スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
荒島岳
2007 / 05 / 14 ( Mon )

荒島岳
白山を登り終えた後、荒島岳の登山口へ移動しました。

白山からの下山後、市ノ瀬駐車場に停めた車にすぐに乗り込むとすぐさま移動を開始。
実は白山へ出発する前、カーナビは既に荒島岳登山口へポイントセット済み。
しかーし、車で走らせながらカーナビを見ると登山口までの距離約50km。
しかも到着予想時刻は午後3時を過ぎていました。大丈夫だろうか?
でもこの到着予想というのはあまり当てにならないことは承知していました。
なぜなら車のスピードやその他の条件によっては変わるからです。
それで荒島岳の登山口に到着する時間でアタックするかどうかを決めることにしました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

工事用信号しかない道を快調に飛ばします。
一般公道でも比較的スムーズに移動ができ
途中、自販機でお茶とコーラを買ってのどを潤します。

その後もカーナビの指示に従いながら車を飛ばすと
やっと見えてきたではありませんか。
広がる水田地帯の先に見えるその姿は
そう荒島岳です。
はじめて近くで眺めるこの山の印象ですが
ひとことでいうとカッコいいです。
深Qが百名山に選んだのも分かるような気がしてきました。

順調に車を走らせて行くと
何と午後2時30分前には、カドハラスキー場駐車場に到着。
これなら何とか行けそうです。
そうと決まれば急ぎます。
それから10分で着替えをし、別のザックを取り出しては荷物の移し換えをして
3足目の登山靴に履き替えてからさー
いざ出発進行!




07/4/29(日)
午後2時40分 駐車場を出発。
既に下山して帰りの仕度をしている人もチラホラいて
どう見てもこの日の登山は
もう終盤に入りつつある雰囲気。
それに反するかのように勇ましく出て行くその姿は実に奇妙に映ったことでしょう。
  駐車場
駐車場の上から撮影

ここはスキー場ですが当然ながら
この時期もう雪はありません。
スキー場
意外と急な坂道でしたね
本日2座目ということで最初からシンドイですよ!!
この時間は、やはり山から下りて来る人が多くいまして・・・
下山者たち
すれ違うたびに聞かれました
「これからですか?」
この時間ですから今から登る人っていうのは
やはり奇異の目で見られるわけでして
最初の頃は答えていましたが
その後めんどくさくなりましたね~
新緑
この辺りの緑キレイでした♪

この時間、何だか暑かったです。
白山の涼しかったこと
涼しかったこと
登りはじめてすぐに汗が噴き出してきましたよ
(;´▽`A``
山1
しばらく登ると視界が広がってきました
駐車場はもう随分下のほうですね。
それにしても向かいの山は何ていうのかな?
(地図を見ても名前が無いんですよね)山2
見る方角を変えて眺めます
後でカシミールで確認するものの
やはり特に名前のない山でしたね。
山3
経ヶ岳が少し見えました

まだ登り始めて30分しか経っていないのに
とても長く感じます。2座目ですから・・・(;´Д`A ```


山4
この辺の草地はまだ緑が少なかったです

リフトの終点を目指して歩きますが
今日は何だか一向に着きません。
リフト
リフトの終点に到着
なぜかこの辺りで休憩している方が10名くらいいました。
ここまで下り降りて来ると皆ホッとするのでしょうね。

でも今頃登る自分に対する目は
あれっ何で?
いまごろから?
てっいう感じ

いいんです
今日はそのつもりで来ましたから
それにザックの中には
ヘッデンもありますし~


登山口
登山口って
リフト終点からですか~

ここからの道は歩きやすかったですね登山道
最初はなだらかな道を進みます


標識

登山道2
日が傾いてきたので
チョイと寂しくなりつつあります。
でも、この辺りでもまだ下りて来る登山者の姿がありましたね。


イワウチワ
イワウチワ


タムシバ
タムシバ


コミヤマカタバミ
ミツバオウレン

さすがにキツイ!
通常ベンチに座ることのないこの私が
この山のときほど
座る場所を求めたことはありませんから~


ベンチ
ベンチを見つけると
すぐに腰を下ろしまーす
ん~
↑ベンチの後ろにある切り株を
よく見るとそこには"白山"と彫られていました。
それでその方角を見ると
ジャーン
白山
白山が見えましたよ~
このときの時刻は16:05
約7時間半前にあの天辺にいたのですよね。
一人感慨にひたる
ここあパパでした!!


