スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
白山 《後編》
2007 / 05 / 10 ( Thu )

山頂2
白山の山頂からの展望は、360度すべて見わたせる大パノラマでした!! 

白山の主峰、御前峰(ごぜんがみね)は標高2702m。
この頂からは、いつものように携帯を取り出しTV電話で家族にライブ中継を試みます。
しかーし、残念ながらFOMAの電波は”圏外” (*´Д`)=3ハァ・・・
なので電話はあきらめ、その代わり
デジイチで山頂からの風景を撮りまくります!

御前峰
御前峰

奥宮

山頂の積雪はこんな感じでした

荒島岳
真ん中に見えるのは荒島岳

山頂1
穂高をはじめとする北アルプス、乗鞍岳、御嶽山とすべて一望できるんですよね♪

穂高から剣
↑クリックすると拡大(剣~穂高)
*画質はイマイチです

御嶽山
3/21に登った御嶽山
ついつい見とれてしまいました(o^∇^o)

山頂での写真撮影を終え、すぐに下山開始。
ひとまず室堂までイッキに下ります。
やっぱ下りはラクですね~
ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ

登山者たち
50mほど距離を置いてすれ違う登山者たち
実はたまたま撮ったこの写真の中に知っている方がいました!
それは前回、御嶽山でご一緒になった錆鉄人さんと奥様の天女さんです!!
っといってもこの時は分かりませんでして
家に帰ってから錆鉄人さんのHPを見て判明 (*□*)ビックリ!!
↓拡大写真↓
錆鉄人さんと天女さん

因みに当日の錆鉄人さんのレポはこちらです⇒クリック
それから今回の白山登山では、錆鉄人さんのレポを参考にさせていただきました!
ありがとうございました
ヾ(◎´д`)ノ[Thank You!!]

室堂
室堂まで下って
後ろを振り返ってもう一度白山を眺めます。

ここからは広い雪原のエリア
早足に下ります。

3人組
その途中、山頂で写真を撮っていただいた3人組に追いつきました。

緩やかな斜面
一旦下ってから緩い登り返しがあります。
この時間になると雪もだいぶ柔らかくなっていましたから
この辺りだったらスノーシューもアリかと思いました。

再びエコーラインの稜線に戻り
そこで腰を下ろして昼食休憩。
しばらくマッタリして景色を楽しみました (´ ▽`).。o♪♪ ボケ~

その後、再び下山を開始!

南竜山荘
南竜ヶ馬場

別山と登山者
今回の白山では、たくさんの登山者とすれちがいましたが
たいていスキーを履いていましたね。歩いている登山者は少数派かな?

行きには使わなかった
南竜道の分岐方面へ下ります

登行
ここの下りはけっこう急斜面でしたね。
すれ違う人たちの中には↑のように
スキーでのシール登行する人や
アイゼンなしのキックステップで登る人など様々でした。
この急勾配の斜面では計20人ぐらいはいたでしょうか。

下山者
前方に黄色のザックカバーの集団を発見
なんだか小学1年生の集団登下校みたい♪(=^_^=)

その後、意外と早く甚之助避難小屋に戻ってきました。

甚之助避難小屋
屋根が見えないと
ここに小屋があることさえ分かりませんよね。

先を急ぐので休憩はカット

樹木
朝と違って太陽が高く昇ると雪が輝いて見えますね☆

飛行機雲
飛行機雲がクッキリ!

中飯場
ここはどこになるでしょう?

中飯場が見えてきました。

テント
その横にはテントが一つ
これはきっとあの3人組のものだと思います。

雪道
ここからすぐの所に林道がありました。

実は、またここで道に迷ってしまいました。
ここからどこに行ったらよいのか分からず
地図を何度も見ては現在地を確認。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
トレースを探すものの明確なものが見当たらずコマリマシタ!
仕方がないので途中まで残るトレースを頼りに何とか下ると
本来の登山道に戻ることができました。

その後、溶けかかった雪からぬかるんだ土の登山道になり
途中アイゼンを外し・・・

しばらくするとやっと吊橋が見えてきました。

見えてきた吊橋

やっとのことで吊橋に到着!

