スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
飯豊山周回縦走 《2日目・大日岳》
2008 / 08 / 27 ( Wed )

秋を思わせる涼しい日が続きますね
それに夜になると虫の音が心地よく
すっかり気分は
秋山モード
今度は、どこに行こうかなぁ~
なんて考えています
◇◇◇
お待たせしました
飯豊レポ2日目編のスタートで~す! (^o^)/
ばっちり 

 


  御西小屋では
1階が自炊&食事スペース
2階が宿泊スペースになってまして
この日は10人前後の方が寝泊りしてました

でも、かなり空いていたこともあり
適当に寝場所を確保

早速、横になるんですが
その前に携帯のワンセグ
天気予報を見なくっちゃ(*⌒o⌒)

どれどれ・・・
お~受信できました!
でもなぜか福島県エリアに接続
まぁ~いっかー

何々・・ふむふむ
どうも明日は良いけれど
その翌日がダメっぽい
さて、どうしようか??

明日1日繰り上げて
このまま下山すべきなのか
それとも予定通り3日の行程を行くべきか?
とっても悩みます ( ̄ヘ ̄)ウーン

まぁ明日になったら
天気も変わるかもしれないし
この日は、もー寝ることに
Z・・・・Oo 。..(◡ฺ ω◡ฺ)

けれども何だか
とっても寝苦しい・・・ (~ヘ~;)ウーン
なぜかというと暑~いのです。。。!!
そのせいで単独女性の方は
1階へ避難(?)して寝る始末

しかーし、そんな状況なのに
2階にいる皆さん
だれ一人不平を鳴らす者おらず
平然としたご様子
みんな暑くないのかな~?

そんなんで
シュラフを広げる気にはなれず
マットに横になるだけで充分でした
でっそのままガマンして寝ることに・・・ZZZ・・・・

でも、あまりにも蒸し暑いので
イマイチ熟睡できず
夜の12時ごろには目が冴えて
仕方がないので
外へ涼みに ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

するとがキレイに輝いていました~
そのお陰で周囲の山々を
ぐるっと一望でき
ステキな景色を楽しめました~♪

ただ月が明るいせいで
星はあんまし見えません
せっかく流れ星とか見たかったのに
ザンネン

しばらく夜風に当ってから再び小屋の中へ
でも、やっぱり室内は息苦しいほどムッとします

そこで窓を少し開けてみることに
すると・・・
す~と涼しい風が入ってきました
な~んだ最初から窓を開ければ良かったのですね!

その後は
気持ちよく横になれました~

ところが2時半ごろでしょうか
急に目が覚めまして
どうも寝つけない
それじゃ~ということで
再び外に出てみると・・・

今度は月が地平線に隠れ
☆☆☆満点の星が輝いてました☆☆☆

天の川はバッチリ確認できますし
やたら流れ星がビュンビュン見えて
よくよく考えてみたら
ペルセウス座流星群の時期だったんですね
すっかり忘れてました~

山でたくさんの流星が見れて
超感激!!
やっぱ山で見る星は格別です!!

夏にこんな夜空は
滅多に見れませんからね

そこで
いいことを思いつきました!
星空を写真に撮ってみる事にしました~

星空
生憎、ちゃんとした三脚を持ってこなかったので
コンデジ用のミニ三脚に
デジイチを取り付けて撮ってみました~
バランスワルイし、カッコワルイ~

三脚もそうですがレリーズとかもないので
マニュアル撮影にチャレンジ

焦点距離を無限遠にして
ISO3200にセット
適当な場所を見つけて
30秒間だけ露光

暗くてよく分かりませんが
場所を変えながら
トライしてみました

星の撮影なんて
もー久しぶり
銀塩カメラ以来ですね


 小屋と星空
出来映えはご覧の通り
ノイズやら偽色やらたくさん出まして
イマイチ醜い画像ばかり
まぁ~何とか雰囲気だけは伝わるかな~

 

やはりココは
ちゃんとした三脚が欲しかったなぁ~

こんな感じで
暗がりで写真撮っているって
傍から見たらブキミですよね
(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ


あれ~
こなん時間なのに
もーテント撤収しておられる方がいました
スゴ~イ・・・

☆★☆★


その後、二度寝ならぬ三度寝してから
再び3時半ごろには起きて
朝ごはんの支度

まだ暗いので
ヘッデン点けて
小屋の1階の部屋で一人で
腹ごしらえ

食事が済んだら
出発の準備
サブザックをもって外に出ると
空は少しばかり明るくなってました

時刻は午前4時
ヘッデン点けて出発!

