スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
高妻山~戸隠山 《前編》
2008 / 11 / 06 ( Thu )

先日、東京・神田の某山ショップへ
フリースを買いに出かけ
ショッピングしている間に車を路駐していたら
アチャ~~~見事、駐車禁止のシールが・・・(´~`ヾ)
今やフリースなんてユニクロでお手軽価格で買えるご時世
奮発してパタゴニアなんぞ手に入れて喜んだのもつかの間
さらに高くつきました。。。
★ ★ ★
さて、いつもながらすっかり遅くなりましたが
レポの方ができたので
よろしければご覧くださいませ~
月と高妻 

08/10/18

前日の天気予報
晴れの予報に期待も高まり
懸案だったあのへ出発を決定!

ところが毎度毎度の深夜のドライブ
今日に限って眠くて眠くて・・・

2度もパーキングで仮眠しながら
なんとか登山口に到着~

夜明け前ということもあり
再び仮眠
(三度寝)

車内は暗いながらも
だんだんと空の星の数も減り
空も少しばかり明るくなってきたので
出発の準備にとりかかります 

身支度を整えたら
駐車場を離れ
戸隠牧場へ歩き出します
案内図
高妻山へは
この牧場の中を通って行くのですね

 牧場のゲート横を通過し
広い牧場の道の真っ直ぐな一本道を
進んで行くと

 


入口
家畜の出入りを制限するための牧柵を通って
先行していた男性を追い抜きました~

 

 夜明け前
その後は誰もいない
登山道を一人で前進

 

 

 センサー
すると入山者カウンターが出現
その横を通って行くと

 

ゲート
再びゲートを通過

 

 森の中
その後は静かな森の中

 

 木々
森の木々は紅葉まっさかり

 

 

登山道
クマさんとのバッタリもいやなので
ここは鈴を鳴らしながらの山歩き

 


 小さな沢
小さな沢沿いの道を歩きます

 

高度を上げて
紅葉した山林を眺めながら
とってもステキです!

 

 だんだんと
季節がら野鳥の声はなく淋しいですが
沢の流れる音を聴きながら
歩きます
 

 朝日
後ろを振り返ると
そろそろ日の出かな

 

 くさり 滑滝
陽が射してきました

鎖もありますが
なくても登れましたね

 

 枯れた沢
こんな感じの道を登って行きますが

 陽を浴びて
やわらかい朝日を浴びた葉っぱがキレー♪

 

 燃えるように
何度も振り返りながら
色づく葉っぱの景色に癒されました~

 

 

 鎖
再び鎖場
ここが帯岩って言うところでしょうか?

鎖なんですが
ちょっと変わった設置方法でしたね
でもここも鎖は使わずに進めました

 

 のぞき
下を覗くとスリルある場所なんですが
景色が良かったのでここで写真を1枚

 

 これって
慎重に岩場を進み

 

 急な道
こんな坂道を登って行くと

 

 氷清水
水場がありました~
水量は多くありませんが
ここで喉を潤しました~

 

 光いっぱい
その後は陽光を背中いっぱいに浴びながら
歩き続け
太陽から元気をもらいました~

 

 

 雲海
再び振り返って見ると
下の方には幻想的な雲海が

 

 

 月
月を見ながらの山歩き

 

 ここって
一不動
ここも通過点に過ぎませんが 
ここからすぐの場所に

 

 小屋
避難小屋がありまして
中を覗いてみると・・・

 

 

 小屋の中
ガランとした内部
土間にはたき火の跡
天井近くには通気口があって
換気ができるんですね

でも夜は寒そう

 これから向かうところ
さーて
これから高妻山へ向けて出発!

 

 清々しい
山は晴れたお天気に限る
それをモットーにしているんですが
実際は中々難しいですよね~

でも今日は晴天間違いなし!
こんな日に山に来れて感謝です

 まぶしい
日が昇り
雲海の靄が消えていきます

 

 幻想的
それでもよーく見ると
とっても幻想的な光景ですね

 

 

 これから
そんな景色に見とれましたが
この日は早く山頂に立ちたくて
ピッチを上げました

 

 見えた!
だってこんな凛々しい姿を見ちゃったら
自然と足が速まります!

 

 

 ここは
この高妻山って
山頂までの道の途中に
およそではありますが
数字を含む標識が続くのでした~


 道
色づく木々を眺めつつ

 

 たったか
場所によっては
葉っぱの落ちた木々もあったりして

 

 そびえる
それぞれ変化があって
飽きがきません

 

 ふりかえって
振り返ると戸隠方面はこんな感じ

 

 三文殊
三文殊

 

 あれが
あれが五地蔵岳でしょうか
案外近そう

 

 白馬
お~北アルプス、白馬が一望です!
久しく行ってはおりませんが
今年も行けませんでしたね~

も~最近は、すっかり百名山の山ばっかで
既に制覇している北アルプスは
近頃、遠のくばかり

 

 かっこいい
それにしてもカッコいい山です
ほれぼれする山容です~

 かすむ
この頃になると
朝もやは完全に消えたみたい

 もう少しかな
五地蔵山も近づきました

 

 4番目
四普賢

 

 

 やりほー
槍ヶ岳~穂高も見えました~!
これでテンションもアップ!

