スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
越後駒ヶ岳・中ノ岳 《前編》
2008 / 06 / 23 ( Mon )

梅雨のジメジメした日が続いておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか
★★★
そんな梅雨時の晴れ間を狙って出かけた
先週の越後の山では
全く想定してなかったこととして・・・
な、なんと虫(ブユ)の容赦ない襲撃を受け
額を中心に6箇所
手首に4箇所
刺されました~(T△T)
痒いよ~~
越後駒ヶ岳

08/6/18

前夜1時間の睡眠では
さすがに辛いので
登山口に着いたら仮眠しよう
そう考えていたのですが
その考えは甘かったようです
駐車場
越後駒ヶ岳の登山口
枝折峠の駐車場に着いたの
日の出の時刻も近づいた
午前4時前後
仮眠している時間はありませんでした~ (T_T)

あわてて支度を整えて準備
そろそろ出発しようと歩き出すと
無人と思われた
軽トラの中から男性が出てきました

「もう行かれるのですか?、アイゼン必要ですかね?」
念のため持参していることを告げてから
その場を離れることにトイレ
駐車場には、キレイなトイレも完備
トイレの後ろに回って
登山口へ

登山届
ここで登山届を記入してから
4:25  早速スタート!

駐車場上から
平日の朝
ヤッパ少ないですね~ 
駐車場には車4台しかありませんでしたから

砂利道
最初は砂利道

車止め
これは車止めでしょうか
その先から登山道の始まりで~す

山並み
空は明るくなってきましたが
太陽はまだ出ていません

道
そうそう今日来る時
スパッツを持ってくるのを忘れてました
(せっかく新しいのを買ったのに・・・)
でもココ最近
雨は降っていなかったようですし
下草も短く
濡れることはありませんでした

早朝の悪沢岳
下の方を見ると
銀山平や奥只見湖へ続く道が見えました

続く道
前方に見える尾根を進みますが
左奥には中ノ岳でしょうか
残雪を頂いた山並みが見えました

赤く染まる
そして本日、登る山
そうです越後駒ヶ岳が見えました! ヽ(*^^*)ノ
(ズームで寄っています)

こんなところに
あれ~こんな所に観音様が~o(*'o'*)o 

観音様
一人静かに佇んでおりました
その観音様の見ている方角は

クッキリしてきました 
荒沢岳

浮かぶ
朝日を浴びた中ノ岳と越後駒ヶ岳

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマも
ニョキニョキと元気よく咲いてました

朝日
雪の斜面を登って振り返ったところ
まぶしー

十合目
明神堂前を通過

朝日を浴びて
ここを登っていくと

明神峠
明神峠です
ここからは一旦、下りまして

続く尾根
その後も登下降を繰り返しながら
前進です越後駒と中ノ岳
この日は朝一ということもあり
誰もいない登山道

くねくね 
山へ行くのは一ヶ月半ぶりでしたが
気持ちよく歩けました

小ピーク
道端に目を向けると

イワカガミ
花がイッパイ咲いてました

でも時間帯がまだ早いこともあり
暗くて(三脚もないし)
写真撮影には向かないので
花の写真は控えめ

振り返る
歩いた尾根を振り返ります


期待高まる
そしてこれから向かう尾根を見つつ

迫る山
目的地である
駒ヶ岳を何度も見るわけです

雪池
雪はこんな感じて
所々ありましたが
ほとんど夏道でしたね

イワウチワ

仰ぎ見る
登ったかと思うと
また下ったりで
忙しい道でした

雪壁
踏み跡に従いながら
ココも通過

シラネアオイ
この時は
シラネアオイが見頃でした

ナナカマド
朝日の斜光を受けた葉の色は
昼間とは違った印象を与えます

登下降
アップダウンの繰り返しですが
高低差は小さいので
タイヘンだー
という感覚はありませんでした

たったかと
道もよく整備されていて
たいへん歩きやすかったです

タムシバ
この日よく見たお花の一つはタムシバでした

ツツジ

進み行く
朝とはいえ
陽射しは夏そのもの
やはりこの時期は日陰がいいなぁ

道標
道行山(みちゆきやま)は
この上みたいです

登ってみると
この踏み跡を進むと

道行山
三角点の置かれた
展望地となってました
ココからは
展望

このような景色が眺められます
(さっきから変わり映えしませんが・・・)

