スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
越後駒ヶ岳・中ノ岳 《後編》
2008 / 07 / 03 ( Thu )

マンガ大賞2008大賞受賞作品に選ばれた
「岳」/石塚真一
以前は書店に行くと探すのに苦労しましたが
最新号「岳」第7巻はデーンと山のように平積みされてました!
昨日、早速読みました~

このマンガ
ほろっとさせられる場面が多く
ついつい惹き込まれちゃいますね♪

ただ、所詮マンガであることは分かるんですが
簡単に人が亡くなったりして
チョッと悲しくなります・・・ (ノ_・。)

さて毎度、お待たせしました 
越駒+中《後編》をどうぞ~
越後駒ヶ岳


はじめに中ノ岳の山頂から見える景色を
どーぞー♪

キレイダー
中ノ岳の山頂に限らず
常に八海山の雄姿は
際立っていました~

南側
八海山の左側には
こんな感じの景色が広がっていました

部分的にズームにすると・・・
奥利根湖
奥利根湖が見えますね

日向山
こちらは日向山でしょうか
山頂に雨量計測所が見えます

巻機山
遠くに見えるは、巻機山

本谷山
本谷山

平ヶ岳
平ヶ岳と
その手前が兎岳になるのかな

眺める
そして中ノ岳から見た越後駒ヶ岳
3時間程前には
あの頂にいたんですよね
そう考えると不思議なもんです(*^^*)

こっちの眺め
それから再び
南側方向に目を向けたりしてマッタリ

鳥居
そうそう山頂には
こんなプチ鳥居&ミニ祠がありました~

山頂標識と八海山
それとは対照的な山頂標識

戻りますか
そこそこ展望を楽しんだら
食事にしましょうか

でも、虫がブンブン煩いので
避難小屋に文字通り
避難することにヽ(=´▽`=)ノ


避難小屋へ
避難小屋へは
直ぐです!

もうチョッと
山頂からは、あっという間でした

荒沢岳
その途中、常に見える荒沢岳
相変わらずステキです♪

室内.
避難小屋の室内はこんな感じでした
多少年季の入った板間に
なぜか古びた毛布が干してありました

それにしても中は、やっぱイイですね♪
虫にジャマされず静かに食事ができ一安心!
それに外と違って中はひんやりして
涼しかったです♪ 

避難小屋利用者向けのノートがあったので
とりあえず書いておきましたが
他のページをめくると
つい最近、越後三山縦走をされた方がいたようですね

駒ヶ岳へ
食事が済んだらお昼寝でも
と思いましたが
時間が無いので
がんばって戻ることに

気が重い
せっかくココまで来たのに
戻るなんて
考えただけで気が重いですが
仕方がないですね~σ(^_^;)

コザクラ

残雪
少し進んでから
うしろを振り返ったところです
雪、残ってますね~

長く続く
さぁ~歩くぞー
ということで
最初は下りなので快調に飛ばします!

ベッド
そうそう中ノ岳へ向う途中
ココで休憩したんですよね~
その時、この岩をベッドにして
しばらく寝たんでしたっけ~(*'-'*)エヘヘ

残雪地帯
いや~こーやって見ると
雪の融け具合がよーく分かりますね

まだまだ
それにしても虫が完全にいなくなって
しかも時間があれば
ここいらでマッタリしたいところ・・・

ゆっくり休めずザンネンです。。。(ノД`)ハァ

遠い
アップダウンがあるので
駒ヶ岳の見え方が場所によって変わってきますね

造形美

中ノ岳方面
当たり前ですが
中ノ岳の見え方も
移動と共に変わりますね

雪模様
雪形を眺める余裕は
この時、全くありませんでしたが
こーやってよく見ると面白いですね(o^-^o)

少しは近づいたかな
駒ヶ岳
少しは近づいてきたかな~

鞍部から
この時間
風が止んでしまったこともあり
も~虫くんたちのパラダイス状態 ε=( ̄。 ̄;)フゥ

そんな中
虫に対する防御体制として
首振り人形のように
頭を左右に動かしながら
なるべく立ち止らずに
歩きます!(; ̄д ̄)ハァ↓↓

道
特にこんな感じの日当たりの良い場所は
虫くんたちがブンブン飛んでくるのでご用心!

中ノ岳
再度、振り返ります
多少は離れたかな~中ノ岳 

暑い
さ~て、次のピーク目ざして登りますよ~

ここを登り切ると
やっと見えた
(´Д`;)/ヽァ・・・再び駒ヶ岳が見えた~! 