山頂まで2キロ
森の向こうに山が見えてきました


日の傾きを感じる道
木の影が長くなってきましたね


残雪
やっと残雪のおでまし


階段
こういう階段がきつかった!
(普段は全然感じませんが)

この日一人寂しく歩いていると
すぐ近くの木でドラミングする音が聞こえてきました!
アカゲラです。
しかもその後すぐ近くで2,3羽のアカゲラが戯れる姿を見ることができました。
縄張り争いでしょうか。それとも求愛行動なのかな?


しゃくなげ平
16:45  しゃくなげ平に到着
ここから荒島岳へ向かいますが
いったん下るのですよね┌┤´д`├┐ダル~
いったん下る
日陰の道に入ると少し暗く感じます


ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

下れば当然また上りになるわけでして
これまた
キツイ・キツイ(; ̄д ̄)ハァ↓↓

白山遠望
だんだんと残雪箇所が増えてきました

小荒島岳
それから上り途中で後ろを振り返ると
小荒島岳がニョキっとそびえていました

まだあるー
急な登り道の途中にある標識
あと1.3km
まだあるの~


光る水田
大野市の水田が太陽の光でキラキラ輝いていました
∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!
この風景を見たとき思い出しました。
いつも見ていたライブカメラの映像は
あの水田地帯のどこかで撮っているんだろうなぁと。


山頂までもう少し
あれが頂上かなぁ?


遠望
少し歩き始めるとちょっと立ち止まっては休んで
というパターンを繰り返しながら前進します。


残雪の道
くさった雪の上を慎重に登ります

月
頂上は・・・まだのようですね

もう少し
ふーあそこが頂上か!?

山頂目前
どうやらゴールが近い予感!!

山頂
17:45 ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !! ヤッター頂上ダー!!
喜びも束の間
すぐに三角点の上に腰を下ろしてうなだれます_| ̄|〇i||||||iモウダメ
あーここで泊まりたい!
フカフカのベッドに寝転びたい!
o┤*´Д`*├o アァー
そんな欲求が自然に沸き起こる状況でして
しばし寝入ること5分(-_-)zzz
あっ
そんなことをしている場合じゃない
もう太陽は沈みそうですよー山頂で見る太陽
三角点に腰を下ろしての1枚
立ち上がって写真を撮る気になれないほど
疲れています・・・(;´ρ`) グッタリ

山頂でのサンセット
たいへん魅力的ですが・・・
そーもいっていられません。

こんな所に居続けたらそりゃー
"遭難"扱いになりますって (; ̄ー ̄A

頂上で携帯を試すものの
やっぱり圏外

日が沈む前にできるだけ高度を下げたい一心で
スタスタと駆け下ります。
下山
へたれ登山だった2座目の山ノボリ
一転して下りは快調!ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ・_・)┘ 階段を下る
こんな急な階段もスイスイ行きましたよ!
夕日
しかーし
無常にも沈む一方の太陽。
ここシャクナゲ平で小休止
5分間休眠(-_-)゜zzz
シャリバテになったようで燃料を補給。
だけど食べ物が入らない!
おいしく感じないのです~(>*<)

この疲れ
かなーり
きています~
_| ̄|〇i||||||i
夕暮れ
あ~もう日没ですよ~
ヘッデン用意!
でも、まだ使うほど暗くありません。
空を見るとまだ明るくて助かりました。
夕闇
さすが7時を過ぎるとヘッデンのおでまし
でも天気はいいし
月も明るく照らしてくれていましたからまーなんとかなるでしょう。

あっここで一つ忘れ物があることに気づきました。
それはあの携帯ラジオです。
仕方がないので気分転換に
一人で歌をうたったり口笛を吹いたりして歩きます。
はたから見たらブキミですって

19:25 駐車場に到着。やっとのことでゴーーーーーール!!!  
何とかヘッデン使用は30分ほどで済みました。

すると一人のおば様(暗くて分からないけど)が近づいてきました。
「今登ってきたのですか?」
「えぇ」
「いつ頃登ったの?」
「2時半ぐらいからです」
「あら早かったわね~だいたい6時間ぐらいかかるでしょー」
「えーでも早い人だと4時間半ぐらいで行っちゃうようですから~」
その後もいろいろ聞かれた後
今日2座目であることを告げると
だいぶ驚いたようでして
近くにいた殿方に伝えに行かれました。