動画もどーぞー
↓ ↓ ↓


歩いてきた道
そしてコチラは
今日歩いてきた方向です

下り道
先ほどの道標まで戻ってから
本来の登山道を歩きます

いい感じ
再び下りなが見えた駒ヶ岳

続く尾根が見えますね
目標のピークを見ながらの登山ですから
何も考えずに歩けて
気がラクですね

歩きやすい道
道の感じからしても
既に今シーズン
そこそこの登山者が
歩かれたんでしょうね

カタクリ

線香花火

コイワカガミ

水たまり
水たまりの横を通って

まだまだ
小道を進むと

タムシバと
徐々に谷筋に残る雪が増えてきました

アップダウン
それでも登山道は問題ありません

後ろを見ると
近くに見えた荒沢岳は多少遠ざかったように見えますが
基本的には、いつも同じぐらいの距離を保ってましたね

植生

冬は豪雪地帯のこの山域
植生の違いが観察できて面白いです

カメムシ
こんなところにカメムシが

残雪
そろそろ小倉山なんですが

まだ続きますこの雪渓を通過したら

カッコイイ悪沢岳
いつのまにか過ぎてました(=^▽^=)

ニョキッ
この時は、小倉山
まだ着かないな~と思っていたのですが
だいぶ経ってから
分かりました
寄らずに進んだことを
なんでかな?


そうそうこの日はじめての登山者とお会いしました!
お話を伺ったところ
昨晩は避難小屋に泊まったようでして
管理人さんもいなくて
宿泊者はそのお二人さんだけだったそうです

山頂の雪の具合を訊いたところ
アイゼンなしでもダイジョウブ!
とのことでした
一安心('-'*)エヘ

絵になります
ココから見る荒沢岳
悪くないですよね (^ー^* )フフ♪

雪渓
初めて来た山なので
周囲の山の名前がよく分からずでしたが
逆にそれがとっても新鮮だったりします

木漏れ日
陽射しを避けられるほど
木は高くありませんでした

シャクナゲ
シャクナゲの花はこれからのようでした

だんだん近づく
手前に見えるピークが前駒かな

白い花

シダ

ピンク

花と一緒に
道沿いにはたくさんのお花が咲いてまして
ゆっくり撮ってみたい気持ちを抑えつつ
先を急ぎます

何かな

百草の池
百草(もぐさ)ノ池
見渡しましたが池はなく
この笹原の先に
残雪がたっぷりありました

この雪が融けたら池になるのかな

前駒近し
さーてと
前に見えてきた前駒へGo!

陽射し強し
これまでの道とは違って
斜度が増してきた感じ

よく咲いてました

雪渓登り
おまけに雪渓歩きも残されてました
でもシャリシャリした雪でアイゼン不要で登れました

振り返って
その途中、振り返ると遠くまで見渡せて
見晴らしがナイス!
ビューティーホー

雪渓横
その後は夏道に戻り

カラカラ
傾斜の増す登山道を登っていくと
その後も景色が変わって十分楽しませてくれました

だいぶ登ってきました
視界が広がって

黄色
眺めも爽快!

ヒメシャガ

山
この辺にくると
雪で樹木が育たないんでしょうか
岩がむき出しです

何かの看板が
あっ何か看板が見えてきましたよ

前駒
えっココが前駒ですか?
何だかチャナな標識なんですが・・・ (・・*)ゞ

越後駒ヶ岳が見えますよ
越後駒ヶ岳の山頂も近づいてきました
ここで一服

滝
まだら模様の残雪
そして雪渓から流れ落ちる水流
確実に季節は夏に向かってました

もう少し
ここまで快調でしたんで
休憩はそこそこにして
そのまま進むことに

残雪の山々
この残雪のシーズンの山容って
好きなんですよね~

キレイだな
できれば晴れの日に登れるなら
言うことなし!(^▽^)/

渓谷
梅雨の時期なのに
今日見たいな日に来れてホント良かった

谷
でも標高からいったら
盛夏は避けた方が良さそうなんですが・・・

歩いてきた尾根
こうやって見ると
けっこう歩きましたね~

何々・・・
えっ何々・・・

登れない
なるほど~
そっちは行けそうにないのですね

直登
こっちを行けば良いのですね!