白い花
これって白花のコイワカガミ?

それにしても暑い
風が吹いてくれさえすれば
涼しいポイントなんだけどなぁ~
でも、ほとんど無しo(TヘTo) くぅ

とにかく先に見えるピークを目ざして進みます

まだです
(*´Д`)=3ハァ・・・
再び駒ヶ岳とご対面(^―^) 

虫くん
徐々に近づいてきましたよ~!

はやく着かないかな
暑くて
休みたいけど
立ち止ると虫が寄ってくるので
結局は歩き続けましたが
確実に一歩ずつ進むごとに
駒ヶ岳が目の前に近づいてくるので
うれしくなります!

ダケカンバ
あっ、行きに見かけたダケカンバ
豪雪地帯にありながら
奇跡的に育ってますね

天狗平
天狗平
地図を見ると1729m地点だそうです
駒ヶ岳が2002.7mだから・・・
計算すると
まだまだ登るんですね(´Д`;)/ヽァ・・・

ココを登れば
その標高差を縮めるべく
ひたすらがんばります!

急斜面
グシガハナ方面の尾根の急斜面に
僅かに残る雪

振り返る
中ノ岳もだいぶ遠くに離れた感じ

巻機
巻機もあんなところに見えます(ズーム)

とんがり
駒ヶ岳山頂は見えませんが
尖がったあのピークへ向いますよ~

九合目
九合目?

見納め
ここから見える中ノ岳
とってもカッコ良かったです(*^ー゚)v ブイ♪

融けた雪
まるで大きな白いクジラが寝そべっているかのよう

諏訪平
諏訪平を通過し

避難小屋が
目指すは駒ヶ岳方面
おーココから駒の小屋が見えますよ~!

もう少し
ビッシリ張り付いた残雪を横目に
登山道を進むと

やっとココまで戻ってきた
やっと戻ってきました~
中ノ岳から4.9km歩いてきましたよ~!!(v^ー°)
往復9.8km
長かった~Oo。。( ̄¬ ̄*)

山頂
ここから駒ヶ岳山頂へは
すぐに立つこともできましたけど
ここは下山を優先!

あそこへ降ります
先ずは下に見える駒の小屋へ

ここを行けば
踏み跡を見ると
太陽の強烈な日差しを受けて
雪が融けてますね

雪山
これからの季節
夏の太陽の光と熱と
梅雨時ですから雨によって
徐々に融けて消えちゃうんでしょうね

夏道へ
残雪ゾーンから夏道へ

駒の小屋
やっとのことで小屋に戻ってきました~

小屋のすぐ目の前にある水場
そこで冷たい水をコップで5杯(計1ℓぐらい)も飲んじゃいました~(⌒o⌒)

その後、パンを一つ食べて栄養補給

ついでに水場で頭に流水をかけたりしました~
キモチー(*'-'*)エヘヘ 

そして頭を触ったら
あれ?
何だか頭皮がジャリジャリするけど・・・
これって汗でできた塩の結晶か
それとも砂か何かかな~
でも、よく見たら凝固した血の粒々でした

あちゃ~これってあの時の・・・
そう、あれは
歩いている途中
木の枝に頭を激突したんでした~【T__T】
その時にできた傷から出た血だったみたいです

山では知らず知らずに擦り傷を負ったりしますが
こんな経験は
その昔
甲斐駒ヶ岳で
岩に頭をぶつけた時以来かな~

あ、これって駒ヶ岳つながりじゃないか~
そう気づいたのは
その後、下山中のことでした(´▽`)/へへっ

それから小屋の中に誰かいるのかな~?
中に入って確認したら
誰もいませんでした

とういうことは
もし今日、ココに泊まったら
一人?

それもチョット寂しいだろうなぁ~

まぁ現に今も
この越後駒ヶ岳で自分一人ですし
この日、出会った登山者っていうのも
たった3名
それ以外、誰とも会っていませ~ん
(帰りがけに2匹のヘビさんと会いましたが・・・)

これからの下り道
ということで
たった一人でこの景色
独占でした!
米^-^米

でも急がないと
日が暮れてしまうので
ここから急いで下ることに

さよなら
明らかに午前中に見た景色とは違って
雪の色なんかも少し温か味があるように思えましたね

下山
そんな温かみのある色合いになった残雪を見つつ

遠くて長い
これから歩く下山路を眺めると

とにかく下ります
悲しくなるぐらい遠いです(´_`。)

残雪具合
この時間
山の斜面に陰影が出てきて
写真撮るのにはGoodですね

明るい道
それにしても
こんな天気の良い日に
誰にも会わず
一人で歩けるなんてゼイタクですかね?