吊橋
本来行きにここを渡っていたずなのに・・・(*´Д`)=3ハァ・・・
帰りだけの利用とは、トホホ・・・

吊橋渡る
こういう吊橋。大好きです!実は o(*^▽^*)o~♪
(高所恐怖症の皆さんゴメンナサイ)
だって眺めがサイコーなんですよね~

鳥居
あっという間に橋を渡りきると
こんなところに鳥居がありました。

それから、ここにはイス&テーブルがあったので
ランニングシューズに履き替えました。

別当出合休憩舎

いゃーここに来る皆さん
用意がいいですね~

自転車

自転車がたくさんありました。
これは帰りが楽ですよー

実際にトコトコと歩いている後ろからスーと自転車で走っていった人がいましたよ。
うらやますぃ~

車道
改めてこの車道を歩いて思ったことは
”歩きやすい”
ってあたりまえですがなぁヾ( ̄o ̄;)オイオイ

どうぞ見てやってくださいなぁ~この下の道 ↓
行きに歩いた道
全然違いますよね
何であんな所を歩いたのか?
自分でも不思議なくらいです(*´д`)??

車道2
でもこの道・・・
自転車があったらなぁー
いやキックボードでもあれば(確か家の物置にあったような・・)
少なくとも徒歩で帰るよりは数倍早く帰れるのにー(ノД`)ハァ

分岐
そうそう行きに間違えて進んだ分岐
こうして見ると何で右へ進んだのか自分でも分かりません
きっと暗かったから判断を誤ったせいも
少しはあるのかな~(;´Д`A ```

橋
やっとゲートのある橋に到着!!ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!
それにしても疲れたぁ~

駐車場
駐車場ってこんな感じだったのですね~
来た時、暗くて分かりませんでしたから~ヽ(=´▽`=)ノ



【まとめ】
■2007年4月29日(日)■天気:晴れ■
■白山(はくさん) 2702m■石川県・岐阜県■
■コースタイム■
市ノ瀬 4:00 ⇒4:35分岐⇒7:15甚之助避難小屋7:35⇒9:10 室堂⇒10:10 御前峰 10:30
⇒10:50室堂⇒11:30 甚之助避難小屋⇒11:55 中飯場⇒12:25  別当出合⇒13:30 市ノ瀬


 


おしまい



・・・といいたいところですが
実はこの日
これで終わりではないんです~


どうぞ白山 《前編》の冒頭で紹介した3足の靴を思い出してください。
その内の2足は白山で使用しました。

でっ残り1足は・・・

そうお分かりになりましたか?


この日、もう一つ別の山に登っちゃいました
ってどこ?

それは







荒島岳へ続く

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<荒島岳 | ホーム | 白山 《前編》>>
コメント
--マ、マジで・・・!?--

もぉ~ビックリしたってなんの・・・
ここあパパさん、
スーパー健脚者なんですねぇ~!!!
まさか
同じ日に登っていたなんて・・・

なんか
ブログ読んでいたら
ここあパパさんって
まった~り おっと~りした方かなぁ
なんて
勝手に想像してたりしたんですけど
それだけじゃなかったんですねぇ。。。
ひとりで感動しております・・・


山頂もホントに素晴らしい展望でしたね
お天気も最高で何よりでした


実は
第一関門突破できそうなので
後は天候を待ってチャレンジしてみようかと・・
ここあパパさんのレポ
とっても参考になりました
(得に道迷い地点とか・・(笑))

ステキなお写真
わかりやすいレポ
どうも有難うございました。。。

荒島のレポも楽しみに待ってますね☆


by: みっちゃん * 2007/05/11 07:22 * URL [ 編集] | page top↑
--えー! ま、まじで ×2--

おしまいじゃないのですね。 いや~マネできまへん。

私が登った仙丈ケ岳も、北沢峠から甲斐駒ヶ岳をセットで登りますが2日ですよ。
私、1山でお腹いっぱい・・・

遠出の登山は家族で夏ばかり考えていましたけど、御嶽山や白山もこんなに楽しい(私だけ?)登り方があるのですね。 めちゃ参考にしますよ。

早朝からの登山スタイル、私は真っ暗といっても1時間ですもん、へっちゃら。
ライトで先がぼんやりとしか見えなくて、「え~、あそこまで登るんか」が少しでも少なくてて気は楽ですね。

私と同じなんでドコかでバッタリするかもしれませんね。(笑)
by: 小春号 * 2007/05/11 08:39 * URL [ 編集] | page top↑
--白山と荒島岳--

