スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
伊根の舟屋~琴引浜
2008 / 05 / 18 ( Sun )

 毎度、遅れ気味なGWレポ・シリーズ
しばらく続きますんで
気長にお待ち下さ~い

でっ
今回は家族での観光マッタリ編です!
琴引浜

08/5/2
前日の夕暮れ前には
何とか
京都、宮津にあるリゾートマンションに到着

マンション前には宮津湾が一望でき
遠方には
日本三大景勝地の一つ
天橋立がかすかに見える
好立地でして
海も至って穏やか

海辺
ここっ海?
つい疑いたくなるほど
静かな波打ち際でしたよ~

帽子
静かな海辺でマッタリでも
いいんですが 

お散歩
遠路遙々
のんびりするだけじゃー
もったいないので
この近隣を観光で回ることにしました

それで
どこに行ったのかといいますと
滞在先のマンションから
車で15分も走ればつくところでして
場所は遊覧船
こちら伊根湾めぐり遊覧船のりばで~す♪

実は、ここに到着すると
すぐに船が出港してしまい
しばらく待たされるのかと思いきや
すぐに別の船が
もう一隻やってきまして
さほど待たず乗ることができました~


乗船
乗船すると
お客はウチの家族と
他にお二人さんだけ

離れて
港からゆっくり離れると
久々に乗る船の心地よさと潮の香りが何ともいえません

かもめ
乗船前に買ったカッパえびせん
早速、子供たちは海に投げ入れますっ!
すると
たちまちカモメが集まってくるわけでして(⌒・⌒)
養殖
でっ自分はといいますと
船からの景色を堪能しまくり!

見えてきた
しかも移動して間もなく
舟屋が目に飛び込んできましたd(⌒o⌒)b

あっ因みにですが
舟屋っていうのは
ご覧の通り海に面した場所ギリギリに建てられた家でして
1階が船を格納できるガレージみたいな造りでして
その2階が住居になっています

軒を並べたその姿は
まるで古い長屋を連ねているかのように見えますが
よく見ると1軒ごとにシッカリとした木造建築の家でした 

 エサやり
そうそう家族は何をしているかと言うと・・・
カモメへの
エサやりに没頭
(*゚.゚)ゞポリポリ

ジャマですよ
う~もージャマなんですけど~
うっとしー

パノラマ
臨場感を味わっていただくために宜しければ
↑どうぞクリックで拡大↑

びっしり
しっかし海に面しながらも
よくぞこんな密集した家を建てたもんですね~
海にはみ出た分の家(土地)ってどんな風に課税されるんでしょうか?

灯台灯台のある岬からはじまって

舟屋
湾の中までビッシリ建ってます!

舟屋2
でもよく見ると
船が大きすぎて
舟屋に入らないものもありますね

見学
えらく感心したパパではありましたが
子供たちには
あんまし興味の無い世界のようですね(=´Д`=)ゞ

船
こちらのでは船上で
何か作業していましたね

舟屋アップ
↑クリックで拡大↑

船とかもめ
すれ違った遊覧船
ありゃ~あっちは混んでますね~

伊根湾めぐりを終え
停泊所にもどって
遊覧船を降り
すぐに車で移動

この近くに
道の駅「舟屋の里公園」があるようなので
そちらに立ち寄りました

お土産屋さんをブラブラ見ながら
建物の中を通り抜けると
そこに絶好の展望台がありました

上から
展望台から見た見た景色

上から2
遊覧船で回った伊根湾が一望できました

地図
このエリアの規模ですが
地図を見ると分かりますが
意外と広くて
舟屋が約230軒もあるそうです

遊覧船
日本海に面したこんな海辺に
何で家が建てられるんだろう?
かと思いましたが
入り江になったこの地形によって
守られていたんですね
どうりで波が静かなわけです



伊根の観光は終わりです

次に向かったのは
丹後半島を海岸線に沿ってのドライブ

TV番組「鉄腕ダッシュ」のソーラーカー「だん吉」も走ったと思われる
その道を
海を見ながらのゆったり観光

海岸
途中、険しい海沿いの道路からの景色に目が留まり
車から降りること数回

アップ
普段見慣れない海岸の景色にウットリ♪

そして
さらにドライブは続き
次に向かった目的地は
コチラ

鳴き砂文化会館
琴引浜鳴き砂文化館
ここは入場料がいるようです

でも実際の砂浜にすぐに行きたかったので
ここはパス

そして目的の鳴き砂海岸
琴引浜(ことひきはま)へGO!

因みに
ここに行くには
車で行けますが
駐車料金(清掃協力費を含む)1000円取られます!
高っ!

下りてみる
駐車場を下って
行くと

砂浜
ジャーン
キレイな砂浜です!

でっ鳴き砂体験
早速、鳴き砂体験開始!
あれ~鳴らないよ~

鳴かせるにはコツがいるようです!

すり足気味に歩くと
キュッ、キュッ
鳴きました!!

何だかとっても感動!!

時々TVなんかで取り上げられて
見たことはありましたが
実際に経験すると
楽しいですね!

なにしているの
でも子供たちにとっては
あんまり感動はないみたい(*^.^*)エヘッ

貝拾い
ここあ
なにをしているのかと思いきや
貝拾いにに夢中

磯
ここって砂浜だけかと思いきや
少しばかり磯もありまして

磯遊び
ついつい何かいないかと夢中になるパパでした~
でも、イソギンチャクと海草ぐらいしか見当たらなくて
ガックシヾ(´ε`*)ゝ

砂遊び
その後は
お決まりの砂遊び
砂山&トンネル作って喜んでました~

海辺
あ~こんなにキレイな海岸だったら泳ぎに来たいな~
でも関東からだと遠いな~

帰りましょう
さて小一時間ほどで切り上げることに

浜の入口
こんな感じの規制が敷かれているからこそ
ホント美しく保たれているんですね!

説明

ゴミ
それに
こんな山になったゴミ袋

普段から定期的に清掃しているお陰なんですよね

いつまでも後世に残してほしいです
鳴き砂の海岸を






そして
さらにGWシリーズはつづく・・・

 

 

クリックしてくれるとうれしいかも~
↓ ↓ ↓

Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

 おしまい

スポンサーサイト
その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大山 《前編》 | ホーム | 大台ヶ原山>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/116-543939c5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。