守門岳
ここから見える守門岳も
すっかり雪も消えつつあります

浅草岳
浅草岳
今頃行けばヒメサユリに逢えるんだろうなぁ~
行ってみた~い(⌒_⌒)

ため息
それにしても一向に縮まらない下山道

残雪の斜面
体の方は、もーすっかりお疲れモード
”_| ̄|○”ハァハァハァ 
ここいらでゆっくりできたら
どんなに幸せだろうか

ケッコウ長い
それでも、なだらかな尾根道なので
疲れた体には
助かりましたが・・・

光を受けた花
午前中ここを通過した時にも
眺めた景色

でもこの時間になると
あたかも初めて見る景観のように見えます

雪上
時々登場する残雪
その上に残されたみんなの足跡
すっかり融けて消えかかっていましたね

百草ノ池
百草ノ池

道、、
整備の行き届いた道をタッタカ歩きますが

道、、、、
途中でシャリバテになり・・・
何とか飴をなめて気を紛らわしたりしましたが
かといって食欲は無く
どうしたことか
 
でも暑かったので
駒の小屋前の水場で汲んできた水を
イッキにたくさん飲んだりしたら
フシギなことに
空腹感が満たされました~ (^ ^)

よくよく考えたら
これってよくアフリカの方で飢饉に喘ぐ子供たちが
多量の水を飲んで空腹を満たすという話
聞きますよね~
実際に身を持って経験したのは
これが初めて!!(*゚ロ゚)

タムシバ
この日、よく見かけた白い花

花
タムシバが見頃を迎えてました

ぬかるみ
雪解け水が流れ込む登山道

一人で
この日はホント一日中
お付き合いいただいちゃいましたね
荒沢岳♪

まだあるの〜.
疲れもソートーきているようでして
腰掛けるのに適した岩があると
ついつい座りたくなります

草木
駒ヶ岳も幾分離れてきたかな

小倉山
やっとのことで道行山の所まで戻ってきました~

いつになったら
でもこの先を見ても
まだまだ登下降を繰り返さないと
いけないようです(o´_`o)ハァ・・・

アップダウン
とにかくこの先の明神峠へレッツらゴー~

枝折大明神
フゥ(o´Å`)=з
何とか枝折大明神のところまでやってきました~

また雪
この雪渓を下って進むと

観音様
観音様の所に出て
その後
登山道から砂利道に変わり

駐車場
ようやく駐車場の見える場所に帰ってきました~ \(∂∇∂)/
あれぇ~~車、1台しかないじゃーん
しかも誰もいませ~ん
まぁいっか

登山届のポストから
朝方自分が書いた用紙を探し
その用紙に下山報告を記入

参考まで他の用紙を見てみると
今日の入山者
自分以外に5~6人いたんですね
当然ながら自分以外は皆、越後駒ヶ岳(往復)でした~ (;^_^A

それから行きに目的地の欄に「越後駒ヶ岳」とだけ書いたのを
「中ノ岳」も追記しておきました

登山届を書いた時は
中ノ岳まで行ける自信が無かったので
書かなかったからでして・・・
でも何かあってからじゃ遅いので
念のため書いておくべきでしたね

そんな事を思いながら
車を走らせつつ
家に帰るのでした

地図

【まとめ】
■2008年6月18日(水)■天気:晴れ■
■越後駒ヶ岳・中ノ岳■えちごこまがたけ・なかのだけ■2002.7m・2085.2m■新潟県■
■コースタイム■        
枝折峠(駐車場) 4:25⇒5:20 道行山⇒6:35 百草ノ池⇒7:05 前駒⇒
7:30 駒の小屋⇒7:55 越後駒ヶ岳(山頂) 8:25⇒9:00 天狗平⇒10:30 四合目⇒11:20 中ノ岳避難小屋⇒11:25 中ノ岳(山頂) 11:40⇒11:45 中ノ岳避難小屋12:00⇒13:35 天狗平⇒14:40 駒の小屋 15:00⇒16:30 道行山⇒17:30 枝折峠  
 
◆参考レポ◆
たけさんの山歩きの中の(越後駒ヶ岳・中ノ岳のレポ)