あれ見えてきたぞ
あっ見えてきましたよ!!

駒の小屋
そして・・・着きました~ \(o⌒∇⌒o)/
駒の小屋(避難小屋)

いす
そしてなぜかポツンと置かれたイスが一つ
ココに座って見える景色は・・・

イスからの眺め
荒沢岳でした

水場
小屋の前には水場がありまして
それはそれは水がジャージャー止めどもなく流れてました

あ~この水が我が家まで届けられたらなぁ・・・
そー思うのはワタクシだけかな?
o(*^▽^*)oエヘヘ!

室内
せっかくなんで
小屋の中を拝見
向かって手前左側に管理人さんの部屋がありまして
そのまま奥に進むと

内部
左手はこんな感じ

室内2
右手はこんな感じでして
1階はそんなに広くはありませんでした

2階もあるようですが
そちらは見ませんでした

避難小屋
いろんな方のレポで
よく見ていたこの小屋ですが

立地場所がどんな感じなのか
とっても興味があったんですよね

でも意外と小屋の周囲は
雪がなく
少し離れたその背後の斜面イッパイに
残雪があったんですね

行って見ないと分からないことってあるもんです


つづく


↓よろしければクリック↓
Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪

 

 

スポンサーサイト
| トラックバック(1) | コメント(10) | page top↑
<<越後駒ヶ岳・中ノ岳 《中編》 | ホーム | 昨日、コチラへ行ってきました!>>
コメント
----

こんにちはShigeと申します。お邪魔します。去年、八海山を山歩した時に、向かい側に見えた駒ケ岳、My足が治ったら歩いてみます。後半レポの掲示を楽しみに待ってます。
by: Shige * 2008/06/23 20:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

  ここあパパさん、始めまして、こんばんは

 越後駒って大きいし雪も多いし良い山ですよね。中ノ岳への稜線もアップダウンが大きくて見た目以上に歩きがいのあるコースで楽しいですよね。

 新緑の時期のブナ林と残雪の豊富な新潟や奥只見の山はお気に入りの山です。

 昨年5月後半に駒ノ湯~越後駒~丹後山~十字峡と歩いたのですが、小倉山の手前からずっと雪の上で、稜線にはまだ大きな雪庇もありびっくりしました。
 ただ山では人に全く会わず、すごく楽しい山行でした。
 
 次は越後三山縦走と、小倉山から見た荒沢岳がかっこ良かったので、荒沢岳も登って見たいなぁと思ってます。
 
  また時々おじゃましますのでよろしくお願いします。
by: IK * 2008/06/23 20:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

この時期は刺す系の虫が多いのでツライですよねー。そろそろ防虫ネットが必要になるのでしょうか。。。(泣)
それにしても、残雪の越駒は花もたくさんなんですねー。イワウチワもきれいですし、カタクリもまだ咲いてるんですねー。それから百草ノ池の上の写真はタケシマランかと思いますが、葉なんだか花なんだかよく分からない地味さが結構好きなんですよねー(さくらんぼみたいな実をつけるらしいです)。
そ、それから、駒の小屋前の椅子。。。座ってしまいましたかー。自分は周りに人がいたので座れませんでした(→小心者...泣)。でも、いつかはこの椅子に座ってビールを飲みたいですね(笑)。

青い空をバックに雪の残る越後の山々は、ほ~んと絵になりますね(もう1杯ビールが飲みたくなりそうです...汗)。
by: tripgood * 2008/06/25 00:04 * URL [ 編集] | page top↑
--Shigeさんへ--