 

 

 落葉
この辺の雰囲気からしても
山頂も近い感じ

 

 五地蔵
やったー五地蔵山の山頂だ~!

 

 こっちなんですか
あれー
五地蔵山の山頂ってこっちなんですか?

 

 ここが山頂
どうやらココが
五地蔵山の山頂みたいです~
しかし山頂標識はなく???なんですが
ここからの展望はビューティフォー

 

 妙高山
妙高山もこの通りバッチシ♪

 

 黒姫山
こっちは黒姫山

 

 きれー
両者の位置関係はこんな感じです

 

 これから行きますよ
さーて今日の本命でもある
高妻山へ向けてレッツゴー!

五地蔵岳のピークから一旦下っていくと
その途中

 北アルプス
戸隠の上級者コースな山
西岳が見えました~
あのギザギザしたところも歩けるんですよね
興味津津・・・

 こうやって行くんだ
ピラミダルな高妻の山容も 
少しずつ変化してきました

 

 焼山〜妙高
焼岳から火打山、妙高山と一列に並んだその姿は圧巻

 

 7番目
七薬師
あれ6番目はどこだったのかな?

 

 イイ感じ
いや~いつも思うんですが
自然の色使いってゼツミョーですね~

 

 陰影
落葉した樹木の木肌の白が
ほどよいアクセントになっていて
自然の配色って美しいです
何気ない自然の一場面なんですが
いつもハッとさせられます

 

 月が
この日は常に視界の中に月が入ってまして
いろんなアングルから顔を覗かせてました

 

 アップダウン
この尾根沿いの道なんですが
上り下りの繰り返しで
慣れないとチトたいへんです


 枯れ木
山の稜線歩き
景観に変化があって
この先どんな景色が待っているんだろう
そう考えるとワクワクしてきます

 

 展望を楽しみつつ
本格的に山登りをはじめるようになったきっかけは
北アルプスの山の写真を見てからなんですが

 

 月と高妻
それが今では
北ア以外の山にも登るようになって
こうやってその山々を眺めながら
別の山を歩くのも悪くないですね

 

 岩
かつては何の関心もなかった
深田百名山
でも興味を抱かなかったら
きっと
ここへは来なかったでしょうね

 

 戸隠方面
ましてや百名山以外の
戸隠山まで行ってみようなどとも
思わなかったでしょうしね

 

 また行きたいな〜
何かきっかけがあるって
必要だな~と思ったりするわけでして

 

 迫る
名山歩きも悪くありません~

 

 下ってから
が、しかーし
この高妻山への登山道って
所々とっても臭うんですけど~ c(>ω<)ゞ

実は登山口のゲートの脇に通過した際
四角い木箱があったことに気づきました

何の箱かな?
なんて思ったりもしたんですが
後で知りました

その箱って
携帯トイレの回収箱だったんですよね~

百名山とか人気の高い山ですと
オーバーユースの問題ってありますよね
この高妻山もその点で
トイレ問題が切実のようです~ 

高妻山までの行程は長く
その途中にトイレなんてありませんから
もよおしたときには仕方なく山の茂みの中で
お花摘み&キジ打ちする方が続出しているようで

何度となく鼻をつまみたくなる場所がいくつもあって
正直、山歩きよりもあの匂いの方が辛かったかも・・・。
(〃⌒ー⌒〃)ゞ

 

 9番目
九勢至
ここからが長いんですよね~

 これから急登
そういえば遠くから見えた高妻山って
ニョキッとした形をしていて
とても急峻な感じでしたよね~

 ココからが本番
その姿通り山頂に近づけば近づくほど
傾斜は増してきます

 

 急な坂道
でも、お天気が良く、秋のさわやかな風が吹き抜けて
おまけにすばらしい展望もあり
気持ち良く歩けました

 景色を楽しみつつ
右横を見ればそこに妙高山とか見えて
全然飽きがきません

その後はさらに急な道が続きましたが ふーふー
もーそろそろ山頂かな~と思っていたら
あれあれ
まだ続くんですね

 北アルプスを眺めながら
先ほどから見える北アルプスも
少しばかり見え方も違ってきました

 きれいだ〜
わ~手前の山肌を見てくださ~い
紅葉色に染めた木々が
とっても奇麗~♪

 ふぁいと
さー今度こそ山頂が近そうだ!

