スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
大山 《山頂偵察編》
2008 / 05 / 22 ( Thu )

このまま《後編》と行くはずでしたが
歩いた場所がキ・ケ・ンなところということもあって
今回は、番外編としてお送りいたします!
そのつもりでお読み下さ~い
あっ
それから
あんまり突っ込まないでね♪σ(^_^;)
危険

山頂でゆっくり休憩かな~
とも思いましたが
山頂にて
ふと
剣ヶ峰方面に目を向けると
あれ~
この先に
人がいるではないですか~

ここで写真を撮っていただいた方に
その事を告げると
「三角点までは行けますよ」
えっ、そうなんだ~
イイこと聞きました!
∑o(*'o'*)o

それじゃ~行ってみようか~
ということになりまして
縦走危険
「縦走危険」と書かれた
このロープの先を越えて
ですね

ガスル
三角点の方へ
一歩、踏み出しました(*"ー"*)フフッ♪

三角点
三角点で~す

あっ気なく到着~(o^-^o) ウフッ

弥山から見えたのは
単独の男性でして
ここで寛いでおられました

しかもこの方は 
ワタクシが六合目で休んでいる時に
追い抜いて行かれた方でした

しかも
後に知ることになる
ブロガーことまきくまさんの友人でした~



ここまで来ると
俄然、気になるのは
大山・最高峰の剣ヶ峰

可能なら行ってみたい気持ちもありましたが
その事を彼に打ち明けてみると・・・

「えっここがそうじゃないの?」
みたいなリアクションが返ってきまして
どうやら
ここが、その剣ヶ峰だと思ってたみたい

「剣ヶ峰は、この先にありましてね、でもかなりキケンみたいですよ~」
すると
じゃ~偵察に行ってみようというノリになって
一緒に進んで見てみることに

偵察
先ずはこのロープを越えて

ガス
一旦、下りまして

道幅
こんな感じの道幅の狭い縦走路を歩きます
でっ、すぐ横を見ると・・・
崩壊地
ギョッ!
足を踏み外せば
奈落の底にまっさかさま~オオーw(*゚o゚*)w

キケン
ここは慎重に通過して
左側に巻きま~す

崖
その後も
崖っぷちの縦走路を歩きまして

ガスガス
ガスった尾根をそのまま前進

弥山
後ろを振り返ると
三角点のピークがあんな所に

ガレ場
ここって
見るからに 
もろそうな岩山ですよね

ついていく
スタスタと歩く先行者の後を追いかけます!

やばっ
歩くにはバランスを要する
細い尾根道

でも、考えてみると
こうやって踏み跡が残っているってことは・・・
歩かれている方が
それなりにいるという事ですよね~

核心部
そして、とうとうこの日
最大の難所に遭遇!

ここまで軽快に歩いてこられた彼
その彼もココでUターンです~ (;´▽`A``

どうも彼、曰く
奥穂の馬の背よりヤバイ
ようです

ホンマですか?
じゃあ~自分もこの目で確かめよーということで
チャレンジ!

キケン地帯
ワーオ 
確かに
この道って
これまでの中でもさらに
幅が狭い!

しかも北からの横風が
とっても気になるんですよね~

う~行こうと思えば
行けそうですが
その先の斜面の取り付きが
ヤバそうです! 
ラクダの背
 
というのも
両サイド
スッパ切れでして
足を滑らせたら
助からないほど急です!

もし仮に進んだとしても
さらに急な斜面が待っておりまして
しかもこの道同様
ガレガレのもろい斜面

取り付いたところで
滑りでもしたら
下は崖下

どうも見てもキケン!
そんな危ない匂いがプンプンするこの場所を
ムリして命を危険にさらすことは
自殺行為

やはりココは引き返すことにしました~
 
まぁ~
せっかくですから
とりあえず
写真でも撮っておいてと・・・

と、ところが
不安定なこの場所
シャッター切るのも
とっても苦労しました~ε= (´∞` ) ハァー

だって場所が場所だけに
足は広げられないし
風も吹いてるし
そんな中、両足がくっつぎすぎて
バランス崩すし
フラフラしてるし・・・∑(; ̄□ ̄A アセアセ

剣ヶ峰
さすがに自分もUターン
安全な場所に戻ってから
再度、剣ヶ峰に通ずるこの尾根を眺めるのでした~
(ココをクリアできたら行けたのになぁ・・・)