駐車場を見渡すと既に明日の登山を控えて
車が数台止まっていました。
そしてその中には、車の外で夕食の準備にとりかかっている様子も。
「あーいいな~自分もゆっくりして何か食べたいなぁー」
なので自分も帰りを急ぎました。

途中コンビニで今日の祝杯のためのビール(プレモリ)とつまみ
それにガリガリ君とジュースを買い
移動中の車内で早速ジュースを飲み、ガリガリ君をかじることに。
すると、どうでしょう。
いつもなら登山後なんでもおいしく感じるものが
どうも気分が悪くなりました。

この調子は、滞在先の家に帰ったからも変わらずでして
入浴後も結局、胃がムカムカしだして
食べ物を受け付けない感じが続き
胃腸薬がなかったこともあり
この日のビールは大人しくあきらめて
すぐに寝ることにしました。
本当に長~い一日でしたね。


 


おしまい


 



 【まとめ】
■2007年4月29日(日)■天気:晴れ■
■荒島岳(あらしまだけ)■1523m■福井県■
■コースタイム■
カドハラスキー場駐車場 14:40 ⇒15:20 リフト終点⇒16:05 白山展望ベンチ⇒16:45 シャクナゲ平16:55⇒
17:45 荒島岳頂上 17:50⇒18:20 シャクナゲ平 18:25⇒19:30  カドハラスキー場駐車場
 【反省】
●白山の登山に思った以上に時間がかかったこと。
 その要因と対策
  1)車道分岐でのルートミス→地図確認と事前の情報収集
  2)雪道での道迷い→もっと経験を積む?
  3)前日の積雪で足が重かった→スノーシューの方が良かったかも 
  4)車道歩きが長かった→自転車等の活用
●荒島岳のコースタイムを読み違えていた
 今回の荒島岳登山のレポとして参考にしたのがしげぞうさんのレポでした。
 ところがこれは1日に1座だけの通常登山であって何のハンディもない時のものであることをすっかり忘れていました。ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


【さいごに】
                     この記録を読んで下さった皆さんに一言

         絶対にマネしないでくださいね!

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<海辺&福井県立歴史博物館 | ホーム | 白山 《後編》>>
コメント
--凄すぎ!--

ここあパパさん、凄いですよ~!凄すぎますって!よく頑張りましたね~\(^o^)/
荒島岳は99座目、白山は最終の百座目(一泊)でしたから私もことさら思いいれがあります。
この時期の一日でこの二座をクリアって、常人ではありませんよ~もうびっくり、びっくり!
ご無事に登られて良かったですね。
白山の道迷いでは私もハラハラしながら読ませていただきましたけど、素晴らしい風景、うっとりしました。道迷いは私もたまにやってしまいます(汗;
靴三足用意されて、なるほど~と感心!
白山の二足はいいですね。
夏はよくサンダルを持っていきますが、冬バージョンもアリですね(^^ゞ
ここあパパさん、あまりママさんを心配させないようにね(^_-)-☆
「いつまで心配させるの!」と時たま息子から言われている我ら同罪ではありますが(笑)・・・我らとは責任の度合いがちがいますもんね(^^ゞ
ともあれご無事で2座完登何よりでした(^^♪
by: sanae * 2007/05/14 16:20 * URL [ 編集] | page top↑
--驚愕!!--

ココアパパさん・・・もう、ビックリったらありゃしない!!

一体、何者・・・??(笑)
一日、白山&荒島岳・・・・?!
そんな人・・・いたんだ@@ ぶっとびますね~^^

実は、荒島岳は始めて幕営して(登山口にですが・・・)、テントで寝るデビューの場所です^^
翌日、登ったのですが、暑くてバテバテ・・・><
スキー場の急な登りが嫌でした・・・m--m
まだ、山を始めて最初の頃なんで、やらたしんどかったような。。。
おまけにブトにさされて、腫れまくり・・・(苦笑)
荒島岳=しんどい!=ブト・・・のイメージ!
しかし、このしんどい山を白山の後・・・@~@
まいりました~0--0