おしまい

 


 


↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<月山 《前編》 | ホーム | 完全にファミリーレベル、超えてました・・・(*^▽^*)ゞ>>
コメント
----

夏の越後三山ってムシが多いんですよね~。

 以前水無川の沢を登ったとき、ものすごい数のアブとブヨの襲撃に遭い、あちこち刺されたことがありました。
 それ以後夏の越後三山はどうもあまり行きたくはなくなってしまいました。

 越後三山から見る荒沢岳ってかっこ良いですよね。先日燧ケ岳から見たときも「あ~かっこ良いなぁ」と思いました。
 来年ぜひ登りたい山の一つです。

 日帰りの縦走はできると思うのですが、それより5月のまだ雪のあるときに、歩いて見たいと思ってます。
by: IK * 2008/07/04 19:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

雪もだいぶ少なくなった越後のロング山行お疲れ様でした。往復13時間はやっぱり長いですねー。ここあパパさんのレポからもその疲労振りが伝わってきますね。特に虫攻撃はだいぶつらかったようで、ホントはゆっ~たりと足を止めて景色を眺めながらだと疲れも、も少し軽くなったかもしれませんね。

こちらも、ここあパパさんの写真で越後の稜線は存分に楽しませて頂きましたーありがとうございまーすm(_ _)m。

> 避難小屋利用者向けのノートがあったので

あ、これ気になるっす~。自分もいずれ中ノ岳に行けたら拝見させてもらいますねー。
by: tripgood * 2008/07/04 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
--おつかれさまでした。--

こんにちは。
往復12時間以上ですか、すごいですね。
最後のほうの写真がだんだん夕暮れな感じになってきたので、ちゃんと戻れたのか心配になりましたが、お疲れ様です。
体力ありますね♪
こんなに気持ちのいい晴れの日に景色独り占めとは・・。日頃の行いがいいのでしょうね☆
私は・・・明日からテント泊だったのに、うちの旦那さん風邪をゲットしてきました(-_-;)
本人は「山小屋泊だったら・・・」なんて言ってますが、はぁ~~がっかりです。
鬼嫁のツケがまわったかしら。反省しよ。
by: choco * 2008/07/05 16:07 * URL [ 編集] | page top↑
--IKさんへ--

IKさん、こんばんは~!

いや~それにしても暑くなってきましたね~。
ヾ(;´▽`A``
梅雨明けが待ち遠しいと思っていましたが
この本格的な夏の暑さ、忘れてました~σ(^_^;)アセアセ...

>ムシ
ホントそう思いました~。
時季的な問題なのかもしれませんが
もーすぐトンボの大群が飛来する頃ですから
それまでの辛抱ですね!

IKさんは、沢もやられるのですね~。
今の季節、キモチーだろうなぁ~!
チョッピリ憧れはありますが
やるんだったら広々とした空の眺められる
明るい沢だったら、行ってみたいなぁ~
とは思ったりするんですが、中々行けそうにありませんね~。
装備も要るし・・・。

あっそうそう沢にいるアブとブヨでしたね。
これには誰でもタジタジですよね、、、

先日、ホムセンへ行ったとき
電気が流れるハエ叩きみたいなヤツが売ってまして
これをもし山に持っていけたら
虫の襲撃に防御だけでなく
攻撃用のぶきとして使えるのでは・・・
などと考えちゃいました~。(^_^)

あっでもキリが無いですよね。
圧倒的に敵(虫)の方が多いですから~

>荒沢岳
この山の雄姿を見たら是非登ってみた~い!
根っからのヤマノボラーだったら
皆さん、そう思いますよね~。

では来年、是非チャレンジしてみて下さいネ!
そのご報告、まってま~す♪
by: ここあパパ * 2008/07/05 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

tripgoodさん、こんにちは!

ここ数日、暑い日が続きますね~。ヾ(;´▽`A``
夏山に向けて体調管理ダイジョウブでしょうか!