 十番目
と思ったら
そこは十阿弥陀

 まだ先
山頂はその先でした

 山頂に到着
そして、やっと山頂に到着~
時計を見るとまだ8:30
出発が5:30だったのでジャスト3時間でした 

 しかも山頂独占ですよ!

そんな山頂からの展望をご覧くださいませっ
↓ ↓ ↓

絶景
北アルプスの山々が一望です!

 

 雨飾山
今年の4月に登った雨飾山
あの時、山頂から見た高妻山はこんな感じでした
↓ ↓ ↓ 雨飾山から見た高妻山
視界に入っていたようなんですが
意識して見てはいなかったような・・・


 白馬三山
白馬三山もクッキリ見えました

 五竜
鹿島槍ヶ岳、五竜岳、奥には剣岳が手前の唐松岳と重なって見えたりしてました

 槍ヶ岳
槍ヶ岳から続く穂高連峰

山頂からの展望を楽しみながら
この日、はじめての休憩を一人で過ごすのでした

 

つづく

 

 

 ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪    


スポンサーサイト
| トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
<<高妻山~戸隠山 《中編》 | ホーム | 那須岳の最高峰へ 《後編》>>
コメント
--最高の天気に紅葉--

羨ましすぎです。
紅葉も綺麗だし、眺望も最高ですね。
高妻山は眺望が良いので思ってたより素晴らしい山ですね。
by: えいじ@会社 * 2008/11/06 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

朝日を浴びた紅葉、素晴らしいですね!
僕は昨年、高妻山か雨飾山か迷って雨飾へ行ったんですが、高妻山へも早く行ってみたくなっちゃいました。
by: しょもも * 2008/11/07 14:07 * URL [ 編集] | page top↑
--こんにちはー--

意外!!
選ばれた100個の山、行ってみると見事ですよね・・・。「さすが」なんて、思ったりします。
私の百名山は29個でストップです。
高妻山も戸隠も未踏です~。
パパさんならすぐ踏破されそうです。

写真がきれい~。
お天気も良くて最高ですねえ。
紅葉、今年はほとんど見ていませんよ。
これから街角で見る紅葉が楽しみです。
by: choco * 2008/11/07 23:05 * URL [ 編集] | page top↑
--えいじさんへ--

えいじさん、こんばんは~!

えいじさんも高妻山へは
今年行かれたんですよね~。
山頂からの見た残雪の北アルプス
とってもステキでした!
もちろん、えいじさんもですけど(゚∇^*) テヘ♪
でも、この時の高妻山
紅葉もウットリするほどの眺めでして
季節を変えると違った印象にもなりますよね。

>素晴らしい山ですね
ホント遠くから見た山の形が良くって
心からイイ山だ~と思えた立派な名山でした~!

ところで今年のえいじさん
残り百名山への猛チャージ凄いです!!
てともマネできませ~ん。
ってもう完登しているじゃありませんか~!
おめでとうーございます!!(^_^)∠※PAN!
by: ここあパパ * 2008/11/08 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
--しょももさんへ--

しょももさん、こんばんは~!

考えてみたらドンピシャで紅葉を堪能した記憶って
あんまりないんですよね~。
でも登山を楽しむようになってからは
その時季に行けば絶対に
ハズレってないんですよね~。

なぜか?というと山の標高によって必ず
ピークを迎えている場所があって
その場所へ行けば必ず旬の紅葉を
味わえるんですよね~。

なので単なるドライブで
紅葉狩りに出かけるのとは違い
ジックリ楽しめるのが登山の魅力だと思うですが・・・

そうそう雨飾山の紅葉って有名ですよね。
それに加えて、今回のように
いろんな顔を見せてくれる高妻山へも
しょももさん、来年行けるとイイですね♪
by: ここあパパ * 2008/11/09 00:01 * URL [ 編集] | page top↑
--chocoさんへ--

chocoさん、こんばんは~!

その後、体調はいかがですか?
つわりがあったり安静にしないといけなかったりで
しばらく山はお休みですが
既に29座なんてスゴイじゃないですか!!

これは決して競うようなものでもないんですけど
自分の場合やっと80座となりました。
ある程度、先が見えてきたんですが
なんせ北海道と九州地方は手つかずでして
これがまたいつ行けるのか?未定です~。
ま~あせらずゆっくり制覇できたらと思っておりまする~。

この時の高妻山ですが
紅葉を楽しむのに山はサイコーだな~
と改めて思いました。
でも遠くに出かけなくとも
街中の公園や街路樹、近所の植え込みなんかでも
そこそこ綺麗な紅葉が見られたりして楽しめますもんね!

これから寒い冬に向かっていきますが
お風邪などひきませんように。
薬も飲めませんもんね~。
では、どうぞお大事に~!!(*^.^*)
by: ここあパパ * 2008/11/09 21:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/158-abfefd6d
私書箱
池袋の私書箱の紹介です 激安!池袋の私書箱新規オープンです【2008/11/06 15:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。