スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
大台ヶ原山
2008 / 05 / 15 ( Thu )

GWが終わってから
早1週間が経ちました

いつものごとくたいへん遅くなりましたが
やっと記事をupしましたので
宜しかったらご覧下さいませ~森林

08/5/1
午前3時半には家を出て
高速を飛ばします

GWの中休み
平日なので渋滞もなく
快調に進みます

ここでETC割引を活用すべく
一旦、某ICで降りて
2枚目のETCカードにチェンジ !
再びICの入り口を通過して本線に入ります

その前に
子供がトイレに行きたいなど
車内で
あーだ、こーだと話しながら高速に入って・・・
しばらくすると
なぜかカーナビが次のICで降りることを勧めます

はて
なんでかな~?
おかしいな~?
なーんて思いながら
カーナビの案内を無視していたら
東から昇る太陽がやけに眩しい☆

あれ~
何で太陽が進行方向にあるの?

あちゃ~
進行方向、間違えちゃいました~
うっかりして
東京方面に進んでましたがなぁ・・・ (T_T)

慌てて次のICで降りて
再び
本線に入るのでした (;´▽`A``

これで片道35km
往復70km、余分に走りまして
見事、割引分はチャラですよ~

首都高速⇒東名⇒東名阪・亀山ICで降りて
高速道路みたいな名阪国道をスイスイ走り
針IC⇒R369⇒R370⇒R169⇒大台ヶ原ドライブウェイなどを走行

最後はクネクネした山道を走って走って
出発から8時間半かかって
やっとのことで着いたのが
大台ヶ原の登山口
大台ヶ原駐車場

大台荘
11:50  当初、予定していた時刻よりも
遅めの到着

車を止めたら
すぐに支度を整えて
いざ出発!

あっ言い忘れましたが
今回、家族+お義母さん同伴で来たんですが
と、ところがですね
行きに
あまりに長時間、車に乗っていたのと
連続するカーブの山道走行のせいで
車酔いになったらしく
同行するはずのここあが辞退

が、しかし
今回、2歳半になるれい
一緒に歩きたいとの意思を表明

それでこの度は
下の子と一緒に歩くことにしたのでした~

駐車場
山奥にも拘らず
駐車場は意外と広かったですし
よく整備されてました

案内図
地図は持っていますが
念のため
これから歩くルートを
案内図を見て確認

紹介
フムフム・・・

ツキノワグマ
えっクマがいるんですか?

現状
これ読むと
いろいろとタイヘンなのようですね

さーてと
では歩き始ましょうかね♪

分岐
いきなり分岐ですが
こここは真直ぐ進みます

センサー
センサーの横を通過し

平坦な道
いたって平坦な道を歩きます

食害
これがシカによる食害ですか~
なんか痛々しいです(ノ_・、)シクシク

道なりに
整備された道をそのまま直進です

元気よく
山歩きとはいっても楽々コースでして
チョッと拍子抜けですね

らくらく
これだけ歩きやすいわけですから
誰でも安心して来れます!

何のポーズかな
当然ながら僕(れい)なんかも
来れちゃうわけなんですよね!

続く道
道中
道標があったりして
これまた安心です 

笹
ファミリー登山には打って付けのコースでした

ところがここでれい
石につまづき
転んで大泣き。。。 。
゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

静かな山林で泣き声が響き渡ります (〒_〒)

何とかなだめ
落ち着かせてから
再び歩きます

森
最初は一緒に手をつないで歩きますが
そのうち単独で歩きだしました
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


乙女?

元気になったはイイですが
何ですか?
そのポーズは~
すっかり乙女チックなれいくん

広がる森林
ここって年平均降水量が4000mmを超えるそうです
いや~日本有数のの降水量を誇る場所だけに
森が深いです~

静かな道
時々すれ違う登山者がいましたが
ご覧の通り
至って静か
まぁ平日っていうこともありますが・・・

カメラ目線
幾らか気を取り直してきたかな(=´▽`=)

代表選手
似たように見える木も
よく観察すると違うようですね

並ぶ木
でも遠くからではよく分かりませ~ん(*´∇`*)

ネット
ここにはネットがありましたが
シカさん対策でしょうか

のび
変わったポーズですよ!