でも、白山の美しさ&展望と言い、
荒島岳の疲労感(?)と言い・・・すごい思い出になったのでは・・・^^

しかし、山ってどうしてこう人を引き付けるのでしょうね・・・0^^0

ココアパパさんのファイトに乾杯!!
by: みい * 2007/05/14 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
--驚嘆!!!--

「長い一日」だったでしょう?
今のこの時期の二座同日登山は
それはもう「カミワザ」級ですって!
驚き
そして感心するばかりです
ご無事の下山も
ホントに良かったです・・


荒島岳のほうは
もうだいぶ雪は融けているようでしたね
新緑のブナ林にはまだ早かったみたいですが
お花もそこそこ咲いていたようで
あの辛い登りも
少しは癒されたのでは・・
(それどころじゃなかったりして)
でも!
途中で見えた白山
さぞ感慨深かったことでしょう
限られた人だけが享受できる至福のひととき・・ですね



そしてもうひとつ
残念なお知らせ・・(というか私事なんですけど )
近々予定していた私の「夢の白山行き」が
白紙になっちゃいました∑(゚□゚;)ガーン
なんでも
市ノ瀬~別当出合間で
直径5mくらいの岩が車道に落っこちそうになっているとのことで
その撤去作業により
6月末までは車はもちろん
登山者も立ち入り禁止になってしまったのです~
楽しみにしていたのに・・((((((((((((*ノノ) ヒドイワーッ

ということで「私の夢」は来期持ち越しとなってしまったんですが
でもここあパパさんの
夢のような・・
とってもきれいな白山の写真を眺めて
行った気分にさせていただきます♪

これからもここあパパさんのレポ
楽しみにさせていただきますねo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク

by: みっちゃん * 2007/05/14 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様です~--

こちらお邪魔します & 初コメントさせて頂きますm(_ _)m。
ここあパパさんの、白山レポ見ていたら、自分も無性~に白山行きたくなってしまいました。白山いい山ですね~。登りたいですね~。し、しかし、ひとつ上のみっちゃんさんのコメント見て調べてみると当分通行止めらしいのですね。私もガ~ンといった所でした(涙)。

それから、白山レポの終わりに荒島も。。。と書いてあったので、荒島は伊吹のようにアプローチ短いのかな?と思ってましたが、なかなかどうして、かな~りロングな行程ですね~。す、凄すぎです。今回は駆け足山行でしたが、次はゆっくりまわれるといいですね。また次も楽しみにしています。
by: tripgood * 2007/05/14 23:31 * URL [ 編集] | page top↑
--私、マネしません ってば!--

私もtripgoodさんと同じで、近いの?
ぶー! 50㌔。 ひっくり返りました。田舎の道は飛ばせますけど・・・

さらに参考にされた方が高速のぼらー しげぞうさん だなんて。 
そりゃ、フルマラソン2回したもんですって。
胃が受け付けないはずですよ~
私、ヘロヘロ下りでバッタリしましたけど速かったですね。

ま、山も色々な楽しみ方がありますけど、決して誘わないでくださいね。(笑)
by: 小春号 * 2007/05/15 15:33 * URL [ 編集] | page top↑
--sanaeさんへ--

いつもコメントありがとうございます。   

荒島・白山はsanaeさんにとって特別な山だったんですね~
後から百名山完登レポしっかり読ませていただきましたよ!
晴れた日の白山頂上で、お二人で喜びあふれたあの感動的な写真がとても印象的でした。(o^∇^o)

最近、単独行きがメインになっている今日この頃、山の中でも家族のことが気になることもあり、危険な所は極力避けているつもりでして・・・
ただ危険はなくても、よりハードな方へ進んでいるような・・・(; ̄ー ̄A

実は家では子供たちとのお風呂、私が担当しておりまして、どんなに遠くの山に行っても入りたい温泉をパスして、まっすぐ家に帰ってきます。これもすべてママへの負担を減らすためでして、こんな感じで日頃から気をつかっていたりしていまーす(笑)
なーんてね(=´Д`=)ゞ
by: ここあパパ * 2007/05/15 23:41 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

コメントありがとうございます!