それにしても休憩を含む13時間の山歩きは、
正直キツカッタです。。。
レポの写真を通し
そんな様子を伝える難しさってあると思いますが
「疲労振り」ご理解頂けたようですね~。(*゚.゚)ゞポリポリ

今回、特にムッシーの集団襲撃は、
この疲労感に一層の拍車をかけ
イライラを増幅させるのに十分でした~。

この虫さえいなかったら
どんなにか気が休まったことか・・・ε-(´・`) フー

> 避難小屋利用者向けのノート
この種のノートって
ついつい、見ちゃったりするんですよね~。
それで書いたと言っても
その時、疲れていたのと時間が無かったので
走り書きの汚い字で書きました~。(⌒・⌒)ゞ
それに必要最低限しか書いていませんので
全然、楽しみにするほどのものでは
ないと思いま~す。(=^▽^=)

しかも、このノートって
定期的に過去のページが抜き取られているようなので
日が経つと最近のものしか残っていないかも・・・です。

それでも、もしtripgoodさんが中ノ岳へ行かれた際には
ぜひ記念として、ノートへのカキコしてみてたざいネ♪
(^▽^)/
キットそこを訪れる皆さんの励みになりますしね!
by: ここあパパ * 2008/07/06 17:52 * URL [ 編集] | page top↑
--chocoさんへ--

chocoさん、こんばんは~!

>往復12時間以上
ワタクシの山行記録をご覧頂くと分かるんですが・・・
10時間を超える例はザラにありまして
いつもヘロヘロになって帰ってきます~。(ー。ー)フゥ

それでも一年中で最も日の長い今の時季
この時だからこそチャレンジできる
っていうのもあるんですよね~。

毎年のように取り沙汰される"サマータイム制度"。
なんでこれ実施しないのかフシギで仕方が無いのですが
ヤマノボリもいわば夏時間に従って歩くと、
午前4時スタートも可能だったりするんですよね!
なので思いっきり歩けるコース設定をすると
とっても欲張りではあるんですが
意外なコースを楽しめたりします。
それで体力のある方には、
ヒジョーにお勧めのシーズンだったりしますっ!

それにしても今回は、珍しく平日だったことも幸いしてか
静かな山歩きが楽しめました~。

でも帰り道の途中、ヘビがニョロニョロと
2匹ばかり遭遇したのには驚きましたが・・・!!

>テント泊
行けなくて残念でしたね~!
我が家も皆で出かけようとすると
必ず誰かが風邪ひいたりして
ダメになることも多々ありますんで
こればかりは不可抗力だと思い
すぐに諦めるようにしていま~す。(T_T)

山は逃げない・・・
けど確実にチャンスは逃した~
っていうことはあるんですけど
ここは涙して、気持ちを入れ替えてから
再度チャレンジしたいですね!!(^▽^)/
by: ここあパパ * 2008/07/06 18:37 * URL [ 編集] | page top↑
--真似できない--

13時間ですか!! はぁ、スゴ過ぎますっ!!

この絶景は是非自分の目で見たいと思いますが・・・。

避難小屋もまさか虫から避難してくる用途に使われるとは思っていなかったでしょうね!!

先日、四阿山・根子岳に行ってきましたが、ここも虫がスゴカッタです。 うちの紙さんは防虫用のネットが欲しいとずっと騒いでいました。 疲れているときにブンブンやられると確かに心穏やかではいられなくなりますよね~。 トンボ君、早く活躍して欲しいです。
by: HANZO * 2008/07/07 18:30 * URL [ 編集] | page top↑
--HANZOさんへ--

HANZOさん、おはようございます!

13時間、一般コースじゃないですよね~。
ここ2,3年はこんなのばっかで、
10時間コースがフツーに歩けるようになりました~。(^_^)

まぁ~そーは言っても体は正直なものでして
疲れが後からドット出るんですが・・・。

ただ、こんだけ欲張ると
さすがにいろんな絶景に出逢えますから
感動もそれだけ大きいです!

>避難小屋
そうなんですよね!
まさかこんな理由で利用するとは
思ってもいませんでした~。
もしこの小屋がなかったら
・・・アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

>防虫用のネット
先日、ホムセンで購入しました~。ヤスイカッタですよ~
これがあるのとないのとでは、安心感が違うと思いますよ~!
あってもジャマになるような物でもないですしね。

この間、月山登っている時に初めて見ました。
このネットを被って登山されている方を。
フツーに歩かれていたので
あんまし違和感なかったですね。
あまりにも虫がひどい時は
有効だと思いました。
今後は、トンボ君が活躍するまでの間、携帯しま~す!
うふ♪(* ̄ー ̄)v
by: ここあパパ * 2008/07/09 07:09 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした。--

ここあパパさん、こんにちは!
レポ拝見しました。
このM的なロングトレイル、もはやフツーの行程では満足できない域に達しているのだと推察いたしました(笑

昨年友人が八海山から帰宅後、「お岩さん」状態となり病院へ駆け込んだ話をしていましたが、この季節の虫対策は重要ですね!