暗い登山道を
熊除けの鈴を鳴らしながら
一人で歩きます

昨日、小屋の管理人さんの話では
御西小屋から大日岳まで
1時間あれば着くよ~
と聞いていたので
チョット半信半疑ではありましたが
実際に歩いてみたら・・・

45分ほどで山頂に到着
(地図を見ると2時間だって! これってCT甘すぎですよ~)

この間
暗いので黙々と歩き
写真はナシ  
 山頂
まぁ当然なんですが
この時間
大日岳の山頂は独占状態y(^ー^)yピース!

2128m
飯豊山の最高峰!

 牛首方面
この山頂からは
牛首山とか

 西大日岳
三角点のある西大日岳とかが見えました~

 飯豊本山
そして
日の出前の飯豊本山もバッチリ(^◇^*)/

それから
しばらく日の出を待っていたら

 

 日の出
雲の上から顔を覗かせてくれました~
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

 

 ご来光
南側では雲海が広がってました~

 

 牛首山
山頂から少し離れた場所から見た牛首山
あっちにも行って見たいなぁ~

聞いた話によると
あちらには国体コースっていうのがあって
今ではほとんど歩く人もいないとか
時たま出会うのは人ではなく
クマさんなんだとか・・・(;^_^A

 

 雲
上空には
まるで鳥が翼を広げ
飛んでいるかのような雲がヾ( ~▽~)ツ

 

 雲と空
この日のお天気は晴れ
今日一日、期待できそうです!


 朝日連峰
遠くには朝日連峰
その向こうに見えるのは月山かな?

左に見えるのは以東岳でしょうか

 草花
夏の強烈な陽射しを浴びた草花
草の葉先も変色し
夏の終わりが近づいてる
そんな感じでししたね

 絶景
日が昇ると同時に視界もクッキリしてきました

 吾妻連峰
あれは吾妻連峰ですね
ここからだと遠く感じます~

 下山
山頂からの景色を堪能し
サイコーの気分を味わいましたが

 

 道
この日の行程を考えると
あまりゆっくりできません
そこで小屋に戻ることに

 清々しい
北の方角に目を向けると
今日歩く予定の稜線が一望です!

 

 日出合沢
時期は8月中旬
そして南側の斜面
 
この標高でまだ雪が残っているなんて
冬の間、いかにこの辺りが
雪深いかがよ~く分かります

 岩稜
下ってくると
先程見えていた牛首山の姿が変化します

 朝日を浴びて
明るくなったので
周囲のお花にも目が行くようになってきました

 下ってから
笹で覆われた一帯
これらも
ここが冬の間、雪深い証拠ですよね

 眩しい
下山のときは
ほぼ東の方角に下るので
朝日が眩しー

 朝
コバイケイソウの葉も枯れかかってました
こうなると
もー夏も終盤ですね

 朝の花
緑の夏山
あと一月もすれば
徐々に色づく秋ですね

 登山者
ここで昨晩、小屋で一緒だった単独の方とすれ違いました

 

 

 笹
太陽に向かっての方角だと
写真ムズカシイ~です
フレアーがとうしても入っちゃいますね~

 牛首山と櫛ヶ峰
牛首山とそのうしろに見えるのは櫛ヶ峰でしょうか

 草原
キラキラと輝く草原

 

 日の光
朝の清々しい夏の空気は
とっても 
気持ちがいいです!

 

 続く道
草の生い茂った登山道
スパッツしてきて正解!
足元見ると朝露に濡れて
ビッショリ

 残雪
残雪の残骸

 笹越しに
これから小屋に戻ったら
歩くことになる山並み
今から
楽しみです!

 大日岳の雄姿
登るのは早かったですけど
下るのはもっと早いハズ・・・
しかし写真ばっか撮っていたので
登りより時間かかっちゃいました

 大日岳へと続く道
御西小屋の管理人さんも言ってましたが
登りはホント
時間かかりませんでしたね

 

 歩きやすい道
それもそのはず
歩きやすい
なだらかな道が続いてましたからね~

 

文平ノ池
小さな池がありました
池のほとりにまで行けば
逆さ大日岳
見れたかな?

 小屋が見えてきた
小屋も近づいてきました

 花道
いたるところに
咲き乱れるお花たち
すてきなところ
これでもかーと言わんばかりに
咲き誇ってました!

 笹山
この上り坂を越えてから後ろを見ると・・・

 

カッコイイ
先程より迫力が増した感じに
見えません?