Shigeさん、はじめまして!
そしてご訪問&コメントありがとうございます。(^▽^)/

Shigeさんは、山ショップに勤務されているのですね。
なのにアキレス腱断裂とは・・・ホント早く完全復帰できるといいですね。

>八海山
今回の山行でとても気になった山が荒沢岳とこの八海山でした。
駒ヶ岳の山頂からからは、この2座がよく見えますし
中ノ岳へ向かう稜線上からは常に横に見えて、かなり見つめちゃいました。
o(*^▽^*)o~♪

Shigeさんの過去の記事の中で、レキのストックのこと書いてましたよね。
実は最近、10年ぐらいぶりに新しいのを買ってみました。
見た目はそんなに変わった感じがしなかったのですが、
最新号のヤマケイなんかを見るといろいろと改良されているみたいですね。
今度、山で使う予定なので今から楽しみです。

ShigeさんのMy足、完治した暁には
是非越後の山チャレンジしてみてくださ~い!
キット山もShigeさんのことを待っていると思いますよ。(=^▽^=)ノ
by: ここあパパ * 2008/06/25 06:44 * URL [ 編集] | page top↑
--IKさんへ--

IKさん、はじめまして~!

いきなりなんですが、IKさんの山行リスト拝見しました~。
IKさんってトレランしてらっしゃるんですか~?!
も~えーーーって叫んじゃうくらい超健脚!才才-!!w(゚o゚*)w
こんな記録は見たことないーっていうくらいスゴイですっ!!

例えば至仏山と燧ケ岳を日帰りですか!
そんなの考えたことありませんし
その他、いろいろ反応しちゃった所がイッパイありまして・・・。

あと谷川岳馬蹄形縦走も日帰りですか!!
ここはいつか歩いてみたかったので、かなり惹き付けられました~。
できれば、さらなる詳細レポ読みたい気がしますが・・・

>駒ノ湯~越後駒~丹後山~十字峡
ここも歩かれたんですね~。
枝折峠~中ノ岳をピストンするぐらいだったらこのルートも
十分歩けたと思うんですが・・・車が足かせですよね。
でもIKさんは、ちゃんと回収に行かれているんですよね。
サスガです!!

この時期、適度に残雪があって花もたくさん咲き
周囲の景色を十分堪能できて、ホント満足感タップリでした~。
またこの界隈の山へお邪魔したいですネ。

こちらこそ、よろしくお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2008/06/25 07:13 * URL [ 編集] | page top↑
--tripgoodさんへ--

tripgoodさ~ん、こんばんは~!

虫の件、ある程度、予想はしてたんですが
これほどまでに厄介なものだとは知りませんでした~。(T_T)
雪の融け出すこの季節、虫にはご用心ですね!

>防虫ネット
山ショップなんか行けばイイのがあると思うんですが
買いに行っている時間がないので
先日ホームセンターで買ってきました。
まだ試着はしていないんですが
できればあまり使いたくないですよね。
見た目も悪いし・・・。ゞ( ̄ー ̄ )

>タケシマラン
教えてくださって、ありがとうございま~す。(^_^)
最近、植物図鑑を開いて調べるのが億劫で
テキトーに花の写真アップしているんですがもーバレバレですね。

花については、もっと勉強してみたいという気持ちもあって、
本屋さんに行って図鑑を見比べたりしているんですがね。
でも実際行ってみると、どれがいいのか迷ったりして
結局は、別に今日じゃなくてもいっかー
ってな具合で、これまた進歩のないダメな自分なんです~。

>駒の小屋前の椅子
行った時、誰~もいなくて気兼ねなく座ることができました~。
でも先を急いでいたので、すぐに移動しちゃいましたが
できればゆっくり座って景色眺めていたかったです。。。

あとビールなんですけど
小屋には管理人さんがいなくて、当然ながら現物もなく
買えませんでした~。
もしそこにビールがあったら飲まずにいられたかどうだか・・・。
いつも日帰りばっかで、たまにはゆっくりしながら飲みたいっすヽ(=´▽`=)ノ
by: ここあパパ * 2008/06/25 21:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