あっでも自分としては
奥穂の馬の背の方がもっと怖かったかな~

あと北アルプスなんかだと
このくらいの場所もあると思うんですが
大抵、こういったところには
立派なハシゴなんかが設置されたりするんでしょうね

でも、この山って
周辺の地域から小学生が団体で
登ってこられる
そんな山みたいですね

まぁ~そんな事を考えると
縦走危険とか通行禁止って
標識に書かれている理由
分かるような気がしました~

戻ります
さ~て
ここには、もー用はないので
戻りましょーか

稜線からの眺め
先程より視界も良くなってきました
周囲を見渡すと
この山が
いかに崩壊しているかが
よーく分かりましたね~

弥山へ
4月上旬頃
豊富な残雪があったことは
ブログーの皆さんのレポを見て
知ってはいたのですが
あれから一ヶ月も経つと
雪もだいぶ減ってしまうようですね

稜線歩き
さーてと
先ずは三角点のあるピークへ

振り返って
うしろを見ると分かりますが
意外とアップダウンがあるように見えますよね
でも実際には
大したことなかったです

雪渓
この下の方には
そこそこ雪、残ってました

角度が急で
何だか吸い込まれそー(^▽^;)

もうちょい
目の前にそびえるピークが
三角点のある所です

振り返って見てみると
歩いた来たところを振り返ると
こんな感じ
この道って細いでしょ!

でも、歩いていても
(自分の場合は)
そんなには怖くなかったです

弥山目前
本当ならこんな所
歩かずに
弥山までで終わっていたものを
+α楽しめたのは
これはこれで
楽しかったです!

普段、見ることのできない
大山の山頂稜線からの景色
堪能しましたっ!

剣ヶ峰アップ
でも、正直な気持ち
できれば、あのピーク
剣ヶ峰に
立ちたかったなぁ~

小屋が見えます
右に見える小屋
あれがユートピア避難小屋かな~

ふきのとう
おっとこんな場所に
咲いているなんて意外でしたね

ここを登れば
さーてと、ココを登れば
三角点

やせた尾根
再び振り返ってカシャッ
  
大山の山頂稜線
剣ヶ峰まで行けなかったことは
名残惜しいですが
いつかまた
来るときには
アタックしたいな~

遠方
いや~
それにしても
その先に続く山並みにもウットリ
興味が尽きないのですよね~
山好きにとっては!

弥山だー
三角点に戻ってきました
向こうに見えるのが
弥山の頂上です

三角点から
三角点から見た剣ヶ峰

三角点からの眺望
そして、これが三角点
ガスが晴れて
うっすらと日本海も見えるようになってました

あっ、それからこの三角点の周りなんですが
植生保護かなんかなんでしょうか?
チョット気になったりしたのですが
あまり立ち入っちゃ行けなかったかな~
っていうかココを歩くこと自体
ダメなんでしょうけどね 

さ~てと
弥山に戻りましょう
縦走危険
戻ってきました~

往復40分ほどを
この縦走路で
過ごしちゃいました~

しっかし、こーやって見ると
こっち(弥山)の方が低い感じしますね~
 地図
いつもながら
↑かなりアバウトな軌跡で~す↑

戻りました
弥山・山頂です

皆さんそれぞれ寛いでいらっしゃいました~

視界良好
避難小屋
この通りガスも晴れて
クッキリです!

では、これから
下山しましょうかね

Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪   


後編につづく 

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<大山 《後編》 | ホーム | 大山 《前編》>>
コメント
----

あー、やっぱり! 偵察隊のもうひとりはわたしの山の友人ですよ~。
ほんと、この世界も狭いですよねえ。こうやって、ここあパパさんのブログに映ってるのってすっごい不思議な感じです。
「その先に続く山並み」の写真、すてきですね。こういうの大好きです。
それにしても、尾根、細いですねえ。これは引き返して当然ですね。だいたい、おふたりともなんともない風に歩いてるけど、わたしには到底無理。
無事の帰還、なによりです。
by: まきくま * 2008/05/23 01:54 * URL [ 編集] | page top↑
--まきくまさんへ--

まきくまさ~ん、こんばんは♪

それにしても山の世界ってケッコウ狭いですね~。ビックリです!
って言うか、休日の天気の良い日にどこかの山頂に立てば
キットだれかに会えるわけですから、そーやって考えてみると
バッタリの確立って高い気がするのはワタクシだけかな?

しっかし、こんなブログを経由して知り合いを確認するなんて
ホント時代も変わりましたっ!
21世紀、ネット時代ならではのフシギな繋がり方
さぞや友人も驚いているでしょうね⌒ο⌒

それからですね、今回勝手にモデルになっていただいたこと
まきくまさ~ん、たいへん恐縮ではありますが
ご友人に代わって感謝の気持ちをお伝えくださいませ~。m(_ _)m

>写真
ガスが晴れてくれていたら、もっと撮りたかったですが
この時はイマイチなお天気+真正面に太陽があって、もろ逆行。
まぁ~山頂に着くのが早すぎたんですよね。
フツーの人は、これから登ってくるというのにね・・・。

>尾根
これが噂に聞いていたより、怖くなかったですよ~。
でもコレばっかりは個人差がありますが・・・。
(;^_^A
まきくまさんも途中までならどうですか?
ゼッタイ転ばなければ大丈夫ですよ!
あっ、でも転ぶ・・・可能性って大でしね(笑)
やっぱりやめといた方がイイかなぁ~
(^∇^)アハハハハ!
by: ここあパパ * 2008/05/24 00:15 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/118-48b09fbe
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。