テントデビューが荒島岳登山口ですか?
意外や意外~でも今や"アルハイ"ですからね。羨ましいですよ!最高のテント、じゃなくて車ですよね~。気持ち良すぎて翌日起きられないっていうことはないか心配じゃーないですか(笑)

荒島岳・・・みいさんにも、いろいろな思い出があるようですが、自分にとってもある意味、忘れられない山になりましたね~( ̄ヘ ̄)

>しかし、山ってどうしてこう人を引き付けるのでしょうね・・・
本当にそう思います。どんなに疲れて、もうしばらく山に行かなくてもいいや、って思っていてもすぐに行きたくなっちゃいますよね!
ツキイチっていう縛りがなければ毎週行っているんだけど・・・(;^_^A
by: ここあパパ * 2007/05/16 00:01 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

コメントありがとうございます。

当初の計画では、今年のGWは荒島岳オンリーだったんですよね。それが、いつのまにか白山にも行きたくなってしまい、どうすれば行けるだろうか考え出したのが発端でした。
荒島に行くべきか、それとも白山にすべきか。もう究極の選択(おおげさ)でしたよ!
しかも今回の福井行きでは、一日だけ自由に使ってもよいとの許可を山の神からいただいたものですから、これは有意義に使わねばとということで試行錯誤の結果、最終的に編み出した作戦だったんですよ~。
これが独身だったらどこへでも自由に行けるんでしょうが、今の自分の場合、家族を置いて何日も出かけるのはチョイと気が引けますしね~

あっそれから白山行きの件、残念でしたね。
確かに車道を歩いていたら、道端にゴロゴロと岩が転がっていたので気にはなっていました。
まさか立ち入り禁止とは・・・
でもまたいつか登れますよ~きっと。
それまで我慢ですけど
来季の白山、今から楽しみですね!(*'ー'*)ふふっ♪
by: ここあパパ * 2007/05/16 00:29 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

初コメントありがとうございます。

白山は6月末までダメなようですね。っていうことは7月からOK!(たぶん)ですから、その頃からですとお花もキレイに咲きだしますよね。
いいな~その時期にも行ってみたいです!!

実は今後の山ノボリなんですが、tripgoodさんのレポを参考に幾つかチャレンジしようかと計画しているところです。数ヶ月先の計画ですから行ったらご報告しますね。

>す、凄すぎです。
tripgoodさんこそ、かなりハードな山をこなしておられますよね~。
なのでtripgoodさんでしたら白山&荒島岳、踏破できそうに思えます(^∇^)

では今後ともヨロシクお願いします!
by: ここあパパ * 2007/05/16 12:40 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

そう走りやすい田舎道だったので助かりました。それに前を走っていた車もなぜか私の気迫に気づいたのか、ご親切にも先を譲ってくれたりもして比較的早く移動ができました。(´0ノ`*)

しげぞうさんのレポを参考にしている方って意外にいるんですよね~CT以外で(;´▽`A``
でも私の場合このCTは随分助かっていますよ~。これを目標にできるんで、逆にヤリガイ感じたりしています。こんな山ノボラーは少数派ですかね?
by: ここあパパ * 2007/05/16 12:59 * URL [ 編集] | page top↑
--こんにちは♪--

先日は私達のブログにコメントをありがとうございました!
私達のことを「スゴスギマス」とおっしゃってくださいましたが、ここあパパさんの方がもっとスゴイです~☆
名前の通りの真っ白な「白山」を市ノ瀬から登られた後に、「荒島岳」とは!!
私達も九州で、もっと楽な山を1日2座登ったりしましたが、それでもかなり疲れましたぁ。
本当にお疲れ様でした・・・(´▽`*)
by: moe * 2007/05/17 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
--moeさんへ--

コメントありがとうございます。

こちらこそ九州遠征お疲れ様でした!
でも一晩、車で1500km移動された後の開聞岳っていうのもすごいですよ!!
九州は遠いですから自分だったらどうやったら行けるのか、以前に調べたことがあったんですね。例えば屋久島&開門岳をセットだったら飛行機とレンタカーかなぁって。
だから車で行っちゃったとあったのでビックリしたんですよね。w(゚o゚)w オオー!
でもmoeさんたちのようにお二人だったら可能なんでしょうね。単独が多い私には無理っぽいです。(T△T)

今後ともヨロシクお願いいたします。
by: ここあパパ * 2007/05/18 07:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/14-7b0f65e0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。