橋
小さな橋を渡って

高い木
小道を進むと

小鳥たち
小鳥たちの説明
聴いたところで直ぐに識別できる人はいるのだろうか・・・

半分
約半分ほどで歩いたようです

道
歩き始めから大して変わらない遊歩道

取り組み
この森って
いろんな再生プロジェクトがなされているんですね

森の中
課題の一つは鹿対策でしょうか

水
またまた案内説明
浄化され蓄えられた水は豊かな森を形成していくのですね

水場
清らかな水

階段
さてと、今度は階段です
元気よく登っていきますよ!

よく登ります
転んで大泣きしたのが嘘のように
力強く歩いてくれます

万歳?
どうです
この余裕っぷり

楽な階段
まぁこんな
なだらかな傾斜ですから
お子様向けですね

リクエスト
ポーズして~
とのリクエストの結果が
コレですか?(* ̄∇ ̄*)

見えてきた
春とはいえ
針葉樹林帯は
チト寂しいです

ここを登れば
この道も終わりが近づいてきたようです

がんばるレイ
がんばれ~

あれがピーク
分岐点に到着
日出ヶ岳はあちらですね

最後の階段
この坂道を登れば
山頂です

山頂に続く道
整備の行き届いた
階段を歩き

木の階段
木製の階段を登ります
子供にとっては
キツイ傾斜なので
ちょっとばかし
ダッコしてあげたりしながら
登って
後ろを振り返ると

振り返る
やはり
ケッコウ急な階段でしたね

あと少し
さらに延びる階段の先に展望台が見えてきました

がんばれ
傾斜のゆるいので
本人にも登ってもらいました

展望台
あと少し!

展望台の裏側に回ると
ありました

山頂
1694.9m 日出ヶ岳の山頂です! \(^▽^)/

せっかくですから
展望台に登ってみましょう

 避雷針
これって避雷針ですよね

落雷
しかもこんな注意書きがあったりして~
天気も怪しくて
チョッピリ不安

展望図
天気が良ければこんな景色が望めるんですね

西方面
そしてコチラにはこんな景色が・・・

展望1
でっこの日のお天気は
どんよりした曇り空

展望2
遠くの山々は識別できず・・・
残念なお天気 

まぁついでに立ち寄ったお山なので
いたしかたないですね・・・

豪雨の山
ここって近隣地域の
貴重な水源地帯なんでしょうね~

展望台
山頂での気温
12℃
多少、風も吹いていて
肌寒い感じでした

ジッとしていると
さらに体が冷えてくるので
さっさと下山です

下山開始
帰りは
行きに来た道を戻るだけ

階段
ピストンコースは
単調でつまらないですが
これまた仕方がないですね

正木嶺
2歳児を連れての山歩き
しかも
駐車場には
家族も待っていることですし

枯れ木
この辺は枯れ木があって
少し気になりますが

ビジターセンターかな
遠方に見える建物は
駐車場近くにあったビジターセンターでしょうか
だとしたらあそこから歩いてきたことになりますね
ってこれからそこまで戻るわけです

階段下って
階段が急なので
子供はダッコです

シカ
あっ鹿がいました!
笹を食べているようでしたね
1頭だけ目が合いました~(^_^)

のんびり 
しばらくシカ観察しちゃいました

下りてきました
階段も終わり
そのまま歩いていくと
行きに立ち寄らなかった
展望スポットへ

海が見える
何々・・・
海が見える?

テラス
ても、このお天気じゃね~

眺め
海どころか
山も雲に隠れてますから~(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

じゃあ行きましょうか
さて帰りましょうか!