白いイワカガミですが、「ヒメイワカガミ」と思われます。私も秋田駒で見た時はうっかりしていたのですが…
ヒメの葉は鋸歯(1~5対で尖っている)が荒いのが特徴のようです。
コイワカガミ場合は鋸歯が細やかなので見分けがつくのだと教えていただきました。
どうか葉を拡大してご覧になって見てください。

by: たんべぇ * 2008/07/09 09:41 * URL [ 編集] | page top↑
--たんべぇさんへ--

たんべぇさん、こんばんは~!

かつてはガイドブック通りにフツーコース
忠実に歩いていたんですよね~。
CTは、記載されていたより少しは早く歩ける
って言うことには気づいていたんですが・・・

ある時、某ブログを読むようになってからでしょうか。
その常識を超えた数々の記録に目から鱗が落ちまして
それからですね~。M的(?)なヤマノボリに向かうようになっのは(⌒・⌒)ゞ

>「お岩さん」
いや~自分の場合
目の周辺はサングラスでカバーしていたので助かりました~
がしかし、なぜかおでこに刺されたのには参りました~。
今回の件を教訓に、あれからいろんなグッズを買って装備固めていまーす!

>ヒメイワカガミ
へ~そんな名前なんですか~!
写真を拡大したら確かに鋸のような葉っぱでしたね。
教えてくだっさてありがとうございま~す!

も~最近は、時間がなくて
図鑑で調べられず、写真を載せるだけになっちゃいました~。
今後ともいろいろ教えて下さ~い!(^▽^)/
by: ここあパパ * 2008/07/10 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

ロングコースお疲れ様でした。
コースタイムでいくと何時間なんでしょう?

M的登山するキッカケとなったブログわかります。
平然とスゴイことをされる方ですよね。

あまりに平然とされるので、自分にもできるかなーなんて思ったりしてしまい、
私も去年3度程M的登山やりました。(ダイエットのためがメインです)
やった後は毎回、二度とこんなことやらないって思いました。

まだまだです(笑

私のブログからリンクさせていただきました。
了解を得る前にすみません。
問題ありましたらお知らせください。

by: のんすけ * 2008/07/11 00:54 * URL [ 編集] | page top↑
--のんすけさんへ--

のんすけさん、こんばんは~!

実は、ここへ向かう前に越後駒ヶ岳だけの往復タイムは見たんですが
中ノ岳についてはMAPに記載されたコースタイム
全然見ていませんでした~。(⌒・⌒)ゞ

それで中ノ岳へ向かう道中、その時になって初めてMAP見たんですが・・・
ケッコウCTかかるようなことが書いてあって
正直その時点で焦りました~

でも実際に日帰りされている方がいたという安心感から
たいして不安はなかったんですが、終盤の疲れはかなりキツカッタです!

>M的登山するキッカケとなったブログ
やはり同じように感じますよね~。
自分の場合は、かなり刺激受けました~。
このブログに出逢わなかったら
きっと自分もブログ開設していなかっただろうな~。

でも最近いろんなブログ見るようになったら
もっとスゴイ方がいらっしゃることに気づきまして
さすがに同じことは到底マネできない領域なので
あくまでも別世界の人として拝見させていただくようにしていま~す。
(=^▽^=)

>ダイエット
最近、登山していて思うことは
山登りでは痩せないのではないか!
ということなんですよね~
というのも下山してから体重計に乗ると
確かに減っているのは事実なんですけど
その後、食が進むっていうか
よく飲むからなんでしょうね。
体重増えています。o(*^▽^*)o

でも、あることにも気づきました。
脂肪が増えることもあるかもしれませんが
筋肉が鍛えられているっていうことなんですよね。
体脂肪計を見ると数字は上昇してませんし
驚いたことに以前のような膝痛がなくなりました!

これはきっと筋肉が強化された結果、その分の体重が
増えたのだと、勝手に思い込んでいるんですが・・・。(;^_^A

>リンク
全然ダイジョウブですよ!
OKです!了解しました!

ワタクシのブログなんかでは
いろんな方たちのところへ
も~勝手にリンクしまくりなんで
了解とっていないものも多くあったりして。。。

のんすけさん、今後ともヨロシクです~!
by: ここあパパ * 2008/07/12 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/130-f7d120fd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。