もしや、ここあパパさんのブログにコメント入れるのは初めてでしょうか?お陰さまで私も白山にいけました。3日違いでずいぶん雪が融けたかなと思ったりしております。
私たちは白山は1泊2日で荒島岳は次の日に行っております。それを1日とは凄い脚力ですね。
by: えいじ * 2007/05/11 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
--みっちゃんさんへ--

コメントありがとうございます。

>スーパー健脚者なんですねぇ~!!!
このエリアの山を一日二座で行くなんて恐れを知らないただの無謀者ですよね(´-`)
なのでブログで公開するは恥ずかしいくらいです~
本当はジックリ、まったり味わうのが山の醍醐味だと思いますので、こんな慌しい山は慎むべきなんでしょうね。(ー_ーゞ

それにしても雪山の美しさに毎回感動を覚えるここあパパですが、白銀の白山、実に素晴らしかったです!この得られた感動は今回の収穫でしたね。次回に来るとしたら余裕のある山行を楽しみたいです~
   ◇ ◇ ◇
それから関門突破、良かったですね(⌒-⌒)♪
春の天気は変わりやすいので、是非気をつけてお出かけくださーい!!
by: ここあパパ * 2007/05/11 22:40 * URL [ 編集] | page top↑
--小春号さんへ--

コメントありがとうございます。

さすがの私も仙丈&甲斐駒のセットを一日二座では、無理だと思います~でもやってみようかなぁ(笑)ウソデスヨ!!
でも今回のケースはギリギリ、いや最後は日没になってしまいましたから、やはり無理がありました・・・(;´▽`A``

>私と同じなんでドコかでバッタリするかもしれませんね。
小春号さんの仙丈ヶ岳レポの中で3時出発とありましたね。
これって私と同じ行動パターンですよ。
実際どこかの山でバッタリしたら、ちょっとコ・ワ・イかも!!(゚o゚)!!
by: ここあパパ * 2007/05/11 23:05 * URL [ 編集] | page top↑
--えいじさんへ--

初コメントですね。えいじさん、ありがとうございます。

外秩父七峰縦走ハイキング大会の42.195kmに比べたらどうなのかは分かりませんが、とっても(×2)疲れました。
()´д`()
でも、やり遂げた達成感はありましたね~
それに費やした日数の違いはあるものの、ほぼ同じ時期に同じ感動を味わえた人(えいじさんたち)がいるだけで光栄です。

実は今回の山の計画、少し前から立てていまして、もしかしたらやれるんじゃないかなぁと思ったのと、それから自分の力の限界に挑むと言ったら大袈裟になるかもしれませんが一度試してみたいという願いがあっての決行となりました。

あまり山だけに時間を取れないためセワシイ山行スタイルが定着しつつある自分ですが、しばらくこんな感じが続きそうです。
(´∩`。)
by: ここあパパ * 2007/05/11 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
--ひょえ~~~--

今頃、白山レポを拝見させてもらった、まゆ太です。(すみませんー)
最後まで読んでみて、びっくり(@@)
白山と荒島岳を1日で登ってしまったのですか?すごいですねー!
しかも雪山ですから。わたしだったら、精神的にも体力的にもいっぱいいっぱいだな・・・(^^;

と、本筋から話がそれましたけど、やっぱり展望バツグンですねー。わたしたちが登った日は、北アの方はうっすら見えたのですけど、御嶽は確認できませんでしたもの。雪の白山、最高でしたね!(^^)
by: まゆ太 * 2007/06/24 19:48 * URL [ 編集] | page top↑
--まゆ太さんへ--

コメントありがとうございます。

白山でモンブランを食べる・・・そんな発想を思いつく奇才と行動力あるまゆ太さんチームの展開は、目を見張るものがあると感じております。
ですが、こんな計画を実行に移すおバカなヤマノボラーはあまりいないでしょうね。
(; ̄ー ̄A
今、振り返ってみてもよく登ったものだと、我ながら驚いています。
これをやってみて良かったことは、今現在の自分の体力度か判ったことでしょうか。なので、この山行をMAX値と考えて、さらなる山の計画を立てられるかなぁ~と思っていたりしています。
っで、次の計画もあるんですが・・・
実行できたらご報告できると思います。
でも梅雨のシーズンなので天気次第でしょうかね。。。
by: ここあパパ * 2007/06/24 22:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/13-ce8c8669
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。