 

もう少し
小屋に向けて歩を進め

 爽やか
そんでもって
ついつい振り返っちゃいます(゚∇^*)

そして明るくなってきたこともありますが
益々お花に目が留まり
これまた釘付け状態

 白 

イワカガミ

 コザクラ 

コバイケイソウ

 ハクサンイチゲ
こんなんだから
登りより下りの方が
時間かかりました~

 

 花花
この辺のお花たち
最盛期は過ぎてましたね

 

 二色

 雪の帯
残り少ない残雪も
融けて融けて・・・

 花道
文字通りの「花道」

 

 土
この辺はななめった感じの道のせいで
幅が広がりつつあるか感じかな
酷くなる前に対策必要でしょうか

 

 残っていた

 あざみ

 戻る
やっと小屋に
戻ってきました~

 ずっしり
往復2時間の山歩き
とても楽しかった~!
♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

 御西小屋
小屋の向こうには

 あっち
 今日これから歩く山が続いてました

 

 

つづく


 ↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<飯豊山周回縦走 《2日目・御西小屋~烏帽子岳》 | ホーム | 飯豊山周回縦走 《1日目・飯豊本山~御西小屋》>>
コメント
--素晴しいのひと言--

あ~~ご馳走様でしたぁ~~!!
素晴しい!!
。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。
言葉がでません^^

大日へのコースタイムって・・・
ホント、あまいですよね~(笑)
全体的に、飯豊のCTは甘いかな?
でも、キツイよりは・・・^~^

でも、我らが昨年、お盆に行った時と比べると秋の気配が・・・??

続きも楽しみにしていますね^^
by: みい * 2008/08/28 10:49 * URL [ 編集] | page top↑
--本当に素晴らしいの一言--

みいさんに先に言われちゃいました(笑)が本当に素晴らしい景色です。

星空の写真、憧れます。デジイチ欲しい~!!
月明かりで山並みが見え、月が沈んでからは満天の星&流星群 なんて!!
・・・贅沢すぎます。 知らずに寝ている人に教えてあげたくなっちゃいますね。
ボクらもペルセウス座流星群を見るべく、稜線にテント泊したんだけど!! 
正解は東北だったんだ~!! 羨ましい、羨ましい!、羨ましい!!(来年こそは! その前にふたご座流星群もあるし!)

そしてご来光、あの雲はまるで白鳥ですね。

これらの景色、実際にその場で見ていたら鳥肌立てて泣いていたかも!!
by: HANZO * 2008/08/29 15:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

飯豊の山並みに花に星空、そして押し寄せる朝の雲海。。。存分に飯豊を満喫してますねー(ホント羨ましい~)。それに、天の川流れる星空の写真も素晴らし~、満天の星空の代名詞がピッタリな夜でしたねー。自分も久々に大の字になってそんな星空を眺めたくなってきましたねー(ビール片手に?...笑)

飯豊後半レポも楽しみにしてま~す。
by: tripgood * 2008/08/30 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

みいさん、こんにちは~!

大日岳だけでお腹イッパイになりました~?
実は、この日はこれだけで終わったわけじゃないんですよね~。
大日岳はホンの序章に過ぎませんでして
このあとの縦走がとっても素晴らしかったです~!!

>CT
あくまでも目安なんでしょうが、つい参考にしちゃいますよね!
なんでも地図によって執筆されている方が違うらしく
それで、どうしてもバラツキが出ちゃうみたいですね。

昨年みいさんたちが行かれた飯豊レポ、改めて拝見いたしました~。
みいさんたちのときは、ザンネンな事にガスっていたんでしたね。
そんな事もあって、今回のレポを見たりすると
この山域の印象も違って見えたんではないでしょうか。

>秋の気配
確か自分が行った時って、しばらく雨がなかったみたいです。
草の葉っぱも心なしかこんがり日焼けしたかのようになってましたし
あとですね大日岳の写真、全てデジイチで撮ったんですが
その時のカメラの設定の関係で多少イエローがかってしまったようです。

今回の山旅では、すっかり飯豊の景色にホレちゃいましたから
またいつか、このエリアを歩いてみたいですね!
by: ここあパパ * 2008/08/31 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、こんばんは~!

写真って風景のホンの一部だけを切り取っているだけなので
その全てをお伝えするのは難しいですね~。
自分が目にした満天の星なんか
実際に写真に撮ろうとしてもムリですし。
ごく限られた景色しか残せないのが
ザンネンなところだったりします~。
でも実際はもっと迫力があって、もっともっと感動的でした!

それに時間があれば、ゆっくりしたかったですが
も~写真撮るだけで精一杯でしたね~。

>流星群
たまたま見た流星の尾の長いこと。
フツーの流れ星とは全然違って
それはそれは本当にキレイでした!
思わず家族に電話したくなりましたけど
さすがに午前3時では・・・(;^◇^;)ゝ
流星群は年間を通して、いろいろありますから
また今度見られるといいですね!