緩い坂
来た道を下ります

元気に
勢いよく歩くので
転ばないか心配になります

残雪
所々に残雪もあったり

遊歩道
すれ違う人たちが
数名いましたが
皆さん軽装でしたね

沢
沢がありましたが
水は少な目
最近、雨は降っていないんでしょうかね

歩きづらいかな
何だかれいの様子が変
どうやら
疲れたご様子で
しきりにダッコをせがみます

もうちょっとがんばろうネ!
などと言いながら
飴をあげたりして
気を紛らわせます

嫌な予感
でもその作戦も効果なく
今にも泣きそうな雰囲気

仕方がありません
むしろココまで
よく歩いたことを褒めなくてはなりませんね

それでダッコしながら
しばらく歩いていくと

ポツリポツリと
降ってくるではないですか~

がです

ここで濡れるわけにはいかないので
急いでザックから傘を取り出します

雨降り
でも雨が降ってきたからといって
歩いてくれるわけではないので
ダッコしながら
傘、差しながら歩きます

雨はやみ
でも、その雨も一時的なものでして
止んだら傘をたたんで
子供と手をつないで歩いてもらいました

鹿よけ
歩き始めにも見ていたものですが
シカ対策用の金網ですね

金網
そしてコチラにもありました

大台荘
フー
やっと戻ってきました

ビジターセンター
せっかくなので
ビジターセンターに立ち寄って中を見学

館内
中の展示物ですが
パネル写真がメインでしたね

床下に
本来は乗ってもいいんでしょがなぜか
乗らないようにって書いてありました 

葉っぱ
展示内容は
至ってシンプル

引き出し
こちらは引き出しを引っ張るような展示方法

館内の窓
館内は
そんなに広くはありませんが

バードウォッチング
窓からの景色はこんな感じで
森が一望できます

バードウォッチング用の望遠鏡が設置されてました
三脚が貧弱でしたね

時間が無かったので
さっさーと見てから
出ました

温度計
玄関脇の温度計
やはり12℃ぐらいでした

外へ
ビジターセンターを出て車に戻ったんですが
そのまますぐに移動
その途中
今回は行けなかった大峰
大峰山方面を眺めつつ
山を下りるのでした

その後
ホントは奈良の大仏殿に行きたかったんですが
家族の希望もあり
大仏様はパス

それで本来の目的地
京都府宮津市にある
某リゾートマンションに向かうのでした・・・


つづく

 

【まとめ】
■2008年5月1日(木)■天気:曇り■
■大台ケ原山(日出ケ岳)■おおだいがはらやま(ひでがたけ)■1694.9m■奈良県■
■コースタイム■       
駐車場 12:00⇒12:50 日出ケ岳(山頂) 13:00 ⇒13:40 駐車場


クリックしてくれるとうれしいかも~
↓ ↓ ↓

Blog Ranking
♪サンキュッ (v^-^v)♪  

 おしまい

スポンサーサイト
| トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<伊根の舟屋~琴引浜 | ホーム | 鳴虫山 《後編》>>
コメント
----

大台ケ原懐かしいです。でも、わたしは西大台のほうを歩いただけなので、ここあパパさんのコースはまったく未踏。やっぱりこっちも行っとくべきだったなあ。れいちゃん、すごいですねー。写真拝見していて、ついついがんばれーって言っちゃいそうでしたよん。
それにしてもいきなり高速で逆方向に行くなんて! 他人とは思えません(笑)。
ところで、つかぬことをうかがいますが、ここあパパさん大山にいらしたんですよねー。長身の単独の男性といっしょになりませんでした?
by: まきくま * 2008/05/15 23:22 * URL [ 編集] | page top↑
--わ~大台だ~^^--

おはようございま~す^^

れい君・・・ほんま、可愛いですね~0^^0
そして、よく頑張って歩きました~^^v パチパチ~^^

しかし、えらい静かですね~@@ 大台も・・・0--0
石楠花の時期には多いのかなぁ。。。
ここは、大阪からでも結構、遠い・・・><
100名山でなければ行ってないかも。。。
観光化されすぎだし・・・保護する!って言うのもわかるんですが・・・m--m

しかし、今回は、しっかり西を攻めましたね~(笑)

今年は、ここあパパさんと、ばったり~しそうな気がするんだけど・・・^^
例のハットですねぇ~^^v
by: みい * 2008/05/16 08:55 * URL [ 編集] | page top↑
--まきくまさんへ--

二才児を連れて歩くには程よいコースでして
本人も楽しかったみたいですね。
やはり男の子だからなんでしょうか、
けっこう一人で必死になって歩いていくんで
今後が楽しみです!(^^)