トレランはやってないんですよ。5年ぐらい前に一度だけレースに出たことがあるのですが、どーも山でレースをすることが性に合わず、それ以後やめました。

 ただ冬山をあまりやってないので、冬の間だけ家から比較的近く雪もあまり積もらない筑波山で山登りのトレーニングでトレランもどきをやってます。

 もともと歩くのが早いのと、かなり以前から通っているスポーツジムと自転車のおかげで年齢の割にはシャカシャカ歩けます。
 
 越後三山は5月末の新緑と豊富な残雪の時期もまた行きたいですが、6月の花の時期も良いですね。行きたいなぁ。
 ただブヨは嫌だなぁ(笑)
 
 週末山に行くつもりなのですが、天気予報晴れマークが消えちゃいましたね~。
 ダメでまたチャリかなぁ?
by: IK * 2008/06/26 18:22 * URL [ 編集] | page top↑
--IKさんへ--

IKさん、おはようございます~!
お返事スッカリ遅くなってスミマセン~。

>トレラン
いや~レース経験あるんですね!
でもワタクシも思うんです。
こんな山ん中で走るなんてモッタイナイな~って。
でも、どーせやるんならどこかで線引きした上で
競技に挑むべきなんでしょうね。

ただ自分の場合、山の景色や花などを楽しみた~い、
そんな考えでいるとトレランに踏み切れなかったりして
割り切るまでには至りませ~ん。(=v=)

それにしてもIKさん、早く歩けるなんて
これってスバラシイ身体能力の一つですよね!
やはり普段から鍛えていらっしゃるからこそ
フツーの人には考えられないコース設定ができるんだと思います!
本当にスゴイです!

IKさんでしたら越後三山の日帰り、なんていうのも
可能なんじゃないかと思うんですが、どうです?
やってみる気ありませんか。ワタクシは遠慮しますが・・・(*^^*)

>チャリ
山に行かない日は、自転車でプラ~とするのも悪くないですよね。
たまにそんな気ままに過ごすのもとっても魅力、感じます!

梅雨の季節、中々思うようなお天気に恵まれませんが
早く山へ行ける日がくるとイイですね(^▽^)/
by: ここあパパ * 2008/06/30 06:15 * URL [ 編集] | page top↑
--はじめまして--

ほぼ、同じ時期(28日ですが)、
登りましたー。

うー、行く前に発見できていれば、すごい勉強になったのですが。。。

また遊びにきます。
よろしくお願いします。
by: atsu510 * 2008/07/02 23:37 * URL [ 編集] | page top↑
--atsu510さんへ--

atsu510さん、こんばんは!

ご訪問&コメントありがとうございます。
実は、atsu510さんのブログ
時々覗かせていただいておりました~!

それにしても、もの凄い勢いで
登っていらっしゃいますよね!
その活力の源は、何なんでしょうか。?
是非そのバイタリティ、欲しいです!(^▽^)/

百名山は、その目標のしやすさからなんでしょうか
ついつい次の山の候補を無意識に
その中から選んでいる自分がいたりします・・・(;^_^A

でも最近思うんですが、
百以外にも名山ってイッパイあるなぁ~って。
それで最近は、百以外の山にも
目が向くようになってきました~。

まぁ~それでも百をキッカケに
山の世界が広がったわけなので
今後はさらに深く山と向き合えるような
そんな気がしてきました~。

atsu510さん、これからもヨロシクお願いしま~す!
by: ここあパパ * 2008/07/05 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/127-eb0c736d
魚沼(越後)駒ヶ岳【山行記録】Vol.1 ~ かえる
2008年6月28日 魚沼駒ヶ岳/越後駒ヶ岳(うおぬまこまがたけ、2,003m) テーマ:無積雪期 日帰り登山 日本百名山 天候:晴れ時々曇り 山は、同じ日でも晴れたり、ガスったり。 まあ、そんなもんだと思って残念がらない。 ◆基本情報 ・ルート : 枝折峠~... 海男、日本百名山に挑戦! Vol.2【2008/07/02 23:34】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。