>白鳥
いや~HANZOさんの感性って素晴らしいですね!
そー言われると白鳥に見えてきましたよ~。
星もそうですが夏の雲を眺めるのも好きなんですよね!
特に朝と夕方のモクモクとした立体的に見える雲の塊とか
入道雲みたいにダイナミックなヤツなんかも
見ていて飽きないんですよね。

ところで8月も今日でおしまい。
なんだか夏が終わっちゃうようで寂しい気がするのは
子供の頃を思い出すからでしょうか。(←既に社会人なのに・・・)

飯豊山に限らず東北の山ってどちらかと言うと
マッタリ系が多いので、のんびりするのにイイかもしれませんね。
(今回のワタクシの歩いたコースは全然参考にはなりませんが・・・)

これから夏⇒秋へ移行する季節ですが
しばらく山に行っていないので
どこかに出かけたくなりました。
HANZOさんたち、次はどちらでしょうか?
感動を求めつつステキな場所で時を過ごしたいですね!
by: ここあパパ * 2008/08/31 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

tripgoodさん、おはようございます!

実はワタクシ、真夜中に起き出しては
空を眺めるのが好きなんですよね。(o^∇^o)ノ

でも山に登られる方でも夜に☆空を眺める方って
少ないように感じるのは気のせいでしょうか。
小屋では、皆さんグッスリお休み中でして、そんな中
何度となく外に出て行く自分って・・・(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

星空観察するには適当なベンチがあるとベストなんですが
今回宿泊した小屋には無かったので周辺を歩きながら
場所を変えて眺めてました。
↑の写真でもお分かりのように新潟方面の
夜景も見れたりして全然飽きませんでしたね!

プラネタリウムで星を見るとすぐに眠くなっちゃうんですが
本物の星だと逆に目が冴えちゃいますね。
でもビール片手だとそのまま寝ちゃったりするかも・・・
そんでもって風邪ひいちゃったりして。。。(^ー^* )フフ♪
by: ここあパパ * 2008/09/01 05:56 * URL [ 編集] | page top↑
--羨ましいです!--

早起きして、大正解でしたね。
大日岳で朝日を拝む・・・羨ましいです。

私たちの今回(翌日)、すっかりガス(涙)
何も見えませんでしたよ。

6年前にも大日岳に登りましたが、その時は曇り。

晴れた日に登ったここあパパさん、羨ましいです。

夜の写真、きれいですね。
私はこの夜、すっかり熟睡。
流れ星は見ることができませんでしたよ。

ここあパパさんも飯豊の時から、行ってませんか?
私も飯豊から行けてません。
そろそろ山行きたいですね。
また、飯豊山も行きたいです。

by: 三脚マン * 2008/09/07 11:54 * URL [ 編集] | page top↑
--三脚マンさんへ--

三脚マンさんへ、こんばんは~!

早起きは「三文の徳」と言われますが
三文が現在の貨幣価値に換算すると
どのくらいになるのでしょうか?
よくは分かりませんが、只言える事は
早起きしたことであの風景に出逢えたことは
お金では得られない価値は確かにありました~!

夜明け前の静かな山
明るさが増すと同時に変化する周囲の景色
陽が昇ることで初めて見えた花の数々・・・
どれをとっても新鮮且つ心に琴線に触れる場面でした。

記事では書きませんでしたが
大日岳の山頂で日の出を待っていた時
突然、どこからか低い音のうなり声が聞こえてきました。
実は前日、小屋の管理人さんから
この近辺に熊がいることを聞いていたので
正直焦りました。。。
そこで慌てて熊除けの鈴を鳴らしたのは
言うまでもありません。(;^_^A

それにしてもお天気ってホント読めませんよね~。
特に山にいたりすると尚更分かりません。
三脚マンさんたちにとっても
今回はザンネンでしたね。
次回、訪れる際には、是非晴れてくれるとイイデすね!(*'ー'*)

>飯豊の時から、行ってませんか?
ええ、実はその通り行けてないのです~。
行きたい所はあるんですが、
お天気次第でしょうか。
これでもしムリして行ってガスや雨だったりしたら
晴れた日以上には楽しめないですから
ここはゼッタイに晴天の日を狙ってお出かけしたいですね!
もうすぐ秋の紅葉シーズン。
あ~どこかに行ってみたなぁ~(⌒~⌒)
by: ここあパパ * 2008/09/07 22:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/144-a0bfefb1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。