~。
確かにアップダウンのあるあのロングな
神坂峠からのコースなんかだとたいへんそーですよね。
でも今回のコースは最短コースだったので
さほど苦にはなりませんでした~。

当日、出会った登山者は2名。
この時期に登ろうとする人はあんましいないようですね。
でもお陰で静かな山の景色を堪能でき、とっても満足でした~。
確かに人の全くいない雪山って不安になることもありますが
不思議と足跡が残っているだけで
安心感を覚えたりするもんです。
トレースとか全くなかったらチョット不安になったと思いますが
今回はしっかりあったお陰で
特に心配もせず歩きとおすことができました!

行動時間も想定内でしたから
紅白歌合戦もしっかり自宅で最初から
見ることができましたから
1年の締めくくりとしては上出来だったかも。
o(*^▽^*)oエヘヘ!

chocoさんにとって、今年は本当にワクワクする年になりそうですね♪
新たな家族が増える歓びやその後の育児、諸々のお世話とか
いろいろおありかと思いますが、何より平穏無事であることをお祈りいたしますっ!
(^▽^)/
by: ここあパパ * 2009/01/13 23:15 * URL [ 編集] | page top↑
--R3--

私もR3を持っています。
確かに風を通しすぎですね。
まあ、私はスキーでしか使っていませんが、寒いより汗を掻いた方が後の体調を崩す様に思うので、風通しが良くて寒くても着ています。
リフト上ではそんなに寒くはないし。

私もいずれR4を買って、R3はプリモフラッシュジャケットの下に着る時専用にしようかと考えています。

by: いしい * 2009/02/08 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
--いしいさんへ--

いしいさん、はじめまして。こんばんは~。

このR3の素材って使っていくうちに
分かってきたんですがスバラシイですね!
今とっても気に入っています。

ただ寸法が欧米タイプのせいでしょうか。
袖は長いし袖口がゆるゆるなんですよね。
それで、そこの通気性が良すぎて
気温が低いとこれが仇になって寒すぎです。。。

でも基本的には、自分の場合も
速乾性を重視なんです~。
これって冬山のセオリーからすると
反することなんですが、自分の場合
どちらかというとハードな登山をしているせいか
常に汗カキカキしながら動いています。
そんな理由から、かえって涼しいくらいの方が
むしろ適しているようです。
なのでアウターは可能な限り
着ないで歩いています。

でも、この上にジャケットを羽織れば全然寒くないし
そういう意味では充分暖かいです!
袖口からの風の侵入も
グローブ内に袖を入れることで
ある程度防げますから
その後は問題なく使っています。

実はこのR3を購入する時点で
R4も試着はしてみたんですが
何か素材がゴワゴワしていて
しなやかさに欠ける感じがしたんですよね。
それに登山で使用する場合
動く際の妨げになるかな~ということで
結局R3に決めました。

ところでネットでググってみても
R3ジャケットってR2に比べると
あまり出回っていない気がするんですけど
実際のところどうなんでしょうかね?

サイズなんかを国内向けのモデルとして
用意してくれたらもっと売れる気がするんですが・・・(*^.^*)
by: ここあパパ * 2009/02/11 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/174-263fe2bd
【初日の出暴走】についてブログの検索結果をまとめると…
初日の出暴走 についてブログの検索結果をまとめると… 最新キーワードチェック!【2009/03/04 11:18】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。