そうそう西大台といいますと
ココへ行くほんのチョイ手前っということですよね~!
だとすると、や・は・り東大台はすぐ目と鼻の先なので
ここは行っておいた方がよかったかも~。(*^^*)

なんと言ってもこんな山奥で、
しかも東京から行くには中々遠い場所ですし~。

でも、そう言う自分も近くにある大峰山へ行かずに去ったことは
たいへん残念だったりもするんですがね・・・。

>高速で逆方向
こんな経験は初めてでしたよ~!
これは、かな~りショックでした。。。Σ( ̄ロ ̄lll)
もー旅行初日からブルー入りました~。
あっ、でもですね、まきくまさんほどの失態はない
と言いたい所ですが・・・
その日、舞鶴若狭自動車道・綾部JCTで
なぜか京都縦貫自動車道に入り損なって
50mバック走行したことはナイショです。(;^_^A

>大山
はい確かに大山、行きました~。

>長身の単独の男性
ん~単独の男性とは登りで二人ぐらい、お会いしましたが
もしかして弥山から剣ヶ峰の方への偵察でご一緒した方かな?
えーとその方って、まきくまさんのお知り合いですか?
あっでも思い浮かんだその方、違ってたらスミマセンね。
(*'-'*)
by: ここあパパ * 2008/05/16 23:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

>もしかして弥山から剣ヶ峰の方への偵察でご一緒した方かな?
あはは、やっぱり~。それそれ。
あ、たぶん、ですけどねー。間違いないとおもうなあ。山の友人です。彼は超速なので一緒には歩けませんどね(笑)
この間大山の写真見せてもらってたら、「京都にご家族をおいて単独で来ていた人と会って~」なんてフレーズが出てきて、ぴんときましたよー。
大山のレポも楽しみにしてます。わたし、ああいう崩れているところけっこうそそられます。
by: まきくま@おうち * 2008/05/17 10:07 * URL [ 編集] | page top↑
--みいさんへ--

みいさん、こんばんは~♪
そして、息子に代わってコメント
ありがとうございま~す。(*^^*)ノ

いや~今回は、みいさんの住んでる関西圏をはじめ
西の方に目を向けてみました~。

ところで、ここって関東からだとメッチャ遠いですが
みいさんのところからすれば近場じゃないかな~。
信州に行くよりゼッタイ近いし~!(@~▽~@)

それにしても大台って本当、静かなところでしたね~。
何だかヤマノボリっていうか
観光地に来て、ただ散策しに来た感じでしたよぉ~。

もし時間があって、単独だったらグルリップしたかったんですが
今回は同伴者を待たせていたんでピストンになりました。

>100名山
そうですね。選ばれていなかったらキット来ることはなかったかな~。
(⌒・⌒)ゞ

>ばったり~
そうですね~。みいさんたちのお姿はブログで毎回見てますから
どこかでお会いしてもすぐに分かる自信だけはあるんですがね。
是非、バッタリしたいでものです!! d(⌒o⌒)b
by: ここあパパ * 2008/05/17 22:38 * URL [ 編集] | page top↑
--まきくまさんへ--

まきくまさ~ん、まだ静養中ですよね!
早くよくなるとイイですね♪

>「京都にご家族をおいて単独で来ていた人と会って~」
ひぇ~∑(ノ▼ο▼)ノ
それってまさにワタクシのことですよぉ~!


>山の友人
いや~世間って狭いもんですね~。
そんな繋がりがあるなんてビックリです!
そのご友人ですが、見たところ少し個性的な一面を感じまして
面白そうな方でしたね。
それでいて親しみを感じました~。(;^◇^;)ゝ

>大山の写真
その中にワタクシ写ってませんでしたか?
なんか撮られていた様な感じがしたんですけど・・・。

大山の崩壊ぷりって、聞いていた通りソートーな感じでしたね。
ムリすれば行けなくもないと思いましたが、やめときました~。
(*^^*)

「そそられます」って、まきくまさん命かけて行っちゃいますか?!
でも絶対キケンですから無茶だけはしませんよーにっ!(*^▽^*)
by: ここあパパ * 2008/05/17 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cocoabreak.blog77.fc2.com/tb.php/115-661ef46a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。